今すぐ3万円を借りるために、確認しておく5つのポイント!

更新日:2018年8月17日 公開日:2017年5月15日625 view

給料日までに3万円足りない!という人は、簡単に利用できるカードローンを利用してみましょう。消費者金融や銀行から提供されているカードローンは、インターネットからの申し込みも簡単で、今すぐお金を借りたい人でも即日融資対応のサービスも多いので、うまく活用して急な資金不足を乗り越えましょう。

この記事では、3万円という金額を借りたくなった時に利用しやすいカードローンの手続きの流れや、おすすめのカードローンなどを解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今すぐ3万円借りたいならカードローンを活用しよう

今すぐ3万円借りたいならカードローンを活用しよう

3万円程度の少額のお金を今すぐ借りたい時には、消費者金融や銀行から提供されている即日融資のカードローンを利用しましょう。これらのカードローンはパート・アルバイトでも安定した収入さえあれば審査通過できるものが多く、初心者の人でも比較的簡単にお金を借りられますよ。

即日融資できるカードローンを選ぼう

即日融資とは申し込んだ当日にお金を借りることを指します。消費者金融や銀行が提供するカードローンの中でも、即日融資できるもの、できないものがあります。また、この即日融資とは「即日キャッシング」や「即日借入」、「スピードキャッシング」「スピード融資」などと呼ばれる場合もあります。

次の項目では、即日融資してくれる消費者金融と銀行のカードローンの違いを詳しくみていきましょう。

即日融資できる消費者金融と業者カードローンには大きな違いがある

即日融資できるカードローンを提供しているのは主に消費者金融や銀行です。また、これらふたつの金融業者では「カードローン」という同じ名称のサービスを提供しているのですが、金融業者ごとに係る法律の違いもあり、サービス内容にも大きな違いがあります。

3万円を即日融資できる消費者金融のカードローン

消費者金融は、貸金業法の法律の下で管理されています。この貸金業法とは貸金業者に対する制限を設けた法律のことで、消費者金融が貸金業者としてカテゴライズされているためです。この貸金業法の大きな特徴として、「総量規制」があります。この総量規制は、「貸金業者は利用者の年収の3分の1超の貸し付けを行なってはいけない」と決められているので、利用者の借入金額に大きな影響を与える法律となっています。

総量規制が影響する消費者金融では、例えば年収450万円(=給与の額面)の人であれば、年間150万円以上のお金を借りられないことになります。ただし、消費者金融ではおまとめローンの提供も行われており、利用者に対して有利となるようなローンに対しては、例外的に総量規制の対象外となります。

消費者金融のカードローンの特徴

では消費者金融のカードローンには、どのような特徴があるのでしょうか。様々な消費者金融がカードローンを提供していますが、概ね似たようなサービス内容となっています。

  • 総量規制の対象
  • 金利18%
  • 即日融資できる場合が多い
  • 審査基準がきっちり
  • 初回利用時無利息期間がある

総量規制の対象

前項で説明したように、消費者金融では貸金業者の制限を受けるため、総量規制の対象となります。ですから、年収の3分の1以上の金額を借りられないので注意してください。この記事で解説している借入額の3万円は総量規制に引っかかるような金額ではありませんので、消費者金融も利用できるので安心してくださいね。

金利18%

ほとんどの消費者金融では、利息制限法の上限金利の18%(※)に設定されています。ただし、借入限度額が高くなるほど金利が下がるで、大きなお金を借りる場合では、10%を切るカードローンが多いです。3万円だけを借りる時には上限金利の18%であると考えておきましょう。

※法律上では10万円以内の限度額の上限金利は20%ですが、10万円以上(上限金利18%)の利用が多いため、大手消費者金融では18%超の金利設定はありません。

即日融資できる場合が多い

消費者金融は、顧客にお金を貸すことが本業なので、融資までのスピードが早いことが大きなメリットです。申し込んだ当日にお金を借りられる可能性も高く、急いでお金を借りたい人にはおすすめですよ。ただし、即日融資は銀行振り込みでの融資となることが多いので、銀行の受付が終了する15時までにはカードローンのすべての手続きを済ませておく必要があります。

パート・アルバイトでもOKの審査基準

消費者金融をおすすめする理由として、安定した収入さえあればパート・アルバイトでも十分審査通過が可能な審査基準というポイントも挙げられます。総量規制の制限から専業主婦は利用できませんが、安定した収入があるパート主婦やアルバイト学生、フリーターの方など、幅広い層の方でも利用できますよ。

また、消費者金融ではカードローンの審査通過率を公表しているのですが、およそ50%〜55%ほどの高い通過率となっています。銀行カードローンでは25%〜30%の通過率となっており、数値で見比べても審査基準のレベルが分かると思います。

カードローン審査率

ちなみに「カードローン通過率50%って低くない?」と思う方もいるかもしれませんので少し解説しておくと、消費者金融のカードローンを申し込む人の中には、「過去に自己破産した人」「多重債務者」「クレヒスの履歴が悪い人」など、ステータスが非常に低い人も多く含まれています。このため、審査通過率は50%程度と低く見える数値となっているのです。

初回利用時無利息期間がある

消費者金融カードローンを利用する大きなメリットとして、「初回利用時30日間無利息」などの無利息期間を設けられている場合が多いんです。この無利息期間をうまく活用する方法は、「消費者金融で3万円程度を借りて、30日間以内に返済する方法」です。

この無利息期間内に返済すれば、利息がかからず借りたお金だけを返済すれば完済となるので、うまく活用すれば急な資金不足の時にとても頼りになるでしょう。これから3万円借りる人は、ぜひ消費者金融の無利息期間を活用してみてくださいね。

3万円を即日融資できる銀行カードローン

銀行カードローン

では、3万円をすぐに借りられる銀行カードローンを確認していきましょう。メガバンクや大手の地方銀行、ネット銀行などで利用しやすいカードローンが提供されています。

銀行のカードローンの特徴

この銀行カードローンですが、下記のような特徴があります。項目ごとに確認していきましょう。

  • 専業主婦も借りられる
  • 総量規制の対象外
  • 低金利
  • 銀行ならではの大きな安心感

専業主婦も借りられる

消費者金融では専業主婦は利用できなかったのですが、銀行カードローンでは総量規制の対象外となるため、専業主婦も利用できます。ただし、専業主婦は年収が無いので、ほとんどの銀行カードローンでは限度額30万〜50万円程度に抑えられています。3万円程度の小さな金額であれば、限度額については考慮しなくてよいでしょう。

総量規制の対象外

専業主婦がカードローンを利用できる理由と同じですが、銀行カードローンは総量規制の対象外となるので年収の3分の1以上の大きな金額を借りられます。限度額1,000万円と高い銀行カードローンもあるので、たくさんお金を借りたい時は、銀行カードローンを利用しましょう。

低金利

銀行カードローンは低金利であることも大きな魅力です。消費者金融では金利18%でしたが、銀行カードローンでは13%〜16%程度と低金利なんです。こちらも大口融資をする場合は、利息を抑えられるのでおすすめです。ただし、3万円程度の少額融資であれば、金利による利息に大きな違いは生まれないと言えます。

銀行ならではの大きな安心感

意外に重要となる項目なのが、「そのカードローンを安心して利用できるか?」という点です。名前も聞いたことがないような消費者金融でお金を借りるのは不安もあると思いますが、日本全国どこの都市にも支店があるような大手メガバンクでカードローンを利用するのであれば、大きな安心感が得られますよね。

消費者金融を利用する時も同じことが言えますが、必ず知名度のある有名な金融業者のカードローンを利用すると安心してお金を借りられますよね。

即日お金を借りる時のカードローンの手続きの流れ

即日お金を借りる時のカードローンの手続きの流れ

実際に3万円借りたい時に、カードローンを利用する流れを確認していきましょう。消費者金融や銀行カードローンの申し込みは、インターネットから申し込むと簡単でスピーディーですよ。

  1. インターネットから申し込む
  2. 仮審査
  3. 書類の提出
  4. 本審査
  5. 本契約
  6. カードローンで3万円キャッシングする

01.インターネットから申し込む

気になるカードローンがあれば、インターネットから申し込みを進めていきましょう。公式サイトから申し込みページへ行き、必要な項目を入力していきます。入力する内容は、氏名、年齢、住所、電話番号、勤務先、年収、勤続年数、他社からの借入額など、利用者の本人情報の項目です。特に難しく考えて答えるような項目はありませんので、そのままの情報を正確に入力していきましょう。

スマホでの文字入力に慣れている人は、最短5分もかからずに入力が完了するでしょう。必要項目を全て入力し、最後に個人情報確認欄にチェックマークを入れて「申し込む」ボタンを押せば自動的に審査に進みます。また、「どうしても今すぐ3万円借りたい!」という人は、申込後にコールセンターへ電話連絡し、「即日融資を希望します」と一言伝えておくだけで優先的に審査へ進めてもらえますよ。

02.仮審査

申し込んだ後には仮審査が始まります。この仮審査にはコンピュータースコアリングという審査方法が採用されています。コンピュータースコアリングとは、過去の顧客データの統計と利用者の入力項目とを照らし合わせて、「この人にお金を貸して、完済してくれる可能性は高いのか」をコンピューターにより統計的に判断させる方法です。統計学を基にしっかりと考えられた審査方式なので非常に精度の高い審査結果が返され、しかも審査時間がとても早いので、ほとんどのカードローンの仮審査で利用されています。

03.書類の提出

コンピュータースコアリングによる仮審査が終われば、電話やメールで審査結果の連絡が届きます。仮審査に通過すれば、本人確認書類(=運転免許証や健康保険証)などの必要書類を提出します。本人確認書類の提出方法は「スマホカメラでの撮影データやスキャンした画像データをインターネットから送信」もしくは「コピーした本人確認書類を郵送」する方法となります。もちろんスマホカメラで撮影した画像データをインターネットから送信すると最もスピーディーに完了するでしょう。

スマホカメラでの撮影で気をつけたいことは「鮮明に撮影する」「手ブレを起こさない」「フラッシュを使用しない(表面の反射を防ぐ)」の3点に注意しておきましょう。せっかく送信した画像データに不備があり再提出となると、再提出に無駄な時間を浪費してしまいますよね。ですから、ミスのないようにしっかりと撮影した不備のない画像データを送信しましょう。

04.本審査

必要書類を提出すれば、本審査へと進みます。仮審査の項目でも解説しましたが、この本審査では「提出された本人書類は正しいものか」の最終確認をするだけの項目となるので、仮審査に通過した人のほとんどが本審査にも通過できますよ。

05.本契約

本審査に通過すれば、メールや電話で審査結果の連絡が届きます。その後に簡単な契約手続きを行い、カードローン契約が完了します。

06.カードローンで3万円キャッシングする

本契約後には、カードローンのキャッシングで3万円を借りましょう。このキャッシング方法ですが、銀行振り込みによるキャッシングと、ローンカードを利用してキャッシングする方法があります。

キャッシング方法 銀行振込 ローンカード
いつから利用できる? 本契約後すぐ ローンカードの発行後すぐ
即日融資を受けるためのタイムリミット 14時前後までにはキャッシング申請を完了させること 金融業者により違いがあるが、9時〜22時頃まで営業している自動契約機でローンカードを発行すれば、提携ATMで24時間キャッシングを利用できる
借入最小単位 10,000円単位が多い 1,000円単位が多い

上記の表のように、銀行振込とローンカードでは手続き方法が異なるので、使いやすいキャッシング方法を利用しましょう。ご自宅だけで済ませるなら銀行振込が便利ですね。また、お近くに自動契約機がある人は、夜遅くまで営業しているので当日にローンカードを発行できるでしょう。

消費者金融カードローンの無利息期間を使うとお得に利用できる

申し込み〜キャッシングまでを解説していきましたが、とても簡単に手続きが完了するのが分かったと思います。

また、3万円という少額のキャッシングを行うのであれば、消費者金融での「初回利用時30日間無利息」のサービスを利用してみることをおすすめします。ほとんどの消費者金融では無利息期間を設けているので、その期間内に3万円を返済すれば利息がかからないので、無駄なお金を返済をする必要がありません。3万円程度なら、次の給料日には一括返済できますよね。うまく消費者金融の無利息期間を活用してみてくださいね。

3万円をカードローンですぐに借りるために確認しておく5つのポイント

3万円をカードローンですぐに借りるために確認しておく5つのポイント

では実際にカードローンで即日3万円を借りる時に、確認しておく5つのポイントを解説していきます。申し込む前にはしっかりと確認しておきましょう。

カードローンで即日3万円借りる時に確認しておく5つのポイント

  1. 安定した収入がある
  2. 必要書類を用意しておく
  3. 申し込み時間に気をつける
  4. 信用情報がきれいである
  5. 借りる前にしっかりと返済計画を立てる

01.安定した収入がある

銀行カードローンでの専業主婦の借入は特殊な例なのですが、カードローンを利用する時は必ず安定した収入があるかが最も重要な審査項目となります。もちろんカードローンを提供する金融業者も、貸し倒れされるリスクを減らすために、安定した収入がある人にしかカードローン契約を結んでくれません

もしあなたに安定した収入が無いのであれば、大手銀行や大手消費者金融でのカードローンの審査通過は難しいものとなるでしょう。ですから、カードローンを利用する時は必ず安定収入を得ている必要があります。

また、安定した収入が無いのにお金を貸してくれる無名のカードローンがあれば、ほぼ確実に「ヤミ金」と呼ばれる悪徳業者でしょう。当たり前ですが、ヤミ金を利用すると大きなトラブルに巻き込まれる危険性が高まるので、絶対に利用しないでくださいね。

02.必要書類を用意しておく

カードローン審査に必要なとなる書類は本人確認書類や収入証明書などです。また、申し込み先のカードローン会社によっても必要な書類が異なります。大半のカードローンは本人書類だけの提出で済ませられる場合が多いのですが、申し込み前には念のために公式サイトから提出が必要な書類を確認しておきましょう。

03.申し込み時間に気をつける

3万円を申し込んだ当日すぐ借りたい時は、申し込む時間に気をつけておきましょう。銀行振込での即日キャッシングを希望する時は、手続きを完了させるタイムリミットが14時前後までとなります。また、銀行振込の場合は土日祝日は対応しておらず、平日のみの対応となる場合が多いので申し込む曜日にも注意しておきましょう。

土日祝日に即日お金を借りたい人は、ローンカードが発行できる自動契約機を利用しましょう。土日祝日の営業はもちろん、夜遅くまで営業しているので、お近くに自動契約機がある人はローンカードの即日発行がおすすめですよ。ローンカードがあれば提携ATMで24時間お金を借りられます

04.信用情報がきれいである

カードローンの審査では「信用情報」と呼ばれるクレヒス(=クレジットヒストリー)も重要な判断材料となります。このクレヒスとは、カードローンやクレジットカード利用者の過去の利用履歴が残されているものです。クレヒスは国内の3つの大手信用情報機関で管理、共有されていて、信用情報機関の加盟店であるカードローン会社はすぐに利用者のクレヒスを参照できる仕組みになっています。

消費者金融カードローンのクレヒスが残る信用情報機関、銀行カードローンのクレヒスが残る信用情報機関、クレジットカードのクレヒスが残る信用情報機関と、大きく3つの区分で管理されていますが、クレヒスは各信用情報機関で共有されているので、どこかで返済時に事故(=未納や滞納、自己破産など)を起こしてしまうと、様々な金融商品で審査に不利な状況となってしまいます。

ですから現在カードローンやクレジットカードを利用している人は、必ず返済時の事故を起こさないようにきちんと返済を続けておかなければなりません。

05.借りる前にしっかりと返済計画を立てる

カードローンで3万円借りても、給与の収入見込みがないと返済できませんよね。未納や滞納を起こさないためにも、必ず借入前にはしっかりと返済計画を立てておきましょう。

すぐに3万円借りられるおすすめのカードローン

すぐに3万円借りられるおすすめのカードローン

3万円だけをすぐに借りたい時は、SMBCモビットのカードローンのweb完結申込がおすすめです。大手消費者金融であり、三井住友銀行グループの会社でもあるので、利用する時にも大きな安心感がありますよ。また、SMBCモビットのweb完結申込というサービスは、インターネットだけでお金を借りられるので、使いやすいと評判も良いんです。もちろん職場への電話連絡も無いので、お勤め先にバレる心配もありません。

SMBCモビットのweb完結申込は手続きがとてもスムーズ

インターネットだけで申し込み〜キャッシングまでを完結させるカードローンは、他社でもあるのですが、SMBCモビットのweb完結申込は特に利用しやすいんです。

電話による連絡が一切行われない

お手軽に利用できる大きなポイントとして、電話による本人確認や職場への電話連絡がないことが挙げられます。ただし、SMBCモビットでのweb完結申込を利用するには、下記の条件を満たしている必要があります。

  • 三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている
  • 保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

SMBCモビットのweb完結申込は、基本的にはカードレス契約となるため、キャッシングの振込先となる指定銀行の口座が必要になります。また、書類による在籍確認を行うため、社会保険証などの提出(=撮影画像の送信)が必須なのです。

また、銀行振込での即日融資となるので平日の14時50分までには必ず手続きを完了させておきましょう。また、夜遅い時間帯や土日祝日の場合は自動契約機でローンカードを発行しましょう。

お近くに自動契約機がある人は、銀行口座がなくても即日融資が期待できる

また、指定銀行の口座がない人でも、お近くにSMBCモビットの自動契約機があれば、ローンカードの即日発行も可能です。ローンカードがあれば、提携ATMで24時間いつでもお金を借りられますよ。

SMBCモビットでは無利息期間が設けられていない

SMBCモビットの利用時のデメリットを挙げるとすれば、「無利息期間が設けられていない」点です。ただし、3万円という金額であれば、わずかな利息なので返済時に負担となるようなこともないでしょう。

金融業者名 SMBCモビット
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 800万円
年率 3.0%~18.0%

即日融資のカードローンで3万円を借りた後には?

即日融資のカードローンで3万円を借りた後には?

うまくカードローンで3万円借りれた後には、しっかりと返済しなければなりません。3万円は大きな金額をではありませんが、返済が滞ったりしてしまうと、クレヒスに傷がついてしまい、今後のカードローン審査にも悪影響が出てしまいます。

返済計画をしっかり立てておきましょう

僅かな金額とは言え、返済時のトラブルは大きな問題となる場合があるで、確実に返済を行いましょう。また、余分にお金を借りたくなっても、現在借りているお金を完済してから返済することをおすすめします。急にお金が必要となるタイミングもあるので、追加融資を完全に否定するわけではありませんが、借入額の管理をするためにも完済後のキャッシングがおすすめです。

しっかりと計画的にカードローンを利用するようにしましょう。

3万円はカードローンで即日融資しやすい

3万円はカードローンで即日融資しやすい

さて、この記事では3万円を借りたい時に、カードローンの利用時の流れ、また、消費者金融のカードローンをおすすめする理由について、詳しく解説してきました。

3万円という金額は、小口となるため、審査もスムーズに行われるため即日融資してもらいやすい傾向にあります。ぜひこの記事を参考にしながら、3万円の即日キャッシングを成功させてみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ