カードローンの審査に絶対通るための5つのポイント!

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年6月23日673 view

はじめてカードローンを利用する人は、カードローン審査って難しそう…と思う人も多いのですが、審査時に注意しておくポイントさえ抑えておけば実はとても簡単にカードローン審査に通るんです。

この記事では、確実にカードローン審査に通るためのポイントや、審査に通りやすい消費者金融のカードローンの特徴などを詳しく解説していきます。カードローンの申し込みの際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カードローン審査に通るための5つのポイント

カードローン審査に通るための5つのポイント

では早速カードローン審査に通る5つのポイントについて解説していきます。しっかりとポイントを抑えてカードローン審査を通しましょう。

  1. 自分に合うステータスのカードローンを利用する
  2. 希望限度額を上げすぎない
  3. 他社のカードローンを利用している時は要注意
  4. 普段からクレジットカードなどの支払いに気をつけておく
  5. 申し込み時には本当の本人情報を申請する

①自分に合うステータスのカードローンを利用する

カードローンを申し込む時には、ご自身のステータスに合うカードローンを選びましょう。初心者でも利用しやすいカードローンは銀行や消費者金融から提供されています。また、銀行と消費者金融では審査基準が異なっているんです。

ステータスに自信のある人は銀行カードローンがおすすめ

もしあなたが平均的なサラリーマンである場合は、銀行カードローンの利用をおすすめします。銀行カードローンは低金利が魅力で、大きなお金を長期的に借り入れる時には利息を抑えられるので、かなりお得に利用できるんですよ。

銀行カードローンは年収250万円以上が審査に通るかどうかのボーダーライン

また、銀行カードローンの年収の項目の審査に通るラインは年収250万円以上と言われています。ですから、一般的なサラリーマンのほとんど人は年収の項目はクリアできているはずですし、会社員という審査に有利なステータスも持っているので、審査基準の高い銀行カードローンも通りやすいのです。

年収が少ない人は消費者金融のカードローンがおすすめ

自分の年収が少し低いと思う人は、銀行カードローンより消費者金融カードローンがおすすめです。消費者金融カードローンであれば、安定した収入があれば年収150万円前後でも審査に通りやすいので、アルバイトやパートの人でも利用しやすいんです。

自分のステータスをきちんと把握しよう

カードローン審査に通過できない人は、ステータスにそぐわない少し高い審査基準のカードローンを選んでいる可能性があります。あなたのステータスに合うカードローンは必ずあるので、しっかりと自分のステータスを把握し、自分に見合うカードローンを選ぶと審査に通る率も高くなるでしょう。

②希望限度額を上げすぎない

カードローンの申し込みの際には希望限度額を尋ねられる場合がほとんどです。銀行カードローンや消費者金融のカードローンは利用上限が500万円〜800万円と設定されているのですが、希望限度額が高額になるほど審査が厳しくなるので注意しておく必要があります。

カードローン会社の利用上限の希望限度額では間違いなく審査に落とされる

例えばある消費者金融のカードローンの上限額が500万円だとして、あなたが500万円の希望限度額でカードローンを申し込んだとしても必ず落とされるでしょう。

消費者金融も銀行でも希望限度額の最大値は年収の3分の1が目安

消費者金融のカードローンは総量規制の影響があり、「年収の3分の1未満」が借り入れの上限額と法律で定められています。また、銀行のカードローンでは総量規制の対象外となるのですが、最近では貸し付け金額の自粛傾向にあり、総量規制と同じく年収の3分の1を目安としている銀行がほとんどなんです。

はじめてカードローンを利用する人は少額の限度額からはじめるのがおすすめ

また、年収の3分の1の希望限度額でカードローンを申し込んでも審査に通ることが難しい傾向にあるので、はじめてカードローンを利用する人は10万円〜30万円の少額の希望額で確実に審査を通す方法がおすすめです。

カードローン契約後には限度額の増枠も可能

カードローンを契約し、3ヶ月〜6ヶ月以上カードローンを利用していると、利用額の増枠も簡単です。つまり、実際にカードローンを利用して良い利用履歴を積み上げておくと、優良顧客としての良い評価が得られるので増枠が可能となるのです。まずは少額のカードローンに確実に通るようになってから利用額を上げる、という方法が大きな限度額を手に入れるための最短の方法となるでしょう。

③他社のカードローンを利用している時は要注意

他社のカードローンを利用している時は要注意

現在他社のカードローンを利用している人は、借り入れ件数や借り入れが総額に注意しておきましょう。

他社からの借り入れ件数が4件を超えると審査に通らない

他社からの借り入れ件数が4件以上あると、新規のカードローン審査に通過できないと言われています。あまりにも多くのカードローンを利用していると「なぜこんなにも多くのカードローンを利用しているのだろう?」と疑問に思われてしまいますよね。借り入れ件数が多い人は、いくつかのカードローンを完済させてから新規のカードローンを申し込みましょう。

他社からすでに総量規制の年収3分の1に近い金額を借り入れている場合は審査に通りにくい

また、他社からの借り入れ額がすでに総量規制ギリギリとなっている人は新規のカードローン通過は難しいでしょう。消費者金融のカードローンでは、総量規制の年収3分の1が利用限度額となるので、そもそも新規カードローンに通過できません。また、総量規制の金額は「現在利用中のカードローン総額」が対象となります。

銀行カードローンに関しても、近年では貸し付け金額の上限を年収の3分の1程度に自粛している傾向にあるので、すでに借り入れ額が大きい人も新規の銀行カードローンの審査通過が難しくなります

現在複数のカードローンを利用している人はおまとめローンなどで借金の整理を行いましょう

また、複数の他社カードローンを利用している人は、おまとめローンや借り換えローンなどで、借金をひとまとめにしても良いかもしれませんね。複数のカードローンを利用していると毎月何回も返済日が来るのでお金の管理も大変ですよね。おまとめローンなどでカードローンの一本化をすることで、借り入れ金額を整理できるんですよ。

おまとめローンについては、このサイトでもたくさん紹介しているので、じっくりと確認してみてくださいね。

④普段からクレジットカードなどの支払いに気をつけておく

カードローン審査で重要な項目に信用情報というものがあります。信用情報とは、過去のカードローンやクレジットカードなどの分割払いを行う金融サービスの利用額履歴を指します。

支払いに問題があれば信用情報に傷がついてカードローン審査に不利となる

もし支払い時に延滞や未納などの返済トラブルを起こしている場合は信用情報に悪い履歴が残ってしまい、カードローン審査に不利な状況となってしまいます。

クレジットカードやスマホ分割払いの履歴もカードローン審査に影響を与える

また、クレジットカードやスマホの分割払い履歴も信用情報に残されてしまいますので、現在利用している人は、返済期日に必ず間に合うようにしっかりと支払いを続けてくださいね。

⑤申し込み時には本当の本人情報を申請する

カードローンの審査を確実に通るためには、当たり前ですが本当の情報を入力していきましょう。

収入が少なくて年収を高く申請する人もいる

嘘の本人情報を申し込む人なんているの?と不思議に思う人も多いと思うんですが、実は自分のステータスが弱くて、稼いでいないのにわざと高い年収でカードローンを申し込む人もいるのです。

カードローン審査に虚偽の申し込みをすると必ずバレます

カードローン審査はしっかりと調べられるので、虚偽の申し込みをすると必ずバレてしまい、カードローンの審査に落とされてしまうでしょう。多少ステータスが弱くても、消費者金融のカードローンであれば比較的審査に通りやすいので、必ず本当の本人情報を入力していきましょう。

本当の本人情報で申し込むことがカードローンに通るための最短の道のり

嘘は必ずバレます。ですから、本当の本人情報でカードローンに申し込むことが、カードローンに通る最短の方法となるんですよ。

審査に通りやすい消費者金融カードローンの特徴

審査に通りやすい消費者金融カードローンの特徴

ここで、カードローンの審査基準が緩やかな消費者金融のカードローンを解説していきます。ステータスの弱いアルバイトやパートの人でも利用できるので、「サービスが良くないのかな」と思う人も多いので、消費者金融を利用するメリット紹介していきます。実は使い方によっては銀行カードローンよりもお得に利用できる場合も多いんですよ。

  • 初回利用時には30日間無利息期間がある
  • 即日キャッシングしやすい
  • 家族や勤務先にバレにくい申し込み方法もある
  • 使いやすい新しいサービスも続々と登場している

初回利用時には30日間無利息期間がある

ほとんどの消費者金融のカードでは、初回利用時に30日間の無利息期間が設けられています。この30日間の無利息期間とは、カードローンの契約日から30日間は無利息となり、利息が全くかからないんです。

短期間でお金を返すメドがある人は無利息期間利用でお得にお金を借りられる

この無利息期間内で借りたお金を返済すると利息が全くかからないので、借りたお金だけを返済すればいいんです。すぐに返済見込みがあり、一時的にお金を借りたい人は消費者金融カードローンのサービスを利用してみましょう。

即日キャッシングしやすい

また、消費者金融では即日キャッシングが簡単なカードローンもたくさんあります。銀行カードローンでは「利用先銀行の口座」や「指定銀行の口座」が即日融資のための条件となる場合がほとんどなのですが、消費者金融カードローンは特定の条件が必要なく、誰でも簡単に即日キャッシングを見込めるんですよ。

家族や勤務先にバレにくい申し込み方法もある

本人確認や在籍確認の電話によって家族や職場にカードローンがバレる可能性を回避できるのが、消費者金融で提供されている「ウェブ完結」というサービスです。このウェブ完結を利用すると、言葉通りに本当にウェブだけでお金を借りられるんですよ。

本人確認や在籍確認の電話がなく、ウェブ明細で自宅に書類も届かない

ウェブ完結を利用すると、本人確認や在籍確認の電話も行われません。ですから、電話により家族や職場にバレてしまう恐れもないんですよ。また、基本的にはカードレス契約となり、ローンカードが自宅に届くこともありませんし、ウェブ明細となるので、利用明細が自宅に届くこともないんです。家族や職場にバレずにカードローンを利用したいときには、消費者金融のウェブ完結のサービスがとってもおすすめですよ。

使いやすい新しいサービスも続々と登場している

消費者金融は「貸金業者」なので、利用者が使いやすい新しいサービスを続々と開発、提供しています。最近の良い消費者金融のサービスでは、「コンビニATMとスマホアプリ」の連携でコンビニATMでお金を借りられるサービスなどもあります。利用者に使いやすいサービスを利用できることも、消費者金融のカードローンを利用する大きなメリットとなりますよね。

カードローンの審査通過は誰でも簡単に通過できる

カードローンの審査通過は誰でも簡単に通過できる

この記事では、カードローンの審査に通過させるコツについて詳しく解説してきました。少しむずかしく感じる内容もあったかもしれませんが、実は非常に審査基準が緩やかで誰でも簡単にカードローン審査に通過させられるのです。

また、最も審査基準が緩やかな消費者金融であれば、サービスも充実しているので、うまく活用すると本当にお得にお金を借りられるんですよ。ぜひこの記事を参考にしながら、利用したいカードローンを見つけてみてはいかがでしょうか。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ