東京都民銀行カードローン「Webカードローン」

更新日:2018年6月8日 公開日:2018年1月4日332 view

この記事では、東京都港区に本店を置く地方銀行 東京都民銀行のカードローンについて詳しく解説していきます。東京都民銀行では、「パーソナルカードローン」と「Webカードローン」という2つのタイプのカードローンを提供しています。まず、それぞれのカードローンのサービス内容の違いから見ていきましょう。

東京都民銀行「パーソナルカードローン」と「Webカードローン」の比較

東京都民銀行「パーソナルカードローン」と「Webカードローン」の比較

東京都民銀行が提供する「パーソナルカードローン」と「Webカードローン」の2種類のカードローンのスペックを確認していきましょう。

東京都民銀行カードローン名 パーソナルカードローン Webカードローン
金利 9.8%(条件により7.8%) 4%〜14%
限度額 30万円・50万円・100万円 50万円・100万円・200万円・300万円・500万円
カードローンの申し込み方法 FAX、郵送、東京都民銀行の窓口 インターネット申し込み
カードローンの契約方法 東京都民銀行の窓口 郵送
審査難易度 やや高いと考えられる やや緩やかだと考えられる
特徴 給与所得者は勤続1年以上で年収150万円以上必要。
東京都民銀行の口座で
①公共料金(電気、ガス、水道、電話、NHK受信料)のうち3種類以上の自動支払
②給料自動受取または年金自動受取
③積立定期預金または財形預金
④クレジットカード
の利用があれば各0.5%ずつ金利を下げてもらえる。
インターネットから申し込みできる。
アルバイトやパートの人も利用できる可能性がある。
振込キャッシングを利用できる。
利用しやすいので、幅広い層から人気がある。

このように、「パーソナルカードローン」では100万円と限度額が小さいのですが、金利9.8%(〜7.8%)と非常に低い金利が設定されています。ただし、カードローン申し込みには窓口やFAXでの手続きが必須となり、カードローン契約は窓口での手続きが必要となるのが少しデメリットなんですよね。

一方、「Webカードローン」では、パーソナルカードローンほど優秀なスペックとは言えませんが、インターネット申し込み→郵送でのカードローン契約が行えるため、比較的簡単な手続きでキャッシングができるんですよね。

そこでこの記事では、誰でも手軽に利用できる東京都民銀行の「Webカードローン」について詳しく解説していきましょう。

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」の審査難易度

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」の審査難易度

まず、東京都民銀行の「Webカードローン」へ申し込める人から確認していきましょう。他社カードローンと比較しても優秀なカードローンのサービス内容となっているんですが、申し込みには条件が必要なんですよね。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に住んでいる人が「Webカードローン」へ申し込める

「Webカードローン」の申し込み対象エリアとなるのは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県となっています。これらの地域に住む人は、「Webカードローン」への申し込み条件に合うので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

また、対象エリア外に住む人は「Webカードローン」へ申し込みできないので、残念ですが別のカードローンを探してみましょう。このサイトでも様々なタイプのカードローンを解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

満20歳以上満65歳以下の人が「Webカードローン」に申し込める

「Webカードローン」への申し込み対象となる年齢は満20歳以上満65歳以下となっています。他社カードローンであれば、59歳以下や64歳以下というカードローンも多いので、65歳までが申し込み対象となる「Webカードローン」は比較的高い年齢まで利用できると言えます。シニア世代の人で、他社カードローンの対象年齢に合わなかった人でも「Webカードローン」なら申し込める可能性があるでしょう。

東京都民銀行の口座がなくても「Webカードローン」に申し込める

「Webカードローン」では、東京都民銀行の口座がない人でも申し込みが可能です。ただし、「Webカードローン」の利用には、返済用口座として東京都民銀行のインターネット支店の口座開設が必須となるので、注意しておいてくださいね。

アルバイトやパートの人も「Webカードローン」ならキャッシングを期待できる

「Webカードローン」の申し込み条件として、公式サイトには「安定した収入がある人」としか記載がありませんが、口コミなどを参考にするとアルバイトやパートの人でも、安定した収入があれば「Webカードローン」の審査通過を目指せます。

「Webカードローン」の保証会社は株式会社ジェーシービー

「Webカードローン」の保証会社は株式会社ジェーシービー(JCB)となっています。カードローンの保証会社とは、利用者が返済できなくなった場合の保証業務の他に、カードローン自体の審査も行なっています。つまり「Webカードローン」での審査は、クレジットカード会社の株式会社ジェーシービー(JCB)が行なっているんです。消費者金融系の審査よりも難易度は若干高いと言われていますが、アルバイトやパートの人も「Webカードローン」を利用できる可能性があるので、審査基準はそこまで高くないと考えられます。

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」での即日キャッシングは?

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」での即日キャッシングは?

東京都民銀行の「Webカードローン」では、即日キャッシングできません。「Webカードローン」はウェブだけで手続きを完了させられるウェブ完結ではなく、契約書類などのやり取りには郵送での手続きが必須となるためです。郵送には数日かかる場合があるため、即日キャッシングは期待できないんですよね。

「Webカードローン」の最短での手続き方法

東京都民銀行の「Webカードローン」を最短で手続きする方法を確認していきましょう。

  • 「Webカードローン」へインターネットから申し込む
  • 審査に通過すれば、郵送で契約関係書類が自宅に届く
  • 契約関係書類と本人確認書類を返送する
  • 契約完了後にはインターネットバンキングやローンカードでキャッシングを行う

「Webカードローン」へインターネットから申し込む

「Webカードローン」へはインターネットで申し込みます。申し込みページにご利用のメールアドレスを入力すれば、そのメールアドレスへ申し込みページへのリンク先URLが記載されたメールが届きます。リンク先には申し込みフォームがあるので、案内に沿って入力を進めていきましょう。

審査に通過すれば、郵送で契約関係書類が自宅に届く

無事「Webカードローン」の審査に通過すれば、登録先のご自宅へカードローンの契約関係書類が届きます。

契約関係書類と本人確認書類を返送する

契約関係書類に必要事項を記載したら、本人確認書類のコピーや取得証明書と併せて郵送で返送します。ちなみにこの本人確認書類とは、運転免許証やパスポート、写真付き住民基本台帳カード、住民票などが対象となっています。あなたの用意しやすい書類を提出するようにしましょう。

契約完了後にはローンカードやインターネットバンキングでキャッシングを行う

「Webカードローン」の契約が完了すれば、ご自宅へローンカードが届きます。このローンカードを利用すれば、東京都民銀行ATMや、提携ATMでいつでもお金を借りられるようになります。また、インターネット支店のインターネットバンキングを利用すれば、振り込みキャッシングも利用できるので、ご自宅にいながらキャッシングも可能なんです。

「Webカードローン」で申し込み〜キャッシングまでは1週間以上かかる可能性がある

このように、「Webカードローン」では郵送のやり取りに時間がかかるので、申し込みからお金を借りられるまでには、最短でも1週間以上かかる可能性があるので注意しておきましょう。

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」をおすすめしたい人!

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」をおすすめしたい人!

東京都民銀行の「Webカードローン」の利用をおすすめしたい人を解説していきます。下記の項目に当てはまる人は、「Webカードローン」の利用を検討してみましょう。

  • 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住まいの人
  • 低金利の銀行カードローンをお探しの人
  • 高額なキャッシングを利用したい人

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住まいの人

東京都民銀行の「Webカードローン」は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に住んでいる人が申し込み対象となります。金利や限度額、提供サービスなど、大手メガバンクと同等レベルのスペックなので、申し込み対象となる人は、東京都民銀行の「Webカードローン」の利用を検討してみましょう。

低金利の銀行カードローンをお探しの人

「Webカードローン」の金利は4%〜14%と非常に低金利なんです。他社の大手銀行カードローンでも14.5%前後の金利が多いので、他社カードローンと比べても非常に優秀な金利でキャッシングを提供しているんですよね。少しでも金利を下げられると、利息を抑えて返済総額を減らせられるのでお得にお金を借りられるでしょう。

また、借り入れ限度額によって段階的に金利を下げられて、最終的には4%という非常に低金利で融資を受けられるんです。

融資限度額 利率(年)
50万円 14.00%
100万円 12.00%
200万円 8.00%
300万円 6.00%
500万円 4.00%

高額なキャッシングを利用したい人

東京都民銀行の「Webカードローン」は、限度額500万円と高額なキャッシングを期待できるんです。ただし、カードローンで高額な限度額を利用できるのは、勤務先や年収などの優秀なステータスの人に限られます。もしあなた自身ステータスに自信があり高額な融資を希望しているのであれば、東京都民銀行の「Webカードローン」を検討対象にしてみてくださいね。

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」でのキャッシング方法

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」でのキャッシング方法

「Webカードローン」に契約した後でお金を借りる方法を確認していきましょう。

  • 「Webカードローン」のローンカードでお金を借りる
  • インターネットバンキングからお金を借りる
  • 自動融資機能を利用してお金を借りる

「Webカードローン」のローンカードでお金を借りる

「Webカードローン」の契約が完了すれば、ご自宅にローンカードが届きます。このローンカードを利用すれば、東京都民銀行のATMや提携ATMからお金を借りられるようになります。利用できるATMを下記の表にまとめてみました。

ATM 借入 随時返済
東京都民銀行ATM
京王駅ATM
セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソンATM
東日本銀行ATM
八千代銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM
イオン銀行ATM ×

イオン銀行のみ、カードローンの返済には対応していないので注意しておいてくださいね。

インターネットバンキングからお金を借りる

「Webカードローン」の利用には、東京都民銀行のインターネット支店の口座が必須となります。このインターネット支店のインターネットバンキングを利用すれば口座へお金を振り込んでもらえる、振り込みキャッシングが利用できるんです。振り込みキャッシングは、東京都民銀行の口座から家賃や光熱費の引き落とし前にお金が足りない時など、とても便利に利用できるんですよね。

また、自宅にいながらスマホなどで振り込みキャッシングの手続きが可能なので、とても手軽にお金を借りられるのも嬉しいポイントですよね。

自動融資機能を利用してお金を借りる

「Webカードローン」には自動融資機能というサービスも付いています。この自動融資機能とは、キャッシュカードでお金を引き出す時に口座に指定した金額がなかった場合、不足分を自動的にキャッシング扱いとしてくれるんです。

外出時に東京都民銀行のキャッシュカードしか持っていなくてもお金を借りられるので、万が一の時には自動融資機能はとても心強いサービスとなるでしょう。

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」の特徴とは?メリットとデメリット

東京都民銀行カードローン「Webカードローン」の特徴とは?メリットとデメリット

東京都民銀行の「Webカードローン」のメリットとデメリットを解説していきます。しっかりと特徴を把握し、「Webカードローン」への申し込みを検討してみてくださいね。

東京都民銀行「Webカードローン」のメリット

まずは東京都民銀行「Webカードローン」のメリットを確認していきましょう。

  • 安定した収入があればアルバイトやパートの人もキャッシングが期待できる
  • 大きなお金を借りるほど「Webカードローン」ならお得にキャッシングできる!
  • 東京都民銀行口座から自動返済できる
  • 「Webカードローン」なら全国にあるATMからお金を借りられる!

安定した収入があればアルバイトやパートの人もキャッシングが期待できる

東京都民銀行の「Webカードローン」なら、安定した収入があれば審査通過も期待できます。公式サイトにはアルバイトやパートの利用は明記されていませんが、口コミなどを参考にすると、アルバイトやパートの人でも審査に通過している人も多くいるんですよ。また、「Webカードローン」の審査は株式会社ジェーシービーが行なっています。クレジットカード会社の審査となるので、審査難易度もそこまで高くないと言えるんですよね。

大きなお金を借りるほど「Webカードローン」ならお得にキャッシングできる!

先ほども解説したように、大きなお金を借りるほど金利を下げてもらえます。限度額500万円の人は、なんと金利4%と非常に低金利でお金を借りられるんですよ。また、金利上限でも14%なので消費者金融の18%と比べても4%も金利が低いんです。

東京都民銀行口座から自動返済できる

「Webカードローン」では、毎月7日に東京都民銀行の口座から自動引き落としとなります。返済金額は毎月1万円〜6万円となっていて、借入残高により返済額が決められます。少額のキャッシングの場合は、毎月1万円だけの返済でOKなので家計を圧迫するようなこともないでしょう。

借入残高 返済額
50万円以下 1万円
100万円以下 2万円
200万円以下 3万円
300万円以下 4万円
500万円以下 6万円

「Webカードローン」なら全国にあるATMからお金を借りられる!

「Webカードローン」では、大手コンビニのセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどに設置されているATMからキャッシングを行えます。これらのコンビニは日本国内に多く存在しているので、どこにいてもお金を借りやすいんですよね。

東京都民銀行「Webカードローン」のデメリット

さいごに、「Webカードローン」のデメリットとなる項目を解説していきます。メリットも多いのですが、デメリットとなる項目もいくつかあるんですよね。

  • 「Webカードローン」は即日キャッシングが利用できない
  • 「Webカードローン」は半年ごとに利用明細書が送られてくる

「Webカードローン」は即日キャッシングが利用できない

東京都民銀行の「Webカードローン」では即日キャッシングが利用できません。これは、郵送によって契約書の受取りや送付の手続きが必須となるためです。郵送は最短でも1営業日かかってしまうので、カードローンの契約手続きに日数が必要となるんですよね。このため、「Webカードローン」では即日キャッシングできないので、急いでお金を借りたい人にはデメリットとなる項目となるでしょう。

「Webカードローン」は半年ごとに利用明細書が送られてくる

「Webカードローン」の契約後、半年ごとに自宅に利用明細書が届くんです。例えば、家族に内緒でカードローンを利用している人など、利用明細書によってカードローンの利用が家族にバレてしまう可能性もあるんですよね。絶対に家族にカードローンの利用がバレたくない人は、半年ごとに送られてくる利用明細書には十分に注意しておいてくださいね。

東京都民銀行カードローンは利用者のステータスに合わせたカードローンを提供している

東京都民銀行カードローンは利用者のステータスに合わせたカードローンを提供している

この記事では、東京都民銀行の「Webカードローン」を中心に解説を進めてきました。「Webカードローン」は金利4%〜14%と非常に低金利となっていて、最大500万円という高額なキャッシングまで期待できるんです。郵送での手続きが必須となるので即日キャッシングには不向きなのですが、振込キャッシングや自動融資機能という優れたサービスもありましたよね。

ステータスに自信がある人は「パーソナルカードローン」がおすすめ

また、東京都民銀行の「パーソナルカードローン」では勤続1年以上、年収150万円以上の人が申し込みの必須条件となりますが、金利7.8%〜9.8%という金利でお金を借りられるので非常にお得にキャッシングできるんですよね。ただし、「パーソナルカードローン」での限度額は100万円までとなっているので、大きなお金を借りたい人は500万円まで借りられる「Webカードローン」を選んでみましょう。

東京都民銀行では、このようにステータスや利用者の条件に合わせた優良なカードローンを提供しているので、ぜひご自身が利用しやすいと思うカードローンを選んでみてください。東京都民銀行のカードローンをうまく活用して、資金不足のピンチを乗り切りましょう。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ