お金がすぐに必要になったらどうすればいい?カードローン他6つの手段を解説

更新日:2020年1月31日 162 view

お金がすぐに必要

生活していたら、いろいろな場面でお金がかかります。当サイト・当ページを見ているあなたも、「お金がすぐに必要となったけど、どうしたらいいのか?」と悩んだ経験があるかもしれませんね。

そんなときには、銀行・消費者金融のカードローンであることはいうまでもありません。しかし、実際にはすぐに必要となるお金に応じて、取れる手段はたくさんあるのです。

ここでは、カードローンであれば何を選べばいいのか、カードローン以外でお金を作るにはどうすればいいのかについて書いていきたいと思います。

お金がすぐに必要だけど、どうしよう?と悩んでいる人は多い

最初にも書いたように、生活していく中で「すぐにお金が必要になったけど、どうしようか?」と思った経験のある人は多いでしょう。

学生や若い世代のサラリーマンであれば、もしかしたら毎月悩んでいるかもしれませんね。

日本信用情報機構(JICC)が公表する貸金業法対象情報の統計

ここに、信用情報機関の一つである日本信用情報機構(JICC)が毎月公表している「貸金業法対象情報」というデータがあります。これは、JICCへの加盟貸金業者が登録している、無担保無保証貸付を対象とした統計です。

2019年5月末時点のデータを見ると、登録人数は約1,768万人で件数は約2,969万件。そのうち、同時点で残高がある登録人数が約1,062万人で件数は約1,588万件となります。2018年1月の20歳~69歳人口(推計)が約7,947万人なので、全体で約2割の人が消費者金融を利用し、そのうちの約65%(13.4%)に残高がある計算です。

複数の借り入れをしている人は全体の三割におよぶ

複数件(2件以上)借り入れを行っている人は、残高の残っている人のうちで全体の3割(約357万人)件数では約56%(約883万件)を占めています。

複数件の業者から借り入れている人もいるのであくまでも概算ですが、登録人数ベースでは約6割の人に、件数ベースで約53%において残高が残っている計算です。

全国銀行協会の意識調査では、消極的な人も含めると銀行カードローンで約4割、消費者金融やクレジットカードのキャッシングも約2割の人が「利用する可能性がある」と回答しています。

実際に利用するかどうかは別として、お金がすぐに必要となったときに銀行・消費者金融カードローンに相談したことのある人はかなりの人数になると考えられます。

お金がすぐに必要で、カードローンを利用したいなら消費者金融!その理由4つ

お金がすぐに必要になったとき、緊急度にもよりますが取れる手段はいろいろあります。その中でも、最初にご紹介するカードローンの利用を検討したことのある人は多いと思います。

消費者金融であれば安定した収入のある20歳~69歳(会社によっては70歳)までの人、銀行であれば60歳~65歳くらいまでの人を対象として申し込みを受け付けているところがほとんどです。

お金がすぐに必要ならば消費者金融一択!

カードローンには、銀行が取り扱っているものと消費者金融が取り扱っているものがあります。「今日中に用意しなければ」という理由でカードローンを申し込むのであれば、消費者金融を選んで申し込みをしてください。

消費者金融を選ぶべき理由4つ

消費者金融を選ぶべき理由は、4つあります。

  • 審査スピードが段違い
  • 無利息期間がある
  • 小口融資に向いている
  • よほど大きな金額が必要でない限り利息に違いはない

まず審査から融資にかかるスピードですが、銀行は最短翌営業日です。しかし、これはあくまでも午前中に申し込みを行い、かつ申込状況が空いている場合のこと。実際は、こういう状況が重なることは少なく、3日~1週間近くは待つことが必要です。

一方、消費者金融であれば最短30分~1時間で審査が完了、融資開始(借入)まで入れても最短1時間~即日で完了します。うまくいけば午前中、遅くともその日のうちには借入まで完了できるイメージが出てくるでしょう。

次に無利息期間ですが、これは初回限定などの条件つきですが、一定の条件を満たすことで一定期間利息が発生しません。これをうまく活用すれば、1円も利息を負担することなく完済することも可能です。

また、銀行はもともと企業への融資や個人融資でも有担保の大口融資を得意としています。消費者金融は、そうした個人向けの小口融資をメインに行っているので、審査についてもある程度ノウハウが蓄積されています。

最後に、利息だけ見ると銀行のほうが平均で3~4%近く低いのは確かです。実際に、大きな金額になれば、利率の差はある程度出てきます。しかし、返済できるあてがあり、30日(1ヶ月)や60日(2ヶ月)などの短期間で完済できるのであれば、それほどの差はありません。

(参考)消費者金融・銀行の利息比較
返済日数 種別 算式 利息
30日 消費者金融 10万円×18%÷365日×30日 1,479円
銀行 10万円×14.8%÷365日×30日 1,216円
差額 263円
60日 消費者金融 10万円×18%÷365日×60日 2,959円
銀行 10万円×14.8%÷365日×60日 2,433円
差額 526円

利息はあくまでも概算となりますが、10万円を消費者金融と銀行で借りて、それぞれ30日と60日で完済したとして計算すると、前者で263円、後者で526円しか違いがありません。

それこそ、ペットボトル飲料2本分や昼食1食分くらいの違いしかないことがわかるでしょう。これは無利息期間を無視したものなので、無利息期間と組み合わせると、初めてであればむしろ消費者金融のほうが利息も少なくて済みます。

お金がすぐに必要なら、消費者金融一択!選ぶならどこがいい?おすすめ業者と選ぶポイント

お金を今日中に用意しなければならないなら、消費者金融を選んだほうが確実というのは理解していただけたかと思います。ここからは、実際にどう選べばいいのかというポイントと、それぞれの観点から見たおすすめ業者について書いていきたいと思います。

まず、選ぶポイントは全部で4つです。

  • 利息
  • 無利息期間
  • アプリ
  • 利便性

選ぶポイント1.利息

後ほど詳しく説明しますが、はじめての利用であれば一定期間の無利息期間があります。しかし、無利息期間が終わって返済する場合は、当然ながら利息をつけて返済しなければなりません。

前にも書いたように、よほど大きな金額を利用しない限り大きな差はないといっても、利息は気になるところでしょう。

そこで、大手消費者金融5社と主要銀行カードローンの利息について一覧にしてみました。

(参考)消費者金融・銀行の金利一覧
業者名 利息
SMBCモビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%
バンクイック(三菱UFJ銀行) 1.8%~14.6%

上から5社は、消費者金融業者の金利で、ほぼ横並びです。一番低いのはプロミスの17.8%ですが、他の4社と比較すると0.2%しか差はありません。

利息制限法では、10万円~100万円未満の上限金利について18.0%を上限としており、消費者金融業者は、その近辺で上限金利を設定していることになります。はじめての利用であれば、この上限金利が適用されると考えて問題ないでしょう。

そのことを考えると、金利だけで見るとどこを選んでもほぼ変わらないといえます。

選ぶポイント2.無利息期間

無利息期間というのは、条件を満たすことで初回利用分について一定期間の利息負担がなくなるありがたいシステムです。これは、初めて利用される方に限って無利息で融資することで、少しでも敷居を低くしようという考えで導入されています。

「無利息期間」サービスは、大手消費者金融5社でいうと、SMBCモビット以外の4社で導入されています。しかし、計算期間についてはそれぞれで異なるので、それについて比較してみましょう。

(参考)消費者金融の無利息期間比較
業者名 無利息期間
SMBCモビット なし
プロミス 初回利用日の翌日から30日間
アコム 契約日翌日から30日間
アイフル 契約日翌日から30日間
レイクALSA 1.契約日翌日から30日間(契約額200万円超はこちらのみ)
2.契約日翌日から180日間(5万円まで、契約額1~200万円の場合のみ)※契約額が1~200万円の場合、1.か2.のいずれかを選択可能。

最初に書いたように、モビットを除く4社で無利息期間サービスがあります。このうち「初回利用日の翌日より」となっているのはプロミスのみで、あとは契約日翌日からです。

その中で、レイクALSAでは契約額が1万円~200万円までの場合に限り、30日間か180日間で選択できます(5万円まで、超過分は12.0%~18.0%)。

はじめて利用される方にとっては嬉しいサービスですが、どこを選んだらいいのか迷うところですね、

正直にいうと、「お金がすぐに必要」という理由で申し込むのであれば、どこを選んでも大差はありません。ただ、5万円以内の金額が必要なのであれば、レイクの無利息期間180日を選んだほうがいいでしょう。

約定返済日にきちんと返済しさえすれば、180日間いつ返済しても5万円しか利用しないのであれば無利息というのは魅力的に映ると思います。

一方、プロミスは独自のポイントサービスがあり、ポイントを貯めることで無利息期間を最大30日間再度利用することが可能です。それなりのポイントが必要ではありますが、何度でも使えるという点では持っておいて損はないといえます。

選ぶポイント3.アプリ

お金がすぐに必要になったとき、大手消費者金融のカードローンを進めるのは、何も審査が早いからというだけではありません。アプリの機能が充実しているという点も、おすすめする大きな理由です。

大手消費者金融は、利便性向上を目的としてこぞってアプリの開発を進め、それぞれレベルの高いアプリをリリースしています。

(参考)消費者金融アプリ比較
会社名 アプリ名称 利用可能な機能
申し込み 書類提出 24時間取引 自動入力機能 生体認証 借入診断 返済シミュレーション ATM検索機能
アコム アコムナビ × × × × ×
プロミス アプリローン(PAL) × ×
SMBCモビット SMBCモビット × × × × ×
アイフル アイフル ×
レイクALSA e-アルサ ×

いわゆる「大手」と呼ばれる、アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル・レイクALSAの5社は、いずれも独自のアプリを出しており、リリースごとに性能も上がっています。

例えば、アプリ上からの申し込みはアコムとモビット以外の3社で対応していますし、本人確認書類や収入証明書類の提出については、どのアプリでも対応済みです。

アプリの便利さを強調するために宣伝されている項目で、「24時間取引」というものがあります。これは、全国のセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行のATMを使って、カードレスで借入・返済の手続きを行うことのできる機能です。

もともとは、自社ATMを持たないSMBCモビットがアプリに搭載した機能ですが、現在ではアコムを除く4社のアプリで対応しており、もはやほぼ当たり前の機能になったといえます。

表を見ればわかるように、それぞれのアプリで機能の対応・非対応がありますが、レイクALSAは後発組ということもあり、欲しい機能をほぼバランスよく盛り込んでいると思います。

その他、プロミスのアプリもかゆいところに手が届く作りになっています。

選ぶポイント4.利便性

最後は、スマホアプリ以外の利便性で考えてみましょう。

特に大手消費者金融の場合、以下に手数料を発生させずに取引ができるかという点を考えることが大切です。多くのカードローンでは、手数料無料で利用できる方法は限られています。

例えば、近くにあるためついつい使いたくなってしまうものに、ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどに設置されているコンビニATMがあります。その他、近所にある信用金庫などの提携ATMも、近くにあれば使いたくなってくるかもしれませんね。

例えば、あなたが住んでいる地域にプロミスやアコムなどの自社ATMがあっても、車で行かなければならない距離にあったとしたら、なかなか気軽に行きにくいですよね。あまり頻繁に外出しすぎると、かえって家族に怪しまれやすくなるかもしれませんし、そのあたりで慎重になる人もいるかもしれません。

しかし、提携ATMを利用すると、ATM利用手数料がかかってしまいます。借入・返済額が1万円までであれば108円、1万円以上であれば216円。借入時の手数料は返済時に相殺されるので、返済時に1万円以上入金したとしたら、少なくとも216円、多ければ432円が利用手数料に消えることとなるでしょう。

ちなみに、提携ATMの利用手数料を無料にしている消費者金融業者は、現時点ではレイクALSAしかありません。もしもあなたが、レイク以外のカードローンを利用中であれば、提携ATMを使った時点で利用手数料がかかります。

例えば「お金がすぐに必要だから」という理由で、カードローンでお金を借りた場合、返済時には利息に加えて利用手数料分も計算して返済しなければならないことになってしまいます。

レイクALSA以外の消費者金融で、完全手数料無料で利用しようと思うと、下記のいずれかしか方法はありません。

  • 自社ATMで借入・返済
  • 銀行口座振込で借入
  • ネットバンキングで返済(対応した銀行口座が必要)
  • 三井住友銀行ATMで借入・返済(モビット・プロミスのみ)

振込予約そのものは、すべてのアプリでできますし、カードレス取引ができない点を除くと、アコムナビも利便性は悪くありません。

提携ATMでのカードレス取引がメインになりそうであればアコム以外を、振込やネットバンキングなど手数料がかからない取引がメインであれば、いずれを利用しても利便性は高いといえるでしょう。

カードローンは最終手段!お金がすぐに必要になったときできること6つ

ここまではカードローンについて触れてきました。確かにカードローンは便利ですし、使い方さえ間違わなければ、お金をすぐに用意しなければならないなど、必要に応じて大きな力になってくれるサービスです。

しかし、依存度が高くなってしまうと、自己破産や債務整理にまで一気に進みかねないリスクもあるので、あくまでも最終的な手段の一つとして考えておいたほうがいいと思います。

理想としては、『「お金がすぐに必要だ」という場面をできるだけ作らないようにする』ことですが、そう簡単にはいかないというのが現実でしょう。そういう状況が生まれるのは仕方がないので、複数の手段を組み合わせてカードローンへの依存割合をできるだけ少なくするというのが現実的ですね。

ここで紹介する手段をいくつか組み合わせて、なるべく必要なお金を用意するようにして、カードローンはその不足分を補うために使うようにしてください。

カードローン以外の手段というのは、具体的には以下の6つです。

  • 不用品を売る
  • 日雇労働をする
  • 副業をする
  • ヤフオクやメルカリをする
  • クレジットカードのキャッシングを使う
  • 定期預金担保貸付を使う

CDやDVD・Blue-ray、ブランド品などの不用品を売る

あなたの身のまわりに、聞かなくなったCDやDVD、Blue-ray、あまり使わなくなったブランド品はありませんか?もちろん売る商品にもよりますが、お金がすぐに必要となったときに売ると、それなりの金額が手に入るかもしれません。

行うべきことは非常に簡単で、ブックオフやトレジャーファクトリーなどのリサイクルショップに持ち込むだけです。最初に書いたように売る商品にもよりますし、その時の相場にもよるので、もしかしたら数百円程度、うまくいっても数千円程度にしかならないかもしれません。

ブランド品であれば、もしかしたら数十万円を手にすることもできるかもしれませんが、あまり期待をしないほうがいいと思います。

それでも、即金を手にしやすいので、いざという時は検討してみる価値はあるでしょう。

日雇労働をする

次に紹介するのは、日雇労働です。日雇労働とは、たとえば引越し作業の手伝いなど即日で給与(日給)の支払いのある派遣¥アルバイトなどの仕事を行い、お金を得ることをいいます。

これも同じく、仕事の種類や拘束時間にもよって変わってきますが、多ければ1万円以上を受け取ることができるかもしれません。専門的な技術を要するものや肉体的にハードな仕事、急募のものであればもっと多くのお金を得ることもできるでしょう。

こうした仕事は、マイナビバイトなどのサイトで「日雇いバイト」や「即日日払い」などを条件として検索すると、そういう仕事が出てきます。

地域的には、関東や名古屋・関西など大都市圏が多くなりやすい傾向にあるものの、そういう仕事を見つけるのも有効な手段になりうるでしょう。

副業をする

地方・国家公務員など法律で副業を禁止されている職種や、就業規則で禁止が明記されている職場に勤務されている人は止めておいたほうが無難ですが、勤務先での仕事以外に収入源を持っておくといざというときに役立つ可能性があります。

具体的にいうと、ココナラのような自分の技術を売るためのサイトを使って何かを教える、クラウドワークスのようなクラウドソーシングを使ってライティングやデザインなどの仕事を請け負うなどといった方法です。

以前はコンビニのアルバイトを時間に余裕があるときに行うなどしかなかったので、体力に自信がなければ続けること自体が難しいという問題があったのですが、最近ではインターネットの発展で在宅ワークができるようになった点が大きいですね、

簡単なライティングやアンケートなどのような簡単な作業であれば、高単価の仕事が少なくなりやすい傾向にありますが、システム作成やロゴ作成などデザイン系であれば、専門領域になるので、単価も高いものが多いようです。

それなりの実績も必要になるので、高収入を得るのは簡単ではありませんが、挑戦してみる価値はありますね。

ヤフオクやメルカリをする

最初に書いた「不用品を売る」ことにも関係してきますが、こうした不用品をリサイクルショップではなく、ヤフオクやメルカリ、ジモティーなどのオークションで売却するという方法もあります。

リサイクルショップでの売却は店頭に持ち込んで査定してもらうだけなので、比較的簡単というのがメリットですが、お店の場合は自店舗の利益なども考えて買い取りを行うため、どうしても買取価格を抑えられやすいというデメリットも。

しかし、オークションは直接取引なので、なかなか市場に出回らないプレミア物やブランド品、初回限定盤など希少価値のあるものであれば、それこそ思わぬ高値がつく場合もあります。

また、上記で紹介した3つとも、スマホアプリが出ているので、今では出品もスマホアプリを使って簡単に行うことができます。

「すぐ」といっても、お金が必要となるまでに多少の余裕がある場合は、こうしたオークションサイト(アプリ)の利用を考えてもいいでしょう。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングは、リボルビング払いによる固定額の返済方式を選んでしまうと、その分返済期間が長くなり、返済総額が大きくなりやすいという欠点があるものの、キャッシング枠が用意されていたら、非常に有効な手段の1つです。

クレジットカードの場合は発行審査の段階で承認されているので、改めて審査を受ける必要がなく、キャッシング枠さえあればカードローンの審査がない深夜の時間帯でもATMから引き出せる点に魅力がありますね。

ただ、リボルビング払いだと利息で最終的な返済総額が大きくなりやすいので、利用するのであれば、利用するのは給料日やボーナスなどで一括返済が可能な時期にとどめ、返済方式も一括返済に変更しておきましょう。

定期預金担保貸付

定期預金を持っている人であれば、持っている定期預金を担保にして、貸付を受けることができます。

定期預金の9割を限度として、上限は200万円までなどの制限はあるものの、200万円までであれば、普通預金から引き出すだけと簡単で、利息も0.51%なので、カードローンと比べて抜群の低金利で借り入れられる魅力的なサービスといえるでしょう。

ただ、申し込みから担保設定まで少し時間がかかるので、事前準備をしておかなければならないこと、普通預金から引き出すだけなので知らない間に使いすぎてしまう可能性があること、満期になるまでに返しておかないとせっかくの定期預金が水の泡になる点がデメリットとなります。

そのデメリットに気をつけて使いさえすれば、お金がすぐに必要になったときでも、安心して利用できるサービスですね。

まとめ|カードローンは便利だが、あくまでも最終手段。できれば他の方法を試そう!

ここではお金がすぐに必要となったときに使えるカードローン、その他の手段について解説していきましたがいかがでしたか?

カードローンは便利なので、お金を調達する手段としては便利ですが、やはり借金であることには変わりなく、あまり依存しすぎるのは危険です。

他にも、お金を借りる・作る手段はたくさんあるので、できるだけお金を作るようにしてください。依存しすぎるのは危険ということもありますが、お金を作る手段(収入源)ろつくておくと後々に役立つという点も理由にあります。

それでも足りない(調達しきれなかった)部分について、カードローンで補うという使い方をするように心がけてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

お金がすぐに必要となった方におすすめのカードローン!最短即日で借り入れ可能

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

最短当日の借入可能
店舗への来店は不要で最短当日融資可能
主婦・フリーター可
主婦の方やフリーターでも借り入れ可能
選べる無利息期間
初めての方でも安心の選べる無利息