即日10万円借りれるの!?即日融資できるおすすめのカードローンとは?

更新日:2018年10月16日 公開日:2017年5月15日709 view

急にお金が必要になって10万円すぐに借りたいときは、カードローンの即日融資を利用しましょう。カードローンはあまりイメージが良くないと感じる人も多いのですが、うまく活用することで必ず有利に利用できます。

また、即日融資にも対応しているカードローンも多いので、急に現金が必要となった時にもスピーディーに対応してもらえますよ。この記事では、すぐに10万円借りたい人に向けて、即日借りられるおすすめのカードローンなどについて、詳しく解説していきます。

その日のうちに10万円借りるためには

その日のうちに10万円借りるためには

その日のうちに10万円がどうしても必要になった時には、カードローンを検討してみましょう。カードローンは、主に消費者金融や銀行でそれぞれ提供されていて、10万円程度の金額であれば即日融資も簡単に行ってくれるのです。

即日融資のカードローンとは?

即日融資について解説していきます。ご存知の人も多いと思いますが、即日融資とは、即日借入、即日キャッシング、スピードキャッシング、スピード融資などと呼ばれています。

即日融資のカードローンは、申し込んだその日にお金を借りられる

この即日融資のカードローンでは、申込から融資まで最短即日で完了させられるものを指します。大まかな流れを説明します。

  1. インターネットから申し込む
  2. 申し込んだ直後に審査が始まる
  3. 通過後すぐにお金を借りられる

詳しくは後の項目で解説していきますが、上記のような流れで簡単に10万円を即日で借りられますよ。

消費者金融と銀行カードローンの違い

また、消費者金融のカードローンと銀行口座のカードローンは法律上の違いもあり、サービス内容が少し異なっています。まずはその違いについて、しっかりと確認していきます。

  • 貸金業法と銀行法の違い
  • 専業主婦の借入
  • 金利
  • 審査難易度

貸金業法と銀行法の違い

消費者金融と銀行のカードローンは適用される法律が異なります。消費者金融では貸金業法、銀行では銀行法の下でカードローンが運営されています。

これらの法律の大きな違いは、「総量規制が適用されるのか」という点です。消費者金融の貸金業法は総量規制の対象、銀行の銀行法は総量規制の対象外となります。この総量規制とは、「利用者の年収3分の1超の貸し付けを行えない」と制限されている法律のことです。

つまり、「消費者金融のカードローンでは利用者の年収の3分の1未満が利用限度額」となり、「銀行のカードローンでは利用者の年収3分の1以上(銀行が規定する限度額)が利用限度額」となります。

金融業者 消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
適用される法律 貸金業法 銀行法
利用限度額 年収の3分の1未満の範囲 銀行が規定する限度額までの範囲

専業主婦の借入

貸金業法の総量規制は、専業主婦の利用にも大きく影響します。専業主婦の年収は0円のため、総量規制が関係する消費者金融ではカードローンを利用できないのです。反対に、銀行カードローンでは総量規制の対象外となるので、専業主婦でも利用できます。

また、消費者金融のカードローンで専業主婦が借入することは法律違反となります。ですから、「専業主婦でも借入可能!」などとサービスの提供を行っている金融業者は「ヤミ金」と呼ばれる悪徳業者なので、十分に気をつけてください。

金融業者 消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
専業主婦の借入 不可

金利

消費者金融と銀行のカードローンは金利が異なります。ほとんどの消費者金融では利息制限法ギリギリの上限金利18%であることが多く、銀行では金利13%〜16%で抑えられていることが多いです。

詳しくお伝えすると、利息制限法では貸し付け額によって上限金利が異なります。「10万円未満の貸し付けの場合は上限金利20%」「10万円以上100万円未満の貸し付けの場合は上限金利18%」「100万円以上の貸し付けの場合は上限金利15%」と利息制限法で決められています。

消費者金融のカードローンでは、利用限度額が10万円未満となることはほぼ無いので、上限金利を18%と設定している消費者金融がほとんどなのです。

金融業者 消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
上限金利 18% 13%〜16%

審査難易度

審査難易度も異なり、一般的には消費者金融のカードローンの審査難易度は銀行カードローンよりも緩やかな傾向にあります。まず、それぞれのカードローンの審査通過率を見てみましょう。

金融業者 消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
審査通過率 50%前後 30%前後

上記のように、審査通過率は消費者金融の方が高いんです。中には「消費者金融でも2人に1人しかカードローン審査に通過しないの?」と思われる方もいると思いますが、この理由は「申込者の中には、自己破産者、多重債務者、クレヒスに大きな傷がある人も多く含まれている」ためです。

銀行カードローンもそうなのですが、特に消費者金融では安定した収入があればカードローンの審査通過は簡単ですので、あまり気にしなくても問題無いでしょう。また、一般的に消費者金融では年収150万円、銀行では年収250万円前後が審査通過のボーダーラインと言われています。ただし、これ以下の年収であっても審査通過できる場合も多いので、安心してくださいね。

当日10万円借りるのに便利なカードローンの見分け方

便利なカードローンの見分け方

では、実際に即日で10万円を借りるため、便利に利用できるカードローンの見分け方を解説していきます。

  • 即日融資可能と告知している大手金融業者を選ぶ
  • 無利息期間があるカードローンを選ぶ
  • お近くに自動契約機があるカードローンを選ぶ

即日融資可能と告知している大手金融業者を選ぶ

即日融資を希望する場合は「即日融資可能」と公式サイトで告知しているカードローンを選びましょう。即日融資は利用者にとって大きなメリットとなるので、それぞれのカードローン会社も強くアピールしているポイントとなります。ですから、この即日融資の記載が無いカードローンは、実際にお金を借りられるまでに日数がかかる場合があります。

申し込み前には公式サイトと をチェックしておきましょう

このように、お得となるサービスは必ずカードローンの公式サイトに記載されているので、申し込み前にはしっかりとチェックするように心がけておきましょう。

無利息期間があるカードローンを選ぶ

カードローンの中には、「30日間無利息期間」というサービスが提供されているものもあります。サービス内容は、カードローンの契約から30日間は無利息でキャッシングを利用できるというお得に利用できるサービスとなっています。この無利息期間内に返済を行えば、借りたお金を返すだけでいいので、利息分となる余計な返済をする必要がありません。

10万円をカードローンで借りた時の利息について

10万円を借りる場合、30日間の利息はどのくらいになるか確認していきましょう。例えば消費者金融のカードローンで金利18%の場合は、年間の利息は「借入10万円×金利18%=利息1万8,000円」となります。30日間の利息分の計算方法は「年間利息1万8,000円÷365日×30日間=1,479円」となります。もし、この無利息期間を利用すると、30日間でおよそ1,500円も節約できるんです。

もちろん、この無利息期間内に完済すれば利息が全くかからないので、この無利息期間をうまく活用できますよね。また、このサービスは主に「消費者金融カードローン」で提供されています。無利息期間を利用するために消費者金融カードローンの利用を検討してみるのもおすすめですよ。

お近くに自動契約機があるカードローンを選ぶ

10万円を即日融資のカードローンで利用する時に最もスムーズで手軽に利用する方法は、インターネットから申し込みを行い、銀行振込でお金を借りる方法です。ただし、銀行振込での即日融資の場合は、申し込み〜借り入れまでのタイムリミットがあります。このタイムリミットは、平日の14時前後迄に設定されている場合が多いんです。

ですから、銀行振り込みでの即日キャッシングを希望する場合は、平日の午前中には申し込みを行わないと、即日融資のタイムリミットに間に合わない可能性があります。

自動契約機でのローンカード発行は夜遅くまで営業している

「即日10万円借りたいけど、どうしても午前中にカードローンが申し込めない!」という人は、ローンカードを即日発行するという方法もあります。インターネットから申し込みを行い、無事に審査通過、カードローン契約が終われば、その足でお近くの自動契約機へ行けば、直接ローンカードを発行してもらえます。

この自動契約機は平日はもちろん、土日祝日も営業している場合が多く、また、夜遅くまで営業している場合も多いので、お近くに自動契約機がある人はとても便利に利用できるでしょう。

即日融資で10万円借りる!|おすすめのカードローン

即日融資で10万円借りる!

この項目では、即日10万円を借りる時に有利に利用できる、おすすめのカードローンを紹介していきます。

即日10万円借りたい時におすすめのカードローン
・アイフル
・プロミス

アイフルで即日10万円借りる

まず、大手消費者金融のアイフルのカードローンを解説していきます。アイフルは、利用限度額が300万円あり、金利は4.5%〜18%となっていて、もちろん即日融資に対応しています。

アイフルでの銀行振込での即日キャッシングのタイムリミットは14時10分まで

このアイフルでは、簡単な4ステップでお金を借りられるんです。その流れを解説していきます。

  1. インターネットで申し込む
  2. 審査
  3. 本契約
  4. 即日キャッシング

インターネットで申し込む

まずはインターネットから申し込むのがカードローンの基本です。もちろん、受付窓口や自動契約機での申し込みも可能なのですが、最もスピーディーな方法がインターネットからの申し込みとなります。

この申し込みでは、簡単な本人情報の入力を進めていきます。氏名、年齢、住所、電話番号、勤務先、勤続年数、年収など、ご自身の情報の入力となるので、スマホに慣れた人であれば、最短10分程度で申し込みが完了するでしょう。

審査

申し込みが終われば、審査に進んでいきます。申し込む前か、申し込み直後に、「即日融資を希望」と先にコールセンターへ伝えておくことで、優先的に審査を行ってもらえますよ。

また、この審査ではコンピュータースコアリングという方式で自動審査されるので、最短では30分程度で審査結果の回答がもらえます。

本契約

無事に審査に通過すれば、必要書類(例:免許証)などの画像データを提出し、不備がなければ本契約となります。

即日キャッシング

アイフルでの契約が終われば、すぐにお金を借りられます。ただし、先ほどもお伝えしたように銀行振込での契約手続きのタイムリミットは14時10分となっているので、間に合わない人は自動契約機でローンカードを発行しましょう。

アイフルの自動契約機は夜22時頃まで営業しており、ローンカードを発行すると提携ATMで24時間借り入れできるので、とても便利ですよ。

アイフルは審査基準も緩やかで審査通過させやすい

また、アイフルは審査基準も緩やかな傾向にあるので、安定した収入さえあれば、フリーターの人やパート主婦、派遣社員の方なども簡単にお金を借りられるんです。

もちろん初回利用30日間無利息サービスもある

また、もちろんアイフルでは初回利用時の30日間無利息期間も設けられています。無利息期間は本当に良いサービスなので、ぜひアイフルでの利用をしてみてくださいね。

金融業者名 アイフル
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 500万円
年率 4.5%~18.0%
無利息期間 初回30日間

プロミスで即日10万円借りる

もうひとつ、10万円を即日融資できるおすすめのカードローンを紹介していきます。プロミスでの利用限度額は500万円となっていて、金利は4.5%〜17.8%です。この上限金利の17.8%は、上限金利18%がほとんどの消費者金融の中でも比較的低い金利設定となっています。

プロミスで10万円を即日借入れするときには原則収入証明書は不要

また、プロミスで限度額10万円を借入れする時は、原則、収入証明書の提出は不要で、本人確認書類(例:運転免許証)だけの提出でいいんです。お金は急に必要となる場合が多いので、手持ちの運転免許証だけで申し込みできるので便利ですよね。

プロミスでも初回30日間無利息が利用できる

また、プロミスでもカードローンをお得に利用できる「初回利用30日間無利息」のサービスがあります。ぜひこの無利息期間をうまく利用して、10万円をお得に借入れてみましょう。

金融業者名 プロミス
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 500万円
年率 4.5%~17.8%
無利息期間 初回30日間

即日融資を成功させるために気をつけておく3つのポイント

即日融資を成功させるために気をつけておく3つのポイント

カードローンを利用するときには、気をつけておきたいポイントがあります。大きく3つの項目に分けて解説していきますので、確認していきましょう。

即日融資を成功させるために気をつけておく3つのポイント

  • クレジットヒストリーの履歴に気をつけておくこと
  • 他社からの借入額、借入件数に注意しておくこと
  • 申し込みは必ず本当の情報を記入していくこと

クレジットヒストリーの履歴に気をつけておくこと

クレジットヒストリーとは、通称クレヒスと呼ばれている信用情報のことを指します。このクレヒスには、過去のカードローンの使用履歴、主に返済状況の記録が残されています。過去の返済時に、未納や滞納などの大きなトラブルがあれば、クレヒスに悪い履歴として残されていき、カードローン審査に不利な状況となってしまいます。ですから、カードローン審査をスムーズに通過させるためにも、クレヒスは必ずきれいな状態を保っておくように日頃から心がけておきましょう。

他社からの借入額、借入件数に注意しておくこと

他社から既に借入れしている人は要注意です。たくさんの金融業者のカードローンを利用している人は「多重債務者」として見られてしまい、カードローン審査が難しくなります。また、消費者金融を利用する場合は「年収の3分の1以内の総量規制」が関係してくるので、他社カードローンで年収の3分の1に近いような大きな金額を借入れている時は、例え10万円であっても借り入れできないので注意してくださいね。

また、多重債務として見られる他社からの借入件数はカードローン会社にもよって異なりますが、およそ4件となっています。この借入件数より多い人は、カードローン審査がかなり難しいので、注意しておくべきポイントとなります。

申し込みは必ず本当の情報を記入していくこと

当たり前のことなのですが、申込時には必ず「本当の情報」を入力していきましょう。例えば年収が少ないからと言って高い年収を記入したり、他社からの借入件数を少なく申請したり、嘘の申し込みは必ずバレてしまうので絶対にやめておきましょう。もし、嘘の申し込みがバレればブラックリストに入ってしまって今後のカードローン審査に通過できなくなる可能性が高まりますよ。

いくらステータスが弱くても安定した収入があれば審査通過もそこまで難しくないので、必ず正しい情報を申告してくださいね。

まとめ|10万円をカードローンで即日借り入れる時は消費者金融がおすすめ

10万円をカードローンで即日借り入れる時は消費者金融がおすすめ

この記事では即日で10万円借り入れる時のヒントを紹介してきました。10万円という限度額は、カードローン利用の中でも少額の部類に入るので、審査基準も緩やかになる傾向にあります。

また、初回利用時30日間無利息サービスを利用し、次の給料日に全額返済すれば、利息が全くかからないのでお得にカードローンを利用できますよね。カードローンのイメージがあまり良くなかった人も、一度利用してみると本当に使いやすくて利便性の高いサービスだと分かると思います。ただし、借入れる前にはしっかりと返済計画と立てておいて、しっかりと完済させるようにしてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ