自動審査って何?カードローン審査の仕組みを詳しく調べてみた!

更新日:2018年8月17日 公開日:2017年6月2日755 view

少しのお金が足りない時に便利に利用できるのが、消費者金融や銀行のカードローンです。また、ほとんどのカードローンでは「自動審査」でカードローンの可否が決定されるんです。

カードローン初心者の人は、「カードローンの自動審査」についよく分からないという人も多いでしょう。この記事では自動審査について、詳しく解説していくのでしっかり確認してみてくださいね。

また、カードローンをはじめて利用する人に向けて、どのタイミングで自動審査されるのかも併せて詳しく紹介していきます。カードローンの審査の仕組みを理解しておくことで、急な資金不足の時にスムーズにキャッシングが利用できるでしょう。

カードローンの自動審査について

カードローンの自動審査について

では早速、カードローンの自動審査について詳しく解説していきます。まずはしっかりと確認していきましょう。

カードローンの自動審査とは?

過去のカードローン審査では、カードローン会社のスタッフが申し込み者の各項目をひとつずつ確認しながら、審査を進めていました。ですから審査の結果が出るまで少し時間や日数がかかっていたんです。

しかし、現在ではコンピューターを利用した「コンピュータースコアリング方式」という方法で、申し込み者の情報を元に自動で審査されるようになっています。また、このコンピュータースコアリング方式とは、過去の顧客データと申し込み者のデータを比較し、「貸し付けたお金を完済してくれる人なのか」を判定される審査方法なんです。統計学を利用しているので信頼性の高い審査結果が出るため、ほとんどのカードローン審査で導入されているのです。

カードローンの自動審査は最短30分で完了する

カードローンに自動審査が導入されたことにより、審査時間が極端に早くなって、最近では最短30分程度で審査結果を教えてもらえるようになりました。ですから近年のカードローンは審査時間の短縮により即日キャッシングも容易になり、利用者にとっても便利にカードローンを使えるようになりました。

カードローンの自動審査の内容とは?

さて、自動審査の内容について確認していきましょう。どのようなステータスがカードローンの自動審査の対象となるのでしょうか。

インターネット上からカードローンを申し込む時には、申し込みページから本人の情報を入力していきます。そして、それらの本人情報の項目を元に自動審査へと進んでいくのです。自動審査の対象となる主な項目を下記にまとめたので確認していきましょう。

  • 年収
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住

年収

カードローン審査で最も重要となるのが、この年収の項目です。もちろん年収か高ければ高いほどカードローン審査に通過しやすくなります。

ただし、ほとんどのカードローン会社は公式サイトなどで「安定した収入があれば貸し付け可能」と表記されているので、多少年収が低くても審査通過を見込めるので、安心してくださいね。年収の目安としては、消費者金融のカードのでは150万円〜200万円銀行カードローンでは250万円〜300万円以上あれば審査通過できると言われています。

もちろん無職で収入がない人は確実に審査に落とされてしまいますよ。カードローンを利用する時は必ず返済が必要となるので、安定した収入を得てからカードローンを申し込んでくださいね。

勤務先

公務員や大手企業勤務であれば最も評価が高くなり、審査に通過させやすくなります。しかし、中小企業でも評価が下がるわけではありません。ただし、水商売では審査に通過しにくいと言われているので、対象となる場合は注意してくださいね。

雇用形態

雇用形態

正社員、契約社員、派遣社員、個人事業主やアルバイト・パートの順で評価が下がっていきます。ただし、先ほどもお伝えしたように、アルバイトやパートの人でも安定した収入があればカードローンの自動審査に通過できますよ。

個人事業主の人は、事業内容や業績が第三者から見えにくいこともあり、審査が難しくなる場合もあります。

勤続年数

カードローンでお金を借りた後には必ず返済しなければなりません。ですからカードローン会社は、しっかりと安定した収入が長期間見込める人に対して貸し付けを行います。もし勤続年数が極端に短い人(一年未満)の場合は、「急に仕事を辞める人なのかかもしれない」と疑われ、審査ハードルが上がる可能性もあります。

確実にカードローン審査に通過させたい場合は、1年以上の勤続年数を積み上げてから申し込む方が安心でしょう。また、3年以上の勤続年数があれば自動審査で良い評価を得られるため、多少年収が低くても勤続年数でカバーできる場合もありますよ。

居住

持ち家、賃貸、公営団地の順で評価が下がっていきます。ただし、居住についてはそこまで大きく自動審査に影響しないと言えるので、あまり大きく捉える必要はありません。

カードローンの自動審査では各項目を比較し審査される

カードローンのコンピューターによる自動審査では、解説してきたこれらの審査項目と過去の統計データとを比較し、カードローンの審査の可否が決定されます。

ただし、極端にステータスが悪くなければ審査通過も難しくありませんので、一般的なサラリーマンはもちろん、しっかりお仕事を頑張っているフリーターの方でも比較的簡単に自動審査に通過できるでしょう。

カードローン審査では、信用情報も審査可否に大きな影響を与える

またカードローン審査では、ご自身の年収などのステータスだけではなく、クレヒス(=クレジットヒストリー)と呼ばれる信用情報も審査に大きく関わります。

信用情報とはカードローンやクレジットカードなどの利用履歴のこと

この信用情報とは、申し込み者が過去に利用したカードローンやクレジットカードの利用履歴のことを指します。実はこれらの履歴は、国内にある3つの信用情報機関により履歴が残されているんです。

信用情報機関名 残される利用履歴の主な内容
CIC クレジットカード会社や信販会社の顧客の利用履歴
JICC 消費者金融と信販会社の顧客の利用履歴
全国銀行協会 銀行、銀行系カード会社の顧客の利用履歴

また、残される履歴は主にカードローンやクレジットカードなどの金融商品の利用履歴で、もし延滞や未納などがあった場合や、自己破産などの債務整理が行われた場合に、マイナス履歴として信用情報に悪い評価が残されてしまうんです。

信用情報に悪い利用履歴が残っていればカードローン審査通過も難しくなり、また、自己破産してしまった履歴がある人は、自己破産してから5年〜10年間はカードローンやクレジットカードの審査に一切通過できなくなるので、十分に注意しておきましょう。

利用履歴は3つの信用情報機関間で共有されている

また、上記の表のように、信用情報機関によって残されている履歴が異なるのですが、3つの信用情報機関間で履歴が共有されているんです。ですから、どこかで返済トラブルがある場合は、カードローン審査で不利な状況となってしまいます。カードローンやクレジットカードなどの金融商品を利用する時は、しっかりと返済できるように前もって返済計画を立てておかなければいけません。

カードローンの審査申し込みの流れ

カードローンの審査申し込みの流れ

では、実際にカードローンの審査申し込みを行うときに、どのタイミングで自動審査されるのか確認していきましょう。また、カードローンをはじめて利用する人に向けて、カードローンの審査申し込みの流れを確認していきましょう。

  1. インターネットから申し込む
  2. 自動審査(コンピュータースコアリング)
  3. 在籍確認
  4. 本人確認書類の提出
  5. 本審査
  6. キャッシング

①インターネットから申し込む

カードローンの申し込み方法として、最もスムーズで簡単な、インターネットを利用してカードローンを申し込んでみましょう。インターネットでの申し込みは、カードローンの公式サイトから行えます。

どのカードローンでも必ず公式サイト上に申し込みページが用意されています。申し込みページから、前項で解説してきた本人情報の入力を進めていきましょう。もちろんスマホでの申し込みも可能で、文字入力に慣れている人であれば5分もかからずにカードローンの申し込みが完了するでしょう。

②自動審査(コンピュータースコアリング)

公式サイトから申し込みが完了すると、続いて自動審査に進みます。この自動審査とは、先ほど詳しく解説した通り、本人情報を元にコンピューターで審査される項目となります。

③在籍確認

この自動審査の前後のタイミングで、カードローン会社による電話での在籍確認があります。この在籍確認とは、「申し込み時に入力された勤務先に、本当に勤務しているのか?」を確認される項目となります。

しかし、ほとんどのカードローンではカードローン会社名ではなく、在籍確認するスタッフの個人名で勤務先へ電話がかかってくるので、勤務先にバレてしまう恐れもありませんよ。また、どうしても在籍確認を避けたい場合は、事前に別の方法(=社員証の提出など)で在籍確認してもらえるか確認しておきましょう。

SMBCモビットなどで提供されているWEB完結というサービスを利用すると、本人確認や職場への電話連絡が原則ありません。また、カードローンの利用明細も発行されないので、自宅に書類が届くこともありません。どうしても勤務先へ電話されるのが嫌な人や家族にバレたくない人は、SMBCモビットなどのWEB完結サービスの利用を検討してみても良いでしょう。

本人確認書類の提出

自動審査や在籍確認に問題が無ければ、本人確認書類を提出します。この本人確認書類とは、運転免許証や旅券(パスポート)、マイナンバーカード、健康保険証など、ご自身を証明できるカードや書類のことを指します。最も提出が多いのは、常に持ち歩いている人が多い運転免許証となっています。

また、本人確認書類の提出方法ですが、スマホカメラでの撮影データの送信でOKなんです。撮影データの送信もインターネット上から可能なので、とても簡単に本人確認書類を提出できますよ。

気をつけておきたいポイントとしては、鮮明な画像でカメラ撮影を行うことです。もし提出した本人確認書類のデータに不備があれば、カードローン会社でのチェックに時間がかかったり、本人確認書類を再提出したりしなければなりません。時間のロスを防ぐためにも、必ず正確な画像データを提出しましょう。

本審査

本人確認書類の提出が終われば本審査へ進みます。カードローン会社によっては、仮審査と本審査の区分が曖昧なものもあります。この項目では、仮審査と本審査が分かれているものとして考え、解説していきます。

ただし、本審査は仮審査よりも難しいという意味ではなく、この記事で解説している仮審査(=自動審査)が最も重要な審査となり、本審査では本人書類の確認だけが行われると捉えておきましょう。ですから仮審査の自動審査に通過するさえすれば、ほぼ自動的に本審査にも通過できると考えて良いでしょう。

キャッシング

本人確認書類に問題がなければ、無事にカードローン契約が結ばれてキャッシングが利用できるようになります。また、インターネットからの申し込み〜カードローン契約までは最短2時間程度で完了するんですよ。最近はほとんどのカードローンが自動審査を導入しているので、キャッシングまでのスピードも早く、利用者にとても使いやすいものとなっています。

自動審査通過、カードローン契約後に即日でキャッシングする方法

では最後に、自動審査通過後の即日キャッシングの方法をお伝えしていきます。せっかくカードローン契約をしたんですから、できるだけ早くお金を借りたいですよね。即日キャッシングの方法には下記の2通りの方法があります。

  • 銀行振り込みで即日キャッシングする方法
  • ローンカードを発行して即日キャッシングする方法

銀行振り込みで即日キャッシングする方法

まず、銀行振り込みでの即日キャッシングの方法を確認していきましょう。この銀行振り込みを利用する場合は、カードローン契約時間にタイムリミットがあり、その時間を超えてしまう原則即日キャッシングを利用できません。

このタイムリミットとは、平日14時までにはカードローンを契約させておくことです。銀行の営業時間内にカードローン契約を結んでおけば、その後の銀行振り込み手続きにより、即日キャッシングができるんです。銀行は15時まで営業していますが、カードローン会社の手続き時間も必要となるので、14時までに銀行振り込みの手続きを完了させておけば、即日キャッシングは確実でしょう。

また、即日銀行振り込みのタイムリミット後に手続きすると、翌営業の振り込みとなるので十分に注意しておいてくださいね。

ローンカードを発行して即日キャッシングする方法

ローンカードを発行して即日キャッシングする方法

即日キャッシングのもう一つの方法は、カードローンの契約後にローンカードを発行する方法です。このローンカードは、カードローン会社の無人契約機で発行できます。無人契約機はほとんどの場合、平日はもちろん土日祝日も毎日夜22時頃まで営業しています。

どうしても平日の昼間に手続きできない人や、土日祝日しか手続きできない人はとても便利に無人契約機を利用できますよね。ローンカードさえ発行すれば、提携ATMでいつでもお金を借りられるので、本当に使い勝手が良いんです。

また、わざわざ自動契約機で発行しなくてもカードローン契約後はご自宅に郵送で送られてくるんですが、およそ1週間程度日数がかかるので、時間に余裕のある人はローンカードが届くのを待ちましょう。

初心者でも利用しやすいおすすめのカードローン

カードローンの申込方法を確認してきましたが、実際に初心者でも利用しやすいおすすめのカードローンを解説していきます。

プロミス

まず、大手消費者金融のプロミスを紹介していきます。プロミスでも申込後には自動審査が行われ、カードローン審査の可否が決定されます。また、プロミスのカードローンは初めて利用する人の限り「30日間無利息期間」が設けられているんです。

プロミスの30日間無利息期間を利用すれば、利息を支払わずにお金を借りることも可能

この30日間無利息期間とは、プロミスを初めて利用する人はカードローン契約後から30日間は無利息でお金を借りられるんです。カードローン初心者の人は、そこまで大きな金額を借りない傾向にあるので、10万円以内の少額のキャッシングでしたら30日以内の給料日で一括返済も可能ですよね。うまく30日間無利息期間を利用し、お得にカードローンを利用してみましょう。

金融業者名 プロミス
スマホ申し込み
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
利用限度額 500万円
年率 4.0%~17.8%
無利息期間 初回30日間

住信SBIネット銀行のMR.カードローン

続いて、銀行系のカードローンである住信SBIネット銀行を紹介していきます。初心者でもおすすめできるポイントとして、「銀行の大きな信頼感」が挙げられます。カードローンを初めて利用する人は、消費者金融よりも安心できそうな銀行からお金を借りたい人も多いんですよ。ただし、現在ではほとんどの消費者金融は銀行のグループ会社となっているので、消費者金融でも安心して利用できますよ。

住信SBIネット銀行の口座がある人は即事実キャッシングも期待できる

また、住信SBIネット銀行での即日キャッシングは住信SBIネット銀行の口座が必要になるので、もしキャッシングをお急ぎの人で住信SBIネット銀行の口座がない人は、残念ですが別のカードローンを検討してみましょう。

利用限度額1,200万円とカードローンの中でも高額

住信SBIネット銀行の利用限度額はなんと1,200万円となっており、限度額が高い銀行カードローンの中でも最も高額なカードローンに分類されています。もし、大きなお金が必要な場合は、その分審査も難しくなりますが、一度住信SBIネット銀行のMR.カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

金融業者名 住信SBIネット銀行/MR.カードローン
スマホ申し込み
審査時間 最短即日
融資までの時間 最短即日
利用限度額 1,200万円
年率 0.99%~14.69%
無利息期間 なし

カードローン申し込み時に必ず注意しておくこと

カードローン申し込み時に必ず注意しておくこと

最後に、カードローンを利用する時に必ず注意しておくポイントについて解説していきます。

  • カードローン申し込みでは必ず本当の情報を記入していくこと
  • 聞いたことがない無名のカードローンを利用しないこと

カードローン申し込みでは必ず本当の情報を記入していくこと

当たり前なのですが、申し込む時には必ず本当の情報を記入していきましょう。「犯罪者でない限りほとんどの人は虚偽申請なんてしない」と考える人も多いんですが、実はステータスに自信のない人は年収を高く申請したり、勤務先の社名を大手企業へと変えてみたり、虚偽申請も少なからずあるんです。

カードローン申し込みで虚偽申請してしまうと、必ず審査に落ちます

もちろんカードローン審査では、各項目をしっかりと審査されるので、虚偽申請してしまうと必ずバレてしまいます。虚偽がバレるとカードローン審査に確実に落とされてしまい、特に悪意のある場合は最悪カードローン会社から訴えられることもあります

ですから、カードローンの審査に通過させるために、ご自身のステータスは正しく申請してくださいね。

聞いたことがない無名のカードローンを利用しないこと

初めてカードローンを利用する人は、どのカードローンが利用しやすいのか分からない人も多いと思います。カードローン選びでは、必ず名前を聞いたことがある大手消費者金融や大手銀行のカードローンを利用するようにしましょう。

大手消費者金融や大手銀行のカードローンを利用しよう

無名のカードローンでも利用しやすいものもありますが、初心者の人は有利に利用できるかどうかの判断も難しいと思います。先ほど解説したおすすめのカードローンに加え、このサイトで紹介しているその他全てのカードローンはどれも大手のもので安心して利用できるので、その中からカードローンを選んでみる方が無難ですよ。

無名カードローンは、ヤミ金の可能性もある

実は現在でもヤミ金が存在しています。最近では、ファクタリングという金融取引を利用したヤミ金が大きなニュースにもなっていましたよね。カードローン利用時のリスクを減らすためにも、無名ではなく、必ず有名な大手金融業者のカードローンを選んでくださいね。

カードローンの自動審査をクリアして、キャッシングを成功させてみましょう

カードローンの自動審査をクリアして、キャッシングを成功させてみましょう

この記事ではカードローンの自動審査について詳しく解説を進めてきました。自動審査とは、ご自身のステータスがコンピューターにより比較判断される審査方法でしたね。また、しっかりと自動審査のポイントを抑えて解説してきたので、ぜひカードローンを申し込む前にはもう一度確認し、審査時に役立ててみてくださいね。

カードローンは初心者の人でも簡単に利用できるので、急にお金が必要になった時など、うまく活用して資金不足のピンチを乗り切ってみてくださいね。また、カードローンの自動審査はそこま難しくはなく、安定した収入さえあれば比較的簡単にカードローン審査に通過できるでしょう。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ