初心者に選ばれている銀行カードローンはこちら!

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックキャプチャ

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの即日融資での借り方

お金を借りたい!銀行カードローンの利用条件や注意点

更新日:2019年4月3日 公開日:2019年2月27日86 view

銀行系カードローン

銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて、金利が安く安心感があるといったメリットがあります。しかし、銀行カードローンは審査が厳しく、時間をかけて審査が行われる傾向にあります。そのため、消費者金融のカードローンのように即日融資を受けることはできません。

ですが、銀行のカードローンでも比較的素早く融資を受けることができる方法もありますし、申込の条件や審査のコツを押さえておけば、審査に通過してお金を借りることができます。

この記事では銀行カードローンを利用する条件や注意点、消費者金融カードローンとの違いやすぐに融資を受けたい場合にはどうすればいいかといったことを確認していきましょう。

銀行からお金を借りる方法

個人が銀行からお金を借りる方法

個人が銀行からお金を借りる方法としては以下の3つがあります。

住宅ローン

住宅を購入したり改築したりするお金を借りるためのローンです。年収や勤務先、勤続年数が審査の対象となります。

教育ローン

子どもの教育に必要なお金を借りるためのローンです。教育ローンを借りるには、その教育費が、私立の小中学校・義務教育以上の学校のためのものであるという条件があります。入学金や授業料が必要なときに申込みをします。

マイカーローン

車を購入する際に利用するローンです。借りる際には、お金の使用目的を証明するために契約書や見積書の提出が必要となります。

銀行カードローンは自由に使えて手続きも簡単

上記でご紹介した「個人が銀行からお金を借りる方法」は、金利も低くてお得です。しかし、手続きに時間がかかるだけでなく、提出しなくてはならない書類も多数あります。加えて、お金を借りる目的がそのローンの目的と一致していなくてはなりません。

しかし、カードローンならば どんな用途にもお金を使うことができます。加えて、利用限度額の範囲内であれば、ATMなどから簡単に何度も借入や返済ができます。さらに、50万以下の少額借入ならば、提出書類も免許証といった身分証明書だけでいいので、手続きも簡単です。

ですから、ちょっとした融資を銀行から受けたいのならば「銀行カードローン」の利用がおすすめです。

銀行カードローンを使ってお金を借りるための条件

銀行からカードローンを使ってお金を借りるには以下の二点の条件を満たしていないといけません。

  • 満年齢が20歳以上
  • 定期的な収入があること/専業主婦(主夫)の場合は、配偶者に一定の収入があること

この条件を満たしていて、免許証やパスポートといった「本人確認書類」と源泉徴収票といった「収入証明書」を提出できれば申込ができます。

銀行カードローンでお金を借りたいなら押さえておきたい消費者金融カードローンとの違い

カードローンには、「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の二種があります。両者間には様々な違いがあります。

お金を借りる目的や融資を受けたい金額によっては、銀行カードローンが得になることもありますし、銀行カードローンを選ぶと損をしてしまうこともあるのです。両者の違いとしては、以下のようなものがあります。

消費者金融カードローンに比べて金利が安い

銀行カードローンの特徴として金利が安いということがあげられます。銀行カードローンの金利が3%~13.8%程度の場合が多いのに対して、消費者金融カードローンは15%~18%の金利が課される傾向にあります。

そのため、返済期間が長ければ長いほど、銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりもお得になるといえるのです。

銀行カードローンの金利は融資限度額で決定される

融資限度額とは、その人に融資できる上限金額のことです。銀行によっては「融資極度額」や「契約極度額」と呼ばれることもあります。銀行カードローンは、この融資限度額に合わせて、金利が適用されることになります。

融資限度額 金利
100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超~200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超~300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超~400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超~500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超~600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超~700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超~800万円以下 4.0%~4.5%

融資限度額が500万の方は、6%~7%の金利が課されることになります。上記の表を見れば一目瞭然なように、借りる金額が高くなればなるほど金利が安くなることがわかります。

一方、消費者金融は大体下記のように金利を課す傾向にあるようです。

融資限度額 金利
10万円未満 15.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

つまり、消費者金融カードローンは多くのお金を借りても金利はあまり変わらないという特徴があるのです。そのため、多額のお金を借りる場合は、消費者金融カードローンでは銀行カードローンに比べて損をしてしまうこともあるのです。

銀行カードローンは総量規制の対象外

消費者金融カードローンには「総量規制」というものがあります。この規制によって、消費者金融のカードローンは年収の1/3までしか融資を受けることができません。

しかし、銀行のカードローンは消費者金融カードローンとは従うべき法律が違うので、総量規制に従う必要はありません。ですから、銀行のカードローンは年収によって融資が可能となる金額が決定されません。そのため、年収に比して多目の金額を借りたい方へお勧めとなるのです。

まとまった金額を長期間にわたって借りたいなら銀行カードローンがお勧め

カードローンには銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの二種があります。以上で確認してきた両者の違いをかんたんにまとめると以下のようになります。

  銀行 消費者金融
金利 安い 高い
無利息期間 ない ある
審査時間 数日かかる 最短30分
即日融資 不可能 可能
借入可能金額 それぞれの銀行によるが大口借入も可能 年収の1/3まで
専業主婦の利用 銀行によっては可能 不可能
法律 銀行法 貸金業法

銀行カードローンは低金利で多目のお金を借りることができます。つまり、大口借入やちょっとしたお金を借りて長期間にわたって返済していきたいときにお勧めできるといえるでしょう。

対して、消費者金融カードローンは、金利は比較的高いですが、審査時間が早いという特徴があります。つまり、急ぎでお金を借りたいときにお勧めできるといえるでしょう。

すぐにお金を借りたい場合、銀行カードローンは適さない

銀行カードローンを利用する上で一番気を付けたいことに、即日融資が不可能であることがあげられます。すぐにお金が借りられない理由としては以下の3つがあげられます。

2018年から審査が厳格化した

銀行カードローンは、以前までは即日融資を受けることができました。しかし、2018年から下記の要因が問題視されて審査が厳格化しました。

  • 暴力団関係者への融資
  • 総量規制の範囲を超えた貸し過ぎ

銀行のカードローンが「暴力団に融資をしてしまっていたこと」と「貸し過ぎにより貸し倒れが多発したこと」が原因となり、銀行は入念に審査を行うようになったのです。

まず、暴力団への融資を行わない対策として、申込者の情報を警視庁のデータベースと照会して、その人に前科がないか反社会的組織に加入していないかといったことを確認するようになりました。

また、貸し過ぎによる貸し倒れの対策としては、年収を目安に融資金額を規制したり、審査を厳格化したりするようになったのです。その結果、審査にかなりの時間を要することとなり、即日融資が不可能になったのです。

無人契約機を利用した即日融資が不可能になった

2017年以前は「自動契約機で申込と契約をしてすぐにローンカードを発行する」という方法を使えば、銀行カードローンは、即日融資を受けることができました。

しかし、2018年以降は、自動契約機を使って申込めば、その日のうちにローンカードを発行することはできるのですが、審査に通過した翌営業日以降でなくてはローンカードが使えなくなりました。

銀行カードローンにおいて、無人契約機を使用した融資の受け方も変わってきたので、素早い融資が不可能になったのです。

銀行カードローンは在籍確認電話が必ずかかってくる

在籍確認電話とは、申込書類に記載された勤務先に申込者が本当に在籍しているかを確認する電話です。銀行が会社に電話をし、申込者が電話に出るか それ以外の方が「ただいま席を外しています」といった具合に在籍を証明してくれたら、在籍確認は完了です。

在籍確認電話は消費者金融のカードローンならば、代替書類などで、なしにして貰うこともできます。しかし、銀行カードローンは代替措置を認めておらず、絶対に在籍確認の電話が勤務先にかかってきます。

在籍確認電話は、勤務先が休みで電話が繋がらなかったり、電話に出た人が申込者のことを知らない人で「そんな人はいません」と答えたりしてしまった場合は 在籍確認失敗となります。申込者か申込者を知る人に繋がるまで電話がかかってきて、その分、時間がかかります。

在籍確認電話は審査において 必要なことですから、結果的に審査が長引いて 融資が遅くなってしまうのです。

銀行カードローンはお金を借りられるまで2日~10日かかる

銀行カードローンの審査時間について、結論からいうと 早い人でも2日、遅い人ならば10日ほどかかります。銀行カードローンを利用したいのならば、ある程度の時間的余裕が必要だといえるでしょう。

特に、以下の項目に多く当てはまれば当てはまるほど、審査は遅くなる傾向にあります。

  • 口座を持っていない銀行のカードローンに申込
  • 年収が低い人
  • 中小企業に勤めている
  • 雇用形態が正社員ではない
  • 勤続年数が短い
  • すでに他社から借りている

逆に、年収が高かったり公務員だったりと社会的信用度が高い場合は審査が早くなるようです。すぐにお金が必要ならば、消費者金融カードローンから借りることも検討すると良いでしょう。

銀行カードローンでお金を借りたくても審査通過が厳しい人とは?

銀行カードローンでお金を借りるには審査に通らなくてはなりません。しかし、銀行カードローンは以下の3つのうちのいずれかに当てはまっていると審査通過が厳しい傾向にあるといえます。

年収が100万円もない

銀行カードローン審査においてある程度の安定した収入があるかが大切なポイントとなります。そのため、短期のアルバイトで生計を立てていたり、フリーターだったりすると審査で不利になります。

目安としては、毎月10万円以上の収入が安定してあって、年収100万円以上ならばある程度の期待が持てるといえるでしょう。また、専業主婦(主夫)の方は、本人の収入ではなく、配偶者の年収で審査がされます。ですから、本人が無収入でも審査に関係がありません。配偶者に100万円以上の年収があれば審査を通過できる可能性があります。

返済に問題がある

過去の支払実績や今現在の支払状況に問題がある場合は、審査がかなり厳しくなります。滞納や延滞があったりすると、融資をしても返してもらえない可能性があるので、そのような人は審査で落とされてしまうことになるのです。

自分では問題がないつもりでも、滞納や延滞をしていることもあります。特に多いのが「携帯電話の支払」や「奨学金の滞納」です。過去にお金でトラブルを起こしていないかをきちんと確認するようにしましょう。

すでに借りすぎている

お金に関するトラブルを起こしていなくても、既に他社カードローンから借りすぎてしまっている場合は審査に落ちてしまうこともあります。

銀行カードローンは総量規制の対象外ではありますが、すでに他社から年収の1/3を借りてしまっている人に対して、さらに融資するのは躊躇する傾向にあります。銀行カードローンからお金を借りたいならば、今現在の借金はある程度 整理をする必要があります。

銀行カードローンでお金を借りたいなら気を付けたいポイント

銀行カードローンの審査を通過してお金を借りたいのならば、以下の事柄に注意をしておけば審査通過率がかなり高まります。

同時に複数申込をしない

カードローンに申込をした場合、どこのカードローンにいつ申込みをしたのかが すべてのカードローン会社で情報共有されます。

ですから、多くのカードローン会社に同時で申込みをすると、「複数の銀行や会社からお金を借りられるだけ借りて踏み倒すつもりではないか」と警戒されることにつながります。銀行カードローンで確実にお金を借りたいならば、一社を厳選して 申込をしましょう。

高額キャッシングは避ける

高額のお金を貸す場合、銀行はその分 踏み倒されたときのリスクを負うことになります。そのため、審査が通常よりも厳しめになります。借入額は審査に通過した後に増額申請することもできます。ですから、最初は少な目の金額で申込をして審査をしてもらうのが大切です。

嘘のない範囲で自身をよく見せる努力をする

カードローン審査において、申込書類で嘘をついてはいけません。しかし、審査を通過したいのならば、少しだけ自分をよく見せるのも重要です。アルバイトならば一番良かった給与明細を提出するようにしたり、無職ならば派遣に登録だけはしておくようにしたりすると良いでしょう。

嘘はいけませんが、審査で通りやすくするために、自身をアピールするのも重要です。審査に通るために必要なことをしっかりと意識しながら申込をするようにしましょう。

銀行カードローンでなるべく早くお金を借りたい場合の対策方法

銀行カードローンは、審査に時間がかかります。しかし、審査時間をかなり短縮する方法もあるのです。もしも、銀行カードローンを使ってすぐにお金が借りたいのならば、以下の対策を取ってみると良いでしょう。

口座を持っている銀行から借りる

すぐにでもお金が必要ならば、普段から使っている銀行のカードローンを利用するようにしましょう。なぜなら、銀行カードローンの貸付条件には「当行の普通預金口座を有していること」という項目があります。

仮に、口座を持っていない銀行のカードローンを利用する場合は、口座の開設からスタートしなくてはならないので、時間がかかってしまうのです。加えて、普段使いしている銀行のカードローンであれば、審査で少し融通を効かせてもらえることもあるので、その点でもお勧めといえます。

口座開設不要のカードローンを選ぶ!

利用している銀行がカードローンを扱っていないのならば、口座開設不要の銀行カードローンを検討しましょう。

口座開設不要の銀行カードローン一覧

  • 三菱UFJ銀行
  • じぶん銀行
  • オリックス銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行

口座を開設してカードローンを申込むと、融資まで一週間程度かかってしまいます。さらに、審査に落ちてしまった場合は、不要な銀行口座を持つことになってしまいます。ですから、少しでもスピーディーにお金を借りたいなら、上記の口座開設不要の銀行カードローンを検討しましょう。

また、消費者金融カードローンの場合は口座開設不要ですから、消費者金融カードローンを検討するのも一つの手段です。

インターネットから申込む!

銀行カードローンの申込方法としては、インターネット、電話、店頭、郵送などがあります。自身にとって最も便利な方法を選べばいいのですが、すぐにでもお金が必要な方は「インターネット」からの申込を選択しましょう。

銀行のカードローンの審査には保証会社が関わっています。そのため、銀行の担当者が、申込者の情報をまとめて、保証会社に連絡をしなくてはなりません。この際に、インターネットからの申込ならば情報のまとめをすぐに行えるので、すぐに保証会社へ審査を依頼できます。

しかし、電話や店頭や郵送といった方法で申込をすると、銀行の担当者が情報を入力してまとめなくてはなりません。結果、余計な時間がかかり、審査が遅くなるのです。

平日に申込をする

あまり知られていないことですが、銀行のカードローンは、土日祝日には審査を実施していない所が多いです。申込は土日祝日でも行なっているのですが、申込受付後に すぐに審査を始めてはくれません。申込があった順に休み明けに審査を行なっていくことになるのです。

ですから、すぐにでもお金が必要ならば、申込は 平日のうちにしておくべきです。カードローンの審査には1日はかかることを考慮して、休みに入る2日前には申込をしましょう。

また、連休中にお金が急遽必要になった場合は、銀行のカードローンにこだわるのではなく、消費者金融カードローンをも検討すると良いでしょう。なぜなら、消費者金融カードローンは土日祝日に関係なく、審査を行なっている場合が多いからです。

申込内容は嘘や間違いがないようにする

銀行カードローンは、消費者金融カードローン以上に 申込者が「信用できる人か」という点を注意深く見る傾向にあります。ですから、書類に嘘や間違いがあると、「この人は信用できないのではないか?」と見なされて、審査で不利になってしまいます。

加えて 申込書類に、信憑性に欠ける部分があったり、不備があったりすると 一旦審査がストップして 審査担当者から事実確認の電話がかかってきます。そして、この電話に申込者がすぐに出られずに、審査担当者が何度も電話をすることになれば その分審査が長引いてしまいます。

さらに、最悪な場合は、信頼できない いい加減な人と見なされて審査落ちする可能性もあるのです。

借入希望額を10万円程度にする

銀行のカードローンは、多くのお金を借りたがっている人の審査は、慎重に行う傾向にあります。融資金額が高くなればなるほど返済してもらえなかったときのリスクが高まるからです。

しかし、借入金額が少なかった場合は貸し倒れのリスクが低いため、比較的ゆるやかに審査が行われます。結果、比較的審査結果が早く出る傾向にあるようです。

まとめ 審査を急がないなら低金利で安心な銀行カードローンを利用しよう!

銀行からお金を借りるならば、目的を問わずに利用できて、手続きも簡単な「銀行カードローン」がお勧めです。

銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べて低金利で安心感があるというメリットがあります。具体的な両者の違いをまとめる以下のようになります。

  • 銀行カードローンは低金利
  • 銀行カードローンは融資限度額が高額になれば、さらに低金利になる
  • 銀行カードローンは総量規制の対象外
  • 銀行カードローンは在籍確認電話が必ずかかってくる
  • 消費者金融カードローンは即日融資可能だが、銀行カードローンは審査に時間がかかる
  • 銀行カードローンはお金を借りるまで2日~10日かかる場合がある

銀行カードローンは、金利の安さが特徴です。ですから、返済が長期間になったとしても、金利が低いので損がありません。ちょっとしたお金を借りて長期間にわたって返す場合にお勧めとなるといえるでしょう。

一方で、銀行カードローンは、審査が厳しく年収が低い人や返済状況に問題がある人は審査落ちしてしまいます。審査は念入りになされるため、即日融資も不可能です。そのため、すぐにお金が借りたいのならば消費者金融カードローンが便利でお勧めです。

ただし、銀行カードローンも以下に注意すれば素早くお金を借りられます。

  • 口座を持っている銀行に申込
  • 口座開設不要のカードローンを選ぶ
  • インターネットから申込む
  • 休みの二日前に申込をする
  • 申込内容に嘘や間違いがないようにする
  • 10万円程度の借入を希望する

それほど素早くお金が必要ではないのならば、ぜひ、低金利で安心な銀行カードローンを利用するようにしましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

初心者に選ばれている銀行カードローンはこちら!

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックキャプチャ

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの即日融資での借り方

みずほ銀行カードローンキャプチャ

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの審査・借入・メリット・デメリットについて

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します