その日の内にとにかく早く借りたい人が選ぶのはこのカードローン!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

  • HOME
  • カードローン攻略
  • イオン銀行カードローンの審査は難しい?審査基準や審査にかかる時間を徹底調査!

イオン銀行カードローンの審査は難しい?審査基準や審査にかかる時間を徹底調査!

更新日:2019年5月27日 公開日:2019年5月27日2,555 view

低金利のイオン銀行カードローンへの申し込みを検討している方の中には、
「実際にイオン銀行カードローンへ申し込んでも審査に通過できるか不安…」という方も多いと思います。

そこで本記事では、「イオン銀行カードローンの審査基準」や、「イオン銀行カードローンの審査にかかる時間」、「イオン銀行カードローンの審査の流れ」など、『イオン銀行カードローンの審査』について、詳しく解説していくので、ご自身がイオン銀行カードローンの審査に通過できそうかどうか、しっかりチェックしましょう。

イオン銀行カードローンの審査基準

イオン銀行カードローンの審査基準を確認する前に、イオン銀行カードローンの商品スペックをチェックしましょう。

イオン銀行カードローンのスペック
限度額 10万円~800万円 (10万円単位)
金利 年3.8%~13.8%(変動金利)
申し込み対象年齢 満20歳以上、満65歳未満
申し込み対象 ・本人に安定かつ継続した収入の見込める方。
・日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
資金使途 原則自由(事業性資金には利用できない)
担保・保証人 不要
保証会社 イオンクレジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社
即日融資 不可

イオン銀行カードローンは低金利が大きな魅力

イオン銀行のカードローンの上限金利は「13.8%」となっていて、消費者金融カードローン(上限金利17.8%〜18.0%)と比較すると、4.0%以上も金利が低いです。

また、限度額800万円と高額なキャッシングまで対応しているため、「急に大きなお金が必要になった…」というような状況でも便利に使える可能性があります。

イオン銀行カードローンはパートやアルバイト、自営業者の方も使える

イオン銀行のカードローンの商品概要には、
「パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方もお申込みいただけます。」との記載を確認できます。

サラリーマンなどの正社員の方だけではなく、「パート、アルバイト」などの雇用形態の方などもイオン銀行カードローンを利用できるため、(安定した収入があれば)そこまで高い年収が無くても審査通過を目指せると考えられるでしょう。

専業主婦(夫)もイオン銀行カードローンの審査通過を目指せる

さらに、イオン銀行カードローンでは、配偶者に安定した収入がある専業主婦(夫)の借入も認めています。

ただし、専業主婦(夫)の方は借入限度額が「50万円」までとなっている点には注意してください。

安定した収入があっても学生は利用できない

パートやアルバイトの方でもイオン銀行カードローンの審査通過を目指しやすいのですが、学生の方は、「20歳以上の安定した収入がある」場合でもイオン銀行カードローンを利用できないので注意してください。

安定した収入がある20歳以上の学生の方は、アコムやアイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSAなどの消費者金融カードローンなら審査通過を期待できるため、いずれかのカードローンへの申し込みを検討してみましょう。

イオン銀行の保証会社から審査難易度をチェック

イオン銀行カードローンの保証会社(=審査を行う会社)欄には、イオンクレジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社と記載があります。

イオンクレジットサービス株式会社とはイオン銀行系のクレジットカード会社で、オリックス・クレジット株式会社はカードローンなどを提供する消費者金融のことです。一般的には消費者金融系のカードローン審査は、クレジットカード会社系のカードローン審査よりもやや緩やかな傾向があると言われています。

イオン銀行カードローンは消費者金融で審査が行われているため、そこまで審査難易度が高くはないと判断できます

イオン銀行カードローンで審査通過を目指せる年収は?

イオン銀行カードローンの審査に通過できる年収は公表されていませんが、イオン銀行カードローン利用者の口コミを参考にすると、「年収150万円〜年収200万円以上」あれば、審査通過を目指しやすいようです。

即日融資できる?イオン銀行カードローンで審査にかかる時間

続いて、イオン銀行カードローンの審査にかかる時間について、紹介します。

イオン銀行カードローンの審査結果は最短翌営業日

イオン銀行カードローンの審査結果の連絡は、最短翌営業日です。このため、イオン銀行カードローンでは即日融資不可で、「最短翌営業日の融資」となっているので注意してください。

現在、すべての銀行カードローンは即日融資できない

かつての銀行カードローンは最短即日融資が可能でしたが、銀行ローンの資金が反社会的勢力へ流出していた事件を受け、2018年1月より「銀行カードローンの審査の見直し(=警視庁データベースへの照会審査が追加)」が行われ、イオン銀行や、その他すべての銀行カードローンで即日融資が不可能となりました。

銀行カードローンの警視庁DBへの参照審査に1営業日以上かかる

警視庁データベースへの照会審査では、「申込者が反社会的に属していないかどうか」を審査します。警視庁データベースへ参照するだけの審査ですが、照会審査には1営業日〜の日数が必要です。

このような理由から、イオン銀行カードローンでは現在申し込み当日のキャッシングができないので、即日融資を希望する方は大手消費者金融カードローンへの申し込みを検討してください。

イオン銀行カードローンへは土日でも申し込める

イオン銀行カードローンは申し込み当日の即日融資はできませんが、土日でもインターネットからの申し込みが可能です。また、深夜や早朝など、原則24時間365日、いつでもイオン銀行カードローンへ申し込めるため、時間のあるタイミングで申し込むようにしてください。

なお、土日にイオン銀行カードローンへ申し込んだ場合、早くても翌営業日(=月曜日)以降に審査が完了する点に注意しておきましょう。

イオン銀行カードローンの審査の流れ

ここで、イオン銀行カードローンの申し込み〜最短融資までの手続きの流れについて紹介します。

イオン銀行カードローンへの申し込み〜審査〜最短融資までの流れ

  • ①イオン銀行カードローンへ申し込む
  • ②登録メールアドレスに審査結果の連絡がある
  • ③(イオン銀行口座がある方は)振り込みキャッシング
  • ④審査通過後5営業日ほどでローンカードが自宅に届く

①イオン銀行カードローンへ申し込む

インターネットからイオン銀行カードローンへ申し込みます。スマホやパソコン、タブレットなどから簡単に申し込み可能なので、スピーディーに手続きが完了するでしょう。

また、イオン銀行カードローンへ申し込んだ後、イオン銀行側で返済能力などに関する審査が行われます。

なお、イオン銀行カードローンの審査は、先ほど解説した「イオンクレジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社」が行います。

②登録メールアドレスに審査結果の連絡がある

イオン銀行カードローンの審査に通過すれば、イオン銀行へ登録したメールアドレスに審査結果の連絡があります。

③(イオン銀行口座がある方は)振り込みキャッシング

イオン銀行の口座を持っている方は、審査通過後にイオン銀行口座への振込みキャッシングが可能です。

④審査通過後5営業日ほどでローンカードが自宅に届く

イオン銀行の口座を持っていないという方は、審査通過後5営業日ほどで自宅に届く「ローンカード」を利用して、イオン銀行ATMや提携ATMからキャッシングします。

イオン銀行の口座がない方はキャッシングに6〜7営業日以上かかる

イオン銀行の口座所有者であれば、申し込みから最短2〜3営業日ほどでキャッシングできますが、イオン銀行の口座がない方は、申し込みから6〜7営業日以上かかってしまうケースが多いようです。

イオン銀行カードローンの審査に必要な書類

また、イオン銀行カードローンへの申し込み時には、以下の書類が必要なため、事前に用意しておきましょう。

イオン銀行カードローン申し込み時の提出書類

  • 本人確認書類
  • 年収を確認できる書類(審査結果や限度額により必要となる場合あり)

本人確認書類

イオン銀行カードローンへ提出する本人確認書類は、以下のような書類が対象となります。

以下の書類いずれか一通
・運転免許証(変更事項がある方は両面)
・パスポート(お名前、生年月日、ご住所、有効期限、発行日、公印のあるページ)

外国籍の方(以下の書類いずれか一通)
・在留カード(変更事項がある方は両面)
・特別永住者証明書(変更事項がある方は両面)

なお、上記の書類を持っていないという方は、事前にイオン銀行の窓口へ相談しましょう。

年収を確認できる書類(審査結果や限度額により必要となる場合あり)

年収を確認できる書類(=収入証明書)の提出は必須ではありませんが、審査結果や借入希望額により提出を求められる場合があります。

収入証明書(以下の書類いずれか一通)
・源泉徴収票(前年度)
・給与明細(直近3ケ月以内に発行された給与明細2ケ月分)
・直近の住民税決定通知書

源泉徴収票や給与明細書は、現在の勤務先が記載されている書類に限ります。

こんな方はイオン銀行のカードローンの審査に落ちる可能性あり

イオン銀行カードローンはアルバイトやパートの方も審査通過を目指しやすいのですが、以下のような方は審査に落とされてしまう可能性が高いでしょう。

  • 長期的な安定収入がない
  • 過去にカードローンやクレジットカードなどを滞納した

長期的な安定収入がない

無職の方や安定した収入が無い方、または短期アルバイトや期間工などで一時的な収入しか無いという方は、イオン銀行カードローンの審査に落とされてしまうでしょう。

借入金額にもよりますが、カードローンでキャッシングした後は3年〜5年ほどかけて、毎月少しずつ返済を進めていきます。

長期的な安定収入が無いという方は、「長期的に安定した収入を得られる仕事に転職」した上で、イオン銀行カードローンへ申し込む方が、審査通過の期待値を高められるでしょう。

過去にカードローンやクレジットカードなどを滞納した

イオン銀行カードローンでは、過去のカードローンやローン、クレジットカードなどの利用履歴である「信用情報」の内容も審査対象となっています。

過去にカードローンやクレジットカードなどの返済・支払いに遅れたことがあるという方は、信用情報に「滞納」の履歴が残されています。「滞納」という履歴は、信用情報の中で「マイナス評価」を受ける履歴のため、過去に返済トラブルを起こしてしまったという方は、イオン銀行カードローンの審査通過が難しくなる点に注意してください。

イオン銀行カードローンは安定した収入があればアルバイト・パートも審査通過させやすい

本記事では、「イオン銀行カードローンの審査基準」や、「イオン銀行カードローンの審査にかかる時間」、「イオン銀行カードローンの審査の流れ」など、『イオン銀行カードローンの審査』について詳しく解説を進めてきました。

イオン銀行カードローンは即日融資できない点に注意

  • イオン銀行カードローンの上限金利は「13.8%」で他社カードローンよりも低い傾向あり
  • アルバイトやパート、自営業者の方もイオン銀行カードローンの審査通過を目指せる
  • 専業主婦(夫)も50万円までの限度額でカードローン契約できる可能性あり
  • 学生の方は、安定した収入がある20歳以上の方でもイオン銀行カードローンを利用できない
  • イオン銀行カードローンの保証会社は消費者金融なので審査難易度はやや緩やかだと考えられる
  • イオン銀行カードローンは即日融資できない
  • イオン銀行カードローンは土日でも申し込めるが審査通過は翌営業日以降となる
  • イオン銀行の口座がない方は申し込み〜融資まで1週間以上かかる可能性あり
  • イオン銀行カードローンへ申し込む前には「本人確認書類」や「収入証明書」を準備
  • 長期的な安定収入が無い方は審査に落とされる
  • 信用情報に傷がある方はイオン銀行カードローンの審査が不利になる

イオン銀行カードローンは金利3.8%~13.8%(変動金利)となっていて、消費者金融カードローン(上限金利17.8%〜18.0%)と比較すると、金利を4.0%以上も抑えてお金を借りられる可能性があります。

また、イオン銀行カードローンは安定した収入がある方であれば、アルバイトやパート、自営業者の方でも審査通過を目指せるため、そこまで審査難易度が高いというわけではありません。

ただし、イオン銀行カードローンは即日融資ができない点に注意してください。申し込み当日中の即日キャッシングを希望する方は、必ず「大手消費者金融」が提供しているカードローンへの申し込みを検討しましょう。

イオン銀行カードローンへの申し込みを検討している方は、ぜひ本記事を参考にしながら審査通過を目指してください。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

その日の内にとにかく早く借りたい人が選ぶのはこのカードローン!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの審査・借入・メリットは?