借り換え、借金の1本化をしたいならこのカードローン

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

  • HOME
  • カードローン攻略
  • じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化〜金利や審査、申込み方法などの疑問を徹底解説!

じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化〜金利や審査、申込み方法などの疑問を徹底解説!

更新日:2019年7月10日 公開日:2019年7月10日1,089 view

「現在利用中のカードローンの金利が高くて返済に困っている」という方や、
「複数のカードローンを利用していて毎月の返済が苦しい」という方は、
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)へ借り換えや一本化することで、金利を抑えて返済負担を減らせる可能性があります。

本記事では、じぶん銀行カードローンへ「借り換えや一本化した時の金利や返済総額の違い」、「借り換え・一本化する時の手続きの流れ」、「借り換え・一本化時のメリット」などについて、詳しく解説を進めていきます。

じぶん銀行カードローンは借り換えや一本化が可能!

じぶん銀行カードローンは、他社借入(=他社カードローンなど)の借り換えや一本化として利用できます。

じぶん銀行カードローンの公式サイトのお知らせには、

「じぶんローン」おまとめ・借り換えの受付開始について
2013年10月15日(火)より、じぶんローンの新規申込みのお客さまを対象として申込みの際に「おまとめ・借り換え」の希望を事前にご申告頂けるようになりました。

この事前のご申告により、当行側は「おまとめ・借り換え」に沿った手続きを進めていくため、今まで以上にスムーズかつスピーディーなご契約が可能となります。

出典:お知らせ(2013年10月15日付)|じぶん銀行カードローン公式サイト

という記載を確認できます。

じぶん銀行カードローンの公式サイトには、「おまとめ(=一本化)や借り換えの事前申告」について明記されていることから、じぶん銀行では「カードローン」を借り換えや一本化ローンとして、積極的に提供していると考えられます。

auユーザーは金利が低いお得な「借り換えコース」へ申し込める

じぶん銀行は、KDDI(au)と三菱UFJ銀行の共同出資により設立されたネット銀行です。

じぶん銀行はau系の銀行のため、auユーザーに対して「au限定割」という金利の優遇があるカードローンのコースを提供しています。

じぶん銀行カードローンの通常コースとau限定割コース
じぶん銀行カードローンのコース 金利
通常コース(一般向け) 2.2%~17.5%
au限定割 誰でもコース 2.1%~17.4%
au限定割 借り換えコース 1.7%~12.5%

auユーザーであれば、カードローンau限定割 借り換えコースを利用し「1.7%~12.5%」という金利で借り換え・一本化が期待できます。

「借り換えコース」という名称のカードローンのコースを提供していることからも、じぶん銀行カードローンは「借り換え・一本化ローン」に力を入れている、と考えられます。

※auユーザーではない方は、通常のカードローン「金利2.2%~17.5%」を利用して借り換え・一本化を行います。

au限定割の借り換えコースを利用する条件

ただし、じぶん銀行カードローンのau限定割「借り換えコース」を利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 申込時にau IDを登録する
  • 登録するau IDに、利用中のauの携帯電話や固定通信サービスを設定する
  • 判定日時点でじぶん銀行でau ID登録(状況)が有効となっていること
  • 借り換えを希望し、じぶん銀行所定の審査結果が借入可能上限額(限度額)100万円以上となること
  • じぶん銀行からの借入金で他社の借入金を返済すること

上の条件は、au限定割「借り換えコース」を利用するために必要な条件です。

auユーザー、かつ、100万円以上の借り換え・一本化する方しかau限定割「借り換えコース」へ申し込めない点に注意してください。

じぶん銀行カードローンで借り換え・一本化した時の金利と返済シミュレーション

続いて、実際にじぶん銀行カードローンへ借り換え・一本化した場合の金利、返済シミュレーションについて詳しく解説します。

通常のじぶん銀行カードローンは「金利2.2%~17.5%」となっていて、消費者金融カードローンの上限金利17.8%〜18.0%と比較しても、金利にあまり大きな差はありません。

この項目では、最も金利が低く、返済総額を大きく下げられる可能性が高い「au限定割 借り換えコース」へ借り換えした場合の返済シミュレーションを紹介します。

消費者金融カードローンからじぶん銀行カードローン(au限定割 借り換えコース)を利用する場合

まず、消費者金融カードローンから、じぶん銀行カードローン「au限定割 借り換えコース」を利用する場合の、返済シミュレーションを見てみましょう。

消費者金融カードローン→じぶん銀行カードローン(100万円5年払い)
カードローン 消費者金融カードローン じぶん銀行カードローン
(au限定割)
金利 15.00% 12.50%
毎月の返済額 2万3,790円 2万2,498円
返済総額 142万7,396円 134万9,876円

※返済シミュレーションのため実際の返済額と異なる場合があります。

金利15.0%の消費者金融カードローンで100万円を5年間で完済する場合の返済総額は142万7,396円ですが、金利12.5%のじぶん銀行カードローンの返済総額は134万9,876円となるため、およそ8万円も返済総額を下げられます

消費者金融カードローンからじぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化に成功すれば、返済総額を大きく抑えられるでしょう。

銀行カードローンからじぶん銀行カードローン(au限定割 借り換えコース)を利用する場合

銀行カードローン→じぶん銀行カードローン(100万円5年払い)
カードローン 銀行カードローン じぶん銀行カードローン
(au限定割)
金利 14.00% 12.50%
毎月の返済額 2万3,268円 2万2,498円
返済総額 139万6,095円 134万9,876円

※返済シミュレーションのため実際の返済額と異なる場合があります。

また、金利14.0%の銀行カードローンから金利12.5%のじぶん銀行カードローンへの借り換えに成功した場合も、5万円ほど返済額を減らせる可能性があります。

auユーザーはじぶん銀行への借り換えで返済額を圧縮できる!

このように、auユーザーの方が100万円以上の借り換えに成功すれば、金利1.7%~12.5%の範囲内で借り換えできるので、借金の返済額を大きく圧縮できるでしょう。

じぶん銀行カードローンの借り換えや一本化のメリット!

じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化には、「金利」以外でもメリットとなるポイントが多くあります。

この項目では、じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化利用時のメリットとなるポイントについて、詳しく解説します。

  • じぶん銀行カードローンはATMの利用手数料が無料!
  • じぶん銀行から自宅に利用明細書が届かない
  • 一本化ローンで返済回数を1回にまとめられる
  • 借り換え・一本化ローン後もじぶん銀行カードローンで追加融資可能

じぶん銀行カードローンはATMの利用手数料が無料!

じぶん銀行カードローンは、提携ATMの利用手数料(借入時と返済時)が完全無料となっています。

三菱UFJ銀行
セブン銀行ATM(セブン-イレブンなどに設置)
イーネットATM(ファミリーマートなどに設置)
ローソン銀行ATM(ローソンなどに設置)
ゆうちょ銀行ATM

じぶん銀行カードローンは上記の提携ATMが手数料無料で利用できるため、ATM利用手数料が有料のカードローンを利用している方は、じぶん銀行カードローンへ借り換えることで無駄な出費を抑えられます

じぶん銀行カードローンへの借り換えで年間1,296円〜2,592円以上も得する!?

ATM利用手数料は、利用のカードローンや利用金額により異なりますが、108円または216円かかる場合が多いです。

毎月1回カードローンへの返済にATMを利用しているという方は、じぶん銀行カードローンへの借り換えに成功すれば、年間1,296円〜2,592円ほどのATM利用手数料を無料にできるでしょう。

じぶん銀行から自宅に利用明細書が届かない

また、じぶん銀行カードローンでは利用明細書などの書類の発行・発送がないため、自宅に利用明細書が届かないというメリットもあります。

書類からカードローンの利用がバレにくい

利用中のカードローンの明細書が毎月自宅に送られてくるから、家族にカードローンの利用を隠すのが大変…というような方は、じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化を検討してみましょう。

じぶん銀行カードローンへ借り換えに成功すれば、自宅に利用明細書が送られて来なくなるため、利用明細書などの郵送物からカードローンの利用がバレる恐れも無くなります。

一本化ローンで返済回数を1回にまとめられる

複数のカードローンを利用中の方は、毎月複数回の返済があるので返済管理に苦労しているという方も多いと思います。

複数の他社借入を、じぶん銀行カードローンへ一本化すれば返済回数を毎月1回にまとめられるため、返済管理が簡単になるというメリットがあります。

じぶん銀行への毎月の返済額は1,000円から

また、じぶん銀行カードローンでは、毎月の返済が1,000円〜でOKなので、一本化成功後には毎月の返済負担額を大きく圧縮できるでしょう。

じぶん銀行カードローンへの毎月の最小返済額
借入残高 借入利率9%以下 借入利率13%以下 借入利率13%超
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超借入残高が10万円増すごとに 1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加

出典:じぶん銀行カードローン公式サイト

借り換え・一本化ローン後もじぶん銀行カードローンで追加融資可能

じぶん銀行カードローンでは、借り換えや一本化ローン後にも追加融資を受けられるのもメリットと言えるポイントでしょう。

一部の消費者金融などでは、他社借入の借り換えや一本化に使える「借り換え専用ローン」が提供されていますが、『他社返済目的の一度きりの借入』となるフリーローンでの提供が多いです。

じぶん銀行では、通常のカードローンを「借り換え・一本化」に利用できるため、借り換えや一本化後にもカードローンで追加融資を受けられるという大きなメリットがあります。

手続き方法は?じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化ローンの手順

さいごに、じぶん銀行カードローンを借り換え・一本化に利用する時の手続きの流れについて紹介します。

  1. インターネットからじぶん銀行カードローンへ申し込む
  2. じぶん銀行へ必要書類を提出する
  3. じぶん銀行カードローンの借り換え一本化の審査
  4. 電話による在籍確認
  5. 審査結果の連絡
  6. じぶん銀行カードローンと契約〜借り換え・一本化

上の手続きの流れについて、簡単に解説します。

インターネットからじぶん銀行カードローンへ申し込む

じぶん銀行カードローンへは、スマホ、パソコンなどからインターネット経由で申し込みます。じぶん銀行カードローンの公式サイトには、申し込みページが用意されているので、簡単・スピーディーに申し込みが完了するでしょう。

じぶん銀行へ必要書類を提出する

じぶん銀行カードローンへの申し込みが完了した後、じぶん銀行へ必要書類を提出します。

50万円以内の借り換え・一本化の方は、運転免許証や各種保険証、パスポートなどの「本人確認書類」のみの提出でOKですが、借り換え・一本化が50万円超になる場合は源泉徴収票や確定申告書などの「収入証明書」の提出も必要となります。

じぶん銀行カードローンの借り換え一本化の審査

じぶん銀行カードローンへの申し込み、必要書類の提出が完了した後、借り換え・一本化の審査がはじまります。

じぶん銀行カードローンで審査対象となるのは、「返済能力」、「他社借入件数」、「信用情報」、「反社会的勢力に属していないか」などです。

口コミなどを参考にすると、50万円程度の借り換え時にはこれらの審査に2〜3営業日ほど、100万円以上の高額な借り換えを希望した場合は審査に1週間以上かかる場合もあるようです。

電話による在籍確認

じぶん銀行カードローンの審査が完了した後、「申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているのか」を調べる在籍確認の審査が行われます。

この在籍確認とは、じぶん銀行が申込者の勤務先に電話連絡を行い、申込者を電話で呼び出すことで在籍を確認する審査内容となっています。

ただし、在籍確認を行うじぶん銀行担当者の「個人名」で電話がかかってくるため、勤務先にカードローンへの申し込みが怪しまれる・バレる可能性はほぼありません。

審査結果の連絡

審査が完了した後、登録したメールアドレス、または電話番号へ審査結果の連絡があります。審査結果の連絡を確実に受けるために、いつでも電話に出られる状態にして、受信メールの見落としなどにも注意しましょう。

じぶん銀行カードローンと契約〜借り換え・一本化

じぶん銀行カードローンの審査に通過した後は、カードローン契約を行います。

じぶん銀行口座がある人は契約当日の借入(借り換え)が可能

じぶん銀行の口座を持っている方は、カードローン契約時に「じぶん銀行口座への振込融資」が可能なので、お金を受け取った後は他社借入の返済を行いましょう。

じぶん銀行の口座がない方は、カードローン契約から1週間ほどで自宅に届くローンカードを利用して、ATMからキャッシング→他社借入へ返済してください。

なお、じぶん銀行カードローンへ借り換え、一本化する場合、申し込み〜融資まで1週間以上かかる場合もあります。

借り換えを急いでいるという方は、消費者金融が提供するスピーディーか手続きが可能な「借り換え専用ローン」などへの申し込みも検討してみましょう。

じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化はauユーザーが有利に使える!

本記事では、じぶん銀行カードローンへ「借り換えや一本化した時の金利や返済総額の違い」、「借り換え・一本化する時の手続きの流れ」、「借り換え・一本化時のメリット」など、『じぶん銀行カードローンへの借り換え・一本化』について、詳しく解説してきました。

じぶん銀行カードローンは積極的に借り換え・一本化ローンを提供している

  • じぶん銀行カードローンを借り換え・一本化に使える
  • au限定割の借り換えコースは金利1.7%~12.5%と非常に低金利!
  • auユーザー、かつ、100万円以上の借り換えであれば「借り換えコース」へ申し込める
  • 消費者金融からじぶん銀行カードローンへ借り換え成功すれば返済総額を大きく圧縮できる
  • じぶん銀行カードローンは提携ATMの利用手数料が完全無料!
  • じぶん銀行は利用明細書が自宅に届かないので家族バレを未然に防げる
  • 複数カードローンからじぶん銀行カードローンへ借り換えることで返済管理が簡単になる

じぶん銀行は、auユーザーに対して他社カードローンの借り換えや一本化に使える「借り換えコース」というサービスを用意していることから、「借り換え・一本化ローン」を積極的に提供していると考えられます。

また、auユーザーで100万円以上の借り換えとなる場合は、「金利1.7%~12.5%」という低金利でじぶん銀行カードローンを借り換え・一本化として利用できるため、消費者金融カードローンからじぶん銀行カードローンへ借り換えに成功すれば、返済総額を大きく圧縮できる可能性があります。

じぶん銀行のカードローンは「借り換え・一本化」に利用できるため、現在利用中のカードローンに不満があるという方は、ぜひ本記事を参考にしながら「じぶん銀行カードローン」への借り換え・一本化を検討してみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

借り換え、借金の1本化をしたいならこのカードローン

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ