消費者金融カードローン、お金を借りるならおすすめはドコ?

更新日:2018年10月16日 公開日:2017年5月24日757 view

この記事では、消費者金融のカードローンにスポットを当てて、どの消費者金融のカードローンがおすすめなのか、徹底比較、徹底解説していきます。

また、消費者金融からたくさんのカードローンが提供されていますが、利用シーンに応じて選ぶべきカードローンが異なります。ぜひこの記事を参考にしながら、あなたにぴったりのカードローンを選んでみてくださいね。

消費者金融カードローンをおすすめする理由とは?

消費者金融カードローンをおすすめする理由とは?

カードローンは、消費者金融や銀行から提供されていますが、「初心者でも利用しやすい」「即日キャッシングにも対応している」というメリットを考えると、銀行よりも消費者金融のカードローンの方が利用しやすいと言えます。具体的に消費者金融と銀行のカードローンを、項目ごとに比較していきましょう。

  消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
即日キャッシング 可能 ほとんどの銀行では、指定の銀行口座があれば可能
30日間無利息期間 あり なし
審査難易度 やさしい 比較的難しい

それぞれの項目を少し解説していきます。

消費者金融カードローン即日キャッシングの比較

ほとんどの消費者金融のカードローンでは、即日キャッシングが可能となっています。即日キャッシングとは、申込み〜キャッシングまでを1日だけで完了させることを指します。

消費者金融カードローンは条件無しに即日キャッシングが可能

銀行カードローンでも即日キャッシングが可能なものもありますが、即日キャッシングのためには申込み先の銀行口座が必要な場合がほとんどです。もしあなたがカードローン申込み先の銀行口座があれば、銀行カードローンの利用価値が高いと言えますが、消費者金融では即日キャッシングの利用条件がなく、誰でもカンタンに利用しやすいんです。

消費者金融カードローンは毎日21時頃迄に申し込めば即日キャッシングできる

ほとんどの消費者金融では自動契約機(=無人機)があり、平日や土日祝日に限らず22時頃まで営業しています。この自動契約機を利用して即日キャッシングすれば、21時頃までの申込みで即日キャッシングに対応してもらえます。夜にお金が必要になっても、その日のうちにスピーディーに対応してもらえるので、消費者金融のカードローンは即日キャッシングに適している、と言えますよね。

消費者金融カードローン30日間無利息期間の比較

消費者金融のカードローンをおすすめする理由として、30日間無利息期間が設けられていることが挙げられます。この無利息期間は、カードローン契約後から30日間は借りたお金に対して利息が発生しないサービスのことを指します。

無利息期間はほとんどの消費者金融のカードローンで提供されているので、無利息期間をうまく活用すると借りたお金だけの返済で済むので、とてもお得にお金を借りられるんです。

消費者金融カードローンの審査難易度比較

消費者金融のカードローンは銀行のカードローンに比べて審査難易度が緩やかなものとなっています。目安となるおおよその審査通過率を比べてみましょう。

  消費者金融カードローン 銀行カードローン
審査通過率 50%前後 30%前後

消費者金融と銀行のカードローンでは、審査難易度に違いがあり、上記の表のように審査通過率が異なります。消費者金融カードローンでは50%前後の審査通過率に対し、銀行カードローンでは30%前後という審査通過率となっています。数値から見ても銀行カードローンの審査難易度が高くなっているのがわかるでしょう。

消費者金融カードローンの申込みを行なった人の中には自己破産者も多くの含まれている

この審査通過率ですが、例えば消費者金融の60%で考えるとすれば、100人中60人がカードローンの審査に通過したこととなります。でもよく考えてみると、100人のうち40人も審査に落とされているので「実は消費者金融カードローンって審査難易度が高いのでは?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、この100人の中には、「自己破産者」や「多重債務者」「年収が極端に低い人」など、ステータスがかなり弱い人も多く含まれているので、全体的に審査通過率が下げられているのです。そのため、安定した収入さえあれば一般的にカードローンの審査に比較的容易に通過できると考えておいておきましょう。

どのくらいの年収があれば消費者金融カードローンに通過する?

では、どのような年収(=ステータス)があれば審査通過の目安となるか確認していきましょう。

  消費者金融カードローン 銀行カードローン
審査通過となる年収の目安 150万円 250万円

このように、銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも高いステータスが必要と言われています。ただし、あくまでも目安となる年収となるので、目安の年収以下であっても安定した収入や長い勤続年数があれば、審査通過の可能性もあります。ご自身のステータスが弱いと思う人は、ある程度余裕を持って審査基準緩やかな消費者金融のカードローンを検討してみましょう。

消費者金融カードローンは、利用シーンに応じて選ぼう

消費者金融カードローンは、利用シーンに応じて選ぼう

それでは、大手消費者金融カードローンの利用時のポイントとなる項目を比較しながら、おすすめのカードローンを詳しく解説していきます。下記の項目ごとに消費者金融カードローンを徹底比較していくので、しっかり確認していきましょう。

  • 即日キャッシングで選ぶなら?
  • 審査難易度で選ぶなら?
  • 金利で選ぶなら?
  • 自動契約機の営業時間で選ぶなら?

即日キャッシングで選ぶなら?

消費者金融の大きなメリットとして、即日キャッシングしやすいことが挙げられます。即日キャッシングするための、各社の銀行振込でのカードローン契約手続きのタイムリミットを確認していきましょう。

  即日キャッシングのタイムリミットの目安
アイフル 14時まで
SMBCモビット 14時50分まで
プロミス 14時50分まで
アコム 14時30分まで

上記が各社カードローンの即日キャッシング契約完了の時間の目安時間となります。注意しておきたいのは、カードローンの申し込み時間ではなく、カードローン契約を完了させておくタイムリミットとなります。カードローンの申し込み〜契約完了までは2時間程度必要となるので、上記表からマイナス2時間程度が申し込み時間のタイムリミットと言えるでしょう。

タイムリミットが最も遅いSMBCモビットでは「WEB完結」という、インターネットだけでカードローン契約が完了するとても利用しやすいサービスが提供されているのです。本人確認や職場への電話連絡もありませんので、非常に便利に利用できるんですよ。

即日キャッシングで選ぶならSMBCモビットのカードローンがおすすめ!

金融業者名 SMBCモビット
審査時間 最短即日
融資までの時間 最短即日
利用限度額 800万円
年率 3.0%~18.0%
無利息期間 なし

消費者金融カードローンを審査難易度で選ぶなら?

審査難易度で選ぶなら?

消費者金融の審査難易度で選ぶとすれば、どのカードローンがおすすめなのでしょうか。数値で比較しやすいように、各社が発表しているカードローン審査通過率で比較していきます。

  審査通過率
アイフル 43%〜49%
SMBCモビット 公表されていない(口コミなどから40%前後と予測)
プロミス 42%〜46%
アコム 45%〜50%

あくまでも目安となりますが、消費者金融カードローンの審査通過率は上記表のようになっています。この通過率だけで比較してみると、アコムが審査基準が最も緩やかだと言えますよね。

審査難易度で選ぶならアコムのカードローンがおすすめ!

金融業者名 アコム
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 500万円
年率 4.7%~18.0%
無利息期間 初回利用時30日間無利息

消費者金融カードローンを金利で選ぶなら?

つづいて、消費者金融の金利の違いを確認していきましょう。どのカードローンが最も低金利となっているのでしょうか。

  金利上限
アイフル 18.00%
SMBCモビット 18.00%
プロミス 17.80%
アコム 18.00%

カードローンの借入額によっても金利が変動するのですが、一般的に利用が最も多い30万円〜50万円程度の借入れを行うと時の金利を比較してみました。ほぼ消費者金融のカードローンは18.0%と横ばいなのですが、プロミスのカードローンだけは17.8%と若干低く設定されているんです。0.1%でも金利が低ければ、その分利息を抑えられえてお得にキャッシングを利用できますよ。

金利で選ぶならプロミスのカードローンがおすすめ!

金融業者名 プロミス
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
利用限度額 500万円
年率 4.5%~17.8%
無利息期間 初回利用時30日間無利息

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

消費者金融カードローンを自動契約機の営業時間で選ぶなら?

さいごに、自動契約機の営業時間を比較していきましょう。もちろん夜遅くまで営業している消費者金融のカードローンの方が、利便性が高く利用しやすいですよね。

  自動契約機の営業時間
アイフル 8時〜22時(土日祝も含む)
SMBCモビット 8時〜21時(土日祝も含む)
プロミス 9:00~22:00※契約機により営業時間が異なります。
アコム 8時〜22時(土日祝も含む)

どの消費者金融も同じような営業時間になっていますが、少しでも遅い時間まで営業しているアイフルがおすすめでしょう。また、アイフルでは公式サイトで1秒診断という申し込み前に「カードローンの審査に通過できるのか」の無料診断が受けられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

自動契約機の営業時間で選ぶなら、遅くまで営業しているアイフルがおすすめ!

アイフル

審査時間 最短30分 融資時間 最短即日
限度額 500万円 実質年率 4.5%~18%

金融業者名 アイフル
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
利用限度額 500万円
年率 4.5%~18.0%
無利息期間 初回利用時30日間無利息

消費者金融カードローンの利用の手順

消費者金融カードローンの利用の手順

実際に、消費者金融カードローンを利用する時の手順を解説していきます。はじめてカードローンに申し込む人は、申し込む前に手続きの流れをしっかりと確認しておきましょう。手順を把握しておくことで、申込みがスムーズに行えますよ。

  1. 消費者金融カードローンの公式サイトから申し込む
  2. 仮審査
  3. 勤務先へ在籍確認の電話がある
  4. 本人確認書類を提出する
  5. 本審査
  6. 本契約
  7. カードローンでキャッシングする

①消費者金融カードローンの公式サイトから申し込む

近年カードローンは公式サイトから申し込むのが一般的です。インターネット普及前のカードローンでは、直接窓口で申し込んだり、郵送で申し込んだり、手間と時間がかかっていたのですが、現在ではスマートフォンやパソコンからスムーズに申し込めるようになりました。

スマートフォンからカードローンを申し込む方法がおすすめ

また、カードローンの審査が進んでいくと「本人確認書類の撮影データ」の提出が必要となるため、カメラ撮影ができるスマートフォンからの申込みがおすすめですよ。

カードローンの申込みの入力項目について

カードローンの申込みに必要な入力項目ですが、下記のようなものになっています。

  • 氏名や住所、電話番号
  • 勤務先、雇用形態、勤続年数
  • 他社カードローンからの借入額と借入件数

基本的にはすぐに答えられる項目だけなので、スマートフォンでの入力に慣れている人であれば、5分〜10分程度で申込みが完了するでしょう。

②仮審査

申込みが完了すれば、仮審査へと進みます。もし即日キャッシングを希望する場合は、カードローンの申込み前や申込み直後にコールセンターへ電話し、「即日キャッシングを希望します」と伝えておきましょう。そうすることで、優先的に審査を進めてもらえる可能性が高まりますよ。

カードローンの仮審査はコンピュータースコアリング方式が採用されている

ほとんどのカードローンの仮審査では、コンピュータースコアリングという方式の審査方法が採用されています。このコンピュータースコアリング方式では、「申込者と、過去の利用時の統計との比較」により、審査通過の可否を決定しているんです。

審査通過の基準はカードローン会社によって異なりますが、コンピュータースコアリングが出す審査結果は、かなり精度の高いものとなっています。ですから、この仮審査に通過すれば、カードローン審査にほぼ通過していると考えておきましょう。

③勤務先へ在籍確認の電話がある

在籍確認とは、申込者が本当に申請した勤務先へ勤めているかどうか、直接電話連絡で確かめることを指します。在籍確認の電話のタイミングは、カードローン会社によって異なります。この仮審査後に在籍確認がある場合や、次の本人確認書類の提出後にある場合もあります。

どうしても在籍確認が嫌な場合は?

勤務先へ在籍確認の電話をされてしまうと、「自分がカードローンを利用するのがバレてしまう…」と思うかもしれませんが、ほとんどのカードローン会社は会社名を名乗らず、対応スタッフの氏名で勤務先へ電話連絡があります。個人名での連絡となるので、周囲にほぼバレてしまうことはないでしょう。

また、どうしても勤務先へ在籍確認の電話をされるのが嫌な場合は、前もってカードローン会社へ相談しておくのもおすすめです。必ずとは言い切れませんが、電話以外の在籍確認の方法(=社員証や源泉徴収票などの提出)へ変更してもらえる場合もあるので、一度確認しておいても良いでしょう。

④本人確認書類を提出する

本人確認書類を提出する

仮審査や在籍確認が完了すれば、本人確認書類の提出の連絡があります。本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証などが一般的ですね。また、先ほど少しお伝えしたように、提出方法は「スマートフォンカメラの撮影データの提出」や「コピー機によるスキャン画像」をインターネットから送信する方法になります。

スマートフォンでの本人確認書類の撮影時に気をつけたいこと

最もスムーズに提出できる方法はスマートフォンでの撮影データの送信ですが、撮影時には下記のポイントに注意しておきましょう。

  • フラッシュは使用しないこと
  • 手ブレを起こさないこと

フラッシュは使用しないこと

スマートフォンカメラでの本人確認書類の撮影では、フラッシュは使用しないで下さいね。明るく写したいからと言ってフラッシュを使用してしまうと、本人確認書類の表面が反射してしまい、本人確認書類に記載されている個人情報が見えなくなってしまう可能性があります。必ず明るい場所で、フラッシュを使用しないで撮影してくださいね。

手ブレを起こさないこと

また、フラッシュを利用しなくても、暗すぎる場所で撮影を行うと手ブレを起こしてしまい、肝心な情報がよく見えないこともあります。

不完全な本人確認書類の画像データを送信してしまうと、再提出が必要になり、余計な時間がかかってしまうので、できるだけ早くキャッシングを利用するためにも正しい画像データを送信しましょう。

⑤本審査

本人確認書類を提出した後は、本審査へと進みます。この本審査は、「申し込んだ人と申請した人が一致しているか」を審査される項目となります。ですから、この審査で落ちることはほぼ無いと考えておいていいでしょう。

⑥本契約

本審査に無事通過すれば、カードローン会社と契約を結びます。この契約もとても簡単な手続きで完了するので、カードローンでキャッシングできるまで目前ですよ。

⑦消費者金融カードローンでキャッシングする

カードローン契約が終われば、いつでもキャッシングを行えるようになります。このキャッシング方法ですが、大きく下記の3パターンあります。解説していきましょう。

  • 銀行振込みによる即日キャッシング
  • 自動契約機でローンカードを発行して即日キャッシング
  • ローンカードが自宅に郵送された後でキャッシング

ほとんどの消費者金融カードローンは銀行振込みによる即日キャッシングができる

カードローン契約後は、銀行振込でのキャッシングが利用できます。もしカードローン契約が平日の15時までに完了していれば、ほとんどの消費者金融は即日銀行振込を行ってくれます。また、平日の15時以降や土日祝日は銀行の営業時間外となりますが、大手のネットバンクなどを振込先の銀行口座に登録しておけば、一部のメンテナンス期間を除く、24時間365日即時銀行振込みを行ってもらえる場合もあります。

夜間や土日祝日の振込に対応している銀行口座は、利用する消費者金融のカードローンによっても異なりますので、申し込み前にはしっかりと確認しておきましょう。

自動契約機でローンカードを発行して即日キャッシング

即日キャッシングが行えるもう一つの方法は、インターネットから申し込んでカードローン契約が完了した後に、最寄りの自動契約機へ向かい、ローンカードを発行する方法です。ローンカードがあれば、コンビニなどにある提携ATMで1,000円単位でお金を借りられるので、とても便利に利用できるんです。

ローンカードが自宅に郵送された後でキャッシング

即日キャッシングを希望しない人は、カードローン契約後に郵送で送られてくるローンカードを受取り、その後提携ATMなどでお金を借ります。どこのカードローン会社も1週間程度でご自宅へローンカードを送ってくれます。この郵便は、本人限定受取郵便となるため、例え家族であっても本人以外は受け取れませんので注意しておきましょう。また、どうしても家族にバレたくない場合は、必ず自動契約機でのローンカードを発行するようにしましょう。

消費者金融カードローンを申し込む前に必ず注意しておく2つのポイント

消費者金融カードローンを申し込む前に必ず注意しておく2つのポイント

消費者金融カードローンの申し込み方法を確認してきましたが、申し込む時に注意しておく2つの重要なポイントを解説していきます。

  • クレヒスに傷がある人は審査通過が難しい
  • 必ず正しい情報を入力していくこと

クレヒスに傷がある人は消費者金融カードローンの審査通過が難しい

クレヒスと呼ばれている、クレジットヒストリー=信用情報には十分に注意しておきましょう。このクレヒスとは、過去のカードローンなどの金融商品の利用履歴のことを指します。過去、カードローンの利用時に未納や滞納があった場合は、クレヒスにマイナス履歴がついています。このマイナス履歴は、カードローン審査時に大きく不利となってしまうので、審査難易度がグッと上がってしまうんです。

また、自己破産などの債務整理を行った人は、最もクレヒスが悪い状態となり、債務整理後の5年〜10年間は、カードローン審査はもちろん、誰でも審査に通過しやすい年会費無料のクレジットカードの審査にも通過できなくなるんです。自己破産を行うと借金が無くなるのですが、たくさんの人に迷惑が掛かりますし、今後のことも考えて、自己破産は絶対にしないでくださいね。

現在カードローンを利用している人は、必ず返済日を守ること

現在カードローンを利用している人は、クレヒスに傷を付けないためにも、必ず返済日をしっかり守って返済を行いましょう。しっかりと返済を行っていくと、クレヒスにも良い履歴が残っていくので、今後カードローンやクレジットカードの審査に有利となる場合もあるんですよ。

必ず正しい情報を入力していくこと

カードローンを申し込む時には、必ず正しい情報を入力していきましょう。もし誤った情報を間違って入力してしまうと、審査に時間がかかったり、申し込み内容の詐称と疑われたりする場合もあります。また、嘘の情報を申請すると、最悪の場合詐欺罪でカードローン会社から訴えられる可能性もあるので、必ず本当の情報を入力していきましょう。嘘の申し込みは必ずバレてしまいますので、十分に注意してください。

あなたにピッタリの消費者金融のカードローンを見つけてみましょう

あなたにピッタリの消費者金融のカードローンを見つけてみましょう

この記事では、消費者金融のカードローンについて詳しく解説してきました。消費者金融のカードローンは無利息期間なども設けられていて、初心者にも利用しやすいキャッシングを提供しています。

また、消費者金融カードローンの内容の比較もしっかりと確認してきたので、使いやすいと思うカードローンもあったはずです。ぜひ記事を参考にしながら、あなたにピッタリのカードローンを見つけ出してみてくださいね。安定した収入があれば消費者金融のカードローンは必ず審査通過させられるので、ぜひうまく活用して資金不足のピンチを乗り切ってみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ