学生でも親にバレないで使えるオススメのカードローンはこちら

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

学生でも親にバレないで使えるカードローンは?

更新日:2019年10月4日 公開日:2019年10月4日36 view

生活費を計画的に使っているという学生の方でも「友人との交際費」や「学校内の飲み会」などの予想外の出費で、手持ちのお金が足りなくなって家賃や光熱費、スマホ代金などが支払えない…という状況になっている方もいるでしょう。

学生の方が足りないお金(や生活費)を借りるには、消費者金融などが提供している「カードローン」が手軽で便利です。

ただし、「カードローンの利用が親にバレないかどうか」が気になる方も多いと思います。

そこで本記事では、そもそも学生が親にカードローンの利用がバレてしまう理由、学生が親にバレずに利用できるカードローン、学生がカードローン審査で注意すべき点などについて、詳しく解説します。

学生のカードローン利用が親にバレてしまう理由

学生の方でも「20歳以上で、アルバイトなどの安定収入」(※)があれば、親の承諾不要で消費者金融や銀行のカードローンと契約が可能です。

※学生がカードローンを利用できる条件
「20歳未満」、または、「収入がない学生」の方は消費者金融や銀行のカードローンが利用できません。学生街などにある中小消費者金融の「学生ローン」であれば利用できる可能性がありますが、未成年のカードローン利用や無職(の学生)のカードローン利用は親の承諾が必要なので注意してください。

まず、どのようなことがキッカケで同居している親にカードローンがバレてしまうのか、「学生のカードローンが親にバレてしまう理由」からチェックしてみましょう。

  • ローンカードが自宅に届いて親にバレる
  • 利用明細書が自宅に届いて親バレする
  • 財布の中のローンカードが親に見られる

それぞれの項目について、詳しく解説します。

ローンカードが自宅に届いて親にバレる

カードローンとは、原則、専用のローンカードを利用してキャッシングする金融サービスです。このため、カードローンと契約した後には、ローンカードを受け取る必要があります。

ローンカードの受け取りには、「郵送」または「自動契約機で直接受け取り」の2つの方法があります。通常、郵送でローンカードが自宅に送られてくるため、自動契約機でローンカードを発行しない学生の方は、「自宅に届くローンカードが親にバレる」可能性があります。

利用明細書が自宅に届いて親バレする

また、カードローンでキャッシング(や返済)すると、利用明細書が発行されて、自宅に郵送されます。

この自宅に届く明細書から、「学生のカードローン利用が親にバレてしまう」というケースも非常に多いです。

財布の中のローンカードが親に見られる

ローンカードはキャッシュカードやクレジットカードと同じサイズ・形状のカードとなっています。このため、ローンカードを財布などに入れていると、何かのタイミングで親に財布の中のローンカードが見られてしまう…という状況になる恐れもあります。

学生がカードローンを利用すると、このような理由により「親にカードローンがバレてしまう」可能性があるでしょう。

学生でも親にバレずに使えるオススメのカードローン

続いて、学生の方でも親にバレずに利用できるオススメのカードローンについて、紹介します。

アコムのカードローンなら親にバレずに使いやすい!

親にカードローンがバレたくない学生へオススメしたいのは、消費者金融「アコム」のカードローンです。学生の方にアコムのカードローンがオススメな理由を以下にまとめてみました。

  • スマホから簡単に申し込みが完了できる!
  • 自分の携帯電話番号で申し込める
  • ATMからの返済にすると利用明細書が郵送されない
  • ウェブ明細を利用できる

スマホから簡単に申し込みが完了できる!

アコムのカードローンは、スマホから簡単に申し込みを完了できます。自宅や外出先など、スマホ(やパソコン)が利用できる環境であれば、日本全国どこからでも申し込めるので、親などの第三者に申し込みがバレる可能性は低いでしょう。

なお、スマホからカードローン契約した後は自宅にローンカードが送られてくるのですが、アコムでは「自動契約機」で直接ローンカードの発行も可能です。自宅にアコムからの郵送物を届けたくない学生の方は、必ず自動契約機でローンカードを発行しましょう。

自分の携帯電話番号で申し込める

また、アコムへの申し込み時には、自宅の電話番号ではなく、学生の方の携帯電話番号で申し込みが可能です。

このため、アコムから申し込み内容についての質問等で電話がかかってきても、親が電話に出る可能性がないため、カードローンへの申し込みがバレることはないでしょう。

ATMからの返済にすると利用明細書が郵送されない

また、アコムでキャッシングした後は、ATMからの返済がオススメです。ATMから返済すれば、その場で利用明細書が発行されるため、自宅へアコムからの利用明細書が郵送されず、親バレを防げるためです。

なお、アコムのカードローンの返済を「口座振替(自動引き落とし)」にすると、利用明細書が自宅に郵送されて、親にアコムの利用がバレてしまう可能性があるので注意してください。

ウェブ明細を利用できる

また、アコムでは紙の利用明細書を発行しない「ウェブ明細(=明細書の電磁交付)」も利用できます

ウェブ明細とは、インターネット上のマイページから利用明細を確認できるサービスです。アコムのウェブ明細を利用すれば、自宅にアコムからの郵便物が一切届かなくなるので、親にカードローンがバレる可能性を最小限に抑えられるでしょう。

なお、アコムのウェブ明細への切り替えは「会員ログイン」後、メニュー内の「交付書面の受取方法登録・変更」から手続きしてください。

新社会人の方はSMBCモビットがオススメ!

昨年まで学生だったけれど、今年から新社会人(正社員)になったという方は、「SMBCモビット」のカードローンがオススメです。

SMBCモビットには「WEB完結」というカードローンの申し込みサービスが用意されています。

SMBCモビットのWEB完結は、

  • カードローン契約時に電話が一切ない
  • カードレス契約
  • 紙の明細書が発行されない

という特徴があります。このようにSMBCモビットのWEB完結を利用すれば、同居する親や家族にバレずにカードローンを利用しやすいのです。

SMBCモビットのWEB完結を利用するための条件

ただし、WEB完結を利用するためには、以下の2つの条件を満たしておく必要があります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、いずれかの口座を持っている
  • 社会保険証または組合保険証を持っている

正社員になると社会保険への加入が義務付けられているため、新社会人の方で、上記のいずれかの銀行口座を持っている方は、「親にカードローンの利用がバレにくい」SMBCモビットのカードローンへの申し込みを検討してみましょう。

親バレを防ぐ!学生がカードローン契約後に注意すべき点

学生がカードローンと契約した後、親にカードローンがバレないように、次のポイントに注意するようにしてください。

絶対にカードローンを滞納しない

親にバレずに無事にカードローン契約できた方は、カードローンの利用が親にバレないように「ローンカードの管理」、「WEB明細への切り替え」などを行い、しっかり返済を続けてください。

返済を滞納しなければ、カードローンの利用が親にバレてしまう可能性はほぼありません。

滞納すれば督促の電話やハガキが届く

なお、カードローンの返済に遅れると、登録した携帯電話番号へ督促の電話があり、その後、自宅に督促のハガキが届くケースが多いようです。

自宅にカードローン返済の督促のハガキが届くと、親にカードローンの利用がバレてしまう可能性が非常に高いため、滞納には十分に注意しておく必要があります。

督促の電話があった時点で返済日を約束する

もし返済に遅れてしまい、カードローンの督促の電話があったら、滞納しているお金の返済日を相談し、返済期日を約束しておきましょう。

また、「必ず期日までに返済するので督促のハガキを送らないで欲しい」等、事前に相談しておくようにしてください。

1日でも滞納すると信用情報に傷が残る

カードローンを利用している学生の中には、「少しぐらい滞納しても大丈夫だろう」と思う方もいるかもしれませんが、1日でも滞納してしまうと信用情報に傷(=滞納履歴)が残ってしまうので注意してください。

信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴のことです。この信用情報に滞納履歴が残ってしまうと、今後のカードローンやクレジットカードの審査が不利になるため、滞納しないように必ず注意しておく必要があります。

学生がカードローンの審査通過のために押さえたいポイント

最後に、学生がカードローンの審査に通過させるために押さえたいポイントについて解説します。

  • アルバイトなどの安定収入が必須
  • 6ヶ月以上の勤続年数を積み上げる
  • アルバイト先への在籍確認に注意

アルバイトなどの安定収入が必須

学生の方でも、20歳以上でアルバイトなどでの安定した収入があれば、大手消費者金融のカードローンの審査通過を目指せます。

ただし、学生がカードローンを利用するためには、年収100万円ほど(月収8万円〜)ある方が審査に通過させやすい傾向があります。

なお、ほとんどのカードローンでは、学生の方は10万円〜30万円ほどの限度額となる場合が多い点に注意しておきましょう。

6ヶ月以上の勤続年数を積み上げる

アルバイトをして数日〜1ヶ月未満という学生の方は、「安定した収入」を認めてもらいにくく、カードローン審査が不利になる傾向があります。

学生の方がカードローンの審査通過を目指しやすくするためには、「6ヶ月以上の勤続年数」を積み上げておくようにしましょう。

アルバイト先への在籍確認に注意

また、カードローン審査時には、アルバイト先への在籍確認にも注意してください。

在籍確認とは、アルバイト先へ「申込者が本当に勤務しているのかどうか」を直接電話で確認する内容のことです。なお、在籍確認の電話は個人名で行われるため、アルバイト先へカードローンへの申し込みがバレる恐れはありません。

ただし、普段アルバイト先に電話がかかってこないという学生の方は、「急ぎの用事で親戚から電話がある」、「クレジットカードの件で電話連絡がある」など、当たり障りのない理由を伝えておくようにしましょう。

学生でも親にバレずにカードローンを利用できる!

本記事では、学生が親にカードローンの利用がバレてしまう理由や学生が親にバレずに利用できるカードローン、学生がカードローン審査で注意すべき点などについて詳しく解説を進めてきました。

学生のカードローンは消費者金融の「アコム」がオススメ

  • ローンカードの発送によって親にカードローンがバレる
  • 利用明細書が自宅に届いてカードローンがバレる
  • 財布の中のローンカードが親に見つかる
  • アコムのカードローンなら学生の方も親にバレずに利用しやすい
  • アコムへはスマホから簡単に申し込み可能
  • アコム申込時には自分の携帯電話番号の登録OK!
  • ATMから返済すれば「利用明細書」が発行されない
  • ウェブ明細へ変更すればアコムから郵送物が届かない
  • 新社会人は「SMBCモビット」のWEB完結申し込みがオススメ!
  • カードローンを滞納すれば自宅に届く督促状から親にカードローンがバレやすい
  • 滞納すると信用情報に傷が残るので注意
  • 安定収入がある学生であればカードローン審査に通過させやすい
  • アルバイト先への在籍確認の電話に注意

20歳以上でアルバイトなどの安定収入がある学生の方は、消費者金融や銀行のカードローンを利用できます。ただし、カードローン契約後に自宅に届くローンカードや、利用明細書によって、親にカードローンがバレてしまう可能性がある点に注意してください。

なお、アコムのカードローンであれば、自動契約機でローンカードを発行したり、WEB明細への切り替えなどをすれば、親にカードローンがバレる可能性はほぼありません

学生の方で親にバレずにカードローンの利用を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしながらカードローンへの申し込みを進めてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

学生でも親にバレないで使えるオススメのカードローンはこちら

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックキャプチャ

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの最短での借り方

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します