スピーディーに資金調達したい事業主はビジネスローンもオススメ!

ビジネクストキャプチャ

ビジネクスト

ビジネクスト ビジネスローンは事業資金調達・借入に使える法人・個人事業主向けビジネスローン

3社間ファクタリングの仕組み〜利用時のメリット・デメリットと2社間ファクタリングとの違い

更新日:2020年3月9日 公開日:2020年3月9日21 view

取引先企業へ商品やサービスの提供後、「売掛金が入金されるまでの運転資金が足りない…」という事業者の中には、ファクタリングでの資金調達を検討している方もいるのではないでしょうか。

また、はじめてファクタリングを利用するという方は、「3社間ファクタリング」というファクタリングのサービス名は聞いたことがあるけれど、内容についてはよく分からない…という事業者も多いと思います。

そこで本記事では、「3社間ファクタリングの仕組み」を中心に、「3社間ファクタリングのメリットやデメリット」、「3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの違い」などについて、詳しく解説を進めていきます。

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングとはどういったファクタリングの取引方法なのでしょうか。

3社間ファクタリングとは3社間で売掛債権を取引すること

ファクタリングとは、「入金待ちの売掛債権をファクタリング会社へ売却・譲渡し、売掛金の入金までの期間に資金調達する方法」のことですが、取引方法により「3社間ファクタリング」と「2社間ファクタリング」の2種類に区分されています。

3社間ファクタリングの取引は売掛先の企業も含まれる

2社間ファクタリングとは「利用者(事業主)」と「ファクタリング会社」の2社間での取引ですが、3社間ファクタリングとは、「利用者(事業主)」「ファクタリング会社」「売掛先」の3社間で取引するファクタリングのことを指します。

なお、「ファクタリング」とは、かつては3社間ファクタリングのことを呼んでいましたが、債権譲渡登記の活用などにより「2社間ファクタリング」のサービスが生まれたため、近年では「2社間ファクタリング」、「3社間ファクタリング」というように、区別して呼ばれるようになりました。

3社間ファクタリングの仕組み・手続きの流れ

続いて、3社間ファクタリングの仕組みや手続きの流れを解説します。

3社間ファクタリングの手続きの流れ

  1. 売掛先に商品やサービスを提供し、代金を請求
  2. 売掛債権が発生
  3. 売掛先に売掛債権譲渡の承認を得る
  4. 3社間ファクタリングへの申し込み〜審査
  5. 利用者とファクタリング会社、売掛先が3社間ファクタリングの契約を結ぶ
  6. ファクタリング会社から利用者の銀行口座へ入金
  7. 売掛先からファクタリング会社の口座へ売掛金が振り込まれる

上の手続きの流れを確認しながら、3社間ファクタリングでの資金調達の仕組みを理解しましょう。

売掛先に商品やサービスを提供し、代金を請求

まず、売掛先に商品やサービスの提供を行い、代金を請求します。

通常、会社間の取引は「信用取引」がほとんどなので、納品〜入金まで1ヶ月〜2ヶ月以上のタイムラグ(※)があります

※例:末締め翌月末払いや末締め翌々月末払いなど

売掛債権が発生

取引先へ商品やサービスを提供した後、商品代金の支払いを受ける権利である「売掛債権」が発生します。

売掛先に売掛債権譲渡の承認を得る

3社間ファクタリングを利用する時には、事前に売掛先へ「債権譲渡の承認・合意」を得ておきましょう。なお、3社間ファクタリングは、売掛先が債権譲渡に合意しなければ、3社間ファクタリングの契約ができない点に注意が必要です。

3社間ファクタリングへの申し込み〜審査

売掛先の合意を得た後、3社間ファクタリングへ申し込みます。

申し込みが完了した後、売掛債権の金額、売掛先企業の経営状態、利用者の会社の経営状態などを中心に、ファクタリングの審査が行われます。

ファクタリング会社により異なりますが、審査には5営業日〜10営業日ほどかかるケースが多いです。

利用者とファクタリング会社、売掛先が3社間ファクタリングの契約を結ぶ

ファクタリング審査に通過した後、利用者、ファクタリング会社、売掛先の3社間でファクタリング契約を結びます。

なお、通常の3社間ファクタリングの場合、利用者は「売掛先の同意書」を用意し、ファクタリング会社と契約します。

ファクタリング会社から利用者の銀行口座へ入金

ファクタリング契約が完了すれば、ファクタリング会社から利用者の銀行口座へ売掛債権の購入代金が振り込まれます。

3社間ファクタリングの手数料は、「売掛債権の金額の1%〜10%未満」となる場合が多いです。

売掛先からファクタリング会社の口座へ売掛金が振り込まれる

売掛金の支払い時期になれば、売掛先からファクタリング会社へ売掛金が振り込まれます。振り込みが完了すれば、3社間ファクタリングの手続きが全て完了します。

3社間ファクタリングのメリット

続いて、3社間ファクタリングのメリットを解説します。

  • 3社間ファクタリングは手数料が低い場合が多い
  • 売掛債権回収の義務がない

3社間ファクタリングは手数料が低い場合が多い

2社間ファクタリングでは、売掛金を回収した利用者がファクタリング会社へ支払いを行いますが、3社間ファクタリングの場合は、売掛先がファクタリング会社へ直接売掛金を入金します。

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングよりも「売掛金未回収のリスク」を減らせるため、「手数料が低く設定(=1%〜10%ほど)」されている場合が多いです。

売掛債権回収の義務がない

また、3社間ファクタリングで売掛債権をファクタリング会社へ譲渡した後は、ファクタリング会社が売掛債権を回収するため、利用者側に債権回収の義務がなくなります

売掛債権の所有がファクタリング会社へ譲渡された後は、「ファクタリング会社が売掛金回収の責任を負う」という点も、3社間ファクタリングのメリットと言えるポイントかもしれません。

3社間ファクタリングのデメリット

続いて、3社間ファクタリングのデメリットとなるポイントを紹介します。

  • 売掛先へ売掛債権譲渡の同意や通知が必須
  • ファクタリングの申し込み〜入金まで日数が必要

売掛先へ売掛債権譲渡の同意や通知が必須

3社間ファクタリングは審査難易度が緩やかで、手数料が低いというメリットがありましたが、「売掛先に売掛債権譲渡の同意、通知が必須」である点に注意しておかなくてはなりません。

売掛債権譲渡が知られると資金不足がバレる

ファクタリングには企業価値を高める「オフバランス化」の効果もありますが、多くの事業者はつなぎ資金や運転資金の不足により、ファクタリングを利用しています。

3社間ファクタリングにより売掛先にファクタリング利用の事実がバレてしまうと、「ファクタリングするのは、よほど資金が不足しているのでは…」と疑われてしまい、今後の取引に悪影響が出てしまう恐れもあるので注意しておきましょう。

ファクタリングの申し込み〜入金まで日数が必要

また、3社間ファクタリングは、売掛先の同意が必要となることもあり、申し込み〜入金まで1週間〜2週間ほどの日数がかかるケースが多いです。

スピーディーに資金調達したい場合は、次の項目で解説する2社間ファクタリングや、貸金業者からの借入であるビジネスローンなどの利用を検討してみましょう。

3社間・2社間ファクタリングの違い


最後に、3社間ファクタリングと、2社間ファクタリングの違いについて解説します。

  • 売掛債権譲渡の通知の有無
  • 資金調達のスピード
  • ファクタリングの手数料

売掛債権譲渡の通知の有無

3社間ファクタリングでは、売掛先に売掛債権譲渡の通知が必須でしたが、2社間ファクタリングでは「利用者とファクタリング会社」間での取引となるため、売掛先に売掛債権譲渡の通知がありません

今後の取引のことを考え、売掛先に売掛債権譲渡の事実が絶対にバレたくない…という事業者の方は、必ず「2社間ファクタリング」を利用するようにしましょう。

資金調達のスピード

また、2社間ファクタリングは売掛先を通さないため、3社間ファクタリングよりも申し込み〜入金までスピーディーです。2社間ファクタリングの場合は、申し込みから3営業日〜5営業日ほどで資金調達できるため、すぐにお金が必要という事業者にオススメです。

なお、「クラウドファクタリング」というインターネットだけで完結できるファクタリングサービスを利用すれば、24時間以内に審査、審査通過後に即日入金してもらえる可能性もあります。

ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングは「売掛先に連絡がない」、「スピーディーに資金調達できる」というメリットがありましたが、手数料がやや高い傾向がある点に注意してください。

一般的に、2社間ファクタリングの手数料は10%〜30%ほどとなっているため、売掛金の70%〜90%ほどの金額での買取となります。

クラウドファクタリングなら手数料が低い

ただし、前項で触れた「クラウドファクタリング」であれば、AIによる自動審査によって、審査にかかるコストや売掛金未回収のリスクを最小限に抑えられているため、手数料が2%〜9%と非常に低く設定されています。

手軽、スピーディーに売掛債権の高価買取を希望する方は、一度OLTA(オルタ)が提供しているクラウドファクタリングへの申し込みを検討してみましょう。

3社間ファクタリングは売掛先企業と信頼関係がある事業者にオススメの資金調達方法

本記事では、「3社間ファクタリングの仕組み」を中心に、「3社間ファクタリングのメリットやデメリット」、「3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの違い」などについて詳しく解説を進めてきました。

売掛先にファクタリングがバレたくないなら2社間ファクタリングを利用しよう

  • 3社間ファクタリングとは3社間で売掛債権を取引する金融サービス
  • 3社間ファクタリングは事業者とファクタリング会社と売掛先の会社間で取引される
  • 売掛債権が発生した後に3社間ファクタリングを利用できる
  • 3社間ファクタリングは売掛先に売掛債権譲渡の承認を得なければならない
  • 売掛債権回収の義務がないのは3社間ファクタリングのメリット
  • 3社間ファクタリングは売掛先へ売掛債権譲渡の同意や通知が必須なので注意
  • 3社間ファクタリングは申し込み〜入金まで日数が必要となる場合が多い
  • 売掛先に売掛債権譲渡が知られると資金不足がバレてしまう点に気をつける
  • 2社間ファクタリングは売掛債権譲渡の通知がない
  • 2社間ファクタリングは資金調達まで3〜5営業日ほどかかる
  • 2社間ファクタリングは手数料がやや高く10%〜30%ほどの設定となっている場合が多い

3社間ファクタリングとは、「利用者の会社」、「ファクタリング会社」、「売掛先の会社」の3社間で取引が行われるファクタリングサービスのことです。また、3社間ファクタリングの場合は、売掛先へ売掛債権譲渡の同意・承認を得る必要がある点に注意しておきましょう。

ただし、3社間ファクタリングは、ファクタリング会社の売掛債権未回収のリスクが低いため「手数料が低く設定」されている、債権譲渡した後は売掛先から「売掛金の回収の義務がない」というメリットもあります。

また、売掛債権譲渡が売掛先にバレたくないという事業者の方は、債権譲渡の通知が不要な2社間ファクタリングの利用を検討してみましょう。なお、OLTA(オルタ)が提供するクラウドファクタリングであれば、債権譲渡登記も不要なため、売掛先にファクタリングの利用がバレる恐れもないでしょう。

ファクタリング利用を検討している事業者の方は、本記事を参考にしながらファクタリングへの申し込み〜資金調達に成功させてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

スピーディーに資金調達したい事業主はビジネスローンもオススメ!

ビジネクストキャプチャ

ビジネクスト

ビジネクスト ビジネスローンは事業資金調達・借入に使える法人・個人事業主向けビジネスローン