カードローンの審査時間はどのくらいかかる?

更新日:2020年6月2日 1,144 view

はじめてカードローンを利用する人は、「カードローンの審査にどのくらい時間がかかるのか分からない」と不安に思う人も多いでしょう。

この記事では、実際にカードローンの審査にかかる時間や審査内容、即日でキャッシングするための方法などについて解説していきますので、しっかりと確認していきましょう。カードローンの審査内容などについて理解を深めておくことで、急な資金不足の時でもスムーズに対応できるでしょう。

カードローンの審査時間と審査内容

カードローンの審査時間と審査内容

では早速カードローンの審査にかかる時間を確認していきます。はじめてカードローンの利用を考えている人は、どのくらい審査に時間がかかるのか見当がつかないかも知れませんね。

カードローン審査時間はどのくらいかかる?

実はカードローン審査は最短30分程度で完了します。カードローンの申し込みを行なった後でカードローンの審査がはじまるのですが、最近のカードローン審査ではコンピューターによる審査がほとんどなので、過去のカードローン審査よりもかなりスピーディーになっています。

コンピュータースコアリングによるスピーディーな審査

カードローンの審査では、コンピュータースコアリングという審査方法が利用されています。このコンピュータースコアリングとは、自動審査とも呼ばれていて、申込者のステータスを採点してカードローン通過の可否を決定する審査方法なんです。

コンピュータースコアリングでは申込者と過去の利用者との照合を行う

コンピュータースコアリングで行われる審査は、申込者のステータスと、過去にカードローンを利用した人のステータスとを照らし合わせて、「返済見込みがあるかどうか」を判断した上で審査結果が返されます。つまり、過去に利用した人のステータスの平均値と申込者のステータスが同じ程度かそれ以上であれば、確実に審査に通るんです。

ほとんどのカードローン審査ではコンピュータースコアリングが採用されている

消費者金融や銀行から様々なカードローンが提供されているのですが、ほとんどのカードローンではコンピュータースコアリングが採用されているので、どのカードローンを選んでもすぐに審査結果の連絡をもらえるでしょう。

審査に不安な人は簡易審査ツールを利用してみよう

また、ご自身のステータスに自信がなくて審査に不安な人は、大手消費者金融から提供されている「簡易審査ツール」で申し込み前にチェックしてみるのも良いですね。ほとんどの消費者金融の公式サイト上では簡易審査ツールが無料で提供されているので、気になるカードローンが見つかれば、一度確認してみましょう。

カードローンの審査にチェックされる項目

コンピュータースコアリングで審査される申込者のステータスについて確認していきましょう。どのようなステータスがあれば審査に有利となるのかを解説していきます。

  • 年収
  • 年齢
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 勤務先

コンピュータースコアリングで特に重要視される項目を順に並べてみました。他にも審査される項目はあるのですが、これらの5つの審査項目を抑えておけば、まず審査に落とされることはありません

年収

カードローン審査で最も重要となるのが年収の項目です。カードローンは安定した収入がある人しか利用できません。もちろんカードローンを提供する金融業者も慈善事業でお金を貸しているのではなく、確実に返済を行なってくれる人にしか貸し付けを行わないのです。

一般的には、銀行カードローンの審査通過の目安は年収250万円以上、消費者金融カードローンの審査通過の目安は年収150万円以上と言われています。ただし、この目安を下回る年収であっても、その他の審査項目の評価が良くて審査に通過できる場合も多いのです。年収だけが審査対象となるわけではなく、総合的に評価されるので、年収が少ないと思う人でも十分に審査通過できる可能性があるんです。

年齢

消費者金融や銀行カードローンは基本的に20歳〜65歳前後まで利用できます。また、審査で有利となるのは、20代後半〜50代前半までの働き盛りの年齢なのです。20歳未満の未成年でも法律上はカードローン利用が禁止されていませんが、「未成年のカードローン契約は利用者が一方的に破棄できる」という未成年者保護法の影響から、消費者金融や銀行では未成年に対してはカードローンを提供していません。

また、20歳になりたての人や20代前半の人は社会人経験が浅いため、審査に不利な審査となってしまう可能性が高いんです。

勤続年数

勤続年数

3年以上の勤続年数があれば審査に有利だと言われています。しかし、1年以上の勤続年数があれば大抵のカードローン審査では不利とはならない傾向にあります。ただし、勤続年数が1年未満の場合は、「急に仕事を辞めて収入が途絶えるかもしれない」と思われて、審査に不利な条件になることが多いんです。

雇用形態

公務員や正社員が最もステータスが高く、契約社員、派遣社社員、アルバイトやパートの順で評価が低くなっていきます。しかし、消費者金融のカードローンであれば安定した収入があれば利用可能なので、アルバイトやパートの人でも十分に審査通過を見込めるんです。

自営業の人は基本的に低い評価を受けてしまうのですが、長い営業年数や長期に渡る安定した収入を証明できれば、一般の会社員と同じように良い評価を得られます。

勤務先

誰でも知っているような大手企業などに勤めている場合は審査に有利となる傾向があるのですが、中小企業や零細企業勤務であっても安定収入が認められれば審査に不利となることはありません。

審査される項目に問題がなければ審査時間も短縮される

これらの本人情報に問題がなく、ステータスが良いほど審査時間が短縮される傾向にあります。上記の審査項目のステータスに注意しながら、スムーズな審査にしてみてくださいね。先ほどもお伝えしたように、最短では30分程度でカードローン審査が完了するでしょう。

カードローンの審査に時間がかかる時に考えられること

カードローンの審査に時間がかかる時に考えられること

「カードローンに申し込んだのに、なかなか審査結果が返ってこない…」という場合、どのような状況が考えられるのでしょうか。カードローンの審査に時間がかかっている時に考えられる項目を確認していきましょう。

カードローンの審査に時間がかかっている時は?

カードローンの審査時間は最短30分程度で完了するのですが、2時間以上待っても審査結果の連絡が来ない、という状況もあり得ます。カードローン審査に時間がかかる理由をまとめてみました。

  • 申込者が多く審査待ちしている
  • 審査時間外に申し込みを行なった
  • 信用情報に傷がある

申込者が多く審査待ちしている

カードローンの審査に時間がかかっている時に最も多い理由が、申し込み者が多くて審査待ちをしている状態となっている場合です。カードローンはインターネットから申し込む方法が主流なのですが、日本中どこからでも申し込みを行えますよね。ですから、申し込み者が多い土曜日や日曜日祝日など、申込者で混み合っているタイミングの時は、審査に時間がかかってしまう可能性があるんです。

「審査を待っていられない」「どうしても即日キャッシングしたい」という人は、カードローンを申し込む前にコールセンターに連絡して「即日キャッシング希望」と伝えておきましょう。前もって相談しておくことで、優先的に審査を進めてもらえる可能性があるので、キャッシングをお急ぎの時には事前連絡しておきましょう。

審査時間外に申し込みを行なった

カードローンはインターネットから簡単に申し込めます。また、インターネットからの申し込みですので、24時間いつでも申し込みができるんですよね。しかし、申し込みは24時間いつでもOKなのですが、審査してもらえる時間帯は決まっています。

カードローンを提供している銀行や消費者金融によって審査受け付け時間は異なるのですが、目安としては夜20時ごろまでにはカードローンを申し込んでおく方が安心です。金融業者の営業時間外に申し込んでしまうと、最短翌日に審査結果の連絡があります。どうしても即日キャッシングしたい人は、早めの午前中にカードローンを申し込んでおくか、消費者金融などの自動契約機で直接申し込みを行うようにしましょう。

信用情報に傷がある

カードローン審査に時間がかかっている時には、あなたの信用情報に傷がある可能性も考えられます。信用情報とは、過去のカードローンやクレジットカードの利用履歴のことを指します。また、この過去の利用履歴の内容を確認し、カードローンの審査の可否も決定されるんです。

過去の利用履歴を確認するのは、その人のキャラクター(=きちんと返済してくれる人かどうか)を判断しやすいためです。もし過去に滞納や延滞などの返済履歴があれば、「お金にだらしない人」と評価されて、審査に落とされてしまう可能性もあります。カードローンだけではなく、クレジットカードの利用履歴も参考にされるので、日頃から支払いには十分に注意しておいてくださいね。

カードローンの即日キャッシングを利用する方法

カードローンの即日キャッシングを利用する方法

カードローン審査にかかる時間について解説してきましたが、この項目では実際にカードローンを利用して即日キャッシングする方法を確認していきましょう。銀行や消費者金融のカードローンでは、即日キャッシングを行なってくれる場合も多く、「今すぐお金を借りたい!」という時にはスピーディーに対応してもらえるのです。

カードローンで即日キャッシングする方法

カードローンの申し込みからキャッシングまでの手続きの流れを確認していきます。

  1. インターネットからカードローンを申し込む
  2. 仮審査(コンピュータースコアリング)
  3. 本人確認書類の提出
  4. 在籍確認(土日の場合は翌日)
  5. 本審査
  6. カードローンで即日キャッシングを行う

①インターネットからカードローンを申し込む

カードローンを利用するために、インターネットから申し込みを行いましょう。また、先ほど解説したように、確実に即日キャッシングするためには午前中の申し込みか、遅くても夕方までには申し込みを完了させましょう。絶対に即日キャッシングをしたい人は、前もってカードローン会社へ連絡しておいてくださいね。

②仮審査(コンピュータースコアリング)

カードローンを申し込むと、審査がはじまります。この仮審査でのコンピュータースコアリングも、先ほど解説した通りです。申込者のステータスを審査し、カードローンに通過させるか判断されます。

③本人確認書類の提出

コンピュータースコアリングによる仮審査に通過すれば、本人確認書類の提出が必要となります。本人確認書類とは運転免許証や健康保険証、パスポートや在留カードなど、本人であることを証明できる書類やカードのことを指します。

本人確認書類の提出方法は、スマホカメラで撮影したデータを送信すればいいんですよ。とても簡単ですよね。しかし、本人確認書類が無くて見つからないという状況にならないためにも、カードローンを申し込む前には手元にしっかりと用意しておきましょう。通常は本人確認書類だけの提出でOKなのですが、カードローンの利用先によっては収入証明書などが必要となる場合があります。申し込む前には、このサイトか、公式サイトなどで必要書類をしっかりと確認しておいてくださいね。

④在籍確認(土日の場合は翌日)

仮審査や本人確認書類の提出の前後のタイミングで、電話による在籍確認が行われます。在籍確認はカードローン会社名ではなく在籍確認スタッフの個人名で勤務先に電話がかかるので、勤務先にバレてしまう恐れはないでしょう。

また、土曜日や日曜日、祝日などでは、会社がお休みで在籍確認できない場合が多いですよね。土日祝で在籍確認が取れない時は、平日に再び在籍確認が行われます。

在籍確認が取れない場合は、カードローン審査に通過しても仮契約となり、希望する限度額が貰えずに少額の融資となる場合があります。しかし、平日の在籍確認が完了すれば希望限度額まで引き上げてもらえるので安心してくださいね。

⑤本審査

在籍確認や本人確認書類の提出後に、本審査が行われます。本審査といっても難しい審査ではなく、先ほど提出した本人確認書類で本人の確認を行う審査となります。しかし、本人書類に問題がなければ、本審査で落とされることはまずありません

⑥カードローンで即日キャッシングを行う

カードローンの本審査に通過すれば、カードローン契約を行ってカードローンでお金を借りられるようになります。通常カードローンはローンカードを利用して、提携のATMなどでお金を借りるのですが、ローンカードが発行されて自宅に届くまでおよそ1週間程度かかってしまうんです。これでは即日お金を借りられませんよね。でも実は即日キャッシングを利用するためには下記の2つの方法があるんです。

  • 銀行振込による即日キャッシングを利用する方法
  • 自動契約機で当日にローンカードを発行する方法

カードローン会社によって異なるのですが、銀行振込による即日キャッシングを利用できる場合があります。この振込キャッシングを利用する方法は、カードローン契約を行った金融業者の公式サイトのマイページにアクセスし、インターネットから手続きを行うだけなんです。とても簡単ですよね。また、土日や祝日でも振込キャッシングを行うためには、大手銀行の銀行口座やネット銀行の口座など、24時間365日インターネットからアクセスできる銀行口座が必要となる場合がほとんどです。

お近くにカードローンの自動契約機がある人は、その日の内に自動契約機でローンカードを発行する方法がおすすめです。インターネットから申し込んでカードローン契約を行った後で、自動契約機に行ってローンカードを発行します。自動契約機は9時から22時ごろまで営業していることが多いので、夜の時間帯でもスピーディーにローンカードが発行できるんです。また、土日や祝日でも営業しているのでとても便利に利用できるんですよ。

カードローンの審査時間を早めるには?

カードローンの審査時間を早めるには?

さいごに、カードローンの審査時間を早める方法や、申込時に注意しておきたいポイントを解説していきます。カードローンを申し込む人は、できるだけ早くお金を借りたいですよね。

カードローンの審査時間を早めるためにチェックしておきたいポイント

カードローンの審査時間を早めるためには、下記のポイントをチェックしてみましょう。

  • カードローンを申し込む前にコールセンターへ連絡を入れておく
  • カードローンの申し込み項目にミスが無いように気をつける
  • ご自身のステータスをしっかりと再確認しておく

カードローンを申し込む前にコールセンターへ連絡を入れておく

先ほども解説しましたが、カードローンの審査を優先的に行ってもらうためには、前もってカードローン会社のコールセンターへ連絡し、「即日キャッシングを希望します」と伝えておくことも重要です。そうすることで優先的にカードローン審査を進めてもらえることが多いので、即日キャッシングもスムーズに行えるでしょう。

カードローンの申し込み項目にミスが無いように気をつける

カードローンの申し込み項目には入力ミスがないように、しっかりと確認した上で申し込みを完了させましょう。もし入力ミスがあれば、再度申し込みが必要になったり、訂正のやり取りが必要になったりと、余計な時間がかかってしまいます。また、最悪の場合は「虚偽申請かもしれない」と判断されて、カードローン審査に落とされてしまう可能性もあるんですよ。

インターネット申し込みでは「申し込み完了ボタン」をクリックする前に、しっかりと入力した項目を確認してくださいね。

ご自身のステータスをしっかりと再確認しておく

あなたの年収や勤続年数などのステータスに合ったカードローンを申し込もうとしているのか、今一度チェックしましょう。もしご自身のステータスが弱いのに銀行カードローンを申し込もうとしている場合など、ステータスがギリギリのラインだと審査に通過させるかどうかの判断に悩んでしまい、審査結果が出るまで時間がかかってしまう場合もあるんです。

少しステータスが弱いかもしれないと思う人は、審査基準が緩やかな消費者金融のカードローンに申し込むようにしましょう。また、消費者金融のカードローンであれば、銀行カードローンよりも審査がスピーディーな傾向にあります。

まとめ|審査時間を早めて確実に即日キャッシングを成功させましょう

審査時間を早めて確実に即日キャッシングを成功させましょう

この記事ではカードローンの審査時間について詳しく解説してきました。お金は急に足りなくなったり、必要になったりしますよね。資金不足で困った状況になってしまったら、誰でもできるだけ早くお金を借りたいと思います。

この記事でも解説したように、スピーディーに審査を行ってもらうためにはいくつかのポイントがありましたよね。ぜひこの記事を参考にしながら、資金不足を乗り切るために即日キャッシングを必ず成功させましょう。しっかりポイントを抑えておけば、必ずカードローンを最短時間で利用できるはずです。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

即日審査&即日融資で人気のカードローンはこれ!

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

最短当日の借入可能
店舗への来店は不要で最短当日融資可能
主婦・フリーター可
主婦の方やフリーターでも借り入れ可能
選べる無利息期間
初めての方でも安心の選べる無利息