今月の家賃が払えない…今すぐ借りられる人気のカードローンはこちら

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

家賃が払えない!カードローンで支払う時の注意ポイント

更新日:2019年9月4日 公開日:2019年9月4日95 view

急な出費が重なって手持ちの資金がないという方の中には、「今月の家賃が払えない…」と困っている方もいると思います。

家賃が支払えない時、カードローンを利用すれば一時的に資金不足の困難を乗り越えられるでしょう。ただし、カードローンで借りたお金を家賃に支払う時には、注意しておきたいポイントもあります。

本記事では、「家賃が払えないと最終的にどうなるのか」、「家賃の立て替えが可能なカードローン」、「家賃をカードローンで支払う時の注意点」などについて詳しく解説を進めていきます。

家賃が払えないとどうなる?

家賃は、毎月の手取りの給料に対して3割程度に抑えるべきだと言われています。実際に、月収の手取り20万円ほどの方は、収入の3割ほどの6万円〜7万円の家賃を支払っている、という方も多いのではないでしょうか。

また、賃貸に住んでいる方は毎月必要となる家賃ですが、急な出費により生活費を使い込んでしまった方の中には、「家賃を滞納している」方もいるかもしれません。

督促を無視していると、最悪財産の差し押さえも

家賃を滞納し続けると、大家さんや不動産管理会社からどのような手続きが取られるのでしょうか。段階的に取られる手続きを、順を追って解説します。

  1. 督促の電話がある
  2. 督促のハガキが届く
  3. 自宅に訪問されて直接督促される
  4. 連帯保証人への督促
  5. 強制退去や財産の差し押さえ

督促の電話がある

家賃を期日までに支払わない場合、大家さんや不動産管理会社から、登録した携帯電話または自宅に督促の電話がかかってきます。

督促の電話は、「家賃を滞納しているから、◯◯日までに支払って欲しい」「いつまでに家賃の支払いをしてもらえるのか」というような内容です。

家賃を支払える見込みがある方は、「◯◯日までに支払う」と大家さんや管理会社へ伝えてください。

督促のハガキが届く

督促の電話に出なかったり、約束した期日までに家賃を支払わない場合は、ハガキ等の書面で督促されるケースが多いようです。

ハガキによる督促も電話と同じように「◯◯日までに家賃を支払ってください」等の内容です。

自宅に訪問されて直接督促される

電話やハガキの督促に応じなかった場合、自宅に訪問されて、家賃を請求されるケースがあります。また、大家さんによって異なりますが、自宅へ訪問しても出ない場合は勤務先へ訪問されるケースもあるようです。

連帯保証人への督促

また、賃貸契約を結ぶ時に連帯保証人を立てなければならなかった場合、家賃を2〜3ヶ月滞納したまま支払いを無視していると、連帯保証人へ家賃が請求されます。

強制退去や財産の差し押さえ

督促後、2〜3ヶ月以上家賃の支払いが行われない場合、最終的に裁判が行われ、「強制退去」や財産の差し押さえである「強制執行」が行われる恐れがあります。なお、裁判が行われる前には、自宅に裁判の最後通告(催告書)が送られてきます。

強制退去や強制執行が行われてしまうと、社会的な信用度が無くなる(=信用情報がブラックになる)ため、裁判を起こされる前に滞納している家賃を一刻も早く返済するようにしてください。

早急にお金を借りて家賃を支払いたい方は、次の項目で解説するカードローンの利用を検討しましょう。

払えない家賃はカードローンで借りたお金を活用する

手元のお金が足りず、どうしても家賃が支払えない…という方は、手軽でスピーディーに借入できるカードローンの利用を検討してみましょう。一時的な家賃の支払いにカードローンが利用しやすい理由を以下にまとめてみました。

  • カードローンのお金は家賃の支払いに使える
  • 審査難易度が高くないのでアルバイトの方でも利用しやすい
  • 消費者金融カードローンなら最短即日融資が可能

カードローンのお金は家賃の支払いに使える

消費者金融カードローンや銀行カードローンで借りたお金の資金使途(=使い道)は、事業性資金以外であれば、何にでも利用できます。

このため、カードローンで借りたお金は家賃の支払いに利用してもOKです。

※もちろん家賃以外にも、光熱費や駐車場代などの支払いにも利用できます。

審査難易度が高くないのでアルバイトの方でも利用しやすい

消費者金融カードローンや銀行カードローンは、審査難易度が緩やかな傾向があります。

安定した収入があればカードローンを利用できる

消費者金融カードローンであれば、「安定した収入があれば」アルバイトやパート、派遣社員の方も審査に通過できるケースが多く、収入に関するステータスに自信がない方でも利用しやすいです。

このため、先月アルバイトの勤務日数が少なかったため、今月の家賃の支払いが苦しい…という方も、消費者金融カードローンでお金を借りて、家賃の支払いに充てられる可能性があるでしょう。

消費者金融カードローンなら最短即日融資が可能

滞納した家賃の支払い期日になってしまったけれど、お金を用意できなかった…という方でも、消費者金融カードローンを利用すれば、家賃の支払いに間に合う可能性があります。

19時ごろまでの申し込みで最短即日融資が可能

消費者金融カードローンは、19時ごろまでの申し込みで即日融資が期待できます。このため、今日が滞納分の支払い期日という場合でも、即日融資に成功できれば、キャッシングしたお金で家賃を支払えます。

※なお、銀行振込による即日キャッシングを希望する方は、銀行の営業時間内の15時までには振込融資の手続きをしておく必要がある点に気をつけておきましょう。

家賃をカードローンで支払う時に注意すべきポイント

カードローンで借りたお金は家賃の支払いに利用しやすいのですが、家賃をカードローンで支払う時の注意ポイントについて、紹介していきます。

  • カードローンでのキャッシングは早めに完済する
  • カードローンを計画的に利用する
  • カードローンを滞納すると信用情報に傷がつく

カードローンでのキャッシングは早めに完済する

カードローンは審査難易度が緩やかで、融資まで非常にスピーディーに手続きできるため、手持ちのお金がない時の家賃の支払いに便利に利用できます。

しかし、消費者金融カードローンや銀行カードローンは、マイカーローンなどの目的別ローンに比べて非常に金利が高いため、キャッシングした後は早めに完済するようにしましょう。

返済期間の長さでどのくらい返済額が変わる?

ここで、一般的なカードローンの金利である、金利18.0%で10万円を借りた時に、1年と3年で完済する場合の返済総額の違いについて紹介します。

返済期間の違いによる利息の差(金利18.0%で10万円を借りるケース)
返済期間 1年(12回払い) 3年(36回払い)
返済総額 11万16円 13万149円
利息 1万16円 3万149円

※返済シミュレーションのため実際の金額と異なる場合があります。

上の表から、金利18.0%の消費者金融カードローンで、1年間で完済する場合と3年間で完済する場合とでは、返済総額に大きな差額があることが分かるでしょう。

カードローンは繰り上げ返済や一括返済が可能なため、少しでも返済総額を減らすためには、早めに完済するようにしてください。

カードローンを計画的に利用する

キャッシングしたお金で家賃を支払おうと検討している方は、必ず完済計画を立てた上でカードローンを利用するようにしてください。

カードローンのキャッシングで家賃の滞納には間に合ったけれど、カードローンの返済ができなくなってしまっては元も子もありません。

借りる前には、完済計画を立ててからカードローンへ申し込むようにしましょう。

カードローンを滞納すると信用情報に傷がつく

また、万が一、カードローンで借りたお金を返せなくなってしまい、カードローンの返済に1日でも遅れてしまうと、信用情報に「滞納」の履歴が残されてしまいます

信用情報の滞納履歴はネガティブな履歴として扱われ、マイカーローンや住宅ローンなどのローン各種、クレジットカードの申し込み審査時に不利になります。このため、カードローンでキャッシングした後は、滞納を起こさないように十分注意しておきましょう。

短期間だけ家賃を借りたい方におすすめのカードローン

ここで、カードローンを利用して次の給料日までの短期間だけ家賃を借りたい、という方におすすめのカードローンを紹介します。

プロミスのカードローンなら30日間の無利息期間がある

プロミスのカードローンのスペック
金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円まで
申し込み対象年齢 20歳以上69歳以下
申し込み対象 安定した収入のある方(主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は申し込める。)
資金使途 生計費に限る
即日融資 可能
30日間無利息期間

出典:プロミス公式サイト

プロミスのカードローンは、金利4.5%~17.8%、限度額500万円というスペックになっています。なお、プロミスの上限金利17.8%は、大手消費者金融カードローンの中で最も低く設定されています。

30日間無利息期間を利用して次の給料日に一括返済する

また、プロミスのカードローンには、「30日間の無利息期間」が用意されています。

プロミスの30日間無利息期間とは、初回利用の翌日から30日間は無利息(利息0円)となるサービスのことで、30日間以内の一時的なキャッシングをしたい方が便利に利用できます。

今、一時的にお金が無くて、次の給料日まで家賃を支払うお金を用意できない…という方は、プロミスの30日間無利息期間をうまく活用して、無利息で一時的に家賃分のお金を借りるのもオススメです。

カードローンで家賃のお金を借りたあとは早めの完済を心がける

本記事では、「家賃が払えないと最終的にどうなるのか」、「家賃の立て替えが可能なカードローン」、「家賃をカードローンで支払う時の注意点」などについて、詳しく解説を進めてきました。

カードローンは家賃などのお金にも利用できる!

  • 家賃が払えないと督促の電話や自宅にハガキが届く
  • 自宅や勤務先に家賃の督促に訪問されるケースも
  • 家賃を滞納し続けると連帯保証人へ督促される場合もある
  • 家賃を支払わなかったら最終的には強制退去や財産が差し押さえられる
  • 家賃の支払いにはカードローンが便利に利用できる
  • 消費者金融カードローンなら即日融資可能
  • カードローンは利息が高いため早めの完済を目指す
  • カードローンは完済を見越した上で利用する
  • キャッシングを滞納すると信用情報に傷が残る
  • 手軽に家賃を借りたいならプロミスのカードローンがオススメ

家賃の支払いを滞納してしまったら、最終的には大家さんや不動産管理会社から裁判を起こされてしまい、強制退去や財産の差し押さえが行われる可能性が高いです。

財産差し押さえという最悪の状況にならないためには、カードローンなどで一時的にお金を借り、家賃の支払いに利用するようにしてください。ただし、カードローンは金利が高いため、長期的な借入になると返済総額が膨らんでしまうという注意点があります。

このため、カードローンを利用するときには、しっかりと完済計画を立てた上でキャッシングするようにしてください。

家賃の支払いに困っている方は、ぜひ本記事を参考にしながら「カードローンでの借入」をうまく活用できるように検討してみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

今月の家賃が払えない…今すぐ借りられる人気のカードローンはこちら

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの審査・借入・メリットは?