来店不要で即日融資を受けられるオススメのカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

即日融資を来店不要で受ける際の手順・条件・コツをわかりやすく解説!

更新日:2020年1月31日 公開日:2020年1月31日24 view

スマホで借入申込する女性

どうしても即日でお金を借りなければならないけれど、店頭や無人契約機まで行く時間を取ることができない…。困った…。

こんなときは、どうしたらいいのでしょうか?でも、大丈夫。即日融資は来店不要で受けることも可能なのです。

今回は、即日融資を来店不要で受ける際の手順や条件、コツなどについてわかりやすく解説していきたいと思います。

即日融資を来店不要で受けられるカードローンとは?

ここでは、即日融資を来店不要で受けることができるカードローンについて解説していきたいと思います。

即日融資を受けるなら消費者金融系カードローン一択である

大前提として理解しておきたいのが、即日融資を受けたいなら、消費者金融系カードローン一択であるということです。

消費者金融系カードローン以外に、即日融資に対応してくれる金融機関は存在しないからです。

カードローンとして一般的なものに、「消費者金融系カードローン」と「銀行系カードローン」があります。かつてはどちらも即日融資に対応していましたが、現在では消費者金融系カードローンのみが即日融資に対応しています。

ですから、即日融資を受けたいなら、必ず消費者金融系カードローンを選択しなければなりません。

銀行系カードローンが即日融資に対応していない理由

銀行系カードローンはかつて即日融資に対応しており、その使い勝手の良さから多くの消費者が利用していました。

しかし、さまざまな問題が噴出したこともあり、2018年1月から即日融資が実質不可能となったのです。

その理由は、銀行カードローンの審査にあたって、申込者を警視庁データベースへ照会にかけならければならず、その返答に最短でも1営業日以上掛かってしまうからです。

このような仕組みへと変更されることになったのには、以下のような理由がありました。

総量規制の対象外であるがゆえの過剰融資

お金を貸してくれる金融機関には銀行や消費者金融、信販会社などがありますが、実は適用される法律が異なります。

銀行には銀行法が、消費者金融や信販会社には貸金業法が適用されるのです。もちろん、どちらの法律も、利用者の保護を目的に制定されています。

ただ、この2つの法律の大きな違いが一つあり、それは貸金業法には「総量規制」という貸付け制限があるということ。これは、借入を申込んだ人の年収の3分の1以上の貸付は行ってはいけないと定めたものです。

しかし、銀行法にはこのような総量規制は存在せず、消費者金融よりも金利が低いこともあって、銀行系カードローンの利用者が急増することになります。

もともと総量規制は、多重債務者を増やさないために作られたものですが、その抜け道によって、銀行カードローンによって多重債務に陥る利用者が続出し、社会問題となりました。

保証会社による甘い審査が命取りに

抜け道的に融資を受けることができた銀行系カードローンのもう一つの問題が、審査を保証会社に丸投げしているという点でした。

本来は銀行が審査をするべきなのですが、貸せば貸すほど儲かり、申込者が急増する状況で、銀行はカードローンの審査を保証会社に委託するようになります。そして、保証会社の審査を通れば、銀行はそのまま融資を行っていたのです。

保証会社の審査は消費者金融並みに速かったため、即日融資にも対応できていたということですね。

しかし、そのような審査体制のなかで反社会勢力への融資が発覚し、銀行側の姿勢が問われることになったのです。

そこで、このような融資を防ぐために、警視庁データベースへの照会が導入されることになり、即日融資が実質不可能になったというわけです。

来店不要の条件を満たす消費者金融カードローン

来店不要で即日融資を受けられる消費者金融カードローンとは、以下の条件を満たしていることを意味しています。

  1. インターネット上でカードローンの申込みから契約までの手続きがすべて完結できること
  2. ローンカードなしで借入が可能であること

ちなみに、インターネット上ですべての手続きが完了することを「WEB完結」といいます。つまり、WEB完結が可能な消費者金融カードローンを選択すれば、来店なしで即日融資が可能ということです。

また、ローンカードとは、カードローンにて借入をする場合に必要になるICカードのことをいいます。このカードを使ってATMからキャッシングを行うことが一般的なカードローンの利用方法です。

ですが、カードローンは店舗に来店して直接受け取るか、郵送にて受け取るかのどちらかの方法でしか受けることはできません。

つまり、ローンカードを発行しなくても借入が可能であることが、来店不要で即日融資受けるためのもう一つの条件となるのです。

このような条件を満たしている消費者金融系カードローンは、具体的に以下の6社となります。

  1. アイフル
  2. プロミス
  3. アコム
  4. SMBCモビット
  5. レイクALSA
  6. J.Score

来店不要で即日融資を受けるためには、上記のいずれかの消費者金融系カードローンを選択しましょう。

おまとめローンの場合は来店不要で即日融資はできない

おまとめローンを利用する場合、来店不要で即日融資を受けることはできません。

おまとめローンとは、複数の貸金業者からの借入を一本化し、返済しやすくするためのローン商品のことをいいます。おまとめローンを利用する場合、借入先が消費者金融であったとしても、総量規制の対象外となります。

上記の消費者金融のなかで、借り換えを目的としたおまとめローン商品を提供しているのは、以下の3社になります。

  1. アコム
  2. アイフル
  3. プロミス

このうち、インターネット上で申込みができるのはアイフルのみです。アコム、プロミスについては電話での申込みは可能ですが、その後来店して契約する必要があります。

そして、アイフルの場合でも、契約手続きには店舗への来店もしくは郵送によるやり取りが必要になるので、即日融資を来店不要で完結させることはできません。

J.Scoreは借り換えに利用しやすい

先述した消費者金融のうち、J.Scoreは借り換えにも利用しやすいと評判です。

その理由は、他の消費者金融系カードローンと比較して、最高金利が低いから。この金利差を用いて借り換えに使用するのであれば、来店不要で即日融資を受けることができるでしょう。

ただし、J.Scoreの場合、借り換え専用のローン商品ではないので、総量規制の対象となります。年収の3分の1以上は借入ができませんので、その点については注意が必要となります。

即日融資を来店不要で受けるための手順を解説

ここからは、即日融資を来店不要で受けるための手順について解説していきたいと思います。

インターネット上で申し込みをする場合、通常の申込み方法とは少し異なる点がありますので、しっかり理解しておくことが大切です。

WEB完結申し込みが可能なカードローンを選択する

まずは、WEBで申し込みから契約までが完結するカードローンを選択しましょう。

先程から説明している通り、即日融資を来店不要で受けるためには、WEB完結による融資提供を行っている消費者金融系カードローンを選択する必要があります。

具体的には、以下の6社の中から選択するようにしましょう。

  1. アイフル
  2. プロミス
  3. アコム
  4. SMBCモビット
  5. レイクALSA
  6. J.Score

インターネット上でカードローンの申し込みを行う

次に、インターネットを利用してカードローンの利用申し込みを行います。

パソコンやスマートフォンから各消費者金融の公式ホームページへとアクセスし、申し込みフォームに必要事項を記載します。

また、「プロミス」「アイフル」「レイクALSA」の3社に関しては、配信されている公式アプリからも申込を行うことができます。

どちらの方法を選択したとしても、入力する内容やこのあと説明する提出が必要な書類に違いはありませんので、自分で使いやすい方を選択するといいでしょう。

在籍確認を行ったあと、審査結果が通知される

申込み情報を入力すれば、消費者金融による審査が行われます。

先程紹介した消費者金融では迅速な審査を行っており、申し込み完了から最短30分程度で審査は完了するといわれています。

そして、審査の最終段階では、消費者金融による在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込み時に記入した勤務先に本当に在籍しているのかどうかを確認するために行われる電話連絡です。確認ができれば、審査はすべて完了し、あとは結果を待つのみです。

ちなみに、在籍確認が行われるということは、在籍さえ確認できれば融資をできる、と判断されていることが多いといわれています。つまり、勤務先に電話が掛かってきたら、審査を通過できる可能性が高いということになります。

なお、審査に通過できなかった場合は、融資を受けることはできません。

必要書類をインターネット上にアップロードする

審査に通過できていた場合、必要書類をインターネット上にアップロードする作業を行います。

カードローンの申し込みに必要な提出書類は以下の通りです。

  • 顔写真付きの本人確認書類
  • 収入証明書(※50万円以上の借入を希望する場合)

顔写真付きの本人確認書類としては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが挙げられます。これらの書類が必要になるのは、申し込み内容が本当に正しいのかを確認する必要があるためです。

そのため、せっかく本人確認書類をアップロードしたとしても、氏名や住所、生年月日などが正確に読み取れない場合は、再提出が必要になるケースもありますので注意しましょう。

また、顔写真付きの本人確認書類が準備できない、または所持していない場合は、WEB完結ではなく来店が必要になるケースもありますので、不安な場合は各消費者金融に問い合わせて確認するようにしましょう。

そして、50万円以上の借入を希望する場合、直近数ヶ月分の給与明細など、収入証明書の提出が求められるケースが多くなります。

即日融資を受けたくても、収入証明書がなければ契約に至らなくなってしまいますので、高額融資を希望する場合は、あらかじめ書類の準備をしておくことをおすすめします。

契約・借入

必要書類のアップロードが完了したら、カードローンの契約を行い、借入となります。

借入方法の一例は、以下の通りです。

  • 公式ホームページから振込依頼を行う
  • 公式アプリを使ってATMから借入金を引き出す

WEB完結での即日融資の方法は、利用する消費者金融によって異なるため、申し込みを行う前に確認しておいた方がいいでしょう。場合によっては特定の銀行口座がないと、振込んでもらえないこともありますので、気を付けてください。

即日融資を来店不要で受けるための必要条件

ここからは、即日融資を来店不要にて受けるための必要条件について解説していきたいと思います。

具体的には、以下のような条件があります。

  • 20歳以上で毎月安定した収入があること
  • 審査に必要な書類がすぐに準備できること
  • 在籍確認が完了できる状態であること
  • WEB完結の条件となる銀行口座をすでに持っていること

どれも、即日で融資を受けるためには欠かせないものばかりですので、よく確認しておいてください。

20歳以上で毎月安定した収入があること

即日融資を来店不要で受けるための条件の一つが、申込者の年齢が20歳以上で、毎月安定した収入があるということです。

これは、各消費者金融が定めている借入の申し込み条件です。この条件をクリアしていない限り、カードローンに申し込むことはできません。

上限年齢には多少差がありますが、各社とも20歳以上で安定収入があることが申し込み条件として定められています。

ちなみに、安定収入というのはアルバイトや派遣社員、パート勤務なら借入可能としている業者が多く、一定に基準を満たしていれば借入の申し込みをすることができます。

即日融資を始め、消費者金融系カードローンを利用するための最低条件となっていますので、十分に確認しておきましょう。

審査に必要な書類がすぐに準備できること

即日融資を来店不要で受ける場合の条件には、審査に必要とされる書類をすぐに準備できることが挙げられます。

審査に必要となる提出書類はとは、先述したような本人確認書類や収入証明書のことです。

本人確認書類として認められるものには、以下のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 特別永住証明書
  • 在留カード

これらの種類の準備を必ず行っておくことに加え、次の点に注意しなければなりません。

補完書類が必要になる場合がある

このなかで、顔写真が付いていない書類を提出したい場合や、顔写真付きの本人確認書類の現住所が異なる場合は、その書類だけでは本人確認ができないため、現在の住所を証明するための補完書類の提出が求められます。これは「犯罪収益移転防止法」という法律によって定められています。

納税証明書や社会保険領収書、公共料金領収書などが補完書類にあたり、領収日の日付が押印され、書類を提出する6ヶ月以内のものに限られます。

補完書類が突然必要になった場合、かなり手間が掛かってしまい、時間切れで即日融資が受けられなくなってしまうことがありますので注意しましょう。

健康保険証での契約なら来店が必要になることも

健康保険証のような顔写真付きではない書類を本人確認書類として提出した場合、来店による契約を求められることがあります。

これは、顔写真がないために書類での本人確認が難しくなってしまうためです。

この場合、印鑑登録証明書や戸籍謄本、住民票のコピー、住民票記載事項証明書などの補完書類を合わせて要求されるケースがあります。

利用する消費者金融によって対応が異なる場合がありますので、申し込み前に必ず確認するようにしましょう。

在籍確認が完了できる状態であること

即日融資を来店不要に手受ける場合、在籍確認が完了できる状態であることも条件の一つとなります。

その理由は、在籍確認が完了しない限り、審査が完了することができず、借入を行うことができないからです。

在籍確認とは、申し込み情報に記載した勤務先に、申込者が本当に在籍しているのかを確認するための電話連絡のことです。この場合、申込者本人が電話に出なくても、在籍さえ確認できれば完了します。

つまり、勤務先が営業や業務を行ってさえすれば、本人不在でも問題ありません。逆に、勤務先が閉まっている状態では、在籍確認は完了しないことになります。

そのためには、勤務先の誰かが電話連絡に対応できる時間帯に申し込みと審査を行う必要があるということになります。

WEB完結の条件となる銀行口座をすでに持っていること

即日融資を来店不要にて受ける場合の条件として、利用する消費者金融が提携してる銀行口座を持っていることも挙げられます。

消費者金融が提携している銀行を指定することで、24時間振込みが可能となるからです。

逆に、指定の銀行口座を持っていない場合、振替設定のために書類による手続きが必要となるため、即日融資ができなくなる可能性が高くなってしまいます。

例えば、プロミスやSMBCモビットでは、三井住友銀行や東京三菱UFJ銀行などのメガバンク、SBI銀行のようなネット銀行、地方銀行などと提携しています。これらの銀行口座を持っていれば、スムーズに当日中の借入ができます。

一方、利用する消費者金融に提携銀行口座が設定されていない場合、銀行の営業時間が終わる前に振込融資の申し込み申請を行わないと、申込み当日中の借入は難しくなってしまいます。

来店不要で即日融資を受けたいのであれば、自分が口座を持っている銀行と提携している消費者金融を選択するようにしましょう。

即日融資を来店不要で成功させるための大切な5つのコツについて

ここからは、即日融資を来店不要で成功させるために大切になる5つのコツについて解説していきたいと思います。

先述した即日融資のための必要条件と合わせて、これらのコツを押さえておけば、即日融資を受けられる可能性はさらに高まるでしょう。

具体的には、以下の5つのことを抑えておくことが重要になります。

  1. できるだけ早い時間に申込を行うこと
  2. 申し込み情報については正確に入力すること
  3. 必要最低限の希望額にて申し込みをすること
  4. 申し込みをした直後に急いでいることを伝えること
  5. 在籍確認の電話連絡にはすぐに対応できるようにしておくこと

それでは、それぞれについて見ていくことにしましょう。

即日融資を受けるためにはできるだけ早い時間に申し込みをする

即日融資を来店不要で受けるためには、できるだけ早い時間に申し込みを行うことが大切です。

その理由は単純で、申し込み順に審査が行われるからです。そのため、早く申し込みをすればするほど、審査が速く終わるので、即日で融資を受けられる可能性が高くなるというわけです。

ですから、どれだけ遅くでも午前中には申し込みを終わらせておくことが大切になります。来店せずに申し込みを行うわけですから、前日の夜のうちに申し込みをしておくのもいいでしょう。

さらに、気を付けておきたいのは、消費者金融も忙しい時間帯や曜日があるということです。つまり、申し込みが増えて混雑していれば、おのずと審査開始が遅れたり、審査時間そのものが長くなってしまったりする可能性があります。

消費者金融への申し込みは週末や週明けに増加しやすいといわれているので、火曜日から木曜日の午前中に行うのがベストといえるでしょう。

申し込み情報については正確に入力すること

来店不要で即日融資を成功させるためには、申し込み情報について正確に記入することが非常に大切です。

申し込み情報に不備がった場合、即日融資を希望する人にとっては不利になることしかないからです。

まず、申し込み情報に不備があり、それが発覚した場合、申込者に対して正しい情報を記入しなおすよう差し戻しをされることがあります。これは、単純に時間の無駄となってしまい、審査の開始が遅くなるため、即日融資を受けられる確率が低くなってしまいます。

また、審査を有利に進めたいと思って、年収などで嘘の情報を記入した場合も、信用情報などと照らし合わせるため、すぐにバレてしまいます。

この場合、申し込み情報の差し戻しどころか、虚偽の申し込み情報を提出したと判断されれば、即刻審査落ちとなってしまうこともあるのです。

つまり、即日融資はもちろん、今後しばらくは申込みをした金融機関から借入をすることはできなくなってしまうでしょう。

誤った申込み情報を記入するということは、時間の無駄であり、信用に関わることなので、即日融資を希望する人にとっては不利にしか働きませんので、正確な情報を記入するよう気を付けなければなりません。

必要最低限の希望額にて申し込みをすること

即日融資を来店不要にて成功させるためには、必要最低限の希望額に申し込みを行うことが大切です。

その理由は、借入希望額が少なければ少ないほど、借入ができる可能性が高くなるからです。

例えば、10万円の借入希望者と、100万円の借入希望者がいた場合、当然100万円の借入希望者に融資を行う方がリスクは高くなります。リスクが高くなるというということは、その分、審査も慎重に行われることになるということです。

希望額が低いからと言って審査が甘くなるわけではありませんが、必要以上に審査に時間が掛かるリスクを避けることはできるでしょう。

また、借入希望額が50万円を超える場合、ほとんどの消費者金融では収入証明書の提出が求められることになります。その書類を準備し提出する時間、さらに提出された書類の内容を確認する時間が必要になりますから、即日融資には不利になってしまいます。

即日で融資を受けたいのであれば、できるだけ借入希望額を少なくするよう心掛けましょう。

申し込みをした直後に借入を急いでいることを伝える

即日融資を来店不要で成功させたい場合、申し込みをした直後に借入を急いでいる旨を伝えることも効果的です。

これは、電話にて連絡を入れることで、審査を優先的に始めてもらえる可能性があるからです。

消費者金融によっては、急ぎの融資を希望する申込者に対して、電話連絡を入れてくれることで優先的に審査を開始することを、公式ホームページに明記している場合もあります。

即日融資を成功させるためには、できるだけ時間が掛からないようにすることが鉄則です。電話一本で審査開始が速くなるのであれば、利用しない手はないといえるでしょう。

在籍確認の電話にはすぐに対応できるようにしておくこと

即日融資を来店不要で成功させるためには、在籍確認の電話にすぐに対応できるようにしておくことが大切です。

繰り返しになってしまいますが、在籍確認が完了しない限り、借入を行うことができないからです。

一般的に、カードローン審査の在籍確認は、職場への電話連絡にて行われます。この電話に対応しない限り、いつまでたってもお金を借りることはできません。対応できない状態が続いてしまうと、審査を後回しにされたり、申込みが無効になったりすることもあります。

先述した通り、申込者本人が必ず対応する必要はありませんが、勤務先の誰かが対応できる状態であることが、即日融資を完了させるためには大切になります。

ちなみに、職場への在籍確認をどうしても避けたい場合、職場の在籍を証明する書類などを提出することで、在籍確認の代わりにしてくれるサービスを提供している消費者金融もあります。

ただし、その書類を準備するまでに時間が掛かってしまうのであれば、即日での融資が難しくなってしまうこともあります。これでは本末転倒ですので、できるだけ時間を掛けずに手続きが完了する方法を選択したほうが賢いといえるでしょう。

職場への言い訳を考えておくと安心

カードローンの在籍確認を嫌がる人は多いものです。なぜなら、カードローンを利用しようとしていることが、職場にバレるのではないかと心配になるためです。

しかし、カードローンの在籍確認では、電話口で消費者金融であることを名乗りませんし、在籍確認であることもバレないように配慮してくれるため、基本的には心配する必要はありません。

ただ、どうしても不安だという場合は、「クレジットカードの在籍確認である」という言い訳を用意してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードを作成する場合にも、同じように在籍確認が行われますし、クレジットカードは日常の様々な場面で作成を薦められるものですので、お金に困っているからクレジットカードを作成するとは誰も思わないからです。

即日融資を来店不要で受けたいなら手続きをスムーズにすることを心掛けよう!

今回は、即日融資を来店不要にて受けるための手順や条件、コツについて紹介してきました。

まず、即日融資を来店不要で受けたい場合は、WEB上で申し込み手続きが完了する消費者金融系カードローンを選択することが大切です。

そのうえで、インターネット上で申し込みを行い、必要な提出書類のアップロードなどを行ないましょう。

また、即日融資を受けるための条件としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 20歳以上で毎月安定した収入があること
  • 審査に必要な書類がすぐに準備できること
  • 在籍確認が完了できる状態であること
  • WEB完結の条件となる銀行口座をすでに持っていること

さらに、即日融資を成功させるためには、以下のコツについて押さえておくことが大切です。

  1. できるだけ早い時間に申込を行うこと
  2. 申し込み情報については正確に入力すること
  3. 必要最低限の希望額にて申し込みをすること
  4. 申し込みをした直後に急いでいることを伝えること
  5. 在籍確認の電話連絡にはすぐに対応できるようにしておくこと

今回解説した内容を理解しておけば、店舗への来店をしなくても即日融資を受けられる可能性は高くなります。

来店不要の即日融資を成功させるためには、手続きをスムーズに行い、できるだけ時間が掛からないようにすることが大切です。適切な準備を行い、正しい手順を踏んで、お金に対する困りごとを解決できるよう頑張りましょう!

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

来店不要で即日融資を受けられるオススメのカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アコムキャプチャ

アコム

アコムの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!