借り換え、借金の1本化をしたいならこのカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

  • HOME
  • カードローン攻略
  • アイフルで借り換え・一本化ローンを利用する時の注意点〜審査通過のためのポイント

アイフルで借り換え・一本化ローンを利用する時の注意点〜審査通過のためのポイント

更新日:2019年5月23日 公開日:2019年5月23日282 view

「利用中のカードローンの金利が高く返済が苦しい…」という方や、
「複数のカードローンを利用中の方で、毎月の返済負担が大きく返済に苦労している…」
という方は、
アイフルの借り換え・一本化ローンを便利に活用できる可能性があります。

本記事では、消費者金融のアイフルが提供している借り換え・一本化ローンの「かりかえMAX」、「おまとめMAX」利用時の注意点や、審査通過のためのポイント、借り換えや一本化ローンに関するよくある質問などについて、詳しく解説していきます。

アイフルの「かりかえMAX」と「おまとめMAX」の金利や限度額に違いはある?

アイフルでは、他社借入の借り換えに利用できる「かりかえMAX」と、複数の借入の一本化に利用できる「おまとめMAX」の2種類の借り換え・一本化ローンが用意されています。

アイフルの「かりかえMAX」と「おまとめMAX」のスペックの比較

まず、「かりかえMAX」と「おまとめMAX」のサービス内容の違いから確認しましょう。

アイフルの借り換え・一本化の正式名称 貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン「かりかえMAX」 貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン「おまとめMAX」
限度額 1万円~800万円 1万円~800万円
金利 3.0%~17.5%(実質年率) 3.0%~17.5%(実質年率)
貸付対象者 アイフルを初めて利用する方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
資金使途 他社借入金の借換え アイフルおよび他社借入金の借換え
必要書類 ・原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
・本人確認書類
・源泉徴収票等収入を証明する書類
・原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
・本人確認書類
・源泉徴収票等収入を証明する書類

アイフルの「かりかえMAX」と「おまとめMAX」の限度額や金利などのスペックは同じですが、申し込める対象者が異なります。

はじめてアイフルを利用する方は「かりかえMAX」、アイフルを利用したことがある(利用している)方は「おまとめMAX」を利用できます。

ご自身の借入状況、アイフルの利用状況により、「かりかえMAX」または、「おまとめMAX」を選択してください。

アイフルの借り換え・一本化ローンは総量規制の対象外!

また、通常のアイフルのカードローンは、貸金業者に適用される総量規制(=貸付上限は利用者の年収3分の1)の対象となりますが、アイフルの借り換えや一本化ローンに使える「かりかえMAX」や「おまとめMAX」は、『総量規制の対象外』となります。

「顧客に一方的に有利となる借換えは、総量規制の例外貸付けになる」と貸金業法の法律で決められていて、アイフルの借り換え・一本化ローンは、この例外貸付に該当するためです。

アイフルでは高額な借り換え・一本化に対応

アイフルの借り換えや一本化ローンは、総量規制を超える金額の借入を期待できるため、高額な借り換え、一本化ローンとなる場合でも、借入金額を気にすることなく申し込めるでしょう。

アイフルの借り換え・一本化成功で返済負担を大幅に削減!

また、アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」の上限金利は17.5%なので、一般的な消費者金融カードローンの上限金利(18.0%)と比べて0.5%金利が低くなっています。

少しの金利の違いですが、高額の借入を長期間かけて返済するという方は、アイフルへ借り換えすることで、大きく返済総額を減らせられる可能性があります。

「おまとめMAX」は毎月の返済額を圧縮できる!

複数のカードローンを利用している方がアイフルの「おまとめMAX」を利用すると、毎月複数回あった返済が毎月1回のみの返済へと減るため、毎月の返済負担を大幅に削減できます。

このように、アイフルの借り換えや一本化ローンをうまく活用すれば、返済負担を大きく圧縮できる可能性があります。

アイフルの借り換えや一本化利用時の注意点

なお、アイフルの「かりかえMAX」や、「おまとめMAX」を利用する時には、以下の点に注意してください。

  • アイフルへの借り換えや一本化後には追加融資を受けられない
  • アイフルへの提出書類を事前に準備しておく
  • 他社への返済は「アイフル」が代理返済する場合がある

上の3つの注意点について、詳しく解説します。

アイフルへの借り換えや一本化後には追加融資を受けられない

アイフルが借り換えや借金の一本化ローンとして提供している「かりかえMAX」や「おまとめMAX」は、ローン契約時の一度きりの借入となります。

アイフルで借り換え・一本化ローンを利用した後は、アイフルから(これらのローンで)追加融資を受けられないので注意してください。

アイフルへの提出書類を事前に準備しておく

アイフルの借り換え・一本化ローンを利用する時には、以下の書類を提出する必要があります。

  • 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等、収入を証明する書類

アイフルの通常のカードローンであれば、50万円以内、または、他社借入含む総額100万円以内の場合は運転免許証などの「本人確認書類」だけの提出でOKです。

しかし、アイフルの借り換えや一本化ローン利用時には、本人確認書類に加えて、「収入証明書」や「他社借入条件の記載された書類」の提出が必要になる点に気をつけておきましょう。

他社への返済は「アイフル」が代理返済する場合がある

アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」との契約後、他社借入へ「アイフル」が代理で返済するケースもあります。

ただし、他社借入への返済はアイフルの名称を出さず、「他社カードローンの利用者名(アイフル借り換えローンの利用者名)」で行われるため、利用中のカードローンへの手続きは特に必要ありません。

アイフルへの借り換えや一本化ローンに成功させるためのポイント

ここで、アイフルへの借り換え・一本化ローンに成功させるために押さえるべきポイントについて解説します。

  • 安定した収入が必須
  • できるだけ他社借入件数を減らしてから申し込む
  • 信用情報に傷がない状態で申し込む

上のそれぞれのポイントについて、解説します。

安定した収入が必須

アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」の審査通過には、安定した収入を得ておく必要があります。

「他社カードローン利用時には仕事に就いていたけれど、現在は無職」、「今は短期バイトで収入が不安定」というような方は、ほぼアイフルの借り換え・一本化ローンの審査に落とされます。

アイフルの借り換え・一本化ローンへの申し込み前には、必ず安定収入を得ておくようにしてください。

転職直後はアイフルの借り換え・一本化の審査が不利に?

また、アイフルの借り換え・一本化の審査では、「勤続年数」も重視されます。転職して1ヶ月未満というような方など、極端に勤続年数が短い場合は「安定収入」として判断されにくく、審査が不利になるケースもあります。

アイフルの審査が不利にならないようにするため、6ヶ月〜1年以上の勤続年数を積み上げてから、借り換えや一本化ローンへ申し込むようにしてください。

できるだけ他社借入件数を減らしてから申し込む

アイフルの「おまとめMAX」を利用すれば、複数のカードローンなどの借入をまとめられますが、他社借入件数が多いと「計画性が無く、返済能力が低い人」と判断されてしまい、アイフルの一本化ローンの審査通過が不利になります。

他社借入は2件〜3件以内に減らしておく

実際にアイフルの「おまとめMAX」へ申し込んだ方の口コミを参考にすると、他社借入が4件〜5件以上あると、ほぼ審査に落とされてしまうようです。

このため、多くのカードローンを利用しているという方は、他社への返済を進めて、他社借入を2件〜3件程度に減らしてからアイフルの「おまとめMAX」へ申し込むようにしましょう。

信用情報に傷がない状態で申し込む

アイフルの借り換え・一本化ローンでは、「信用情報」も審査の対象になります。

信用情報とは、個人のクレジットカードやカードローンなどの利用履歴のことです。また、過去にクレジットカードやカードローン利用時に「滞納」などの返済トラブルを起こしてしまった方は、信用情報に「マイナス履歴=傷」が残ります。

過去に61日以上滞納した方はアイフルの審査通過は難しい

61日以上または3ヶ月以上滞納してしまった方は、信用情報が「ブラック(※)」扱いとなるため、アイフルの審査に必ず落とされるでしょう。

※返済の履歴が残る5年間は、信用情報の「ブラック」を解消できません。

アイフルの借り換え・一本化ローンの審査通過率を高めるために、「カードローンやクレジットカードの返済には絶対に遅れない(=信用情報に傷をつけない)」ようにしてください。

アイフルの借り換え・一本化ローンの手続きの流れ

アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」への申し込み〜融資までの手続きの流れを簡単に解説します。

なお、アイフルの借り換え・一本化ローンの契約手続きは、「来店契約」または、「郵送契約」のみとなっています。

この項目では、融資までスピーディーな「来店契約」での手続き方法について紹介します。

  • ①ネットでアイフルへ申し込む
  • ②アイフルから審査結果の連絡
  • ③審査通過後にアイフルの店頭窓口で借り換え・一本化ローンの契約
  • ④融資

①ネットでアイフルへ申し込む

アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」は、アイフルの公式サイトから申し込めます。

スマホやパソコン、タブレットから申し込めるため、操作や文字入力に慣れている方であれば、10分程度で申し込みが完了するでしょう。

②アイフルから審査結果の連絡

アイフルへ申し込みが完了した後、審査がはじまります。アイフルでの審査は、年収に関する審査、他社借入件数や借入総額に関する審査、信用情報の審査などです。

申込者に問題がなければ、アイフルから審査通過の連絡があります。

実際に「かりかえMAX」や「おまとめMAX」を利用した方の口コミを参考にすると、審査に通過した場合は「電話」での連絡が多いようです。

③審査通過後にアイフルの店頭窓口で借り換え・一本化ローンの契約

アイフルの審査に通過すれば、アイフルの「店頭窓口」で、ローン契約の手続きを行います。

なお、アイフルの店頭窓口は自動契約機ほど多くはありませんので、事前にアイフルの公式サイトで店頭窓口の場所をチェックしておきましょう。

④融資

アイフルとの契約が完了すれば、融資が行われます。先ほども解説したように、アイフルの借り換え・一本化ローンは、アイフルから他社借入先へ代理で返済してくれるケースがあります。

アイフルの「かりかえMAX」と「おまとめMAX」のよくある質問

さいごに、アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」に関するよくある質問について、いくつか紹介します。

Q. クレジットカードのキャッシング枠もアイフルでまとめられる?

カードローンでのキャッシングに加え、クレジットカードのキャッシング枠も利用しているという方は、「キャッシング枠」を他社借入の一本化としてまとめられるのかどうか、気になる方も多いでしょう。

A. キャッシング枠もアイフルでまとめられる

アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」での他社借入として認められるのは、「カードローン」や「クレジットカードのキャッシング枠」が該当します。

このため、キャッシング枠もアイフルのローンへ一本化できるので安心してください。

Q. 申し込み当日に即日で借り換えや一本化は可能?

借り換えや借金一本化を検討している方の中には、申し込み当日に借り換えを希望しているという方もいるかもしれません。

A. 平日に来店契約するなら即日融資の可能性も

平日にアイフルの店頭窓口で契約する場合は、即日の借り換え・一本化ローンを利用できる可能性があります。

ただし、どうしても即日の融資を希望する場合は、必ず申し込み前にアイフルへ電話連絡し、「即日の借り換えを希望している」と相談しておきましょう。

Q. 「おまとめMAX」を借金一本化以外の用途に利用してしまったら?

もし、「おまとめMAX」と契約したにもかかわらず、借りたお金を借金の返済以外に利用してしまった場合はどうなるのでしょうか。

A. 契約違反となりローンが強制解約されるケースもある

アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」の商品概要の資金使途欄には、

「(アイフルでの借入または)他社借入金の借換えのみ」

との記載があります。

このため、アイフルのこれらのローンで借りたお金を借金の返済以外に使うことは「契約違反」となるため、アイフルにバレてしまった場合は、強制解約となり、一括返済を求められる可能性もあります。

アイフルの借り換えや借金一本化ローンは、必ず借金の返済のみに利用するようにしてください。

借金の借り換えや一本化にはアイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」が使いやすい!

本記事では、消費者金融のアイフルが提供している借り換え・一本化ローンの「かりかえMAX」、「おまとめMAX」利用時の注意点や、審査通過のためのポイント、借り換えや一本化ローンに関するよくある質問などについて、詳しく解説を進めてきました。

現在返済が苦しい方は「アイフル」への借り換え・一本化を検討しよう

  • アイフルには「かりかえMAX」と「おまとめMAX」の借り換え・一本化ローンがある
  • アイフルの借り換えローンは総量規制の対象外!
  • アイフルへの借り換え・一本化に成功すれば金利を圧縮できる
  • 「かりかえMAX」や「おまとめMAX」は追加融資を受けられないので注意
  • 安定収入がなければアイフルで借り換え・一本化の審査に落とされる
  • 勤続年数が短い方は「かりかえMAX」や「おまとめMAX」の審査通過は難しい
  • クレジットカードのキャッシング枠もアイフルへ借り換えや借金一本化が可能
  • 平日の来店手続きなら即日中に借り換え・一本化できるケースもある
  • 返済以外に利用すると違反となり強制解約される可能性が高い

消費者金融のアイフルでは、「かりかえMAX」と「おまとめMAX」という2つの借り換え・一本化ローンが用意されています。これら2つのローンの金利やスペックは同じですが、はじめてアイフルを利用する方は「かりかえMAX」、すでにアイフルを利用している(利用したことがある)方は「おまとめMAX」へ申し込むことになります。

また、これらの借り換えローンの上限金利は17.5%となっていて、一般的な消費者金融カードローンの上限金利18.0%よりも、低く設定されています。このため、アイフルへの借り換えや一本化に成功すれば、返済総額を減らせられるでしょう。

アイフルの借り換え・一本化ローンは「安定した収入」があれば審査通過を目指しやすいので、現在カードローンの返済に困っているという方は、ぜひ本記事を参考にしながら、アイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」への申し込みを検討してみましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

借り換え、借金の1本化をしたいならこのカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)キャプチャ

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)

千葉銀行カードローンの難易度・借入・特徴を解説!