キャッシングを利用する時の審査の流れを徹底的に調べてみた!

更新日:2018年8月17日 公開日:2017年6月2日648 view

お金をキャッシングしたい時には、銀行や消費者金融のカードローンを利用してみましょう。はじめてカードローンを利用する人は、キャッシングの申し込み方法や審査の流れが分かりにくいかもしれません。

この記事では、キャッシングするためのカードローンの申し込みや審査の流れを詳しく解説していきますので、しっかりと確認していきましょう。

カードローンのキャッシングを利用する時の審査の流れ

カードローンのキャッシングを利用する時の審査の流れ

では早速、カードローンのキャッシングを利用する時の申し込み方法や審査の流れを解説していきます。カードローンは、誰でも簡単に申し込み手続き〜キャッシングできるので初心者にもおすすめなんですよ。手続きの流れは下記のようになっていて、順を追ってみていきましょう。

  1. カードローンの公式サイトから申し込む
  2. 仮審査
  3. 在籍確認
  4. 必要書類の提出
  5. 本審査
  6. カードローン契約
  7. キャッシング

審査の流れ①カードローンの公式サイトから申し込む

銀行や消費者金融のカードローンは、公式サイトに「申し込みページ」が用意されているので、気になるカードローンが見つかったらまずは公式サイトを訪問しましょう。このサイトでも様々なカードローンを紹介しているので、ぜひご自身にぴったり合うカードローンを見つけてみてくださいね。

カードローンの申し込みは、簡単な項目を入力していくだけ

申し込みページに訪問すれば、あとは簡単な本人情報の項目を入力していくだけです。ですから、利用したいカードローンを見つけることが一番苦労してしまうポイントと言えるかもしれません。

また、申し込みに必要な入力項目は下記のようになっています。

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先
  • 勤務先電話番号
  • 勤務先住所
  • 勤続年数
  • 年収
  • 他社カードローンの借入件数
  • 他社カードローンの借入総額

ご自身の情報なので、スムーズに入力が完了するでしょう。また、スマホやパソコンから申し込みを行えるので、どちらでもご自身が慣れているもので申し込んでみましょう。

本人情報の入力は、何も見ないで入力を進めていけるかもしれませんね。もし勤務先住所や電話番号を覚えていない人は、勤務先情報が記載されている書類やカードをお手元に用意しておきましょう。

他社カードローンの借入件数について

申し込み時の入力に「他社カードローンの借入」についての項目があります。これは、複数のカードローンを利用していると、入力が必要な項目になります。大切なポイントなので、詳しく解説していきます。

カードローンの申し込み時には、他社からの借入件数が審査に大きく影響します。これは、カードローン会社も「たくさんのカードローンを利用しているのは、何か大きな金銭トラブルがあるのかもしれない」と疑われるためです。ですから、あまりに多くのカードローンを利用していると審査が不利になってしまうんです。一般的には4社以上のカードローンを利用中(=返済中)である場合は、審査に通過しないと言われているので借入件数には十分に注意しておきましょう。

他社カードローンの借入総額

借入総額についても同様で、すでに大きな金額をキャッシングしている場合は、審査に不利となってしまいます。また、消費者金融カードローンの利用は「総量規制の対象」となるため、他社カードローンの借入額も大きく影響してきます。

総量規制とは、貸金業者(=消費者金融)は利用者の年収3分の1超の貸し付けを行ってはいけない、と貸金業法内で決められている法律のことを指します。ですから、新規の消費者金融カードローンを申し込む時にも他社からの借入額が関係してくるんです。

例えば消費者金融では、年収300万円の人の利用限度額は年収の3年の1の100万円以内となります。仮に他社からすでに50万円の借入を行なっていた場合は、100万円−50万円=50万円となるのです。もし他社カードローンからの借入総額が総量規制ギリギリの金額となっている人は、いくら新規のカードローンだとしても、総量規制以上の借入ができないので注意しておいてくださいね。

審査の流れ②仮審査

申し込みが完了すれば、仮審査へと進みます。ほとんどのカードローン会社は、コンピューターによるスコアリング方式で審査が行われていてます。

コンピューターによるスコアリングとは?

コンピューターによるスコアリングとは?

このスコアリング方式というのは、申し込み者の各種ステータスに対して点数を付与していき、統計的にポイントを比較する方式となります。

スコアリングに関係するのは主に、「年収」「勤続年数」「勤務先」「雇用形態」などの、収入に関する項目となっています。カードローン会社がスコアリングの評価基準を公表していないので、詳細は明らかになっていないのですが、単純にスコアが低いとカードローン審査に落とされてしまう仕組みになっています。ただし、平均〜平均を若干下回るぐらいのステータスがある人は、ほぼカードローン審査に通過できるので、そこまで難しく考えなくても良いかもしれませんね。

カードローン審査の通過の目安となる年収
  消費者金融のカードローン 銀行のカードローン
年収の目安 150万円〜 250万円〜

審査の流れ③在籍確認

この仮審査の前後のタイミングでカードローン会社による在籍確認が行われます。在籍確認とは、カードローン会社が申し込み者の勤務先へ電話連絡し本当に勤めているのか、を確認する審査となります。ただし、カードローン会社名で勤務先に電話があるのではなく、ほとんどの場合は在籍確認を行うスタッフの個人名で連絡があるので、勤務先にバレる恐れもありませんよ。

WEB完結の申し込み方法だと電話連絡なし

また、一部の消費者金融カードローンでは「WEB完結」というサービスが行われています。このサービスを利用すると職場への電話連絡なしで、別の方法(=社会保険証などの提出)で在籍確認をしてくれる場合もありますよ。どうしても職場への電話連絡が嫌な場合はWEB完結が利用できるカードローンを選択してみましょう。ちなみに、WEB完結はSMBCモビットのサービスが有名ですよ。

審査の流れ④必要書類の提出

仮審査や在籍確認が問題なければ、本人確認書類を提出していきます。この本人確認書類とは、運転免許証や保険証、パスポートなどのことで、ご自身であることを証明できる書類のことを指します。

提出方法は、本人確認書類の撮影データをインターネットから送信するだけで良いんです。もちろん、スマホカメラで撮影したデータで十分なので、すぐに撮影データを送信できるように、カードローンの申し込み前には前もってお手元に運転免許証などを用意しておきましょう。

審査の流れ⑤本審査

本人確認書類を提出した後で本審査が始まります。この本審査とは、提出した本人確認書類が正しいものかどうかを確認されるだけの項目となるので、本人確認書類の画像データに不備がない限り、審査に落とされることはありませんよ。

通常、コンピューターによるスコアリングによる仮審査に通過さえすれば、カードローン契約までスムーズに進むので、心配しないでくださいね。

審査の流れ⑥カードローン契約

本審査での本人確認が完了すれば、カードローン契約を結びます。カードローンの契約もごく簡単なもので、例えばカードローンのマイページへの登録や、利用時の注意点などにチェックを入れるなどの手続きになります。

審査の流れ⑦キャッシング

カードローン契約が無事に終われば、キャッシングによりお金を借りられるようになります。また、申し込む時に希望限度額を聞かれるのですが、カードローン契約を行なった後でご自身の限度額を確認すると、申請した限度額より低い金額となっている場合もあります。

3ヶ月程度カードローンを利用していると、利用限度額を上げてもらえる

カードローンを初めて利用する人は、いきなり高額な限度額が通過することは難しいんです。例えば、「100万円の希望額だったけど、審査に通過してみれば限度額が30万円だった」ということもあります。ただし、3ヶ月〜半年間ぐらいしっかり返済を続けていると、知らないうちに急に限度額か上がっていた、という場合がよくあります。

おまとめローンなどで、初回利用時から高額なキャッシングが必要になる場合は、申し込む前にカードローン会社へ相談しておくことをおすすめします。

審査の流れを理解したらカードローンで即日キャッシングが可能

カードローンで即日キャッシングするための方法

カードローンの申し込み方法、審査内容を確認してきましたが、流れを簡単に理解できたのではないでしょうか。また、カードローン契約後にすぐにお金を借りたい、という人は即日キャッシングを目指してみましょう。

カードローン契約後はどうやってお金を借りる?

まず、カードローン契約後にお金を借りる方法を説明します。通常カードローンの契約が完了すれば、1週間程度でご自宅にローンカードが送られてきます。このローンカードを利用すれば、コンビニなどにある提携ATMでいつでも限度額以内のお金を借りられるようになります。

ローンカードは本人限定受取郵便で送られてくる

また、このローンカードは本人限定受取郵便という郵便でご自宅に届くはずです。この本人限定受取郵便では、例え家族であっても本人しか受け取れないので注意しておきましょう。

また、家族にバレたくない人は、家族に郵便対応してもらわないように気をつけておかなければなりません。時間指定であなたが在宅している時や、次の項目で解説する自動契約機でのローンカード発行などがおすすめの方法ですよ。

カードローン契約後に即日キャッシングするための方法

また、カードローン契約をした人で、すぐにお金を借りたい!という人は、即日キャッシングを狙ってみましょう。ただし、即日キャッシングには下記のような条件があります。

  • 平日の14時までにカードローン契約が終われば、即日銀行振込が期待できる
  • お近くに自動契約機がある人は、平日土日祝日も21時頃まで即日キャッシングが期待できる

平日の14時までにカードローン契約が終われば、即日銀行振込が期待できる

まず、カードローン契約が完了した曜日や時間が重要となります。平日の14時頃までにカードローン契約が終わっている場合は、銀行振込による即日キャッシングが見込めます。つまり、銀行の営業時間内であれば、指定銀行への振込によるキャッシングが利用できるんです。

一般的な社会人の人は、平日の日中に手続きを完了させることは困難だと思いますので、次に紹介する即日キャッシング方法もおすすめですよ。

お近くに自動契約機がある人は、平日土日祝日も21時頃まで即日キャッシングが期待できる

カードローンの契約完了が平日の15時より遅い時間だったり、土日祝日である場合は、お近くの自動契約機でローンカードを発行しましょう。ほとんどのカードローンでは、銀行振込によるキャッシングでは10,000円単位、ローンカードでのキャッシングでは1,000円単位でお金を借りられる場合が多く、ローンカードによるキャッシングは、必要最低限だけのお金を借りられるので、便利に利用できるんですよ。

ご自宅のインターネット環境から申し込み〜カードローン契約を行なった後は、自動契約機へ直接出向く必要があるのですが、カードローンがご自宅に届いて家族にバレることもありませんので、自動契約機でのローンカード発行はおすすめの方法ですよ。

はじめてのキャッシング|おすすめのカードローン

はじめてのキャッシング|おすすめのカードローン

はじめてカードローンを利用する人でも、簡単にキャッシングが行えるおすすめのカードローンを紹介します。利用時にメリットとなるポイントや特徴を解説していくので、しっかり確認してみてくださいね。

消費者金融アイフルのカードローン

まず、大手消費者金融のアイフルのカードローンを解説していきます。アイフルは消費者金融の中でも少し特殊です。ほとんどの消費者金融が銀行のグループ会社になっているのに対して、アイフルは独立系の消費者金融となっています。実は消費者金融が銀行の傘下に入ったのは、過去に消費者金融の過剰融資により自己破産者が増加してしまった、ことが原因なんです。

経営力の高いアイフルは、カードローン利用時に大きな安心感がある

当時、多くの自己破産者を出してしまったので国がテコ入れのため貸金業法を改正し、その後は多くの消費者金融が経営不振となってしまいました。このため、消費者金融は資金調達のため、銀行の傘下となり経営を立て直しました。しかし、アイフルは過去の経営難をうまく乗り越えられたため、現在でもどこの銀行にも属していない独立系の消費者金融となっているんです。

銀行に属していないとは言え、アイフルの優れた経営力で、過去の苦しい状況を乗り越えられた消費者金融なので、利用時にも大きな安心感があって幅広い層から人気のあるカードローンを提供しているんですよ。

金融業者名 アイフル
スマホ申し込み
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 500万円
年率 4.5%~18.0%
無利息期間 初回30日間無利息

三井住友銀行カードローン

つづいて、三井住友銀行が提供するカードローンを解説していきます。三井住友銀行は、大手メガバンクとなるので信頼感がありますよね。利用しやすいのでカードローン初心者にもおすすめです。

三井住友銀行カードローンは低金利が魅力

三井住友銀行カードローンの特徴として、低金利であることが挙げられます。金利は4.0%〜14.5%となっていて、限度額も800万円と高額なんです。ただし、年収などの申込者のステータスにより異なりますが、利用限度額が上限いっぱいの800万円となる場合はほぼ無いでしょう。しかし、大きなお金を借りる場合には低金利で借りられるので、返済総額を抑えられて有利にカードローンを利用できますよ。

金融業者名 三井住友銀行
スマホ申し込み
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 800万円
年率 4.0%~14.5%
無利息期間 なし

キャッシングを利用する時に必ず気をつけておきたいこと

キャッシングを利用する時に必ず気をつけておきたいこと

さいごに、キャッシングを利用する時に必ず注意しておきたい最も重要なポイントをお伝えしておきます。

借りたお金はしっかりと返済を行い、完済させること

カードローンを利用すると、簡単にお金を借りられるのでお金持ちになったと錯覚してしまう人もいるようです。しかし、キャッシングでたくさんのお金が手元にあったとしても「借りたお金」であることは忘れないでくださいね。

延滞などで返済トラブルがあるとクレヒスにマイナス履歴が残る

少額のキャッシングを行なっても、返済計画を立てずにカードローンを利用してしまうと「返済期日に間に合わない」という状況にもなってしまうでしょう。返済が期日に間に合わないと、延滞や未納などの悪い履歴書がクレヒスに残ってしまい、次回以降のカードローンやクレジットカードの審査で不利となってしまうんです。ですから、クレヒスは必ず綺麗な状態を保つようにしっかりと返済していきましょう。

カードローンは初心者でも簡単に申し込みできる

まとめ|カードローンは初心者でも簡単に申し込みできる

この記事ではカードローンの手続きの流れを詳しく解説していきました。しっかり説明してきたので、初めてカードローンを利用する人でも手続きの流れが理解できたのではないでしょうか。

また、消費者金融や銀行のカードローンは誰でも利用しやすくて、とてもスムーズにキャッシングが行えるんです。ぜひこの記事を参考にしながら、カードローンの申し込みやカードローン選びに役立ててみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ