• HOME
  • カードローンの豆知識
  • 複数のカードローンの借金をひとまとめにするメリットとデメリット、実現するための方法3つを解説

複数のカードローンの借金をひとまとめにするメリットとデメリット、実現するための方法3つを解説

更新日:2020年9月9日 207 view

現在、複数のカードローンを利用している方は「カードローンの借入をひとまとめにする」ことで、スムーズに返済・完済できるようになる可能性があります。

本記事では、複数のカードローンを利用中で借金の返済に困っている方へ向けて「カードローンの借入をひとまとめにするとは?」、「カードローンの借入をひとまとめにする方法」、「カードローンをひとまとめにするメリットとデメリット」、「借金をひとまとめにしたい時にオススメのカードローン」などについて、詳しく解説を進めていきます。

カードローンの借入を「ひとまとめ」にする意味

まず、カードローンの借入を「ひとまとめ」にする意味とは、どのようなことなのでしょうか。

複数のカードローンの借金を1社のローンへまとめること

カードローンの借入をひとまとめにするのは、複数のカードローン利用者が1社のカードローンへ借金をまとめることを指します。

また、借金をひとまとめにする方法・サービスは、

  • おまとめローン
  • 一本化ローン

などと呼ばれる場合もあります。

ひとまとめにするローンは総量規制の対象外

また、消費者金融カードローンには総量規制(=借入上限が年収の3分の1)が適用されていますが、借金をひとまとめにする「おまとめローン」や「一本化ローン」は総量規制の対象外となるため、借入額が膨らんでも利用できるという特徴があります。

【参考】総量規制の「例外貸付け」に分類される契約・顧客に一方的に有利となる借換え
・借入残高を段階的に減少させるための借換え
など

出典:総量規制が適用されない場合について|日本貸金業協会

上記の通り、おまとめローンや一本化ローンは、「顧客に一方的に有利」で、「借入残高を減少させるため」のローンとなるため、総量規制が適用されません。

おまとめローンは総量規制の対象外となるため、高額な借入をしている方でも、ローンをひとまとめにできる可能性があるでしょう。

カードローンでの借入をひとまとめにする3つの方法!

続いて、カードローンをひとまとめにする方法を紹介します。複数のカードローンをひとまとめにするには、主に以下の3種類のローンを利用できます。

  • カードローンへひとまとめにする
  • フリーローンへまとめる
  • おまとめローン(一本化ローン)を利用する

カードローンへひとまとめにする

複数のカードローンを利用している方は、他社カードローンへ「ひとまとめ」にできる可能性があります。

消費者金融カードローン→銀行カードローンがオススメ

なお、金利18.0%の消費者金融の借金を少しでもお得に「ひとまとめ」するには、消費者金融よりも金利が低い(傾向がある)銀行カードローンの利用がオススメです。

例えば金利18.0%の消費者金融カードローンから、金利13.0%の銀行カードローンへひとまとめにできれば、利息の圧縮から返済総額、毎月の返済負担を減らせるでしょう。

銀行カードローンは申し込み〜融資まで1営業日以上必要

また、銀行カードローンは審査に1営業日以上かかるため、早く借金をまとめたい方は、後の項目で解説する消費者金融のおまとめローンなどを利用してください。

フリーローンへまとめる

また、カードローンの借金をひとまとめにするには、銀行や消費者金融の「フリーローン」の利用も可能です。

フリーローンで借金をひとまとめにしたい方は、現在利用している銀行の窓口などへ相談してみましょう。

おまとめローン(一本化ローン)を利用する

カードローンの借金をまとめるには、銀行や消費者金融の「おまとめローン」を利用することも可能です。

銀行や消費者金融のおまとめローンは、「借金をひとまとめにする」専用のローンとなっているため、申し込み〜融資までスムーズな手続きを期待できるでしょう。

カードローンの借入をひとまとめにするメリット

カードローンをひとまとめにすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。カードローンをひとまとめにすることで得られるメリットについて、解説していきます。

  • 借金をひとまとめすると返済総額を圧縮できる
  • カードローンをまとめることで毎月の負担を圧縮できる
  • 返済計画が立てやすくなる

借金をひとまとめすると返済総額を圧縮できる

複数のカードローンを利用している方が、金利の低いカードローンへ借金をひとまとめにすると、返済総額を大きく圧縮できる可能性があります。

金利の違いによる返済総額の差

金利18.0%の複数のカードローンから金利10.0%のカードローンへ「ひとまとめ」した場合の返済総額の違いについてまとめました。(※返済期間は同じ年数として返済総額を計算しています。)

30万円の3年返済で、金利18.0%→金利10.0%のカードローンへひとまとめした場合
金利 返済総額
18.00% 39万456円
10.00% 34万8,480円

このように金利の低いカードローンをひとまとめにすると、返済総額を大きく圧縮できる可能性があります。

カードローンをまとめることで毎月の負担を圧縮できる

また、カードローンをまとめると、毎月の返済総額を減らせる可能性があります。

例えば3社のカードローンを利用していて、毎月各カードローン会社へ1万円返済している、という方は毎月3万円の返済が必要です。このような場合、カードローンをひとまとめにすると、1社だけへの返済でOKになるため、「毎月3万円の返済→1万円の返済」というように、毎月の返済負担を減らせるでしょう。

返済計画が立てやすくなる

カードローンの返済日は、カードローン会社によって異なります。例えば3社のカードローンを利用している方は、毎月3回の返済日があり、それぞれの返済額を把握しにくい方も多いのではないでしょうか。

しかし、1社のカードローンへまとめると、毎月1回だけの返済でOKとなるため、返済日の把握がしやすくなり、「カードローン完済までの計画を立てやすくなる」でしょう。

カードローンの借金をひとまとめにする時の注意点・デメリット

なお、カードローンの借金をひとまとめにする時には、いくつか注意しておきたいポイントもあります。

  • 借金をひとまとめにするローンは審査難易度が高い傾向あり
  • 毎月の返済負担は抑えられるが返済期間が長期化する恐れがある
  • カードローンを滞納している時は審査に落とされる

借金をひとまとめにするローンは審査難易度が高い傾向あり

カードローンの審査は、高額な借入になるほど審査難易度が高まります。複数のカードローンを利用している方は、「借入総額」が高額になっている可能性が高いため、ひとまとめにするためのローンは、通常のローン審査よりも、審査基準が難しくなる傾向があります。

また、「複数のカードローンを利用している」という方は、ひとまとめのローン審査時に「複数の借金があるのは、お金の管理が甘いのではないか」と判断されてしまい、審査難易度が高まる傾向があります。

毎月の返済負担は抑えられるが返済期間が長期化する恐れがある

なお、カードローンをひとまとめにすると、毎月の返済負担は抑えられますが、返済期間が長期化する恐れがあります。

複数カードローン利用者がひとまとめのローンに成功すれば、毎月の返済額を減らせますが、返済期間が長期化する恐れがある点に気をつけてください。

例えば、3万円の返済負担から1万円の返済負担になれば返済額は3分の1になりますが、単純計算すると、返済期間は3倍に延長されます。

カードローンを滞納している時は審査に落とされる

カードローンの返済を滞納している方は、CICやJICC、全国銀行協会などの信用情報機関が保管する信用情報に「滞納履歴」が残されるので注意が必要です。

借金をひとまとめにするためのローンへの申し込み時には、必ず信用情報の参照審査が行われます。信用情報に滞納履歴がある場合、「ローンを完済してもらえないかもしれない(=赤字になる)」と判断されてしまうため、カードローン審査が不利になり、落とされてしまう可能性が高いでしょう。

利用中のカードローンの返済には絶対に遅れない

借金をひとまとめにしようと考えている方は、スムーズに審査通過を目指すために、カードローンの返済には絶対に遅れないように注意してください。

借金をひとまとめにしたい時のオススメのカードローン

最後に、借金をひとまとめにしたい時にオススメしたい「おまとめローン」を紹介します。

アイフルの「おまとめMAX」は消費者金融カードローンよりも低金利で使える!

大手消費者のアイフルでは、「おまとめMAX」という名称のローンを提供しています。

アイフルのおまとめMAXは、上限金利が17.5%となっているので、通常の消費者金融カードローンの金利18.0%よりも低金利でお金を借りられます。

なお、限度額800万円まであるので、高額なおまとめローンにも対応してもらえます。

アイフル

審査時間 最短30分 融資時間 最短即日
限度額 500万円 実質年率 4.5%~18%

アイフルのおまとめMAXは低金利でお得な借り換えが可能!返済総額を減らしたい方にオススメのローンです。

プロミスのおまとめローンはスピーディーな借り換えが人気

また、消費者金融のプロミスでも、「おまとめローン」という名称のローンを提供しています。

ただし、プロミスのおまとめローンは、インターネットでの受付は行なっておらず、「自動契約機」「店頭窓口」「電話」のいずれかの方法で申し込む必要があるので注意しておきましょう。

カードローンをひとまとめにすれば「借金」を圧縮できる可能性がある

本記事では、複数のカードローンの返済に困っている方へ向けて「カードローンの借入をひとまとめにするとは?」、「カードローンの借入をひとまとめにする方法」、「カードローンをひとまとめにするメリットとデメリット」、「借金をひとまとめにしたい時にオススメのカードローン」などについて、詳しく解説を進めてきました。

複数のカードローンを利用している方は「借金をひとまとめ」にして完済を目指そう

  • カードローンをひとまとめにするとは「複数のカードローンの借金を1社にまとめる」こと
  • カードローンの借金をひとまとめにするローンは総量規制の対象外(例外貸付)
  • 借金をひとまとめにするローンは「おまとめローン」や「一本化ローン」と呼ばれる
  • 借入をまとめるならカードローンを利用する
  • 銀行や消費者金融のフリーローンも借金のひとまとめに利用できる
  • 消費者金融などが提供している「おまとめローン」も借金の一本化に使える
  • 借金をひとまとめにすると返済総額を少なくできる可能性がある
  • おまとめローンは毎月の返済回数を1回にまとめられるので、返済管理が簡単になる
  • 借金をまとめるローンは審査難易度が高くなりやすい
  • 毎月の負担額が減る代わりに返済期間が長期化する可能性がある
  • カードローンを滞納しているとおまとめローンの審査に落とされる
  • アイフルの「おまとめMAX」は消費者金融カードローンよりも低金利で借り換え可能

カードローンの借金をひとまとめにするとは、複数のカードローンを1社にまとめることを指します。また、借金をまとめるには「カードローン」や「フリーローン」、「おまとめローン」などを利用しましょう。なお、借金をひとまとめにすると、返済総額を抑えられたり、毎月の返済額を減らせる可能性があります。

ただし、借金をまとめることで、毎月の返済負担は抑えられますが、その分返済期間が延びてしまう点には十分に注意しておきましょう。

カードローンの借金の返済に困っている方は、ぜひ本記事を参考にしながら「カードローンの借金をひとまとめ」にして、借入の完済を目指してください。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

借金をひとまとめにするなら、このカードローンがオススメ!

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

専業主婦でも50万円
専業主婦でも50万円まで融資可能!
業界最低水準の低金利
金利も業界最低水準の1.9%~14.5%と低金利
乗り換えOK
おまとめローンもお乗り換え可能!

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

最短即日融資
横浜銀行への来店不要!最短即日融資
低金利
金利も業界最低水準の1.9%~14.6%と低金利
専業主婦可
専業主婦の方でもお申し込み可能!