人気・安心のカードローンはこちら

ビジネクストキャプチャ

ビジネクスト

ビジネクスト ビジネスローンの評判は?事業資金調達・借入に使える法人・個人事業主向けビジネスローン

ビジネクストの審査基準〜審査に落ちる理由と審査通過のポイント

更新日:2019年10月28日 公開日:2019年10月28日39 view

大手消費者金融アイフルの子会社の「ビジネクスト株式会社」は、中小企業の事業主や個人事業主への融資に特化しています。

経営する事業の運転資金が足りない、または、売掛金を回収するまでの資金がない、というような方でビジネクストの利用を検討している方の中には、『ビジネクストの審査基準』について気になる方も多いでしょう。

本記事では、ビジネクストの「審査基準」や「審査の流れ」、「審査に落ちる理由や審査通過のポイント」などについて、詳しく解説を進めていきます。

ビジネクストの審査基準は甘い?難しい?

ビジネクストが提供している、中小企業経営者や個人事業主が利用しやすい融資商品は以下の2種類です。

ビジネクストのビジネスローンとカードローン
ローン名 ビジネスローン カードローン
限度額 50万円~1,000万円 1万円~1,000万円※新規取引時は上限500万円
金利 3.1%~18.0% 5.0%~18.0%
申し込める方 法人または個人事業主 法人または個人事業主
申し込み対象年齢 満20歳~満69歳まで 満20歳~満69歳まで
担保 不要 不要
保証人 原則不要※ただし、法人の場合は代表者が保証人となる 原則不要※ただし、法人の場合は代表者が保証人となる

出典:ビジネクスト公式サイト

どちらも事業性資金の借入が可能で、ビジネスローンは「契約時に一度きりの借入」、カードローンは「限度額以内なら何度でも借入」できる融資商品となっています。

ビジネクストの審査基準は緩やかな傾向あり

ビジネクストが提供している、これらの融資商品ですが、日本政策金融公庫などの公的融資や銀行融資に比べて、審査基準が緩やかな傾向があります。

ビジネクストの審査基準が緩やかであると考えられる理由について、まとめました。

  • 赤字決算でも借入できる可能性がある
  • 公的融資や銀行融資よりも金利が高い
  • 非常にスピーディーに審査を行っている

赤字決算でも借入できる可能性がある

ビジネクストのビジネスローンやカードローンは、赤字決算でも審査に通過できる可能性があります。

赤字決算でも利用可能ですか?
過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討してまいります。営業担当までお気軽にご相談ください。

出典:よくあるご質問|ビジネクスト公式サイト

公式サイトには上のような記載があり、事業が赤字の状態であっても、事業内容により柔軟に審査〜融資を行なってもらえます

ビジネクストは赤字決算時でも融資を期待できるため、審査基準は緩やかな傾向があると考えられます。

公的融資や銀行融資よりも金利が高い

また、公的融資であれば金利1.0%〜2.0%前後、銀行融資では金利2.0%〜4.0%で借入できる場合が多いのですが、ビジネクストのビジネスローンやカードローンの利用時には、15.0%〜18.0%ほどの金利が設定される場合が多いです。

金利が高いほど「貸し倒れによる赤字のリスクを軽減できる(=一定数の貸し倒れを想定している)」ため、金利が高いビジネクストでは、審査難易度が緩やかであると考えられるのです。

非常にスピーディーに審査を行っている

また、ビジネクストの審査は「最短即日」で完了します。

公的融資や銀行融資は審査難易度が高く、厳密な審査が行われているため、審査から融資までに1ヶ月〜2ヶ月ほどかかる場合がほとんどです。

ビジネクストでも厳密な審査が行われていますが、審査が最短1営業日と非常にスピーディーなため、公的融資や銀行融資ほど審査難易度は高くないと判断できるでしょう。

ビジネクストの審査の流れ

続いて、ビジネクストへの申し込み〜審査〜融資までの流れについて確認していきます。

ここでは、限度額以内なら何度でも融資を受けられる「カードローン」の審査の流れについて簡単に紹介します。

審査が不安な場合はスピード診断を利用する

まず、ビジネクストへ申し込む前に審査通過が不安な方は、ビジネクストの公式サイトにある「スピード診断」を利用しましょう。

ビジネクストのスピード診断では、「年齢、事業形態、年間売上、他社借入額」を入力すれば、審査に通過できるかどうかの診断が可能です。

インターネットからの申し込みが便利で簡単

ビジネクストのカードローンへは、インターネットからの申し込みが便利でオススメです。

インターネットから申し込む場合は、ビジネクストの公式サイトにアクセスし、「オンライン申込み」から手続きを進めてください。

申込者の氏名や年齢、ご自身の事業の設立年や売上高などの必要事項を入力すれば、ビジネクストへの申し込みが完了します。

ビジネクストへ提出が必要な書類
【法人】
・健康保険証
・運転免許証(裏表)やパスポート(自宅住所と顔写真のページ)、住基カード等いずれか1点
・決算書一式

【個人事業主】
・健康保険証
・運転免許証(裏表)やパスポート(自宅住所と顔写真のページ)、住基カード等いずれか1点
・確定申告書

ビジネクストへは上記の書類の提出が必要なので、事前準備しておきましょう。

審査結果は申請した電話番号に連絡がある

申し込みが完了した後、ビジネクスト側で審査が行われ、登録した電話番号へ審査結果の連絡があります。

なお、口コミを参考にすると、通常では2〜3営業日後、最短では申し込み当日に審査結果の連絡があるようです。

ローンカードの受け取りには少し日数が必要

審査通過後にビジネクストとのカードローン契約が完了した後、登録住所に届くローンカードを利用すれば、提携ATMから借入が可能です。

ただし、郵送でローンカードが送られてくるため、カードローン契約からローンカードの受け取りまで1週間ほど日数をみておくようにしましょう。

ビジネクストの審査に落ちる理由

ビジネクストは公的融資や銀行融資よりも審査難易度が緩やかな傾向があると考えられますが、以下のような事業、個人事業主であれば、審査に落とされる可能性があるので注意してください。

  • ビジネクストへの申し込み対象外の方
  • 2期以上連続で赤字決算を出している事業主
  • 他社からの借入が多い
  • 虚偽内容での申し込み
  • 事業主の信用情報に傷がある

それぞれの項目について、詳しく解説します。

ビジネクストへの申し込み対象外の方

ビジネクストへの申し込み条件を満たしていない方は、申し込めない、または、審査に落とされるので注意してください。

法人または個人事業主
申込時の年齢が満20歳~満69歳まで
業歴1年以上

ビジネクストの審査に通過させるためには、必ず上の条件を満たしておく必要があります。

2期以上連続で赤字決算を出している事業主

ビジネクストは、「赤字決算」の事業の経営者や個人事業主へも、現在の事業の状況を加味した上で、融資を行なってくれる可能性があります。

しかし、2期連続で赤字決算を出している、直近の数年間のうちで複数回赤字決算を出している、というような経営が悪化している事業の場合、ビジネクストの審査に落とされやすいので注意してください。

他社からの借入が多い

すでに他社から多額の借入があるという事業で、債務超過(=負債が資産を超える状態)の場合は、ビジネクストでの借入が難しいでしょう。

虚偽内容での申し込み

ビジネクストへの申し込み時には、「業歴1年未満なのに業歴1年以上であると申告する」、「赤字決算なのに黒字決算であるように偽って申告する」等は絶対にしないでください。

虚偽内容での申し込みがビジネクストにバレてしまうと、審査には必ず落とされますし、悪意がある嘘だと判断された場合は、詐欺罪として訴えられるケースもあります。

事業主の信用情報に傷がある

事業は黒字経営だけど、事業の代表者や個人事業主の方の信用情報に傷がある、という場合はビジネクストの審査が不利になる可能性が高いです。

また、61日以上、または3ヶ月連続でクレジットカードなどの支払いを滞納した方は「信用情報がブラック」となり、信用情報の履歴が消える5年間はビジネクストの審査通過は難しいので注意してください。

審査通過を目指す! ビジネクストの審査に通るために押さえておくポイント

さいごに、ビジネクストの審査に通過させるためのポイントについて、解説していきます。ビジネクストの審査に通過させるためには、最低限、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 過去にビジネクストで金融事故を起こしていない
  • 赤字経営でも事業に将来性がある
  • 正しい内容で申し込む

過去にビジネクストで金融事故を起こしていない

ビジネクストの審査に通過させるためには、過去にビジネクストで金融事故のトラブルを起こしていない(またはビジネクスト利用したことがない)ことも重要です。

ビジネクストで過去に大きなトラブルを起こしてしまった方は、審査通過が難しくなるため、ビジネクストではなく、他社のビジネスローンへ申し込むようにしましょう。

赤字決算でも事業に将来性がある

ビジネクストでは赤字決算でも融資を受けられる可能性があります。

しかし、融資を受けても事業の立て直しが図れないような倒産寸前の状況では融資を受けられない可能性が非常に高いため、赤字決算を出してしまった方は、申し込み時に「将来性がある事業計画」について、しっかりと説明できるように事前準備しておきましょう。

正しい内容で申し込む

ビジネクストへの申し込みには「必ず正しい内容」で申し込むようにしてください。

申し込み内容にミスがある場合など、審査に時間がかかったり、「虚偽申請かもしれない…」と思われて審査に落とされるケースも考えられます。

このため、ビジネクストへの申し込み時には、入力ミスがないように十分に注意するようにしてください。

ビジネクスト

審査時間 最短即日審査 融資時間 最短即日
限度額 1,000万円 実質年率 3.1%~18.0%

ビジネクストは限度額1,000万円までの融資が可能! 一時的なつなぎ資金を借りたい事業主の方にオススメの商工ローンです。

ビジネクストは個人事業主でも審査に通過させやすいビジネスローン!

本記事ではビジネクストの「審査基準」や「審査の流れ」、「審査に落ちる理由や審査通過のポイント」などについて、詳しく解説を進めてきました。

ビジネクストの審査基準・審査難易度のまとめ

  • ビジネクストは赤字決算でも審査に通過できる可能性がある
  • 公的融資や銀行融資より金利が高い=審査が緩やかだと考えられる
  • ビジネクストの審査通過が不安な方は「スピード診断」を利用する
  • ローンカードを受け取る場合は自宅に郵送されるまで日数がかかる点に注意
  • 2期連続で赤字の場合はビジネクストの審査に落とされる可能性が高い
  • 他社からの借入が多く債務超過の場合は審査通過が難しい
  • 事業主の信用情報がブラックの場合はビジネクストの審査に落とされる
  • 過去にビジネクストで金融事故を起こしていないことも重要
  • 将来性がある事業は赤字決算でも融資してもらいやすい

ビジネクストは、日本政策金融公庫などの公的融資や銀行融資に比べて審査難易度が緩やかな傾向があり、将来性のある事業であれば、経営が赤字の状態でも融資をしてもらえる可能性があります。

また、ビジネクストは「黒字経営で事業が安定している」、「入力内容に偽りがない(ミスがない)」、「事業主がブラックでない」場合、ビジネクストの審査に通過させやすい傾向があります。事業資金、運転資金などに困っている中小企業の事業主や個人事業主の方は、ビジネクストのローンをうまく活用し、経営の立て直しを成功させましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

人気・安心のカードローンはこちら

ビジネクストキャプチャ

ビジネクスト

ビジネクスト ビジネスローンの評判は?事業資金調達・借入に使える法人・個人事業主向けビジネスローン

みずほ銀行カードローンキャプチャ

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの審査・借入・メリット・デメリットについて

オリックス銀行カードローンキャプチャ

オリックス銀行カードローン

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

じぶん銀行カードローンキャプチャ

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンはauユーザーだと借りやすい?