即日融資を受けられる消費者金融カードローンはこちら

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

中小消費者金融も即日融資できる!選ぶ際に気をつけたいポイント5つ

更新日:2020年2月4日 公開日:2020年2月4日25 view

中小消費者金融

「お金が必要なので借りたい。でも、審査が不安」という人にとって、もっとも利用しやすいといえるのは即日融資ができる中小消費者金融ですね。

実際、大手消費者金融や銀行とは違い、独自の基準で審査を行っているところが多く、名前は聞いたことがなくても、利用しやすい業者も意外と多くあります。

しかし、気をつけなければならない点があるのも確かなので、ここでは利用しやすい業者を紹介しながら、安全な中小消費者金融の見分け方と、即日融資を受けるために気をつけたいポイントを解説していきましょう。

中小消費者金融で即日融資は受けられる?

これについて結論から申し上げると、少しだけ条件はありますが中小消費者金融でも即日融資を受けることはできます。

後ほど詳しく説明しますが、アコムやプロミスなどのように振込融資に対応している業者は少ないという点があります。

申し込みについては全国対応でも、即日融資は店頭にいかないと受けられないというところも多いので、その点は事前に確認するようにしましょう。

中小消費者金融で即日融資を希望するときのポイント3つ

前にも書いたように、少しだけ条件はあるものの、そのポイントに気をつけておきさえすれば中小消費者金融でも即日融資は受けられます。

ここでは、そのポイントについて解説していきたいと思います。ポイントは大きく分けると3つあります。

  • 申し込みは全国対応でも、振込に対応しているとは限らない
  • 振込に対応しているところと店頭のみ対応のところがある
  • 振込に対応していても、銀行の営業時間中しか対応していない

申し込みは全国対応でも、振込に対応しているとは限らない

中小消費者金融は、WEB上から申し込むことで全国対応しているところと、「即日融資はできるけれど、全国対応はしていない」というところに分かれます。

さらに、全国対応している業者でも、「本審査・契約から融資開始には来店が必要」としているところがあるので、その場合は本社・店舗がある地域もしくはその周辺に住んでいる人しか即日融資が受けられないということになります。

振込に対応しているところと店頭のみ対応のところがある

前にも書いたように、中小消費者金融でも、指定の口座に振込で即日融資してもらえる業者はあります。しかしながら、対応している業者は数少ないのが現状です。

実際、中小消費者金融の中で比較的名前が知られている業者の中でも、「即日融資は店頭のみ」としているところが多いので、申し込み前に「振込が可能か否か」についてしっかりと確認しておかないと「こんなはずではなかった」ということになりかねません。

振込に対応していても、銀行の営業時間中しか対応していない

大手消費者金融では、全銀システムの稼働時間拡大(モアタイム)により、14時以降でもその日のうちに振込を受け取ることができる金融機関が増えています。

特にプロミスでは、もともとジャパンネット銀行や三井住友銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも振り込んでもらえる「瞬フリ」というサービスを受けることができました。

これまでは、メガバンクのうちみずほ銀行のみ非対応でしたが、今年に入ってからみずほ銀行もモアタイムに対応するようになり、24時間即日振込みに対応したので、メガバンクに口座を持っている人であれば、即時振込の恩恵を得られるようになったのです。

しかし、中小消費者金融の場合は、振込融資は銀行の営業時間内に限られるので、基本的には14時までに振込依頼ができていないと翌日の振込になってしまいます。

そのため、最低でも午前中までに審査が完了、契約まで完了していないと振込での融資金受け取りは困難といえるでしょう。

中小消費者金融でも即日融資が可能!大手と中小の違い5つ

先にも書いたように、一定の条件を満たしていれば、中小消費者金融で申し込みを行っても即日融資を受けることができます。その点は安心してもらっても大丈夫です。

ただ、大手消費者金融とは、少々使い勝手が異なる点も多く見られます。振込対応については先に説明させていただいたので、ここではそれ以外の点での違いについて触れていきましょう。

  • 中小消費者金融では、最初から人の手で審査が行われる
  • 中小消費者金融では現在の返済能力が重視される
  • 中小消費者金融で自動契約機を設置しているところは少ない
  • 中小消費者金融では、追加融資が難しい場合も
  • 中小消費者金融では、収入証明書の提出を求められる場合も

1.人の手で審査が行われる

大手と中小消費者金融の違いとして、あげられることが多い点に審査の柔軟度があります。

これは銀行カードローンにもいえることですが、大手消費者金融も同じく申込件数が多いので、勤続年数や年収などといった属性については、信用情報を参照しながら点数化を行い、機械的に審査を行っています。

その中で一定の基準を満たした人について、本審査に入って最終的な限度額を決定していきます。

これに対して、中小消費者金融では最初から審査担当者が自分の目で審査を行うので、その分幅広く見てもらえやすいといえるでしょう。

2.現在の返済能力が重視される

先にも書いたように、大手消費者金融や銀行では属性審査はスコアリングといって全項目を点数化して基準に合わない人を仮審査の段階ではねてから本審査を行います。

それに対して、中小消費者金融では、最初の申し込み段階から審査担当者が精査します。その分、申込者の年数や勤続年数などを厳しく見られることになるものの、現在の返済能力に問題がないかどうかを見ているので、大手などで審査落ちした人も審査に通過できる可能性があります。

3.自動契約機を設置しているところは少ない

大手消費者金融では、ほぼ当たり前のようになっているものに「自動契約機」があります。アコムでは「むじんくん」という名称でお馴染みですが、この自動契約機があることでわざわざ店頭に出向かなくても申し込みができるわけです。

大手であれば、多いところで全国に1,000台近く設置されているので、多いところであれば遠くとも半径20km県内くらいには設置されている可能性があります。

一方、中小消費者金融ではどうかというと、地域密着型で営業しているところも多いので、自動契約機を持っていないところがほとんどです。中小消費者金融で数少ない自動契約機を持っている業者に「セントラル」という会社があります。

このセントラルは、もともと愛媛県に本社があり、四国を地盤として事業をしていました、自動契約機・自社ATMを導入したのは96年で、2015年からWEBからの申し込みを介し、2016年に関東地区進出を果たしたことで、知名度が上がりました。

このセントラルは、全国の19店舗に自動契約機・ATMを有しています。同社では、14時までの振込予約で当日中に振込融資が受けられます。また、セブン銀行ATMと提携しているので、セブンイレブンがあればカードで借り入れが可能です。

そのため、多くの中小消費者金融では、WEBからの申し込みがほぼ必須と思ったほうがいいでしょう。

4.追加融資が難しい場合もある

中小消費者金融と大手の違いとして、もっとも大きいのが追加融資に関する項目です。大手であれば、基本的に借入限度額の範囲内であれば、繰り返しの借り入れ・返済ができます。

しかし、中小であれば、基本的には一度借りたものを完済しないと次の利用ができないと定めているところがあります。また、再度利用したい場合はもう一度審査を受けなければならないので、その都度審査を受ける手間がかかることに注意が必要です。

ただ、最近では中小消費者金融でもベルーナノーティスのように、利用枠の範囲内で利用可能になっているところもあるので、サイトをよく確認してみてください。

5.金額の多寡に限らず収入証明書の提出を求められることがある

大手と中小消費者金融の審査における違いの一つに、必要書類があります。

基本的に大手であれば、希望限度額が50万円までならば運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真つき本人確認書類を提示することで、審査を受けることが可能です。中小消費者金融も、基本的にはこれに準じています。

ただし、中小消費者金融の場合は、希望限度額に関係なく納税証明書などの収入証明書類の提出を義務付けているところがあります。この他にも、顔写真つき本人確認書類の提出ができない場合、収入証明書類の提出を求めるところもあるようです。

もし、収入証明書類の提出を求められて、すぐに用意できない場合は、即日融資してもらえないことにもなりかねないので、事前に確認することを忘れないでください。

即日融資ができる中小消費者金融一覧

中小消費者金融は、審査に柔軟性があることで人気があります。結論からいうと、中小消費者金融でも条件を満たせば、即日融資を受けることが可能です。

現在、WEBページで「即日融資が可能」と謳っている業者について、その特徴を表にまとめていきましょう。

(参考)即日融資可能な中小消費者金融比較
業者名 全国対応 来店 金利
フタバ 不要 14.959%~17.950%
アルコシステム 不要 15.0%~20.0%
ベルーナノーティス 不要 4.5%~18.0%
キャネット 即日審査を希望であれば必要 15.0%~20.0%
フクホー 即日審査を希望であれば必要 7.3%~18.0%
エイワ × 必要 17.9507%~19.9436%

中小消費者金融で、全国対応を謳っている業者のうちフタバ・アルコシステム・ベルーナノーティスの3社が、来店不要としています。

特に、フタバは「キャッシングのフタバ」として50年以上営業している老舗で、利用中の借入先があったとしても4社までであれば審査に応じてもらえますし、通過できれば借入も可能です。

ベルーナノーティスはあまり知られていないですが、通販で有名なベルーナが運営しているところで、配偶者貸付が設けられるなど、融資対象が広いカードローンの1つとなっています。

一方、来店が必要な業者が、キャネット・フクホー・エイワの3社。

このうち、キャネットで申し込んだ場合は、他社借入のある人は少額でも収入証明書類の提出を求められます。基本的には本人確認書類だけで大丈夫ですが、不安であれば事前に確認を取ってから申し込むようにしてください。

フクホーは大阪に店舗のある中小消費者金融で、審査の柔軟度には定評があります。ただし、住民票に加えて収入証明書類・本人確認書類を各2点などのように多くの書類提出が求められます。

また、融資を受けるには契約書の提出が必要なため、即日融資には必然的に退店が必要となるわけですが、あくまでも条件が合えばという話なので、希望するのであればできるだけ早めに申し込み・審査が完了するように申し込む必要があるでしょう。

エイワは関東を中心として、全国に22店舗あります。仮審査はインターネットから可能ですが、本審査から契約・融資までは来店しなければなりません、

ただし、属性や信用情報に問題がある人には、担当者からの説教があります。これは、対面与信時に申し込んだ人の性格などを判断するために行われます。

融資限度額にはあまり期待できないものの、「貸し付けても大丈夫」と判断されれば、即日融資を受けられる可能性はあるといえるでしょう。

絶対に闇金は使わないで!正規の中小消費者金融との違いと見分け方

中小消費者金融を利用するときに、不安を感じるのは「ヤミ金業者ではないか?」という点だと思います。

中小業者であればあまり広告などを出していない分、地元以外では知名度も低いので、そういった疑問を持つ人も少なくないでしょう。

そこで、見分け方について解説していきます。

貸金業登録がされているかどうかをチェック

もっとも簡単なのは、申し込み先の中小消費者金融に貸金業登録があるかどうかをチェックすることです。貸金業の営業をするには、各地方の財務局か都道府県知事の認可を受けなければなりません。

例えば、東京に本社があるのであれば、関東財務局もしくは東京都知事の許認可番号がホームページのどこかに記載されています。

貸金業の登録については、下記リンクで調べることができるので、チェックしてみてください。

参考リンク:登録貸金業者情報検索入力ページ

ただ、ヤミ金業者でも実在する正規の業者名と登録番号を勝手に使っている可能性があるので注意が必要です。

連絡先が固定電話かどうか

貸金業法では、固定電話を設置するよう義務づけています。

ヤミ金業者は、事業所を転々としているところが多いので、固定電話を持っていないケースが大半です。ただ、最近は固定電話の番号から逆転送できる機能があるので、パット見では固定電話があるかのように見せかけられるようになっています。

なので、これだけではヤミ金業者に騙される可能性もあるでしょう。

宣伝文句をよく読んでみる

いわゆるヤミ金業者では、「無審査で融資可能」とか「無職や信用情報に問題がある人でも融資可能」というような宣伝がよく行われます。しかし、貸金業法の法律に則って営業している業者であれば、そういう誇大広告にあたる文言は使いません。

また、現在の貸金業法では強引な取り立てができないので、まず総量規制ギリギリの人に融資することはありませんし、無職の人にも同様に融資することはありません。

そういう甘い誘い文句を全面に押し出している業者は、絶対に利用しないようにしましょう。

電話や契約内容を見る

最後に、万が一申し込みをしてしまったら、電話や契約内容でチェックするしかなくなります。

いわゆるヤミ金業者であれば、「先に○万円を振り込んで」とか「口座を預からないと融資できない」などと言ってくることがあります。この文言が聞かれたら、間違いなく融資詐欺です。

その他、利息から判断できることもあります。通常の貸金業者であれば、どんなに高い利息でも年20.0%です。これは、利息制限法に定められた上限金利で、間違えても「トイチ(10日で1割)」というような高額な利息を取ることはありません。

まとめ~中小消費者金融でも即日融資はできるが、きちんと見極めることが必要

ここでは、中小消費者金融について、大手や銀行カードローンとの違いや即日融資ができるかについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

中小消費者金融でも、条件が整えば即日融資が受けられます。しかし、しっかりと見極めないと、結果としてヤミ金業者やソフトヤミ金に騙されたということになるかもしれません。

そうならないようにしっかりと見極めましょう。

中小消費者金融をおすすめするのは、あくまでも審査に不安があって、かつ即日融資を希望する人です。信用情報に特段問題がないのであれば、よほど高額な限度額を希望しない限り審査に落ちることは考えにくいでしょう。

問題がない場合であれば、大手を使ったほうが無難です。もしも、中小を利用するのであればしっかりと見極めてからにしてください。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

即日融資を受けられる消費者金融カードローンはこちら

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アコムキャプチャ

アコム

アコムの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!