学生が学費をカードローンで借りる時の注意点と審査に通過させるためのポイント

更新日:2020年6月12日 216 view

大学や専門学校に通っている学生の中には、親に頼らず自分で学費を支払っている方もいるでしょう。

しかし、大学や専門学校の学費は決して安くはありませんので、日々の生活費や友人との交友費などでお金を使ってしまい、学費を支払うお金が足りなくなってしまった…という経験がある方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、「学費が足りなくなってしまった時にカードローンでお金を借りるための条件」や「学費をカードローンで借りる時の注意点」、「学生がカードローンの審査に通過させるためのポイント」、「学費を借りたい学生にオススメのカードローン」などについて、詳しく解説を進めていきます。

学生が学費をカードローンで借りる時の条件

学生でも以下の条件を満たしている方は、カードローンで学費を借りられます。

  • 20歳以上である
  • アルバイトなどで安定した収入がある

それぞれの項目について、詳しく紹介します。

20歳以上である

手軽にお金を借りられるカードローンは、銀行や消費者金融などから提供されているのですが、どのカードローンの申し込み条件でも「20歳以上」となっています。

【メモ】20歳未満がカードローンを利用できない理由
銀行や大手消費者金融が20歳未満へカードローンを提供していないのは、以下の理由からだと考えられます。

・法律上、親の同意がなければ未成年者は借入などの契約を結べない
・未成年者が親の同意なしに借入契約しても、未成年者は借入に対する返済義務がない(=借り逃げされる可能性がある)

銀行や大手消費者金融のカードローンを利用したい学生の方は、20歳以上になってから申し込むようにしてください。

20歳未満でも学生ローンなら利用できる可能性も

なお、学生街などにある学生ローンを専門で扱う中小消費者金融のローンであれば、20歳未満の学生の方でも利用できる可能性があります。

ただし20歳未満が借入する場合は「親の同意書」が必要となるため、親に内緒で借入できないので注意してください。

アルバイトなどで安定した収入がある

カードローンで借入した後は、3年〜5年ほどかけて、約定返済日(=毎月決まった日、または35日ごと)に継続して返済していきます。このため、銀行や大手消費者金融のカードローンへ申し込む場合は、「安定した収入が必要」です。

アルバイトなどで安定した収入がある学生の方しか、銀行や消費者金融のカードローンへ申し込めない点に気をつけておきましょう。

【メモ】消費者金融カードローン利用時に安定収入が必須の理由は?
消費者金融は貸金業者に分類され、貸金業者には「貸金業法」と呼ばれる法律が適用されます。この貸金業法の中には「貸金業者は利用者の年収3分の1超のお金を貸してはいけない」という、総量規制(そうりょうきせい)の項目があります。

収入がない=年収0円=年収の3分の1も0円、となるため、収入がない学生の方は貸金業法の法律上、消費者金融カードローンを利用できないのです。

学費をカードローンで借りる時の注意点

続いて、学費をカードローンで借りる時の注意点について解説します。

  • カードローンで学費全てを借入するのは不向き
  • 学生はカードローンで30万円ほどまでしか借りられない
  • カードローンが友人にバレる可能性もある
  • 在籍確認の電話によりアルバイト先にカードローンの利用がバレてしまう恐れも

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

カードローンで学費全てを借入するのは不向き

大学などの学費は、国公立や私立、学部などにより大きく異なりますが、4年間でおよそ400万円前後、年間100万円ほど必要です。

また、学費は前期と後期に分けて支払うケースが多く、一度の支払いに50万円ほどのお金が必要です。

高額な借入は返済負担が膨らみやすい

学生が学費の全てをカードローンの借入で賄う場合、学費として一度に50万円ほどの借入が必要となります。消費者金融カードローンは、100万円未満の借入の場合、18.0%の金利設定が多く、高額な借入をするほど返済総額が膨らむので注意が必要です。

金利18.0%のカードローンで50万円を5年間(60回払い)で返済する時の返済総額
毎月の返済額 1万2,697円
返済総額 76万1,820円
利息 26万1,820円

※返済シミュレーションのため、実際の返済額とは異なる場合があります。

学生はカードローンで30万円ほどまでしか借りられない

また、アルバイトなどで収入を得ている学生の方でも、親の扶養控除が受けられる範囲内の「年収103万円以内」に抑えている方がほとんどでしょう。

消費者金融カードローンの場合、本記事で解説した「総量規制」の適用から、年収100万円に対して3分の1の金額=およそ30万円が借入上限の目安となる点に気をつけてください。

銀行カードローンは総量規制の適用はありませんが、貸付額の自主規制を行なっているため、銀行カードローンであっても30万円ほどの借入金額が目安となるでしょう。

カードローンが友人にバレる可能性もある

銀行や消費者金融カードローンと契約すると、(カードレス契約でない場合は)ローン専用の「ローンカード」が発行されます。

このローンカードがあれば、コンビニなどにある提携ATMから、いつでもキャッシングできるようになります。

ただし、財布やカードケースに入れていたローンカードが友人に見られた場合、「キャッシングしていること」がバレてしまう恐れもあるので、ローンカードの管理にはくれぐれも注意してください。

在籍確認の電話によりアルバイト先にカードローンの利用がバレてしまう恐れも

カードローンへの申し込み時には勤務先名・勤務先の電話番号なども申告するのですが、「本当に申込者が申告した勤務先・アルバイト先で働いているのかを確かめる=安定収入を確認する」ため、カードローン会社から勤務先へ直接電話による問い合わせが行われます。

この、勤務先・アルバイト先へ本人の在籍を確認する電話は、「在籍確認」と呼ばれています。

在籍確認は金融業者名やカードローン名を名乗られないため、直接勤務先にカードローンがバレる心配はありませんが、勤務先・アルバイト先の店長や同僚などから「何の電話だろう? 何かローンへ申し込んだのでは?」と疑われる可能性があるので気をつけてください。

少しでも勤務先にカードローンの利用を疑われる可能性を抑えるため、「クレジットカードへ申し込んだから電話がかかってくるかもしれない(※)」などと事前にアルバイト先に伝えておくのも良いでしょう。

※クレジットカード申込時にも、原則勤務先へ電話による在籍確認が行われます。

学生がカードローンの審査に通過させるためのポイント

学生がカードローン審査に通過させるためには以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 3〜6ヶ月以上の勤続年数が必要
  • 過去にクレジットカードやスマホの分割払いを滞納していない

3〜6ヶ月以上の勤続年数が必要

カードローンの審査に通過させるためには「継続的な安定収入」を認めてもらう必要があります。また、安定収入を認めてもらうには、少なくとも同一の勤務先で3ヶ月〜6ヶ月以上の勤続年数を積み上げておく必要があります。

アルバイトをはじめて間がない、勤続年数が短いという学生の方は、勤続年数を積み上げてからカードローンへ申し込むようにしてください。

過去にクレジットカードやスマホの分割払いを滞納していない

また、過去にクレジットカードやスマホの分割払いを滞納したことがある、という学生の方は、カードローンの審査に落ちる可能性が高いので注意してください。

カードローンの申し込み時には、必ず申込者の信用情報を審査されます。この信用情報には、クレジットカードやスマホの分割払いなどの利用履歴などが残されていて、滞納の履歴がある場合は、マイナス評価となるため、カードローン審査が不利になります。

なお、3ヶ月連続、または61日以上滞納してしまった方は信用情報がブラックとなっているため、ブラック履歴が消える5年間はカードローン(やクレジットカード、スマホ分割払い購入など)の審査に必ず落とされます。

現在、クレジットカードやスマホの分割払いをしている学生の方は、「滞納」しないように十分注意しておきましょう。

まとまった学費が必要ならカードローン以外の借入方法も検討

大学の学費は高額になりやすいため、カードローンだけでは借入が足りない…というケースもあるでしょう。

学費を借りたい学生の方は、カードローン以外にも以下のような借入を利用できます。

  • 日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)
  • 日本学生支援機構の奨学金制度

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)

日本政策金融公庫の教育一般貸付は、基本的には子どものために親が借入する貸付制度ですが、20歳以上で安定収入がある学生の方でも利用できる可能性があります。

最大350万円までの限度額があり、2019年時点では固定金利1.71%の低金利で借入できることが特徴です。

なお、現在安定収入があっても今後学業に専念して収入の見込みがなくなる場合は、審査に落とされる可能性が高いので注意してください。

日本学生支援機構の奨学金制度

また、学生が学費を借りるには、日本学生支援機構の奨学金制度もあります。

奨学金制度には様々な種類があり、多くの学生が利用している第二種(利息が付くタイプ)奨学金は、大学生の場合は月額2万円〜12万円の借入が可能で、年率3.0%未満の金利となっています。

学費を借りたい学生にオススメのカードローン

さいごに、学費のお金が少しだけ足りない…、今手持ちのお金がないから手軽にスピーディーに資金調達したい…という方に向けて、オススメのカードローンを紹介します。

プロミスのカードローンはお金の必要な学生にもオススメ!

プロミスのカードローンは、本記事でも解説してきたように「20歳以上」で「安定収入」がある学生の方であれば審査通過を目指せます。

アルバイト学生の方は30万円ほどの限度額になる可能性が高いため、少し学費が足りない学生の方にオススメです。

プロミスのカードローンは即日融資も期待できる

また、プロミスのカードローンは最短申し込み当日の即日融資が期待できます。

手持ちの資金がなく支払わなければならない学費が少し足りない、今月必要な学校生活にかかるお金が足りない、という学生の方はプロミスでスピーディーな借入を期待できるでしょう。

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

プロミスは初めてカードローンを利用する学生も使いやすい! 30日間無利息期間もあるので短期間だけの借入に最適です。

学生の方も安定収入があれば「学費」をカードローンで借りられる

本記事では、学費が足りなくなってしまった時にカードローンでお金を借りるための条件」や「学費をカードローンで借りる時の注意点」、「学生がカードローンの審査に通過させるためのポイント」、「学費を借りたい学生にオススメのカードローン」などについて、詳しく解説を進めてきました。

学生が使えるカードローンは少額の借入に向いている

  • 学生でも20歳以上で安定収入があればカードローンで学費を借りられる
  • カードローンで学費すべてを借入するのは不向き
  • 高額な借入は返済総額が膨らみやすいので注意
  • 学生は総量規制の適用から消費者金融カードローンで30万円ほどの借入が目安
  • ローンカードが見つかれば友人にカードローンの利用がバレる可能性あり
  • 在籍確認の電話が勤務先に怪しまれないようにクレジットカードへ申し込んだと伝えておく
  • 学生がキャッシングするには少なくとも3〜6ヶ月の勤続年数が必要
  • 過去に滞納をしている学生はカードローンの審査が不利になる
  • 学費の借入が高額になる時には国の教育ローンや奨学金の利用も検討
  • カードローンは学費が少し足りない学生にオススメ

自分で学費を支払っていてお金が足りない学生の方は、銀行や消費者金融のカードローンで「学費」を借入できる可能性があります。ただし、カードローンの金利はやや高い傾向があり、大学の学費は年間100万円ほどの高額なお金が必要となるため、カードローンで学費のすべてを借り入れするのはあまり現実的ではないでしょう。

消費者金融カードローンは、「借入までスピーディー」で「30日間の無利息期間」の利用を期待できるため、「少しだけ学費のお金が足りない学生」がうまく活用できるオススメの借入方法です。

学費を借入しようとしている学生の方は、ぜひ本記事を参考にしながら、国の教育ローンや奨学金制度の利用、カードローンへの申し込みなど、さまざまな借入方法を検討してみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

学生でも安定収入があれば利用できるオススメのカードローン!

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

最短当日の借入可能
店舗への来店は不要で最短当日融資可能
主婦・フリーター可
主婦の方やフリーターでも借り入れ可能
選べる無利息期間
初めての方でも安心の選べる無利息