その日の内にとにかく早く借りたい人が選ぶのはこのカードローン!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

  • HOME
  • カードローン攻略
  • 横浜銀行カードローンの審査基準と審査時間!審査の難易度は厳しい?

横浜銀行カードローンの審査基準と審査時間!審査の難易度は厳しい?

更新日:2019年5月27日 公開日:2019年5月27日1,221 view

横浜銀行カードローンへの申し込みを検討している方の中には、

「横浜銀行カードローンの審査は厳しい?」
「横浜銀行カードローンへ申し込む前に審査基準を知っておきたい」
「横浜銀行カードローンの審査はどのくらい時間がかかる?」

など、横浜銀行カードローンの審査について気になっている方も多いでしょう。

そこで本記事では、『横浜銀行カードローンの審査』について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしながら横浜銀行カードローンへの申し込みを進めてみましょう。

横浜銀行カードローンの審査基準

はじめに、横浜銀行カードローンのスペックについて確認しておきます。

横浜銀行カードローンのスペック
カードローン名 横浜銀行カードローン
限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
金利 1.9%〜14.6%
申し込み対象年齢 満20歳以上満69歳以下
申し込める方の地域 神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市に限る)に住まいや勤務先がある方
申し込める方 安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含む。)
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

出典:横浜銀行カードローン公式サイト

横浜銀行カードローンは、限度額1,000万円、金利1.9%〜14.6%となっています。

一般的な消費者金融カードローンの限度額500万円〜800万円、上限金利17.8%〜18.0%ほどのスペックと比較すると、横浜銀行カードローンは非常に優秀なスペックであることが分かるでしょう。

横浜銀行カードローンはパートやアルバイトも審査通過を目指せる

横浜銀行カードローンの申し込み対象欄には、「安定収入がある方(パートやアルバイトも可)」との記載を確認できます。

横浜銀行カードローンはパートやアルバイトという雇用形態の方へも積極的な貸付を行っているため、審査基準はそこまで高くないと考えられるでしょう。

専業主婦や年金受給者も横浜銀行カードローンへ申し込める

さらに、横浜銀行カードローンは、(配偶者に安定収入がある)専業主婦の方や年金受給者も申し込めます

ただし、専業主婦や年金受給者の方は収入が少ない(または無い)ため、10万円〜30万円程度の金額が借入上限の目安として考えておきましょう。

学生の方は安定収入があっても横浜銀行カードローンへ申し込めない

なお、横浜銀行カードローンでは、「学生の利用は不可」となっています。20歳以上で高額な収入があっても「学生」である場合は横浜銀行カードローンへ申し込めません。

このため、(アルバイトなどで)安定した収入がある学生の方で、カードローンの利用を検討している方は、20歳以上であれば学生でも申し込み可能な消費者金融カードローンの利用を検討してみましょう。

横浜銀行カードローンの審査はプロミスが担当

横浜銀行カードローンの商品概要の保証会社欄には、消費者金融プロミスを運営する「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」の名前を確認できます。保証会社とは、カードローンの返済保証業務のほかに、カードローンの審査業務も行っています。

このことから、横浜銀行カードローンは、消費者金融プロミスが審査を行っていると考えられるため、銀行カードローンの中でも審査基準が比較的緩やかであると判断できるでしょう。

横浜銀行カードローンで審査にかかる時間

横浜銀行カードローンの審査には、最短1営業日以上かかります。このため、横浜銀行カードローンでは申し込み当日の即日融資ができない点に注意してください。

この項目では、横浜銀行カードローンへの申し込み〜審査〜融資までの最短手続きの流れについて解説します。

※なお、横浜銀行カードローンで最短融資を受けるには、申し込み前に「横浜銀行の口座」を開設しておく必要があります。

横浜銀行カードローンへの最短融資の手続きの流れ

  • ①インターネットから横浜銀行カードローンへ申し込む
  • ②本人確認書類や(50万円超の借入時は)収入証明書を提出
  • ③横浜銀行カードローンの審査
  • ④最短翌営業日に電話で審査結果の連絡がある
  • ⑤ウェブ上でカードローン契約〜振込キャッシング

上の①〜⑤の手続きの流れについて、簡単に解説します。

①インターネットから横浜銀行カードローンへ申し込む

横浜銀行の口座を持っている方は、ウェブ上でキャッシングまでの手続きを完了できる「WEB完結契約」での申し込みが可能です。

横浜銀行カードローンへは、氏名や年齢、住所などの本人情報や、勤務先や年収などの収入に関する情報、他社借入などに関する情報を申請します。特に難しい項目はありませんので、10分程度で申し込みが完了するでしょう。

なお、横浜銀行の口座がない方でもカードローンへ申し込み可能ですが、契約書類をFAXや郵送で提出する必要がある点に注意してください。

②本人確認書類や(50万円超の借入時は)収入証明書を提出

必要情報を申請した後、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの「本人確認書類」をインターネット上から提出します。

また、50万円超の借入希望額の場合は源泉徴収票や確定申告書(税務署の受付印があるもの)、納税証明書(税務署の発行印があるもの)などの「収入証明書」の提出も必要です。

横浜銀行カードローンで50万円を超える借入を希望する時には、収入証明書も忘れず準備しておきましょう。

③横浜銀行カードローンの審査

横浜銀行カードローンへの申し込み、必要書類の提出が完了した後、横浜銀行側で審査が行われます。先ほども解説したように横浜銀行カードローンの審査はプロミスを運営している消費者金融の「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が行っています。

また、横浜銀行カードローンの審査は、最短でも1営業日以上かかるので融資を急いでいる方は注意してください。

なお、土日や祝日に横浜銀行カードローンへ申し込んだ場合は、翌営業日以降から審査が始まる点にも気をつけておきましょう。

※平日・土日祝の申し込み当日中の即日融資を希望する方は、即日融資可能な消費者金融カードローンへの申し込みがオススメです。

④最短翌営業日に電話で審査結果の連絡がある

横浜銀行カードローンへの申し込みの翌日以降に、横浜銀行から審査結果の電話連絡があります。

⑤ウェブ上でカードローン契約〜振込キャッシング

無事に横浜銀行カードローンの審査に通過した後にカードローン契約すれば、契約日当日の振り込みキャッシングが可能となります。

なお、横浜銀行カードローンとの契約から1週間程度で自宅にローンカードが届くので、それ以降はローンカードを利用してATMから手軽にキャッシングできるようになります。

横浜銀行カードローンから審査結果の連絡が来ない時は?

横浜銀行カードローンへ申し込んだ後、審査結果の連絡がなかなか来ず、審査に通過しているのかどうか不安な方もいるでしょう。

3日以上経っても横浜銀行から連絡がない時は窓口で確認する

実際に横浜銀行カードローンを利用している方の口コミを参考にすると、横浜銀行カードローンへの申し込みから1〜3営業日ほどで審査結果の連絡をもらえるケースが多いようです。

このため、3営業日ほど経過しても横浜銀行カードローンの審査結果の連絡がない、という方は、直接横浜銀行のカードローン窓口に「審査状況」について問い合わせてみましょう。

横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合は…?

横浜銀行の窓口に確認したけれど、カードローンの審査に落ちていた…という場合は、横浜銀行カードローンよりも審査基準が緩やかな傾向があると考えられる「消費者金融カードローン」への申し込みを検討してください。

一般的に金利が高いローン商品ほど「貸付金未回収時の赤字のリスク」が小さくなるため、審査難易度が緩やかになる傾向があります。

横浜銀行カードローンの審査は消費者金融のプロミスが行なっていますが、上限金利14.6%の横浜銀行カードローンよりも上限金利18.0%の消費者金融カードローンの方が、「さらに審査難易度が緩やか」であると考えられるためです。

プロミスへの申し込みには注意!

なお、横浜銀行カードローンの審査に落ちた後は、横浜銀行カードローンの審査を行なっていた「プロミス」への申し込みに十分に注意してください。

プロミス(=SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)は横浜銀行カードローンの審査に落ちた顧客情報を保有している可能性が高いため、横浜銀行カードローン審査に落ちた後は、プロミスの審査も不利になる恐れがあるためです。

また、消費者金融「SMBCモビット」は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の完全子会社となっているため、SMBCモビットのカードローン審査も不利になる可能性がある点に注意してください。

横浜銀行カードローンの審査に関するよくある質問

さいごに、横浜銀行カードローンの審査に関する「よくある質問」について、まとめてみました。

  • 横浜銀行カードローンでも在籍確認はある?
  • 横浜銀行カードローンの増額審査はどのくらい日数がかかる?

横浜銀行カードローンでも在籍確認はある?

横浜銀行カードローンでも、他社のカードローンと同様に「電話」による在籍確認が行われています。

横浜銀行の在籍確認は申込者のプライバシーをしっかり配慮

ただし、横浜銀行カードローンの在籍確認は、在籍確認を行う担当者の「個人名」で行われ、「カードローンへの申し込みの事実を伝えられない」ため、勤務先にカードローンの利用がバレてしまう可能性は極めて低いでしょう。

横浜銀行カードローンの増額審査はどのくらい日数がかかる?

横浜銀行カードローンとの契約後、「借入上限の金額をもう少し増やしたい…」という方は、カードローンの増額申請が可能です。

横浜銀行カードローンへ増額申請する方法
増額を希望する方は、横浜銀行カードローン受付センター(0120-458-014)まで問い合わせが必要です。

なお、営業時間は平日9時~20時、土日祝日9時~17時(12/31~1/3は休業)となっているので注意してください。

横浜銀行カードローンの増額審査は1〜3営業日ほどかかる

また、実際に横浜銀行カードローンの増額に成功した方の口コミを参考にすると、審査通過まで1〜3営業日ほどの日数がかかるケースが多いようです。

半年以上の利用履歴を積み上げてから申し込む

なお、横浜銀行カードローンの増額審査に通過させやすくするには、「半年以上のカードローンの利用履歴」を積み上げておく方が、増額審査の通過率を高められるでしょう。

※カードローンの利用状況に問題がある(=滞納履歴などがある)方は、増額審査が不利になり、審査に落とされてしまう可能性が高いので注意してください。

横浜銀行カードローンは消費者金融系の審査で審査通過を目指しやすい

本記事では、「横浜銀行カードローンの審査基準」や「横浜銀行カードローンの審査にかかる時間」など、『横浜銀行カードローンの審査』について、詳しく解説を進めてきました。

横浜銀行カードローンは安定した収入があればパートやアルバイトも使いやすい

  • 横浜銀行カードローンは上限金利14.6%、限度額1,000万円の優秀なスペック
  • 横浜銀行カードローンは神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市に限る)に住まいや勤務先がある方しか申し込めない
  • パートやアルバイトの方でも横浜銀行カードローンの審査通過を目指せる!
  • 専業主婦や年金受給者も横浜銀行カードローンを使える可能性あり
  • 学生は横浜銀行カードローンへ申し込めないので注意
  • 横浜銀行カードローンの審査は「プロミス」が担当
  • 横浜銀行カードローンの審査は最短1営業日以上かかる
  • 3日以上経っても審査結果の連絡がない場合は横浜銀行へ直接確認する
  • 横浜銀行カードローンでも電話在籍確認の審査が行われている
  • 横浜銀行カードローンの増額審査には1〜3営業日ほどの日数が必要

横浜銀行カードローンは、上限金利14.6%で利用限度額1,000万円となっているため、他社カードローンと比較しても「優秀なスペック」のカードローンと言えます。

ただし、横浜銀行カードローンへ申し込めるのは「神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市に限る)」に住まいや勤務先がある方に限られる点に注意してください。

横浜銀行カードローンは 安定した収入があるパートやアルバイトの方も審査通過を目指しやすいため、審査難易度はそこまで高くないと考えられます。ただし、横浜銀行カードローンの審査には1営業日以上必要(※横浜銀行の口座がない方はさらに1週間ほど必要)となる点に注意しておきましょう。

横浜銀行カードローンは、「融資まで時間がある方」で、「少しでも金利を抑えてお得にお金を借りたい方」有利に利用できるローン商品だと言えるでしょう。

横浜銀行カードローンへの申し込みを検討している方は、ぜひ本記事を参考にしながら申し込みを進めてください。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

その日の内にとにかく早く借りたい人が選ぶのはこのカードローン!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの審査・借入・メリットは?