在籍確認なしのカードローンはある?在籍確認の電話で職場バレを避ける方法

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年7月20日510 view

「少しお金が足りない…」という時には簡単にお金を借りられて便利に利用できるカードローンですが、はじめて利用する人は「カードローンの在籍確認で職場にバレてしまいそう…」と思う人も多いかもしれませんね。

この記事では、カードローン審査で行われる『在籍確認』にスポットを当てて、在籍確認とはどのようなものなのか、また、電話による在籍確認を避ける方法についてしっかりと解説していきます。

カードローンの在籍確認とは?

カードローンの在籍確認とは?

まず、在籍確認から確認していきます。在籍確認とは、その名称の通り、本当に勤務先に在籍しているのかを確認される審査となっています。

カードローンの申し込み時に申請した勤務先へ在籍確認が行われる

カードローンを申し込む時には、氏名や住所などの本人情報の他に、年収や勤務先、勤務先電話番号などの収入に関する項目も申請しなければいけません。

なぜ勤務先を教えなければいけないの?

なぜ勤務先をカードローン会社に教えなければいけないのか? と疑問に思う人もいるかもしれません。カードローンでのキャッシングは必ず返済する必要があるので、しっかりとした収入がある人かどうかを判断するために、勤務先に関する情報を申請しなければいけないのです。カードローン会社も、無収入の人にお金を貸して貸付金を回収できなければ赤字となりますよね。ですから、カードローン申込者の身元をしっかりと審査するのです。

在籍確認は通常電話により行われる

また、この在籍確認の方法なのですが、通常は電話により本人の在籍を確認されます。勤務先へ電話して「申込者の在籍」を調べる方法は、最も簡単に申込者の在籍を確認できるため、ほとんどのカードローン会社では電話による在籍確認が行われています。

電話での在籍確認はカードローン会社名を名乗らない

しかし、電話での在籍確認の場合でも安心してくださいね。この電話での在籍確認はカードローン会社名を名乗らず、在籍確認を行うスタッフの個人名で電話がかかってくるので、勤務先にカードローン利用がバレてしまう可能性は低いでしょう。

カードローン会社名を名乗らないのは利用者に対する配慮から

「〇〇カードローンのヤマモトですが、申込者さんはいらっしゃいますか?」なんていう電話は誰もしてほしくありませんよね。職場にバレてしまって恥ずかしい上に、なぜカードローンを利用するのだろう?と同僚や上司に疑問に思われてしまい、職場内での評価も下がってしまう可能性もありますよね。

ですからカードローン会社は、利用者に対する配慮のため、社名を名乗らず個人名で在籍確認してくれるのです。また、不在の場合でも、在籍の確認が取れればOKなので、あなたが電話に出られなくても大丈夫なんです。不在の場合でも「申込者は離席中です」「申込者は外出しております」など、電話に出る同僚や部下が対応してくれるだけで、申し込んだ人の勤務先への在籍が確認できるためです。

銀行のカードローンでの在籍確認は注意しよう

カードローン会社名を名乗らず在籍確認を行なってくれるのは消費者金融のカードローンが中心なのですが、銀行のカードローンの在籍確認の場合は、基本的に銀行名を名乗り勤務先へ電話を行なう場合が多いのです。銀行名での電話があるだけで「カードローンの利用」はもちろん伏せられるのですが、感の鋭い同僚には何らかのローンの利用を勘ぐられる可能性もあるでしょう。

銀行カードローンは利用時に安心感があり、低金利でお金を借りられる大きなメリットがあるのですが、在籍確認によって勤務先にカードローンがバレる可能性があるので注意してくださいね。

カードローン審査で在籍確認されない場合はあるの?

在籍確認されない場合はあるの?

先ほども、カードローン審査では電話による在籍が行われると解説してきました。では、在籍確認がないカードローンはあるのでしょうか?

カードローン審査では在籍確認は必ず行われる

実はカードローン審査には、必ず在籍確認が行われます。在籍確認には電話による場合と、書類による確認方法があるんです。書類での在籍確認では、勤務先に電話をされる心配がありません。ですから、どうしても電話による在籍確認を避けたい人は、これから解説していく書類での在籍確認をしてもらえるカードローンを利用してみましょう。勤務先に電話されないことで、カードローンの利用が勤務先にバレる恐れもありませんよね。

書類での在籍確認とは?

書類による在籍確認の方法を確認していきましょう。書類での在籍確認を行う場合、社員証や社会保険証など、あなたが勤務先に勤めていることを証明できる書類を提出します。

書類の提出はインターネットから簡単に送信できる

また、この在籍確認のための書類の提出方法は、書類の画像を写したデータを送信すれば良いのです。もしスマートフォンからカードローンの申し込みを行なっている場合は、ご利用のスマホカメラで在籍確認書類を撮影しましょう。

書類を撮影するときに注意しておきたいポイント

スマホカメラでの撮影に慣れている人は、簡単に撮影できるので特に難しい操作はありませんよね。ただし、書類に記載されている文字情報を正しく撮影する必要があるので、手ブレなどを起こさないように、しっかりと撮影してくださいね。

書類を撮影するときにはフラッシュを使用しない

また、書類を撮影するときにはフラッシュを使用しないでくださいね。フラッシュを使用してしまうと、強い光がカードの表面を反射して、書類に記載されているデータが正しく写らない可能性があります。しっかりと記載された情報が写り込んでいないと、再提出などの無駄なやりとりの時間が発生してしまい、スムーズにカードローン契約までを完了させられない場合もあります。

ただし、高額の借り入れの場合は電話による在籍確認が行われる

基本的には書類による在籍確認ができるのは、50万円未満程度の金額の借り入れの場合が多いです。50万円以上のお金を借り入れる場合は、審査が厳しくなる傾向にあるため、電話による在籍確認が行われる場合がほとんどです。

電話での在籍確認がないカードローンの選び方

電話での在籍確認がないカードローンの選び方

さて、電話での在籍確認のない(=書類による在籍確認)カードローンはどのように選べば良いのでしょうか?

書類による在籍確認を希望するときには消費者金融のカードローンを選ぼう

書類による在籍確認のカードローンは、主に消費者金融から提供されています。先ほども解説したように銀行のカードローンでは、ほぼ電話での在籍確認となるので利用の際には注意してくださいね。

消費者金融のウェブ完結の申し込みがおすすめ

消費者金融のカードローンでは「ウェブ完結」という申し込みサービスがあります。このウェブ完結という申し込みを利用すると、ウェブ(インターネット)から申し込んで、審査、在籍確認、カードローン契約、キャッシングまでを本当にウェブだけで完結できるんです。

ウェブ完結サービスは電話が一切ありません

このウェブ完結サービスは在籍確認も書類で行われて本人確認の電話すらありませんので、電話による対応や審査が一切必要無いのです。電話でのやり取りが煩雑に思ってしまう人には、特に優れたサービスだと言えるでしょう。

ウェブ完結を利用する時の大きなメリット

また、ウェブ完結のサービスには利用する際のメリットがいくつかあるので、詳しく解説していきます。

  • 電話での在籍確認がない
  • カードローンが自宅に送られてこない
  • カードローンの利用明細が自宅に送られてこない
  • カードレスキャッシングが行える

電話での在籍確認がない

電話での在籍確認や本人確認がないので、職場にはもちろん、家族にもバレてしまう恐れがありません。電話での確認がないのは、利用者にとって最も大きなメリットとなるでしょう。

ローンカードが自宅に送られてこない

ローンカードが自宅に送られてこない

ウェブ完結以外の通常のカードローン申し込みだと、インターネットから申し込んだとしてもカードローン契約後には必ず自宅にローンカードが送られてきます。カードローンは一般的にはローンカードを利用してキャッシングを行うため、ローンカードが必要になるからです。しかし、ウェブ完結のサービスを利用するとローンカードを利用せずにキャッシングできるので、ローンカードが自宅に届かないのです。

ローンカードが自宅に届くと家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性があるのですが、ウェブ完結を利用すると、ローンカードが届かないので家族にバレてしまう恐れもありませんよね。

カードローンの利用明細が自宅に送られてこない

また、カードローンでキャッシングを利用すると、カードローンの利用明細書が自宅に郵送されます。この利用明細書によって家族にカードローンが見つかってしまった、という人も実は多いんです。しかし、ウェブ完結のサービスであれば、基本的にペーパーレスで「ウェブ明細書」の発行となるので、自宅に利用明細書が届かないのです。明細書が発行されないことも、家族バレしたくない人にはとても大きなメリットとなりますよね。

カードレスキャッシングが行える

先ほどウェブ完結ではローンカードが発行されないと解説してきました。実はウェブ完結ではカードレスでのキャッシングが行えます。

  • 銀行振込による即時キャッシングを利用できる
  • スマホアプリとの連携でコンビニATMから現金を借りられる

ウェブ完結のカードローンでは、主に上記の2種類の方法でお金を借りられます。一般的なウェブ完結のキャッシング方法は、銀行振込による即時振込キャッシングを行う方法です。カードローン契約後に利用中のカードローンのマイページからキャッシング手続きを行うと、申込時に登録した銀行口座へお金を振り込んでもらえるので、とてもスピーディーにお金を借りられるのです。インターネットバンキングでは、メンテナンス時間を除き基本的には24時間365日の手続きに対応している場合がほとんどですので、休日や深夜の時間帯でも簡単にキャッシングできるんですよね。

また、最近では利用者にも使いやすい様々なサービスが提供されています。一部の消費者金融ではスマホアプリとコンビ二ATMとの連携で、いつでもすぐに現金を借りられるサービスなどもあります。利用方法はとてもカンタンで、コンビニにあるATMで「スマホによるキャッシング」を選択して、指示に従ってカードローンの会員番号などを入力していくだけでお金を借りられるんですよ。このように消費者金融では利用者が利用しやすいサービスが日々開発されて、提供されているんです。

土日や祝日で在籍確認できない時は、カードローン審査はどうなる?

カードローン審査はどうなる?

書類による在籍確認では、土曜日や日曜日、祝日いつでも対応してもらえます。しかし、電話による在籍確認の場合は土日祝などの勤務先が休みの時にはどうなるのでしょうか?

電話による在籍確認ができない場合はカードローン仮契約となる

もし土日祝日などで勤務先が休みの時に在籍確認ができなければ、一旦カードローンの仮契約を行ってもらえます。仮契約となるので、希望する限度額よりも少額の限度額となります。ちなみに仮契約では、カードローン会社や申込者のステータスによって異なりますが、およそ10万円〜30万円という少額の限度額が貰えます。

平日に電話での在籍確認が取れ次第、希望する限度額がもらえる

また、仮契約後の平日にしっかり在籍確認が取れれば、希望する限度額まで上げてもらえる場合がほとんどです。休日に30万円〜の大きなお金を借りたいときには即日キャッシングは難しいのですが、10万円程度のキャッシングであれば電話による在籍確認のカードローンでも十分に可能なので、様々なカードローンを検討してみてもいいかもしれませんね。

まとめ|電話による在籍確認がないカードローンはあるが、在籍確認は必ず行われる

在籍確認は必ず行われる

この記事では、在籍確認がないカードローンにスポットを当てて、詳しく解説を進めてきました。電話での在籍確認がないカードローンはウェブ完結などのサービスを利用するととても便利ですよ。また、ウェブ完結のサービスを提供していないカードローンでも、前もって連絡しておくことで、電話以外の方法で在籍確認を行ってもらえる場合もあるんですよ。

カードローンの利用は便利なのですが、勤務先に電話されることで職場の同僚などにカードローンがバレてしまうというリスクも生じてしまいます。ですから、ぜひこの記事を参考にしながら、電話による在籍確認がないカードローンを選んで、職場バレせずにうまくカードローンを活用できるように検討してみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ