ファクタリングにかかるコストや手数料を抑えて資金調達する5つの方法!

更新日:2020年9月17日 288 view

ファクタリングによる資金調達を検討している事業者の中には、

「ファクタリングを利用したいけれど、どのくらいの手数料がかかるのか知りたい」
「ファクタリングの手数料の内訳を知りたい」
「ファクタリング手数料をできるだけ抑えて利用したい」

という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、「ファクタリングの手数料の内訳」や、「2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料やコストの違い」、「ファクタリングの手数料をできるだけ抑える方法」、「手数料が低いオススメのファクタリング会社」などについて、詳しく解説を進めます。

ファクタリングの手数料の内訳

ファクタリングとは、取引先へ商品やサービスを提供した後に発生する「売掛債権」を、ファクタリング会社へ譲渡、売却することで資金を調達する方法です。

ファクタリングは、専門のファクタリング業者が行う場合がほとんどで、ファクタリング業者、売掛先や利用者の信用度などにより、手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は一般的に5.0%〜20.0%ほどに設定されている場合が多いのですが、まず、このファクタリング手数料の内訳から確認してみましょう。

ファクタリングにかかる手数料・コストの内訳

  • ファクタリング会社の事務手数料
  • 債権譲渡登記にかかる費用
  • ファクタリング会社の利益(売掛債権未回収時のコストも含む)

ファクタリング利用時にかかる手数料の内訳は、主に上の3点です。それぞれの項目について詳しく解説します。

ファクタリング会社の事務手数料

ファクタリングの事務手数料とは、ファクタリング会社が売掛債権の買取を行う時にかかる、必要最低限のコストです。

例えば「ファクタリング申込者との面談」、「申込者の事業の審査」、「売掛債権や売掛先の事業の審査」などにかかるコストが、ファクタリング事務手数料と言えるでしょう。

また、ファクタリング会社は首都圏に集中しています。地方に事業所がある企業など、ファクタリング会社に出張してもらう場合は、別途「出張費」も加算されるので注意が必要です。

債権譲渡登記にかかる費用

ファクタリング会社により異なりますが、「売掛金の回収を確実なものにする(=売掛債権の所有を法的に主張できる)ため、債権譲渡登記が行われる」ケースが多いです。

債権譲渡登記にかかる費用の内訳は主に以下のものとなっています。

  • 債権譲渡登記費用…7,500円
  • 債権譲渡登記手続きを行う司法書士への謝礼金…5万円前後(司法書士やファクタリング会社により異なる)

債権譲渡登記には、上のように5万円〜ほどの費用がかかると考えられます。

ファクタリング会社の利益(売掛債権未回収時のコストも含む)

ファクタリング手数料5.0%〜20.0%から「事務手数料」や「債権譲渡登記費用」を引いた、残りの手数料が、ファクタリング会社の利益となります。

ただし、ファクタリング会社は売掛債権を買い取った後「売掛先が倒産するとファクタリング会社は売掛金を回収できない」可能性もあります。

このためファクタリング会社の利益の中には、「売掛金未回収=赤字のリスク分のコスト」も含まれていると考えられるでしょう。

2社間・3社間ファクタリングでコストが違う?

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、それぞれの手数料が異なります。2社間・3社間での一般的なファクタリング手数料について紹介します。

2社間ファクタリングの手数料は10%〜20%が多い

2社間ファクタリングとは、「利用者の会社とファクタリング会社の2社間で売掛債権の譲渡・売却取引する」金融サービスを指しますが、手数料がやや高く、10%〜20%ほどに設定されている場合が多いです。

この2社間ファクタリングの手数料が高いのは、「(売掛先を介さないため)ファクタリング会社は売掛金未回収のリスクが(3社間ファクタリングに比べて)高い」ためです。

2社間ファクタリングは売掛債権の譲渡通知が行われない

なお、2社間ファクタリングは、ファクタリング手数料が高い傾向がありますが、売掛先へ売掛債権の譲渡の通知はありませんので、売掛先にファクタリングの利用がバレる可能性は低いでしょう。

3社間ファクタリングの手数料は1%〜10%ほど

一方の3社間ファクタリングとは、「利用者の会社とファクタリング会社、売掛先の会社の3社間で売掛債権の譲渡・売却取引する」金融サービスを指します。

3社間ファクタリングでは、「利用者が売掛債権をファクタリング会社へ譲渡・売却した後、支払日になれば、売掛先から直接ファクタリング会社へ代金の支払い」が行われます。

ファクタリング会社と売掛先の会社が直接お金のやり取りを行う(=ファクタリング会社は売掛債権の未回収のリスクを小さく抑えられる)ため、3社間ファクタリングでは手数料が低く設定されている傾向があります。

ファクタリングの手数料を抑えて資金調達する方法

続いて、ファクタリングの手数料を抑えて資金調達する方法について紹介します。

  • 3社間ファクタリングを利用する
  • 大手企業の売掛債権を売却する
  • できるだけ高額な売掛債権を売却する
  • 同じファクタリング会社を利用する
  • 利用者の信用度や人柄

3社間ファクタリングを利用する

ファクタリングの手数料が低いのは、2社間ファクタリングより「3社間ファクタリング」です。

売掛先との関係が良好で「売掛債権の譲渡の通知があっても問題ない」という方は、手数料が低い3社間ファクタリングを利用してください。

大手企業の売掛債権を売却する

売掛債権の信用度により、売掛債権の買取価格が異なる場合もあります。

大企業の方が中小企業よりも倒産のリスクが小さいため、一般的には大企業の売掛債権の方が高値(=低い手数料)で売却できる可能性が高いです。

売掛先の信用度が高ければ手数料が低くなりやすい

なお、売掛先が国民健康保険団体連合会(国保連)になる介護ファクタリングのサービスの中には、「国保連には倒産の恐れがない=売掛債権未回収のリスクがない」ことから、手数料が1.0%を切るようなファクタリングサービスもあります。

できるだけ高額な売掛債権を売却する

また、売掛債権の金額が高額なほど、ファクタリング手数料が低くなる傾向があります。

例えば手数料10.0%のファクタリングを利用する場合、

  • 100万円の売掛債権をファクタリングする場合は「10万円」の手数料
  • 1,000万円の売掛債権をファクタリングする場合は「100万円」の手数料

となります。同じ利率の手数料でも売掛債権の金額が高額になれば、手数料に何十倍もの違いが生まれます。

高額なファクタリングになるほどファクタリング会社は利益を確保しやすくなるため、その分、手数料を下げてもらえる可能性があるでしょう。

同じファクタリング会社を利用する

申し込み先のファクタリング会社を過去に利用したことがあるという事業者は、「ファクタリングの手数料を下げてもらえる」場合があります。

過去に一度でも同じファクタリング会社を利用した場合(※トラブルがない場合に限る)は、「利用者の信用度がある」状態のため、ファクタリング会社は売掛金未回収のリスクを抑えて売掛債権を買取できるためです。

利用者の信用度や人柄

通常、ファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社の窓口での相談を経て、書類や面談による審査が行われます。

面談時にファクタリング会社から「真剣に事業に取り組んでいる事業主」、「真面目で正直そうな経営者だから、売掛先について虚偽の発言がない」などとみられ「売掛金の未回収のリスクが低い」と判断された場合、手数料を下げてもらえるケースもあります。

ファクタリング手数料が低いオススメのファクタリング業者

最後に、手数料を下げてファクタリングを利用したいという事業者へ向けて、オススメのファクタリング会社を紹介します。

OLTA(オルタ)のクラウドファクタリングはスピーディーで手数料が安い

コストを抑えてファクタリングを利用したい事業者の方は、OLTA(オルタ)の2社間クラウドファクタリングがオススメです。

OLTAの手数料は2.0%〜9.0%

OLTAのクラウドファクタリングは、AIによる自動審査が導入されていて、インターネットだけで申し込み〜入金可能となっています。

OLTAでは審査や契約にかかる人件費を最低限に抑えているため、2.0%〜9.0%というファクタリング手数料でサービスを提供しています。

OLTAは最短24時間ほどで入金を期待できる

また、AIによる自動審査を導入しているOLTAは審査にかかる時間もスピーディーで、通常24時間以内に審査結果の回答があります。

ファクタリングの審査に通過した後は、即日入金が可能なため、申し込みから最短24時間〜で売掛債権の売却を期待できるでしょう。

クラウドファクタリングOLTA

審査時間 24時間以内 融資時間 即日入金
限度額 上限なし 実質年率 -

手数料を低く抑えたい事業者はOLTAのファクタリングがオススメ!

ファクタリングの手数料を抑えて売掛債権をできるだけ高く売却しよう

本記事では、「ファクタリングの手数料の内訳」や、「2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料やコストの違い」、「ファクタリングの手数料をできるだけ抑える方法」、「手数料が低いオススメのファクタリング会社」などについて詳しく解説を進めてきました。

  • ファクタリングの手数料は一般的に5.0%〜20.0%ほどかかる場合が多い
  • ファクタリングの手数料の中には事務手数料が含まれている
  • 債権譲渡登記の費用もファクタリング利用時のコストとして計上される
  • ファクタリング手数料には「売掛債権未回収時の損失」のお金も含まれている
  • 2社間ファクタリングは売掛先の会社を通さず売掛債権未回収のリスクがあるので手数料が高い
  • 2社間ファクタリングの手数料はおよそ10.0%〜20.0%
  • 3社間ファクタリングの手数料は1.0%〜10.0%ほどの手数料がかかる
  • 3社間ファクタリングの手数料が低いのは売掛債権未回収のリスクが低いため
  • 倒産の恐れがない大手企業の売掛債権ほどファクタリング手数料が低くなりやすい
  • 高額な売掛債権ほど売却時の手数料を低く抑えられる
  • 同じファクタリング会社を利用すれば「信用度がある」ことで手数料を低く設定してもらえる可能性あり
  • 手数料を少しでも抑えてファクタリングしたい方は「OLTA」がオススメ
  • OLTAのクラウドファクタリングなら手数料2.0%〜9.0%で売掛債権を売却できる

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社へ売却し売掛金の入金前に資金調達する方法ですが、ファクタリング手数料として「売掛債権の5.0%〜20.0%」ほどのコストが発生する可能性があります。

ファクタリング手数料には、「ファクタリング会社の事務手数料」「債権譲渡登記の費用」「ファクタリング会社の利益」などが含まれていると考えられます。

なお、ファクタリングの手数料を下げるためには「3社間ファクタリングを利用する」「大手企業の売掛債権を売却する」「高額な売掛債権を売却する」「同じファクタリング会社を利用する」などの方法があります。

コストを下げて売掛債権を売却したい方は、ぜひ本記事を参考にしながら、ファクタリングへの申し込みを進めてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

簡単に事業資金を調達したいならビジネスローンの利用を検討しよう!

ビートレーディングキャプチャ

ビートレーディング

最短即日で資金調達
申し込みから入金まで12時間!
買取金額無制限
10万円~7億円までの買取実績あり
審査通過率98%
月間400件の契約・資金調達が成立

anew(アニュー)キャプチャ

anew(アニュー)

業界最低水準の低金利
手数料2-9%で1,000万円規模の売掛金に対応!
最短即日で資金調達
24時間以内に資金調達できる可能性あり
ネットで完結
インターネットで手続きするだけで入金可能

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)キャプチャ

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)

最短即日融資
申し込み当日に事業資金を借入できる!
つなぎ融資に最適
個人事業主も融資を受けられる
Webから申込
ネットから申し込み〜融資まで完了