学生カードローン|人気の理由を徹底解説してみた!

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年6月22日425 view

学生のみなさんは、アルバイトをしっかりに頑張っていても、「交際費の出費が重なってしまってお金が足りない…」という状況になったこともあると思います。 少しだけお金を借りてみたい!という学生の人は、学生でも利用できるカードローンを利用しましょう。この記事では学生でも利用できる人気のカードローンについて詳しく解説していくので、しっかり確認していきましょう。

学生カードローンは収入があれば簡単に利用できる

学生カードローンは収入があれば簡単に利用できる

実は学生でも簡単にカードローンが利用できるんですが、学生カードローンを利用するには少しだけ条件があります。まずその条件について紹介していきます。

  • 20歳以上
  • アルバイトなどで安定した収入がある

20歳以上

カードローンは基本的に20歳以上の成人しか利用できません。法律では未成年への貸し付けを禁止しているわけではありませんが、未成年保護法という法律の影響から、金融機関は未成年に対してカードローンを提供していないんです。

なぜ20歳以上の学生しかカードローンを利用できない?

この未成年保護法とは、国が「利用者が未成年である場合、金融サービスを利用しても利用者から一方的に解約できる。また、返済の義務は発生しない」と未成年を保護する目的で制定された法律のことです。

ですから、金融機関が未成年にカードローンを提供しても、返済してもらえないリスクが生じてしまうのです。金融機関のカードローンも慈善事業ではありませんので、確実に返済してくれる利用者にしかお金を貸してくれないのです。

20歳以上の学生は様々なカードローンから選べる

20歳以上の学生は、法律上一方的な解約ができず、借金の踏み倒しのリスクも小さくなるので金融機関もカードローンを提供してくれます。20歳以上であれば、銀行や消費者金融で提供されている数多くのカードローンを利用できるんですよ。

アルバイトなどで安定した収入がある

また、20歳以上の学生であっても、必ず安定した収入が必要となります。もちろん借りたお金は返済する義務がありますよね。カードローンを提供する金融機関では、安定した収入=返済能力がある、と判断してもらえるので、アルバイトなどで毎月安定した収入があれば学生でも簡単にカードローンを利用できるんです。

学生カードローンが家族にバレないように利用する方法

学生カードローンが家族にバレないように利用する方法

学生でもアルバイトをしている人は簡単にカードローンを利用できるのが理解できたでしょうか。でも、カードローンの利用を考えている人の中には、家族にバレないかな…?と心配になる人も多いでしょう。そこで、どのようなタイミングで家族にカードローンがバレてしまうのか、また、家族にバレずにどうやってカードローンを利用すれば良いのか、解説していきますね。

カードローン審査時の本人確認の電話が自宅にかかってきて学生カードローンがバレる

カードローンの審査時には、本当に本人が申し込みを行なったのか、電話による本人確認も行われます。カードローンの申し込みの項目で、電話番号を記入する欄があるんですが、この申請した電話番号に本人確認の電話がかかってきます。もし自宅電話番号を申請すれば、両親や兄弟が電話に出てしまう可能性もありますよね。

申し込みの電話番号は必ずスマホの電話番号を申請しておこう

カードローンの申し込みを行うときには必ず自分のスマホの電話番号を入力しておきましょう。そうすることで、自分のスマホに電話がかかってくるので、両親や兄弟に電話に出られることもありませんよね。家族にバレないように、申し込みの電話番号には十分に注意しておきましょう。

ローンカードが自宅に届いて学生カードローンがバレる

カードローンの契約後にはローンカードが自宅に届いてバレてしまう場合もあるんです。カードローンは通常ローンカードというキャッシング専用のカードを利用して提携ATMなどでお金を借入れます。ですから、カードローン契約の後にはキャッシングを利用するためのローンカードが自宅に送られてくるんです。このローンカードはカードローン契約後の1週間前後で自宅に届くので、もし家族が対応すればカードローンのことがバレてしまう可能性があるんですね。

ローンカードは自動契約機で発行できる

実はインターネットから申し込みを行っても、カードローン契約後には自動契約機で直接ローンカードの発行を行えるんです。もし自宅や学校の近くにカードローン会社の自動契約機があれば、直接ローンカードを発行すると家族にバレる心配もありませんよね。

ただし、あまりにも自宅に近すぎたり、学校に近すぎたりすると、家族や友人にカードローンがバレてしまう恐れもあるので、少し離れた場所にある自動契約機を利用してみてもいいかもしれませんね。

カードローンの利用明細書が自宅に届いて学生カードローンがバレる

カードローンでキャッシングを行うと、必ず利用明細書が発行されます。この利用明細書は郵送でご自宅(=登録した住まいの住所)へ届くので、実家暮らしの学生の人は特に注意しておきましょう。

利用明細書の郵送を防ぐためにウェブ明細を利用しましょう

また、この利用明細書の発行なのですが、実はペーパーレスに対応したウェブ明細書へ変更も可能なんです。カードローン契約時や契約後のマイページ(=会員ページ)から変更可能なので、ぜひウェブ明細を利用して家族にバレないようにしておきましょう

学生カードローンを利用する時に注意しておきたいこと

学生カードローンを利用する時に注意しておきたいこと

さいごに、学生がカードローンを利用する時に注意しておきたいポイントを解説していきます。カードローンは利用しやすいため、アルバイトをしている学生にもとても人気があるんですが、利用するときには必ず注意しておきたいポイントがあるんです。

クレジットヒストリーに注意しておくこと

学生が利用できるカードローンの審査は、申し込んだ本人情報(=年齢や年収)などの項目と同等以上に審査に大きな影響を与えるのが、クレジットヒストリーと呼ばれている信用情報です。クレジットヒストリーとは、過去にカードローンやクレジットカード、スマホの分割払いなど、金融サービスを利用した過去の履歴のことを指します。

過去の信用情報に悪い履歴が残っていると、カードローン審査の通過が難しくなる

過去にカードローンやクレジットカード、スマホの分割払いを利用した人の中には、支払いの延滞や遅延などを起こしてしまった人もいるかもしれません。もし、過去に金融トラブルの履歴があれば、カードローン審査に不利となってしまうんです。

カードローン会社もしっかりと返済してくれる学生の人にお金を貸したいので、過去に返済していないという履歴が残っていれば、「今回もお金を返してくれないかもしれない」「返済の催促が必要になるかもしれない」と疑ってしまうので、スムーズに貸付けを行えないんです。ですから、現在カードローンやクレジットカードなどの支払いを行っている人は、必ず信用情報に傷をつけないようにしっかりと返済を行っておく必要があります

信用情報をきれいに保つことで、急な資金不足に対応してもらえる可能性が高まる

信用情報がきれいな状態の人は、しっかりとお金を返済している実績があるので、カードローン会社も貸付を行いやすいですよね。万が一の資金不足のときに困ってしまわないように、信用情報はきれいな状態を保っておきましょう。

学生の人はうまくカードローンを活用してみましょう

学生の人はうまくカードローンを活用してみましょう

この記事では、学生が利用できる人気のカードローンを解説してきました。学生でも安定した収入があれば比較的簡単にカードローンを利用できるんですよ。友人の誕生日会や先輩に誘われた飲み会、新歓コンパなど、大学生にもなると高校生の時よりも大きなお金が必要になる<場合もありますよね。

カードローンをうまく利用すると、本当に有利に利用できる!

学生でも利用できる消費者金融のカードローンであれば、初回利用時には30日間無利息のサービスなどもあります。もし、3万円だけ借りたい!という場合でも、30日間以内にその3万円の返済を行えば、利息がかからないので借りたお金だけの返済で済むのです。

このように学生の人でもうまくカードローンを活用することで、本当に便利に利用できるんですよ。20歳を超えてさえすれば、比較的簡単にカードローンを利用できるので、お金に困ったときには、ぜひ利用を検討してみても良いかもしれませんね。ただし、カードローンの利用前には必ず返済計画を立ておきましょう。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ