その日の内に審査完了!借り入れまでできるカードローンはこれ!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

  • HOME
  • 今すぐお金を借りたい
  • 足りないお金が今すぐに必要なときはカードローンを利用してもいいの?利用時の注意点やカードローンの選び方を解説

足りないお金が今すぐに必要なときはカードローンを利用してもいいの?利用時の注意点やカードローンの選び方を解説

更新日:2019年4月3日 公開日:2019年1月16日362 view

財布の中にお金がない女性

急な出費などでお金が今すぐには必要になったときに、カードローンは便利な存在です。カードローンならば利用目的が明確でなくてもお金を借りることができるからです。しかし、カードローンを使って足りないお金を借りることには危険性もついてまわります。

この記事では、借入前に知っておきたいことやカードローンの選び方のポイントなどを詳しくお伝えしていきます。

お金が足りない!今すぐ必要ならカードローンがお勧め!

すぐにお金を融資してもらえるのはカードローンだけ

お金を手に入れる方法としては以下の7つがあります。

カードローン 最短30分で審査が完了し、即日融資もできるお金の借り方。即金性が高いので一番おすすめ 即金性◎
クレジットカード 一部のクレジットカードでは、キャッシング機能が付いているので、すぐに借りられる。ただし、キャッシング可能額は1~2万円位の場合が多く、キャッシング機能がついていないクレジットカードの場合はすぐにお金が手に入らない。 即金性○
多目的ローン 別名フリーローンとも呼ばれる。カードローンと同じように使用用途を問わずに借入可能。カードローンよりも低金利だが、銀行で手続きが必要なため、すぐにお金が手に入らない。 即金性×
不動産担保ローン 持ち家や土地などを担保にしてお金を借りる方法。担保があるので審査が比較的甘いが、お金を手に入れるのに数日かかる。加えて、競売の可能性も出てくる。 即金性×
生命保険 生命保険の契約者貸付制度を利用したお金の借り方。解約返戻金を限度額にしてお金を借りられる。 即金性×
質屋 ブランド品やバックなどを担保にして、お金を借りる方法。審査なしで借りられるが、ブランド品を持っていないとお金を借りられない。加えて、借りられる金額も低い。 即金性△
アルバイト 短期アルバイトならばその日のうちにお金が入ることもあるが、自身の都合が合わなくては難しい。 即金性△

このうちクレジットカードや質屋を利用した借入ならば、比較的すぐにお金を手に入れられます。しかし、クレジットカードの場合、即金性は高いものの、キャッシング可能金額は大変低いです。また、質屋を利用するにしても担保となるブランド品などがなくてはお金が借りられません。

審査時間が30分程度で済んで、すぐに安心してお金を借りられるのはカードローンだけといえます。よって、今すぐに足りないお金をどうにかしたいならばカードローンの利用がお勧めといえるのです!

カードローンの使い道に制限はない!

住宅ローンといったローンには使い道の制限があります。ですから、月々の生活のやりくりに困っていたとしてもローンを利用してお金を借りることはできません。対して、カードローンは使い道に制限を設けていません。生活費の補填や趣味に使用しても良いのです。

以下は、カードローンでお金を借りた人の使い道をまとめたデータです。

  • 1位:趣味・娯楽…47.6%
  • 2位:食費…24.4%
  • 3位:遊興費…16.6%
  • 4位:家賃の支払い…14.6%

参考:日本貸金業協会「資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査結果報告」

このように約半数の人が趣味や娯楽のためにお金を借りていることがわかります。どうしても欲しいものがあるけれどお金が足りない! という人がカードローンを使ってお金を借りるのは決して珍しいことではないのです。

以下のような使い道には注意が必要

カードローンは自由な用途でお金が借りられるといっても、何にでもお金を使って良いわけではありません。次の3つのためにカードローンを利用してお金を借りてしまうと、多重債務や破産に陥ってしまう可能性がありますから避けましょう。

①借金の返済

借金の返済のためにカードローンを利用すると、結果的に多重債務になってしまう可能性があります。加えて、カードローンは審査の際に申込者の借金状況などをしっかりと調べあげます。今現在 返せないような借金があると、そもそも審査に通ることは難しい傾向にあるといえます。

②ギャンブル

ギャンブル中は勝負の勝ち負けの影響で、頭に血が上って興奮状態になってしまいます。冷静さを欠いた状態になってしまい、いつのまにか多額のお金を借りてしまっていた ということもありえます。ギャンブルをするならば自身の手持ちのお金でほどほどに楽しむのが良いといえるのです。

③日常の生活費

友人の結婚式のための祝儀や自身のライフイベントといった突発的な生活費にカードローンを利用するのは危険ではありません。しかし、特にイベントなどはなかったにも関わらず 生活費が足りない場合は危険です。

慢性的に金欠状態に陥っているような方は、収入に見合った生活をしていない可能性が高いといえます。生活するのがやっとの状態の方が、返済に充てる費用を毎月捻出していけるとは考えられません。

返済のために借金をすることになり、借金地獄に陥る可能性が高いです。日常的な生活費が足りない場合は、まずは生活を立て直すことを考えるべきでしょう。

カードローンを利用する前にしておきたいこと

カードローンを利用すれば、すぐに足りないお金を借りることができます。しかし、カードローンは他のキャッシング方法と比べて、借入手続きが簡単なため、安易にお金を借りすぎてしまって、気づくと多額の借金を抱えていた、ということもあります。

カードローンを利用する前に、以下の3点ができないかどうかを考えておくことも大切です。

支出を減らすことを考える

安易にカードローンを利用するとついついお金を借りすぎてしまうこともありえます。今すぐには必要ではないものであっても「カードローンでお金が手に入るから」と、ついつい買ってしまうこともあります。

ですから、足りないお金をカードローンで借りるにしても、まずは余分な支出はないかを確認しましょう。そして、お金を使おうとしているものが、本当に価値があって今すぐに必要なものかを再検討しましょう。

支払い方法を工夫できないか検討する

保険料や家賃などが支払えない場合、すぐにカードローンでの借入を検討するのは止めましょう。支払いを数日猶予して貰えないかを相談したり、翌月まとめて払えるようにして貰ったりして支払い方法を工夫してみましょう。

収入を増やせないかを検討する

正社員で働いているのならば収入を増やすのは難しいものがあるでしょう。しかし、仮に フリーターや派遣で働いているのならば 空いている時間を使って短期バイトをすることを検討しましょう。

また、不要なものをネットオークションやフリーマーケットで売ってみたりして、足りないお金を工面できないかを考えてみましょう。

足りないお金を借りるカードローン選びのポイント

金利を低くしたいのならば銀行カードローンを選ぶ

お金を借りる上でポイントとなってくるのが金利です。長期間にわたってお金を返し続ける場合、金利が高いとその分だけ余計な金額を支払わなくてはなりません。

三菱東京UFJ銀行 年率1.8%~14.6%
三井住友銀行 年率4.0%~14.5%
みずほ銀行 年率2.0%~14.0%
SMBCモビット 年率3.0%~18.0%
プロミス 年率4.5%~17.8%
アコム 年率3.0%~18.0%
アイフル 年率4.5%~18.0%

上記はカードローン会社の金利をまとめた表です。

ここで注目すべきは最高金利です。お金を借りる際に、最低金利が付くことは稀で、ちょっとしたお金を借りる場合は、最高金利に近い金利が付くことになります。

銀行カードローンが14%程度を最高金利として設定しているのに対して、消費者金融カードローンは18%程度の金利を設定しています。4%の差は、大きいものがあります。長期間にわたって、お金を返していくことが想定されるのならば、最高金利が安い傾向にある銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

来月には返せるなら無利息期間のある消費者金融カードローンを選ぶ!

消費者金融カードローンは、銀行カードローンに比べて金利が高い傾向にあります。しかし、銀行カードローンにはない「無利息期間」というものが設けられている場合があります。無利息期間とは、定められた期間内にお金をすべて返済できたら金利ゼロで借りられるサービスのことです。

「急な出費があって今月は苦しいけれど、来月以降は十分にお金を返していける」といった場合は無利息期間のある消費者金融カードローンの利用を考えましょう。大体30日以内を無利息期間として定めているカードローンが多い傾向にあります。

条件は以下の通りです。

カードローン名 無利息サービスの具体的条件
期間 回数 詳細な適用条件
レイクALSA 契約日の翌日から60日間 初回のみ 契約額1万~200万円まで60日間無利息
契約額が200万円超えの場合30日間無利息
契約日の翌日から180日間 初回のみ 借入れ額5万円まで180日間無利息
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間 初回のみ
プロミス 初回借入日の翌日から30日間 初回のみ プロミスへメールアドレスを登録する
明細を「Web明細」に設定
アコム 契約日の翌日から30日間 初回のみ 返済日を「35日ごと」に設定する
アイフル 契約日の翌日から30日間 初回のみ

もしも条件に当てはまるならば無利息期間のあるカードローンを検討するのも一つの手段といえるでしょう。

少額ずつしか返せないなら最低返済額の低いカードローンを

最低返済額とは、「毎月この額以上は返してください!」という金額のことです。毎月のお金に余裕がないのならば、最低返済額が少ないカードローンを利用して、長期間にわたって返済していくのがお勧めです。

毎月1万円ずつ返済する能力がないのに、最低返済額が1万円のカードローンを選ぶと、返済ができなくなって、借金返済のために借金を重ねることになったり、延滞してしまってブラックリストに載ってしまったりするので注意が必要です。

カードローンを選択するときは、返済計画を立てて、月々にいくらならば返済が可能かを考えて、最低返済額と照らし合わせていくことが重要だといえるでしょう。

カードローン会社名 借入金額ごとの最低返済額
10万円 50万円 100万円
三井住友銀行 1,583円 7,915円 15,829円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 20,000円
新生銀行レイク 3,000円 12,000円 21,000円
楽天銀行 2,000円 4,913円 8,123円
オリックス銀行 7,000円 10,000円 20,000円
アコム 3,000円 15,000円 30,000円
プロミス 4,000円 13,000円 20,000円

ただし、最低返済額が低く、少しずつしかお金が返せないならば、残高の減りも遅くなります!返済期間が長引くと利息も膨らんでしまいますから、その点には注意が必要です。

即日融資なら消費者金融カードローンを選ぶ!

カードローンは、銀行カードローンと消費者金融カードローンの2つに分けることができます。銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあります。

申込者が反社会的勢力に加入していないかを警察のデータベースに問い合わせたりもしますので、融資を受けるまで時間がかかります。早くとも2日、遅い場合は10日程度待たなくてはなりません。

しかし、消費者金融のカードローンならば審査時間は最短30分程度ですむ場合が多く、その日のうちにお金を受け取れる「即日融資」も可能です。今すぐにお金が必要ならば消費者金融のカードローンを選びましょう!

カードローンでお金を借りたあとの注意点

カードローンを利用してお金を借りたあとは、以下の三点を守るようにしておけば、借金が増えすぎたり返せなくなったりすることはありません。

以下の事柄を注意して守るようにしましょう。

いつまでに完済するかを決める

足りないお金をカードローンで借りた場合、いつまでも完済せずにダラダラとお金を借り続けてしまうことがよくあります。借金地獄に陥らないためにも返済計画を立てて、いつまでに返すかを事前に設定するようにしましょう。

返済額をゆるく設定しない

カードローンを利用する上で月々の返済ができなくなるのは絶対に避けたいことです。返済が滞ると、ブラック入りしてしまってローンが組めなくなるなどの制約を受ける可能性があるからです。

ただし、返済の遅れを心配するあまり、返済額をかなり低く設定してしまうと 返済が長期化し多額の利子を取られることになります。月々の返済額は、最低返済額よりも多目にするようにし、返済期間を短くしましょう。

完済するまで新たな借金はしない

一度カードローンで足りないお金を支払ってしまうと、それが癖になってしまうケースがあります。少ない金額でも積もり積もると大きな金額となり返済が難しくなってしまいます。

一度借りたのならば、そのお金を完済するまでは 次の借入はしない! という強い意思を持つことが大切だといえるでしょう。

足りないお金をスピーディーに借りるための注意点

カードローンを利用して、すぐにでも足りないお金を借りたいのならば以下の点に注意して、実行しておく必要があります。

一番早く借りられるのはWeb申込!

カードローンの申込方法としては以下の四つがあり、融資までのスピードが異なります。

申込方法 スピード
WEB
電話
店舗で申込
郵送 ×

早く借りたいのならば、必ずWeb申込をするようにしましょう。Web申込ならば24時間対応しているので、深夜や休日であってもすぐに対応してもらえます。

店舗や電話という方法もありますが、混雑している時間ならば順番を待たなくてはなりません。急ぎで足りないお金を借りたいならば、Web画面から申込をしましょう。

また、郵送という手段を取ると、カードローン会社に書類が配達されるのを待たなくてはならず、さらに、申込の順番待ちをしなくてはならないのでかなり時間がかかることになります。

カンタン入力で申込まない!

Webからカードローンに申込みをする場合、カンタン入力とフル入力の2つの方法を選択することができます。カンタン入力は最低限の情報を入力すれば良いので、入力はすぐに終わります。

しかし、カンタン入力をしてしまうと、審査担当者から細々とした事項を尋ねるために折り返し電話がかかってくることになります。電話を取るのに手間取ったりすると、審査に時間がかかってしまいます。

対して、フル入力ならば審査担当者から審査事項に関して電話がかかってくることはありません。少し面倒でもカンタン入力ではなく、フル入力を選択しましょう!

銀行振込を希望するなら14時までに申込手続きを終える

銀行振込で即日融資をしてもらいたいのならば、14時までには申込手続きを完了するようにしましょう。大抵の銀行は、15時以降の振込は翌営業日の入金扱いとしているからです。

消費者金融のカードローンは審査時間が30分程度の会社が多いです。ですから、14時までに申込を済ませれば、ギリギリで15時の振込に間に合って、当日中に受け取れるのです。

申込書類は間違いなく入力

申込書類に間違いや不備があると、書き直しとなり、そこで審査がストップしてしまいます。さらに、最悪な場合は 嘘をついている信用できない人と見なされて 審査で落とされてしまう可能性も出てきます。

申込書類や入力項目は間違いなく丁寧に埋めていくことが、今すぐに足りないお金を融資して貰うために大切といえるでしょう。

申込後に急ぎの旨を伝える

消費者金融のカードローンは「審査時間最短30分」としています。しかし、これは「最短時間」であって、実際はもう少しかかる場合がほとんどです。申込時間帯や状況によってはかなり時間がかかってくることもあるでしょう。ですから、本当に急いでいる場合は 申込後に消費者金融のキャッシング窓口に電話をしましょう。

「事情があって急いでおります。審査をなるべく早くできないでしょうか?」と伝えると審査をなるべく早くして貰えます。場合によっては不可能なこともありますが、とりあえず、電話をしておきましょう。

銀行カードローンの場合は、普通預金口座のある銀行のカードローンを選ぶ

すぐにお金を借りたいのならば消費者金融カードローンを選択するのがお勧めです。

ただし、事情があって銀行カードローンを利用してお金を借りたい場合もあるでしょう。そのような場合は、利用中の普通預金口座のある銀行カードローンを選択すると良いでしょう。銀行カードローンは、その銀行の口座を持っていないと利用できない場合がほとんどです。

申込にあたって口座開設の必要があり、口座を作るために時間がかかってしまうのです。しかし、普通預金口座があれば口座開設の時間が短縮できます。さらに、普段から利用をしている銀行との間にはある程度の信頼関係ができていますから、審査が比較的早くなるのです。

場合によっては2日ほどで融資可能になることもありますから、銀行カードローンを利用するなら普通預金口座のある銀行を選びましょう。

まとめ お金が足りない場合はカードローン活用を

足りないお金をすぐに借りたいのならば、カードローンの利用がお勧めです。特に急いでいる場合は、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンを選択すると良いでしょう。

目的別でお勧めのカードローンは以下の通りです。

  • 金利を低くしたいのならば銀行カードローンを
  • 来月には返済可能なら無利息期間のある消費者金融カードローンを
  • 少額ずつしか返せないなら最低返済額の低いカードローンを
  • 即日融資希望なら消費者金融カードローンを

また、少しでも早くお金を借りたいのならば以下のことを実行するようにしましょう。

POINT

  • WEB申込を利用する
  • カンタン入力で申込をしない
  • 銀行振込なら14時までに申込手続きを終える
  • 申込書類は間違いのないようにする
  • 申込時に急ぎの旨を伝える
  • 普通預金口座のある銀行カードローンを利用する

カードローンは、目的を問わずに借りられるので足りないお金をどうにかしたいのならお勧めです。ただし、気軽に借りすぎると借金が膨れ上がり返せなくなる危険もありますから、利用には注意を払って、計画的に活用するようにしましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

その日の内に審査完了!借り入れまでできるカードローンはこれ!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの審査・借入・メリットは?