アコムの借り換え・一本化専用ローンの特徴と審査基準

更新日:2020年6月2日 7,924 view

カードローン利用中の方で利息が高くて返済に困っている方や、複数のカードローンを利用していて毎月の返済に苦労している方の中には、「アコムの借り換え・一本化専用ローン」の利用を検討している方もいるでしょう。

本記事では、アコムの借り換え・借金一本化専用ローンの特徴や審査基準について詳しく解説していくので、アコムへの借り換えローン利用前に参考にしてみましょう。

アコムの借り換え・一本化のローン(借換え専用ローン)の中身と特徴

まず、三菱UFJ銀行グループ(株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ)の大手消費者金融「アコム」が提供している借り換え・一本化のローンのスペックから紹介します。

アコムの(貸金業法に基づく)借換え専用ローンのスペック

商品名 借換え専用ローン
資金使途 貸金業者債務の借換え
貸付金額 1万円〜300万円
貸付利率 実質年率7.70%~18.00%
※貸付金額100万円以上の場合、7.70%~15.00%
貸付対象者 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
担保・連帯保証人 いずれも不要

出典:アコム公式サイトより

アコムの借り換え専用ローンは、限度額300万円で、金利は7.70%~18.00%、100万円以上の借入の場合は上限金利15.00%となっています。

申し込み対象は「20歳以上の安定した収入・返済能力がある方」となっていて、アコムの通常のカードローンと同じ条件になっています。

アコムの借り換え専用ローンの特徴とは?

借り換えや借金の一本化に利用できる、アコムの借り換え専用ローンの特徴を確認していきましょう。

アコムの借り換え専用ローンは総量規制の例外

アコムの借り換え専用ローンの大きな特徴・メリットとして、「総量規制の例外となる」ことが挙げられます。

総量規制とは?

総量規制とは、アコムなどの消費者金融(貸金業者)に適用される貸金業法の「貸付額の上限に関する」法律のことを指します。

総量規制では、「貸金業者は、利用者の年収3分の1を超える貸付けが原則禁止」されています。

このため、通常の消費者金融カードローンでは、利用者の年収3分の1以内のお金しか借りられません。

ただし、総量規制には例外(例外貸付け)があり、「顧客に一方的に有利となる借換え」などが例外の対象となります。

アコムの借り換え専用ローンは、「顧客に一方的に有利となる借換え(=総量規制の例外)」のため、総量規制を超える金額を借り入れできるため、高額な借り換えも期待できます。

例えば「年収300万円の方がすでに100万円を借りている」というようなケースでも、アコムの借り換え専用ローンを利用できる可能性(※)があります。

※100万円の借り入れを借り換える場合、一時的に200万円の借入となります。このようなケースでは、年収300万円の方は総量規制の金額を超えてしまうため、総量規制が適用された(通常の消費者金融の)ローンでの借り換えはできません。

アコムの借り換え専用ローンは「借り換え・一本化」のみに使える

アコムの借り換え専用ローンは、借り換えや借金の一本化にのみ利用できます。借り換えローンとは「他社からアコムへの借り換え」、借金の一本化とは「複数のカードローン利用中の方がアコム1社へ借り換え」を行うことを指します。

また、「借り換え専用ローン」という名称ですが、公式サイトには以下のような記載があります。

おまとめローンはありますか?
はい。「複数のローンをお借入中のお客さま」に最適な借換え専用ローンをご提案します。

出典:よくあるご質問|アコム公式サイト

上のようにアコムの借り換え専用ローンは「借金の一本化ローン=おまとめローン」としても利用できます。

アコムの借り換え専用ローンの金利はどのくらい?

アコムの借り換え専用ローンを利用した方の口コミを参考にすると、アコムの借り換え専用ローンは借り換え前のローンより1.0%ほど金利を下げてくれる場合が多いようです。

金利が少しでも下がれば返済総額を圧縮できるため、アコムの借り換え専用ローンを利用することで返済負担を抑えられる可能性があります。

アコムへの事前相談で金利を下げてもらえる可能性も

また、口コミによると、事前にアコムへ相談することにより金利を下げてもらえるケースもあるようです。

「現在どのような返済状況で、なぜ借り換えを行いたいのか。いつまでの完済を考えているか。」など、アコム側に納得してもらえる理由をしっかりと伝えることで、アコムの借り換え専用ローンの金利を優遇してもらえる可能性もあるでしょう。

アコムの借り換え専用ローンへの申し込み方法

アコムの借り換え専用ローンへの申し込み方法や手順は、通常のカードローンと異なっています。

  • ①アコムのフリーコールへ連絡する
  • ②書類を用意して「むじんくん」か「店頭窓口」へ訪問する
  • ③その場で審査回答・契約
  • ④借り換え専用ローンの融資が行われる

上の①〜④の流れについて解説します。

①アコムのフリーコールへ連絡する

アコムの借り換え専用ローンを利用するには、アコムのフリーコール(0120-07-1000)へ連絡が必要です。

アコムへ電話連絡すると、借り換え専用ローンの担当者から「申し込みに必要な書類の案内」や「事前の手続き」を説明してくれます。

②書類を用意して「むじんくん」か「店頭窓口」へ訪問する

アコムの借り換え専用ローンに必要な書類は、運転免許証や顔写真付きの個人番号カード、または、健康保険証(と公的証明書1点)などの「本人確認書類」と、源泉徴収票や確定申告書などの「収入証明書」です。

これら2種類の書類を用意し、お近くのアコムの自動契約機「むじんくん」か、アコムの店頭窓口へ訪問しましょう。

※郵送でもアコムの借り換え専用ローンと契約できますが、「日数がかかる」、「事前にアコムへ電話相談が必要」になる点に注意してください。

③その場で審査回答・契約

アコムのむじんくんか、店頭窓口へ書類を持参すれば、その場で審査〜審査結果の回答を得られます。審査に通過した後は、その場で借り換え専用ローンと契約を結びます。

④借り換え専用ローンの融資が行われる

契約が完了すれば、融資が行われます。アコムの借り換え専用ローンの融資は、以下の点に注意してください。

・原則、アコムが申込者名で他社へ振込
・申込者自身での清算となった場合、アコムへ他社清算書類の提出が必須

なお、口コミを参考にすると、アコムの借り換え専用ローンは最短1時間程度で融資を行なってくれるようです。

アコムの借り換え専用ローンの審査は難しい?

ここで、「どのようなステータスの方がアコムの借り換え専用ローンの審査に落ちてしまうのか」を解説しながら、アコムの借り換え専用ローンの審査難易度についてチェックしていきます。

こんな人はアコムの借り換え専用ローンの審査に落ちる

  • 安定した収入が無い
  • 4社〜5社以上から借入がある
  • 信用情報に大きな傷がある

安定した収入が無い

定職についておらず、安定した収入が無いという方や、短期バイトなどで継続した収入が無いというような方は、「返済能力を認められず」アコムの借り換え専用ローンの審査に落とされてしまうでしょう。

ただし、先ほど紹介したように、申し込み対象者は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方」とあるため、借り換え金額にもよりますが、安定収入があれば、そこまで高い収入はあまり必要ではない、と考えられるでしょう。

4社〜5社以上から借入がある

他社からの借入件数が4件〜5件以上あるという方は、アコムの借り換え専用ローンの審査が不利になり、審査に落とされる可能性が非常に高いです。

多くのカードローンを利用している方は、「毎月の返済負担が大きく、お金に困っている方」と判断されやすいためです。アコムの借り換え専用ローンで借金一本化の審査をスムーズに通過させるためには、カードローンの利用を3社以内に抑えておくようにしましょう。

信用情報に大きな傷がある

過去にカードローンを長期間滞納したなど、過去の信用情報に大きな傷がある方は、アコムの借り換え専用ローンの審査が不利になる点に注意してください。

ただし、過去に何度もカードローンを利用しているという方でも「しっかり返済」していれば、審査が不利になることはありません。

金銭トラブルがない方はアコムの借り換え専用ローンの審査通過を目指しやすい

アコムの借り換え・借金一本化ローンで落とされる可能性がある方を紹介してきましたが、普通にカードローンを利用している方は「どの項目も当てはまらない」という方も多いのではないでしょうか。

借り換えローンは高額な借入(50万円〜100万円超)になりやすいため、通常のカードローン審査よりも審査基準はやや高い傾向はありますが、上の項目に当てはまらない方は、十分にアコムの借り換え専用ローンの審査に通過できる可能性があるでしょう。

アコムへ借り換えや借金を一本化する時の注意点

最後に、アコムへの借り換え・借金の一本化ローンを利用する時に注意しておきたいポイントについて解説します。

アコムへ借り換えた後は「総量規制」が適用

アコムの借り換え専用ローンは「総量規制の例外」ですが、借り換え後は総量規制の対象になります。

例えば、年収300万円の方が100万円の借り換えをする場合、一時的に200万円(他社100万円、アコム100万円)の借入となりますが、借り換え後にはアコムから100万円の借入となります。

アコムの借り換えローンは総量規制の対象外(例外)でしたが、借り換え後のお金に対しては「アコム(貸金業者)からの借入」となるため、総量規制の対象になる点に注意しておきましょう。

アコムで借金を一本化する時は事前に返済シミュレーションを!

アコムで借金を一本化する時には、事前に返済シミュレーションを確認しておきましょう。アコムの公式サイトで記載されている、「返済早見表」を参考にしてみます。

アコムで50万円を借り換えて1年〜5年で完済する場合の「毎月の返済額」と「返済総額」
借入額 返済期間 返済回数 各回返済額 返済総額
50万円 1年以内 10回 55,000円 548,569円
2年以内 20回 30,000円 594,690円
3年以内 31回 21,000円 649,464円
4年以内 39回 18,000円 686,705円
5年以内 51回 15,000円 750,686円

出典:アコム公式サイト

アコムでの返済は上の表のようなイメージになります。現在の毎月の返済額とアコムでの返済額をよく見比べながら、「借金一本化後、何年(何回)で完済させるのか」などの計画を立ててアコムの借り換え専用ローンへ申し込んでください。

アコムの借り換え専用ローンの審査難易度はそこまで高くない!

本記事では、カードローンの借り換えや借金の一本化に利用できる、「アコムの借り換え専用ローンの特徴や審査基準」について詳しく解説を進めてきました。

アコムの借り換え専用ローンは現在のローンより金利を下げてもらえる可能性あり

  • アコムの借り換え専用ローンは「借り換えローン」「一本化(おまとめローン)」に使える!
  • 借り換え専用ローンは「貸金業者債務の借換え」にしか利用できない
  • 20歳以上で安定した収入があればアコムの借り換え専用ローンへ申し込める
  • アコムの借り換え専用ローンは総量規制の例外
  • 口コミによると借り換え前より1.0%ほど金利を下げてもらえる可能性あり
  • アコムの借り換え専用ローンへは原則電話で申し込む
  • 安定した収入があり、他社借入件数が少なく、信用情報に傷がなければ審査に通過させやすい
  • アコムで借り換えた後には「総量規制」が適用される
  • アコムの借り換え専用ローンを利用する前には「返済シミュレーション」を

消費者金融のアコムでは、他社カードローンの借り換えや、借金の一本化として利用できる「借り換え専用ローン」が用意されています。アコムの借り換え専用ローンの金利は7.70%~18.00%となっていますが、口コミを参考にすると「借り換え前より金利を1.0%ほど下げてもらえる」傾向があるようです。

また、アコムの借り換え専用ローンの審査基準ですが「安定した収入」「他社借入件数が少ない(1社〜3社以内)」「信用情報に傷がない」方であれば、十分に審査通過を目指せるでしょう。

現在カードローンの借入で借金の返済に困っている方は、本記事を参考にしながらアコムの借り換え専用ローンの利用を検討してみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

借り換え、借金の1本化をしたいならこのカードローン

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

専業主婦でも50万円
専業主婦でも50万円まで融資可能!
業界最低水準の低金利
金利も業界最低水準の1.9%~14.5%と低金利
乗り換えOK
おまとめローンもお乗り換え可能!

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

最短即日融資
横浜銀行への来店不要!最短即日融資
低金利
金利も業界最低水準の1.9%~14.6%と低金利
専業主婦可
専業主婦の方でもお申し込み可能!