お金を借りる必要がある人にオススメ!すぐに借りられるカードローンはこちら

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

お金を借りるために取れる手段はこれだけある!お金を借りる方法3つ

更新日:2020年2月10日 公開日:2020年2月10日24 view

お金を用意する女性

いろいろな理由で「お金を借りる必要がある」人は、意外と多くいます。もしかしたら、今このページを見ているあなたもその1人ではないでしょうか?

実際に用意しようと思ったら、その日のうちにお金を借りる手段もいくつかあります。しかし、どのような手段があるのかまでは完全に知らない人のほうが多いかもしれません。

そこで、お金を用意するためにどのような手段があるかについて、カードローンを中心に紹介していきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

実際にお金を借りる必要に駆られている人はそこかしこにいる!

意外に思うかもしれませんが、クレジットカード会社のキャッシングやカードローン、消費者金融でお金を借りたことがある人は多くいます。

金融庁が2017年に行った『貸金業利用者に関する調査・研究』によると、「生活費不足のため」というのが最も多く、ついで「欲しいものを購入するため」、「遊ぶお金のため」という回答が多くなっているようです。

消費者金融の場合、年収の3分の1を超える貸付を禁止する「総量規制」というものがありますが、借入残高が年収の3分の1を超えている人も少なからずいるようで、割合としては個人事業主や主婦・主夫が多くいます。

そうした人たちの借入目的には、生活費の補填目的、クレジットカード利用代金の補填、他業者への支払いにあてるという目的があるようです。

参考リンク:貸金業利用者に関する調査・研究

このように、お金を借りる必要があり、実際に利用したことがある人というのは、もしかしたらあなたの周りにもいるかもしれません。

お金を借りるなら安全・信頼のおけるところから借りよう

お金を借りる手段にはいくつかの方法があります。ただ、何を使ってもいいというわけではありません。

例えば、いわゆるヤミ金業者やソフトヤミ金と言われるような業者は、絶対に使ってはなりません。こうした業者は、違法な高額金利をむしり取れるだけむしり取ろうとするためです。

もし、こうした業者を利用しようと考えているのであれば、絶対にやめてください。

今すぐにお金を借りるならカードローンの利用を検討しよう

「どうしても今すぐにお金を借りる必要がある」というのであれば、カードローンの利用を検討するのがおすすめです。

カードローンには、銀行が提供するものと消費者金融が提供する商品があり、その中でも消費者金融のカードローンが一番でしょう。理由としては、最短30分審査・融資まで入れても最短1時間でお金を借りることができることにあります。

もちろん、申込時の時間帯によっては少し時間がかかる場合もあるものの、大体の場合はその日のうちにお金を借りることができています。

申込限度額によって変わることはあるかもしれませんが、限度額を必要最小限にとどめ、なおかつ信用情報に大きな問題でもない限りは、あっさりと借りられる可能性もあるでしょう。

消費者金融であれば、土日祝日に関係なく21時~22時頃まで審査を行っていますし、プロミスであれば多くの銀行で14時以降の振込に対応しています。また、振込でなくてもATM利用手数料はかかるものの、セブン銀行ATMが近くにあれば、セブン銀行で借りることもできます。

そうした利便性を考えても、利用方法さえ間違えなければ、カードローンは十分に検討の価値があります。

カードローンでお金を借りることのメリット・デメリット

カードローンは便利であることは確かです。しかし、メリット・デメリットとも存在します。ここでは、カードローンでお金を借りることのメリットとデメリットについて考えていきましょう。

カードローンを利用することのメリット

カードローンは、金額の多少はあるものの利用限度額が定められています。仮に、30万円の限度額が設定されているとすれば、この30万円という範囲内で、その限度額を超えない限り何度でも借りることができます。

例えば前月に5万借りたとして、次月に3万円必要となった場合は、その5万円について返済を行いながら、新たに3万円を借り入れることが可能です。

あまりむやみやたらに頼るのは考えものではありますが、「足りなくなったら借りる手段がある」という安心感は、何者にも代えがたいものがあり、そのありがたみを感じる機会も多いと思います。

カードローンを利用するデメリット

カードローンは確かに便利ですが、当然ながらデメリットもあります。次は、カードローンでお金を借りることのデメリットを考えてみましょう。

カードローンは、契約さえしておけば必要に応じて、いつでもお金を借りることができる大変便利なものです。しかし、いつでも借りられるという安心感があるため、いつの間にかルーズになりやすいという点があります。

また、先にあげた調査にもあるように、借りすぎたことで年収の3分の1を超える借入残高あるという人も少なからずいるという現実があることを忘れてはいけません。「カードローンは借金だから、きちんと返済しないといけない」ということは、言われるまでもなくわかっているはずです。

それでも、便利さにかこつけて調子に乗って借りすぎてしまうことで、あっという間に首が回らなくなってしまう人も多くいらっしゃいます。

カードローンを利用するのであれば、きちんと自制することを忘れないでください。

銀行カードローンでお金を借りるのはどうか?

もう一つ、銀行カードローンで必要なお金を借りるという方法もあります。

銀行カードローンは、消費者金融と違って低金利で利用できるという点が魅力的です。実際、最終的には消費者金融を選んだ人でも、「金利の安さを考えると、消費者金融より銀行を利用したい」と思っている人も多くいます。

銀行は金利が低いので、しっかりと返済することができさえすれば、支払総額を低く抑えられやすいというメリットがあります。

ただし、審査スピードは消費者金融よりも格段に遅く、最短でも翌営業日です。つまり平日に申し込んだとしても、その翌日にならないと審査結果は分かりません。これが土日祝日や連休を挟んでしまうと、その分さらにかかります。

例えば、GWのように連休が続く場合は、その分申し込みが混雑しやすいので、下手したら10日間~2週間かかることも。

銀行カードローンを利用する場合は、急いで必要という場合は向きません。なので、ある程度余裕があり「もしものときに備えて契約だけしておきたい」というときに申し込むことをおすすめします。

無職・専業主婦の人がお金を借りる時、取れる手段はいくつかある

もし、このページを見ているあなたが無職・専業主婦だった場合、カードローンを利用することはできません。消費者金融は、年収の3分の1を超えて貸付ができないため、収入のない人は申し込むことさえできないはずです。

銀行カードローンは、以前こそ専業主婦の方への申し込みを受け付けていましたが、現在は楽天銀行・イオン銀行・ジャパンネット銀行の3行でしか申し込みを受け付けていません。また、申し込みはできても50万円に抑えられてしまいます。

どうしても、お金が必要というのであれば、一番いいのは借りる以外の方法です。

例えば、現在はネットが発達したことで、ライティングなど比較的簡単にできる副業が増えています。

最初は「お小遣い稼ぎ」の感覚でもいいので、そうした仕事を見つけてみるのも一つの方法ではないでしょうか。

その他にもお金を借りる手段はこれだけある!利用できる方法3選

無職や専業主婦以外の人であれば、副業を行う以外にもいろいろな方法を試すことが可能です。

ここでは、3つの方法を紹介していきましょう。

  • 定期預金担保貸付
  • 友人・知人・親からお金を借りる
  • 目的別ローンを使う

定期預金担保貸付

毎月の給料からいくらか定期預金をしている人であれば、定期預金を担保にして借り入れることができます。条件としては、定期預金総額の90%、上限は200万円までなどです。

消費者金融であれば18%前後、銀行カードローンでも15%近辺でないと借りられませんが、定期預金担保貸付を使えば、0.51%という超低利率で貸付を受けられます。

定期預金を担保にしているので、満期までに返済できなければ、1割しか戻ってこなくなることがデメリットです。また、利用方法としては普通預金から引き出すだけと簡単で、普通預金残高がマイナスになっているかどうかで判断するしかありません。

そのため、つい調子に乗って使いすぎてしまう点もデメリットといえます。使い方にさえ注意すれば、かなり便利なものであることは間違いないでしょう。

友人・知人・親から借りる

貸してくれるあてがあれば、親や友人・知人から借りるのも一つの方法です。もしかしたら、「生活費が足りなくなった」という理由で泣きついた経験がある人も多いかもしれませんね。

特に両親から借りる場合は、利子がかからないというメリットがあります。普通は、どんな手段を使っても、少なからず利子が発生しますが、利息に苦しむ心配がないという点はありがたいものです。

一方では、お金の貸し借りをする関係になることで、これまで通りに付き合いにくくなるというデメリットが考えられます。これは思いの外に大きく、もしかしたら相手に「この人はお金にだらしない人」というイメージを持たれるかもしれません。

何につけ、人間関係の悪化につながりかねないので、親や友人など人間関係に影響しそうな人から借りるのは慎重になったほうがいいでしょう。

目的別ローンを利用する

最後に、銀行が用意する目的別ローンを紹介します。目的別ローンとは、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどのような特定目的のために使われるローンのことをいいます。

目的別ローンのいいところは、指定された目的に使うことが決まっているので、金利も低く抑えられているという点です。さすがに定期預金担保貸付ほどというわけにはいきませんが、それでも2~3%台なので金利的にはかなり低いといえます。

一方でデメリットとすれば、何らかの理由で支払不能になった場合は、持っているものを手放さざるを得ない点です。教育ローンは子供のために使われるものですが、この場合は子供の学校を転校させざるを得ないかもしれません。

いずれにしろ、慎重に判断した上で利用することが大切です。

まとめ~お金を借りる手段は多いが、カードローンの利用はできるだけ最後の手段にしよう

ここでは、カードローンについてとそれ以外の借入手段などについて書いていきましたがいかがでしょうか。

いきなりお金が必要な場面に出くわすと、パニックになって慌ててしまいがちですが、意外とたくさんあることがわかるかと思います。単に知っているかどうかの違いですが、知っているのと知らないのとでは、やはり大きく異なります。

いざ必要となったときに慌てないで済むよう、お金を用意する手段を考えておきましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

お金を借りる必要がある人にオススメ!すぐに借りられるカードローンはこちら

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アコムキャプチャ

アコム

アコムの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!