カードローンが使えないケース~使えない人の特徴と原因

更新日:2020年6月12日 204 view

今まで利用できていたカードローンが急に使えなくなった…という方は、『契約中のカードローンが利用不可となってしまった理由』があるはずです。

本記事では、「カードローンが使えなくなる様々な原因と理由」を中心に、「カードローンが利用できなくなった時の解決方法」、「新規で申し込むべきオススメのカードローン」などについて詳しく解説していきます。

急にカードローンを利用できなくなった方は、利用不可になっている原因を突き止め、利用再開〜追加融資を受けられるようにしてみましょう。

限度額いっぱいまで使うとカードローンが利用不可に

急にカードローンでキャッシングできなくなった…という方は、カードローンでの借入金額がキャッシングの限度額の上限に達している可能性があります。

カードローン契約時には「限度額」を把握しておく

カードローンは契約した限度額以上のお金を借りられないため、カードローン会社の窓口、またはカードローンのマイページなどから、「自分が利用できる借入限度額」を確認・把握しておきましょう。

また、カードローン申し込み時に、例えば「100万円の希望額」を出していても、カードローン審査により限度額が減らされ、「50万円でカードローン契約が交わされている」というようなケースもあります。

カードローンが急に利用できなくなった、という方は、カードローンの限度額の上限に達していないかを確認してみましょう

カードローン診断
まずはじめに、あなたのご職業を選択してください。

カードローンを滞納してキャッシングが使えないケース

また、「カードローンの返済を滞納している」という理由により、カードローンが利用できなくなるケースもあります。

カードローンの返済を行わない方は、カードローン会社から「返済してくれない人」として判断されてしまい、追加キャッシングに応じてもらえなくなるためです。

カードローンの返済に遅れそうな時には…

カードローンは毎月必ず返済しなければなりませんが、「どうしてもカードローンの返済に遅れそう…」という場合は、事前にカードローン会社へ連絡し、返済の相談をするようにしてください。

カードローンを61日以上滞納すると信用情報がブラックになる

なお、カードローンを61日以上、または3ヶ月以上滞納すると、信用情報に異動情報が残され、「ブラック」として扱われるので注意が必要です。

※信用情報がブラックになると、信用情報の履歴が消える5年間はカードローンやクレジットカード、スマホの分割払いなどの審査に通らなくなります。

カードローンが使えないのは他社借入による総量規制の影響

また、カードローンが利用できなくなっている方で他社カードローンからも借入しているという方は、「総量規制」が影響している可能性もあります。

総量規制とは借入額の上限が制限されている法律

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に適用される「貸金業者は利用者の年収3分の1超のお金を貸してはいけない」と、貸付額の上限が制限されている法律のことを指します。

このため、他社カードローンですでに年収3分の1に近いお金を借りている方は、総量規制の適用からカードローンで追加借入できなくなっている可能性があります。

銀行カードローンには総量規制が適用されないが…

銀行カードローンは貸金業法の総量規制の適用外ですが、近年の銀行カードローンは貸付額を自主規制しています。

銀行カードローンも消費者金融カードローンと同じく、総量規制と同等の「年収3分の1」が貸付額の上限に設定されているケースが多いので注意しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用してカードローンが新規貸越停止になることも

また、クレジットカードでATMなどから直接現金を借りられるサービスである、「クレジットカードのキャッシング枠」を利用している方も注意が必要です。

キャッシング枠も総量規制の対象になる

クレジットカードのキャッシング枠は、カードローンでの借入と同じように「総量規制の対象」となります。

このため、カードローン利用中にクレジットカードのキャッシング枠を利用して、年収3分の1ほどの借入になった…という方は、総量規制の適用からカードローンを利用できなくなる(=新規貸越停止になる)ケースもあります。

カードローンの借入の他に、クレジットカードのキャッシング枠も利用している方は、「借入総額」を把握しておきましょう。

ATMの利用時間外でカードローンのキャッシングができない

また、単純に提携ATMの利用時間外でカードローンが利用できない、というようなケースもあるでしょう。

コンビニATMは原則24時間営業だがメンテナンス時間もある

なお、消費者金融カードローンを利用できるコンビニの提携ATMは、原則24時間365日営業していますが、日曜日の深夜〜月曜日の早朝などの時間帯は、システムメンテナンス時間となり、提携ATMを利用できない可能性があるので注意しておきましょう。

途上与信によりカードローンが利用できなくなっている

カードローン契約中に「途上与信」と呼ばれる審査が行われたことにより、カードローンの利用が停止されてしまう可能性もあります。

途上与信が行われるケースは?

途上与信はカードローン利用者全員が行われるわけではなく、カードローンの滞納時などに「見直しの審査」として行われるケースが多いです。

何度も滞納している、長期間滞納している等で、途上与信の結果が悪かった場合、「カードローンの限度額を減らされる」、「カードローンを強制解約される」というケースもあるので、カードローン利用中の方は必ず返済に遅れないよう、毎月しっかりと返済を続けていきましょう。

カードローンを使えなくなった場合の解決策

最後に、カードローンが使えなくなった場合の解決策について紹介します。

  • 借入が限度額上限に達した時は増額申請する
  • カードローンへ返済を進めてから再度借入する
  • 他社カードローンへの申し込みを検討する

借入が限度額上限に達した時は増額申請する

借入がカードローンの限度額の上限に達していてカードローンを使えなくなっている場合は、利用限度額の「増額申請」を行いましょう。

カードローンの増額が認められた場合、利用限度額を増やしてもらえるため、カードローンで追加の借入が可能になります。

ただし、カードローンの「増額」には審査が必要なため、申し込み〜追加融資までには日数が必要となる場合が多いので注意しておきましょう。

カードローンへ返済を進めてから再度借入する

消費者金融や銀行のカードローンで、総量規制の金額(=年収3分の1)に近いお金を借りているためカードローンで追加融資を受けられない…という方は、カードローンの返済を進めてから再度借入するようにしてください。

カードローンの借金を返済すれば「返済した金額分の利用枠が復活する」ため、返済後には再度借入できるようになります。

他社カードローンへの申し込みを検討する

また、現在利用中のカードローンの限度額いっぱいまで借入してしまった方の中で、急いで追加借入したい方は、「新規で他社カードローン」へ申し込むのもオススメです。

SMBCモビットのカードローンのWEB完結申込の利用を検討しよう!

「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座がある」、かつ「全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている」という方は、SMBCモビットのカードローンの「WEB完結申込」を利用できます。

SMBCモビットのWEB完結申込とは、「電話連絡なし」でインターネットだけでカードローンで契約できるサービスです。WEB完結申込を利用すれば、勤務先への電話在籍確認を避けられる可能性が高いため、勤務先に絶対カードローンがバレたくない…という方にオススメです。

SMBCモビット

審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%

SMBCモビットのWEB完結申込は電話連絡無しでカードローン契約OK!勤務先や自宅、携帯への電話連絡がないので誰にもカードローン契約がバレたくない方にオススメです。即日融資もOKなのでキャッシングを急ぐ方も便利に利用できます。

レイクALSAのカードローンには5万円まで180日間の無利息期間がある

また、現在利用中のカードローンが利用できず、新規カードローンで追加融資を受けたいという方は、「レイクALSA」のカードローンの利用も検討してみましょう。

レイクALSAには、「5万円まで180日間」と「全額30日間」の無利息期間のサービスがあります。無利息期間中に完済すれば、実質利息0円で借入可能なため、5万円までの少額融資の方は、レイクALSAの「180日間無利息キャッシング」をうまく活用してみましょう。

レイクALSA

審査時間 画面に審査結果を表示 融資時間 契約後最短即日※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で最短当日中にお振込みが可能です。  一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
限度額 500万円 実質年率 4.5%~18.0%

レイクALSAのカードローンは180日間の無利息期間あり!少額・長期間の追加融資をしたい方にオススメです。

「カードローンが使えない」には必ず原因がある

本記事では、「カードローンが使えなくなる様々な原因と理由」を中心に、「カードローンが利用できなくなった時の解決方法」、「新規で申し込むべきオススメのカードローン」などについて、詳しく解説を進めてきました。

カードローンで借り入れできなくなった方は新規カードローンへの申し込みも検討してみよう

  • 限度額いっぱいまで使うとカードローンが使えなくなる
  • カードローン契約時には利用限度額を把握しておく
  • 利用限度額が分からない場合は窓口やマイページで確認する
  • カードローンを滞納すると借入できなくなる可能性がある
  • カードローンの返済に遅れそうな時には金融業者へ必ず事前連絡する
  • カードローンを61日以上滞納すると5年間はカードローン契約〜借入できなくなるので注意!
  • 他社のカードローンも利用しているという方は年収3分の1が借入上限の「総量規制」が影響している可能性もある
  • 銀行カードローンは総量規制が適用されないが、自主規制により年収3分の1が限度額の目安
  • クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となる
  • クレジットカードのキャッシング枠が原因で新規貸越停止になるケースもある
  • 日曜深夜〜月曜早朝にかけてコンビニなどの提携ATMがシステムメンテナンスで使えないこともある
  • 滞納などで途上与信されると、その時点からカードローンが使えなくなることも
  • カードローンが使えなくなった場合は「増額申請」により利用限度額を上げて追加融資を行う
  • カードローンの返済を進めて借入枠を復活させてから追加借入する
  • 利用中のカードローンが使えなくなった場合は、他社カードローンへの新規申し込みも検討する
  • SMBCモビットはWEB完結申込で便利・スピーディーな借入が可能
  • レイクALSAには180日間の無利息期間が用意されている

急にカードローンが利用できなくなったという方は、「限度額まで利用している」「カードローンの滞納をしている」「他社カードローン等の借入総額が年収3分の1を超えている」「ATMが利用時間外になっている」などが考えられます。カードローンでキャッシングできなくなった場合は、「使えなくなった理由」を突き止め、原因を解消するようにしましょう。

また、カードローンが急に利用できなくなった…という方で、すぐに借入をしたい場合は、本記事で解説してきた新規カードローンへの申し込みも検討してみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

限度額上限まで使ってしまった方にオススメの「早く借りられる」カードローンはこちら!

ビートレーディングキャプチャ

ビートレーディング

ビートレーディングの評判は?即日ファクタリング国内最大手の強みと口コミを調査

anew(アニュー)キャプチャ

anew(アニュー)

anew(アニュー)の評判は?新生銀行とOLTA合同でスタートの法人専用クラウドファクタリング

クラウドファクタリングOLTAキャプチャ

クラウドファクタリングOLTA

クラウドファクタリングOLTAは審査最短24時間、即日で資金調達できる請求書買取サービス

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)キャプチャ

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)

アイフルビジネスファイナンス ビジネスローンは事業資金調達・借入に使える法人・個人事業主向けビジネスローン

みずほ銀行カードローンキャプチャ

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!