カードローンの再審査通過を目指すために検討すべきカードローン!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

カードローンの再審査通過のコツと再申し込み時に気をつけるポイント

更新日:2020年3月27日 公開日:2020年3月27日8 view

カードローンの審査に落ちてしまった方の中には、「どうしてもカードローンを利用したいから、絶対にカードローンの再審査に通過させたい」という方もいると思います。

しかし、カードローンに落ちた理由が分からずにカードローンへ再申し込みをしても、審査通過は難しいでしょう。カードローンの再審査に通過させるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があるためです。

そこで本記事では、「カードローンの再審査・再申し込みは可能なのか」、「カードローンの再審査に通過させるためのコツ」、「カードローンの再申し込み時に注意したい点」、「再審査通過を目指すために選ぶべきカードローン」などについて、詳しく解説を進めていきます。

カードローンの再審査・再申し込みは可能?

カードローンの審査に落ちてしまった後に、カードローンの再申し込み〜再審査は可能です。ただし、そのままの状態でカードローンへ再申し込みをしても、審査に通過できる可能性は非常に低いでしょう。

カードローンの再審査通過を目指す前に、「なぜカードローンの審査に落ちてしまったのか」を把握し、問題点を改善する必要があります

カードローンの審査に落ちる「よくある原因」

カードローンの審査に落ちる原因について、いくつか紹介します。カードローンの審査に落とされた方は、ご自身のステータスと照らし合わせ、いずれかの項目が当てはまっていないかをチェックしてください。

  • 安定収入がない
  • 勤続年数が極端に短い
  • 信用情報に傷がある
  • 複数のカードローンへ同時に申し込んだ

安定収入がない

銀行や消費者金融などが提供しているカードローンでお金を借りた後には、毎月決まった金額を完済日まで返済していく必要があるため、カードローンを利用するには安定収入が必要です。

毎月の収入が不安定…という方でカードローン審査に落ちた方は、「収入の不安定さ」がカードローン審査に落とされた原因だと考えられるでしょう。

勤続年数が極端に短い

カードローンの審査基準はカードローンを提供する金融機関により異なりますが、

「勤続年数の短さ=いつ仕事をやめるのか分からない=安定収入として認められない」

と判断されてしまう傾向があります。

今の勤務先で働き出して「数日〜3ヶ月未満」という方は、勤続年数の短さによりカードローン審査に落とされたと考えられます。

信用情報に傷がある

クレジットカードやカードローンを利用中の方で、返済や支払いに遅れたことがあるという方は、「信用情報の傷」が原因となり、カードローン審査に落とされた可能性があります。

信用情報とは、CICやJICC、全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)が管理する、個人のクレジットカードやカードローンなどの利用履歴のことを指します。

支払い忘れや未納などがあれば、信用情報に「滞納」履歴が残されて、カードローン審査が不利になります。

複数のカードローンへ同時に申し込んだ

同じタイミングで複数のカードローンへ申し込んだ場合、信用情報に「複数のカードローンへの申し込み履歴=多重申し込み履歴」が残されます。

複数のカードローンへの多重申し込みは、「お金に非常に困っている方」として判断されるため、カードローン審査が不利になり、審査に落とされる可能性が高いので注意してください。

カードローンの再審査に通過させるコツ

続いて、カードローンの審査に一度落とされた方が、審査通過を目指すために「押さえておくべきポイントや審査通過のためのコツ」について解説します。

  • 安定収入を得てから再申し込みする
  • 信用情報を開示〜チェックする
  • 少額の希望額でカードローンへ申し込む

安定収入を得てから再申し込みする

「安定した収入がなく、カードローン審査に落とされた」と思う方は、必ず安定収入を得てからカードローンへ再申し込みするようにしてください。

なお、アルバイトやパートの方でも毎月1回以上の給与の受け取りがある方は、「安定収入がある」と認めてもらえ、カードローンの審査通過を目指せます。

信用情報を開示〜チェックする

安定収入があるにもかかわらず、カードローンの審査に落ちてしまった…という方は、信用情報を開示し、内容をチェックしてみましょう。

信用情報機関により異なりますが、インターネットや郵送で開示手続きが可能(※開示手数料として1,000円ほど必要)です。

信用情報に「滞納」履歴が残されている場合は、信用情報の傷が原因でカードローン審査に落とされていると考えられます。

信用情報の長期の滞納履歴がある人は審査通過まで5年間必要

なお、61日以上、または3ヶ月以上の長期の滞納履歴がある方は、信用情報が「ブラック」となり、信用情報からブラック履歴が消える5年間はカードローンの再審査にほぼ落とされてしまいます。

信用情報がブラックになってしまった方は、信用情報のブラック履歴が消える5年後以降にカードローンの再申し込みを行うようにしてください。

少額の希望額でカードローンへ申し込む

また、カードローンの審査に落とされてしまったという方は、限度額を見直して、「必要最低限の少額の借入希望額」でカードローンへ再申し込みするようにしてみましょう。

カードローンの審査は高額な限度額ほど審査難易度が高まり、少額の限度額ほど審査難易度が緩やかになる傾向があるためです。

カードローンの審査に落ちてしまったという方は、限度額を10万円〜30万円以内に抑え、カードローンの再審査通過を目指してください

カードローンの再申し込み時に注意すべきポイント

続いて、カードローン再申し込み時に注意しておきたいポイントについて紹介していきます。

  • 他社借入がある方は「総量規制」内の限度額で申し込む
  • 6ヶ月以上経ってからカードローンへ再申し込みする
  • 他社カードローンへ申し込む

他社借入がある方は「総量規制」内の限度額で申し込む

現在、他社カードローンを利用中の方で、新規カードローン審査に落とされた方は、「総量規制」が審査落ちの原因になっている可能性があります。

消費者金融カードローンは総量規制を超える金額の借入は不可

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者に適用されている貸金業法内に制定されている「貸金業者は利用者の年収3分の1以内しか貸付できない」という法律のことです。

総量規制の適用により、すでに他社消費者金融カードローンで年収3分の1に近いお金を借りている方は、新規カードローン審査に落とされる可能性が非常に高いです。このため、消費者金融カードローンへ申し込む時には、必ず年収の3分の1位内の限度額で再申し込みを進めるようにしてください。

銀行カードローンも総量規制が限度額の目安

なお、貸金業者ではない銀行カードローンには総量規制が適用されていませんが、銀行の自主規制により「総量規制と同じく年収の3分の1の金額が限度額の目安」となる点に十分に注意しましょう。

6ヶ月以上経ってからカードローンへ再申し込みする

信用情報には、カードローンへの申し込み履歴(落ちた履歴)も残されます。カードローン再申し込み時に信用情報にカードローンの審査に落ちた履歴があると、「何か金銭的な問題があって審査に落ちたのでは?」と見られてしまい、カードローン審査が不利になります。

信用情報にカードローンの申し込み履歴が残されるのは「6ヶ月間」です。カードローンへの再申し込み〜再審査通過を目指すためには、カードローンの審査に落ちてから「6ヶ月以上経過」してから申し込むようにしてください。

他社カードローンへ申し込む

また、カードローンの審査に落ちた後、6ヶ月以上経過した場合であっても、同じカードローンへ申し込むと再審査が不利になるでしょう。

信用情報には審査落ちの履歴が6ヶ月間残されますが、審査を行ったカードローン会社では数年間分の顧客の利用履歴を残している可能性があります。

一度カードローンの審査に落ちてしまった金融業者へ再申し込みを行なっても、審査落ちの履歴により、再審査が不利になり落とされる可能性が高いです。このため、一度落ちてしまったカードローン会社へは再申し込みを行わず、他社カードローンへ新規で申し込むようにしてください。

再申し込み〜再審査に通過させるために選ぶべきカードローン

最後に、再申し込み〜再審査に通過させるために選ぶべきカードローンについて紹介します。

成約率が高い消費者金融カードローンを選ぶ

カードローンの再審査に必ず通過させたい…という方は、成約率が高い消費者金融カードローンへ申し込むようにしてください。

大手消費者金融の成約率(2018年4月度参照)
消費者金融名 成約率
アイフル 44.9%
アコム 43.4%
レイクALSA 28.9%(※18年4月〜6月度平均)

集計する年月により若干の差はありますが、上の表(2018年4月度)を参考にすると、アイフルが最も成約率が高いのが分かります。

成約率が高い=審査難易度が簡単というわけではありませんが、成約率が高いカードローンのほうが審査通過率を高められると考えられるため、できるだけ成約率が高いカードローンへ申し込むようにしてください。

アイフル

審査時間 最短30分 融資時間 最短即日
限度額 500万円 実質年率 4.5%~18%

アイフルのカードローンは最短即日融資を期待できる!30日間の無利息キャッシングで短期借入なら利息0円で借入が可能です。

カードローン審査に落ちたら6ヶ月以上経過した後で再申し込みを行おう

本記事では、「カードローンの再審査・再申し込みは可能なのか」、「カードローンの再審査に通過させるためのコツ」、「カードローンの再申し込み時に注意したい点」、「再審査通過を目指すために選ぶべきカードローン」などについて、詳しく解説を進めてきました。

ポイントを押さえればカードローンの再審査通過も難しくない

  • カードローン審査に落ちた人も再申し込み〜再審査は可能
  • カードローン再申し込み前には「カードローンの審査に落ちた理由」を把握する
  • 安定収入が無い人はカードローン審査に落とされる
  • 勤続年数が3ヶ月未満の人はカードローン審査が不利になる
  • カードローン利用中に滞納すると信用情報に傷がついてカードローン審査に落とされる可能性が高い
  • 複数のカードローンへ申し込むと「多重申し込み」と判断されて審査が不利になりやすい
  • 信用情報が気になる人は再申し込み前に開示手続きを行う
  • できるだけ少額の限度額でカードローンへ申し込む
  • 他社借入がある人は総量規制の金額に注意する
  • 銀行カードローンも総量規制の年収3分の1が借入限度額の目安
  • 一度落ちたカードローン会社へは申し込まない
  • できるだけ成約率が高いカードローンへ申し込む

カードローンの審査に落ちてしまった方でも、カードローンへの再申し込み〜再審査通過を目指せます。

ただし、カードローンの審査に落ちた理由が分からず、ただ単にカードローンへ再申し込みを行っても再び審査に落とされる可能性が高いため、必ず「カードローン審査に落ちた理由」を把握し、問題点を改善しておきましょう。

また、カードローンの再審査通過を目指すためには、できるだけ成約率(=審査通過率)の高い消費者金融カードローンへ申し込むようにしてください。

カードローンの審査に落ちてしまった方でも、審査通過のポイントさえ押さえておけば、カードローンの再審査通過は難しくありません。

カードローンの再申し込み〜再審査通過を目指している方は、ぜひ本記事を参考にしながら「カードローンの再審査に通過」させて、カードローンでのキャッシングに成功させてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

カードローンの再審査通過を目指すために検討すべきカードローン!

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

アコムキャプチャ

アコム

アコムの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの融資スピード・申込方法・審査の流れ・融資条件金利・無利息期間などを解説!