資金繰りに困っている経営者・事業主におすすめの資金調達先はこちら

ビジネクストキャプチャ

ビジネクスト

ビジネクスト ビジネスローンの評判は?事業資金調達・借入に使える法人・個人事業主向けビジネスローン

ファクタリングとは?資金調達の仕組みについて解説

更新日:2019年10月25日 公開日:2019年10月25日44 view

「ファクタリング」とは、資金繰りに困っている中小企業の経営者の方などが、手軽に資金調達できる金融サービスです。

しかし、事業の経営者の中には、「ファクタリングという金融サービスを聞いたことはあるけれど、資金調達の仕組みが分からない…」という方も多いと思います。

そこで本記事では、「ファクタリングの資金調達の仕組み」を中心に、「ファクタリング利用時のメリットやデメリット」、「ファクタリングの利用をオススメしたい事業者」などについて詳しく解説を進めていきます。

ファクタリングの資金調達の仕組み

ファクタリングとは、「未回収の売掛債権の現金化」を行うサービスのことで、支払いサイト(支払いの締め日から支払日までの期間)の資金不足を解消するために生まれた金融サービスです。

ファクタリングを利用できるタイミング

ファクタリングは、利用できる期間が決まっています。ファクタリングの資金調達のタイミングについて確認していきましょう。

企業間の取引は「信用取引」がほとんど

日本の企業間では、一般的に以下のような手順の信用取引が行われています。

  1. 商品販売の契約やサービスの契約
  2. 商品やサービスの提供
  3. 請求書が発行される
  4. 取引先からの入金待ち(=支払いサイト)
  5. 請求金額の支払い

商品やサービスの提供、請求書の発行後から請求の支払いまでの期間は「取引先からの入金待ち」の状態(支払いサイト)になります。

商品・サービスと現金との取引が同じタイミングで行われず、代金後払いとなるため(=信用の上で成り立っている取引であるため)「信用取引」と言われています。

支払いサイトで発生する「売掛債権」の売却=ファクタリング

また、この支払いサイトの期間には、「商品・サービスを提供した企業は、取引先から支払い代金を受領する権利=売掛債権」が発生します。

支払いサイトで発生した「売掛債権」をファクタリング会社に売却することで、取引先からの入金を待たずに資金調達が可能となります。

ファクタリングとは、このような資金調達の仕組み、金融サービスのことを指します。

ファクタリングのタイプは大きく2種類ある

また、このファクタリングですが、大きく2種類に分類できます。

  • 買取ファクタリング
  • 保証ファクタリング

買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、先程も紹介したように代金を回収できていない「売掛債権をファクタリング会社へ売却・譲渡し、資金を調達する」方法です。

事業資金が枯渇した事業者が、売掛債権がある場合に即現金化できるため、小規模事業の経営者などが便利に利用できます。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、買取ファクタリングのように、売掛債権を現金化するような仕組みではありません。保証ファクタリングとは、取引先からの売掛債権が未回収となった場合に、売掛金を保証してくれるサービスです。

取引先(売掛先)が倒産した場合は売掛金の回収が困難となりますが、保証ファクタリングと契約しておけば、万が一取引先が倒産しても、契約時に定めた限度額を上限とし、売掛金の(一部、または全額の)回収が可能となります。

保証ファクタリングは個人が加入する「掛け捨ての生命保険」のようになっていて、継続して掛け金の支払いが必要です。保証ファクタリングは、売掛金未回収のリスクを減らせるという大きなメリットがありますが、長期的に利用すれば支払い額が高額になるので注意が必要です。

買取ファクタリングには2社間・3社間の取引がある

なお、買取ファクタリングには、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。それぞれのファクタリングの取引内容について確認しましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、「利用者の会社」と「ファクタリング会社」の2社間で行われる取引のことを指します。

売掛先の会社を通さないため、売掛債権をファクタリング会社に売却(譲渡)したことが売掛先にバレない、というメリットがあります。

なお、売掛先から代金の支払いが行われた後は、その代金を利用者がファクタリング会社へ支払わなければならない点に注意してください。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは、「利用者の会社」、「ファクタリング会社」と「売掛先の会社」の3社間で行われる取引です。

3社間で契約が行われるため、利用者の会社がファクタリング会社へ売掛債権を譲渡する事実が取引先にバレる点に注意しておきましょう。

※ファクタリングの利用=資金繰りに困っていると見られてしまうため、今後の取引に悪い影響が出てしまう可能性も考えられます。

また、お金の流れは2社間ファクタリングとは異なり、売掛金の代金は売掛先の会社から直接ファクタリング会社へ支払われます。

ファクタリング利用時のメリット

続いて、ファクタリング利用時のメリットについて解説していきます。

  • 資金調達のスピードが早い
  • 一時的な資金不足を解消できる
  • 赤字決算でも資金調達できる
  • 2社間ファクタリングは取引先に売掛債権の売却がバレない

資金調達のスピードが早い

ファクタリングは銀行融資や日本政策金融公庫などからの公的融資に比べて、入金までのスピードが非常に早いです。

銀行融資や日本政策金融公庫からの資金調達の場合、申し込みから融資まで1〜2ヶ月以上かかるケースも多いです。しかしファクタリング会社を利用すれば、最短即日、通常でも3日〜1週間以内で債権の売却金が入金されるため、資金調達を急いでいる事業者にオススメです。

一時的な資金不足を解消できる

中小企業などで小規模な事業の場合、売掛金が入金されるまでの期間、一時的な資金不足に陥ってしまうケースもあるでしょう。

ファクタリングのサービスを利用すれば、取引先からの入金を待たずに現金を調達できるため、一時的な資金不足を解消できます。

赤字決算でも資金調達できる

また、ファクタリングは借入ではありません。このため、赤字決算を出している事業者でも、緩やかな審査難易度で審査通過、資金調達を目指せるという特徴もあります。

2社間ファクタリングは取引先に売掛債権の売却がバレない

また、先ほども解説したように、2社間ファクタリングの場合は「取引先」を通さないため、売掛債権を他社に売却した事実が取引先にバレません。

取引先に売掛債権売却による資金調達がバレたくない事業者の方は、必ず「2社間ファクタリング」を利用するようにしてください。

ファクタリングにはデメリットもある?

なお、ファクタリングには以下のようなデメリットもあります。

手数料が高い傾向がある

ファクタリング利用時のデメリットとして、手数料が高い傾向がある点に注意してください。

3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社の売掛金未回収のリスクが低く、利用手数料は「売掛金の5%ほど」です。しかし、2社間ファクタリングの場合は、売掛金未回収のリスクが高く「20%ほどの手数料」がかかる場合があります。

なお近年では、インターネットだけでの手続きやAI活用による審査の自動化などにより、手数料が10%未満となっているファクタリング会社もあります。

ファクタリングにより少しでも多くの資金を調達したい事業者の方は、できるだけ手数料が低いファクタリング会社を利用するようにしてください。

ファクタリングはこんな事業者にオススメ!

最後に、ファクタリングの利用をオススメしたい事業者について解説します。以下のような事業者は、ファクタリングの利用を検討してみましょう。

  • 銀行融資の審査に落ちてしまった事業者
  • オフバランス化により企業価値を高めたい事業者

銀行融資の審査に落ちてしまった事業者

資金繰りが悪化しているけれど、銀行融資や公的融資の審査に落ちてしまい、一時的な運転資金が足りない…という事業者はファクタリングの利用がオススメです。

本記事でも既に解説しましたが、ファクタリングは借入ではないため、審査が緩やかな傾向があります。このため、経営が不安定になっているという場合でも、ファクタリングを利用することで資金調達を期待できるでしょう。

オフバランス化により企業価値を高めたい事業者

また、ファクタリングにより、売掛債権をオフバランス化(=バランスシートから切り離す)することで、企業価値を高められる効果もあります。

売掛債権はバランスシート(貸借対照表)に記載される「資産」ですが、売掛金未回収などの「会計上のリスク」も含まれています。

オフバランス化は純資産利益率(ROA)を高められる

ファクタリングを利用して売掛債権を売却し、現金化すると「資産、負債」をバランスシートから切り離せるため、結果的に純資産利益率(ROA)を高められるのです。

少ない資産でしっかりと収益を上げている(=利益率が高い)と判断されれば、銀行からも良い評価を得られるため、銀行融資に通過させやすくなる可能性がある、というメリットがあります。

ファクタリングとは業者に売掛債権を売却して資金を調達すること

本記事では、「ファクタリングの資金調達の仕組み」を中心に、「ファクタリング利用時のメリットやデメリット」、「ファクタリングの利用をオススメしたい事業者」などについて、詳しく解説を進めてきました。

つなぎ資金が足りない時はファクタリングをうまく活用しよう!

  • ファクタリングとは未回収の売掛債権を現金化する金融サービスのこと
  • 売掛債権がある事業者の方がファクタリングを利用できる
  • 商品やサービスの提供後、売掛債権が発生した後からファクタリング業者を利用できる
  • 買取ファクタリングと保証ファクタリングの2つの種類がある
  • 保証ファクタリングとは売掛金回収を保証してくれるサービス
  • 保証ファクタリングは継続して掛け金が必要
  • 買取ファクタリングには2社間・3社間の取引がある
  • 2社間ファクタリングは取引先に売掛債権の譲渡がバレない
  • ファクタリングは資金調達のスピードが早く最短即日〜1週間程度でお金を受け取れる
  • ファクタリングを利用すれば、つなぎ資金として一時的な資金不足を解消できる
  • 2社間ファクタリングは金利が高い傾向がある点に注意
  • 銀行融資の審査に落ちてしまった事業者はファクタリングがオススメ
  • ファクタリングによるオフバランス化により企業価値を高められる効果も期待できる
  • 企業価値が高いと判断されれば銀行融資にも通過できる可能性あり

ファクタリングとは、未回収の売掛債権をファクタリング会社に売却・譲渡することで資金を調達する方法です。また、ファクタリングは、商品やサービスを提供した後から、請求代金が支払われる間の期間に利用できます。なお、ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングとがありますが、3社間ファクタリングを利用すると取引先にファクタリングの利用がバレる=資金繰りに困っていることがバレるので注意してください。

ファクタリングをオススメしたいのは、「銀行融資に落ちてしまった事業者」や「これから銀行融資を受けたいと考えている事業者」です。ファクタリングは借入ではないので、赤字決算を出している事業者の方でも資金調達を期待できるためです。

また、ファクタリングによりオフバランス化すれば、ROAが高まり業績をよく見せられるので、銀行融資を受けやすくなるというメリットもあります。

資金不足に悩んでいる事業者の方は、ぜひ本記事を参考にしながらファクタリングを利用し、資金調達に成功させてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

資金繰りに困っている経営者・事業主におすすめの資金調達先はこちら

ビジネクストキャプチャ

ビジネクスト

ビジネクスト ビジネスローンの評判は?事業資金調達・借入に使える法人・個人事業主向けビジネスローン