一時的に一人暮らし用の資金を借りたい!そんな方にオススメのカードローン2選

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

一人暮らしはお金がない人もできる?なるべく費用を抑える方法

更新日:2019年10月4日 公開日:2019年10月4日34 view

これから一人暮らしをする方の中には、

「一人暮らしの引っ越し費用がどのくらいかかるのか、手持ちのお金で足りるかどうか心配…」
「一人暮らしできても、少ない給与で生活費が足りるのか心配…」

など、手持ちのお金だけで一人暮らしをスタートできるのか不安、という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、「一人暮らしをはじめる費用はどのくらいかかるのか」、「お金がない方が一人暮らしの資金を抑える方法」、「一人暮らし後の生活費を抑える方法」や「一時的に一人暮らし用の資金を借りる方法」などについて、詳しく解説を進めていきます。

ぜひ本記事を参考にしながら、一人暮らしに必要な費用の削減や資金調達に成功させてみましょう。

一人暮らしをはじめる時に必要なお金

まず、一人暮らしに必要な費用について紹介します。

一人暮らしにはどのくらいの初期費用がかかる?

まず、一人暮らしをスタートするにあたり、「賃貸(住まい)」に関する出費から確認していきます。ここでは、収入があまり多くない方でも支払いを続けやすい「家賃6万円」のケースで考えてみましょう。

家賃6万円の物件の初期費用(目安)
敷金 12万円(家賃2ヶ月分)
礼金 12万円(家賃2ヶ月分)
前家賃 6万円(家賃1ヶ月分)
仲介手数料 6万円(家賃1ヶ月分)
火災保険 2万円ほど
合計 38万円〜

※目安金額です。物件や契約する不動産会社などにより、賃貸契約の初期費用は大きく異なるので注意してください。

家賃6万円の物件の初期費用は、家賃の6倍超の38万円ほどのお金が必要です。また、敷金や礼金が家賃の3〜4倍というような物件もあり、家賃の6倍〜8倍ほどの初期費用が必要となる場合もあるので注意してください。

一人暮らしには家電や家具の購入費用も必要

また、新居で一人暮らしをはじめるには、家電や家具など、家財道具の購入費用も必要でしょう。

一人暮らし用の家具や家電の購入費用(目安)
冷蔵庫 3万円
洗濯機 3万円
電子レンジ 1万円
照明器具 5,000円
カーテン 1万円
ベッド 2万円
調理道具や食器 1万円
合計 11万5,000円

※目安金額です。購入する品物により費用は大きく異なります。

その他一人暮らしに必要なお金

実家を出て一人暮らしをスタートさせる方は、「引っ越し」の費用も必要です。引っ越し資金は50キロ未満の距離の場合は5万円ほどが目安の金額となるでしょう。

一人暮らしにかかる費用の合計

この項目で紹介してきた一人暮らしをはじめる時に必要なお金は「住まいの初期費用に38万円」、「家具や家電の購入費用11万5,000円」、「引っ越し費用に5万円」となり、合計すれば54万5,000円という高額なお金が必要となります。

また、契約する住まい、購入する家具や家電、引っ越し時期(繁忙期)により、一人暮らしにかかる費用が大幅に膨らむケースもあるので注意が必要です。

お金がない人が一人暮らしにかかる費用を抑える方法

一人暮らしの初期費用にかかる費用について紹介してきましたが、予想していたよりも高額だった…という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの項目では、一人暮らしをはじめる時に必要なお金を抑える方法について、紹介していきます。

  • 賃料や敷金礼金、仲介料が安い物件を探す
  • 家具や家電は今使っているものを利用する
  • 引っ越し費用が安い業者を利用する

それぞれの項目について確認していきましょう。

敷金礼金、仲介料、賃料が安い物件を探す

一人暮らしをはじめるお金を少しでも節約するには、賃貸契約に関する費用を抑えることが最も重要でしょう。

敷金や礼金がない物件を選べば、「家賃の2ヶ月〜4ヶ月分(※家賃6万円の場合は12万円〜24万円)」ほどのお金を節約できますし、仲介料が安い不動産会社を選べば「家賃の半月〜1ヶ月(※家賃6万円の場合は3万円〜6万円)」ほどのお金を節約できます。

少しでも一人暮らしをスタートさせる費用を減らしたい方は、多くの物件を比較検討し、賃貸契約にかかる初期費用を抑えられるようにしましょう。

最近ではフリーレントの物件もある

また、最近では、数はあまり多くはありませんが、半月分〜3ヶ月分ほどの家賃が無料の「フリーレント」と呼ばれる物件もあります。

駅から遠い、築年数が古い等、あまり人気が高くない物件がフリーレントとして提供されているケースが多いです。少しでも一人暮らし資金を節約するために、フリーレント物件も検討してみましょう。

家具や家電は今使っているものを利用する

また、先ほどの項目では、一人暮らし用に家具や家電などを新調した場合の目安金額を紹介しましたが、少しでも出費を抑えたいなら、現在利用している「家具や家電」を継続して利用するようにしましょう。

現在実家暮らしで、家電を家族と兼用で使用しているという方は、フリマアプリやリサイクルショップで安い中古品を購入するのもオススメです。

引っ越し費用が安い業者を利用する

費用を抑えて一人暮らしをはじめるには、できるだけ価格が安い引っ越し業者を利用しましょう。

インターネット上から複数の引っ越しサービスの「相見積もり」がとれるサービスなどもあるので、うまく活用してください。

また、近年では引っ越しシェアリングサービス=トラックをシェアして複数人が引っ越しするサービス)など、一般的な引っ越しより3〜4割ほど低価格で引っ越しできる新しいサービスなどもあります。

一人暮らし後の生活費を抑えるには?

一人暮らしをスタートする資金はなんとか足りたけれど、一人暮らしの生活費が足りない…という状況になる可能性もあります。

一人暮らし後の生活費が足りなくなる前に、以下のポイントを見直しておきましょう。

  • 食費は自炊で!まとめ買いがお得
  • 水道ガス光熱費を節約する
  • 携帯電話料金の見直しも

それぞれの項目について説明していきます。

食費は自炊で!まとめ買いがお得

少しでも一人暮らしの生活費を抑えたいなら、自炊をメインにして、食費をできるだけ減らすようにしましょう。

一人暮らしに必要な食費は3万円〜5万円ほどと言われています。しかし、自炊をすることで、2万円〜3万円ほどに抑えられる可能性もあります。

食材は少量を購入するよりも、まとめ買いのほうがお得で購入できる場合が多いです。

また、スーパーでのセールなどもうまく活用し、安売りしている穀類や乾物、缶詰、冷凍食品など、日持ちする食材をまとめて購入しておくことで、食費を大幅に圧縮できるでしょう。

水道ガス光熱費を節約する

水道やガス、電気を節約して利用することで、毎月かかるコストを大きく抑えられる可能性もあります。

例えばテレビの電源や照明をこまめにオフにするだけでも毎月数百円〜ほどの電気代を節約できるでしょう。また、毎日利用するシャワーの使用量を減らすと、水道代やガス代の節約につながります。

毎月数百円〜1,000円ほどの節約であっても、年間を通じて考えると、1万円〜数万円ほど出費を抑えられるのです。

携帯電話料金の見直しも

また、スマホを利用している方は、毎月6,000円〜10,000円ほどの携帯電話料金を支払っている方もいるのではないでしょうか。

ドコモやソフトバンク、auなどの大手携帯キャリアの携帯電話料金が高く感じている方は、「格安SIM」への乗り換えもオススメです。

格安SIMは毎月2,000円〜3,000円ほどで契約できるサービスが多く、大手携帯キャリアから乗り換えると、毎月5,000円(年間6万円)ほどの節約を期待できます。

一人暮らしのお金がない人は一時的にカードローンの利用もオススメ

「これから一人暮らしを検討しているけれど、どうしても手待ちのお金が少なくて不安…」
という方や、
「一人暮らしをはじめたけれど、家具や家電などの初期費用にお金を使いすぎて一時的に生活費が足りなくなった…」
という方は、消費者金融が提供しているカードローンがオススメです。

一人暮らしの方にカードローンをオススメする理由

消費者金融カードローンの利用に抵抗があるという方も多いと思いますが、一人暮らしの方に消費者金融カードローンをオススメしたいのは、以下の理由があるためです。

  • 好きな時にいつでもお金を借りられる
  • カードローンを利用しなければ一切お金は不要
  • 消費者金融カードローンなら30日間の無利息期間が利用できる

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

好きな時にいつでもお金を借りられる

一度カードローンと契約すれば、その後は「限度額以内」であれば、好きな時にお金を借りられます

カードローンを利用すれば、原則24時間稼働しているコンビニATMから現金をキャッシングしたり、スマホやパソコンなどのインターネット上から自分の銀行口座への振り込みキャッシングが可能です。

カードローンは深夜や早朝、土日や祝日を問わず、いつでもお金を借りられるため、一人暮らしの急な出費にもスピーディーに対応できるでしょう。

カードローンを利用しなければ一切お金は不要

カードローンは「契約料や手数料」は一切不要です。

カードローンを利用しなければ余計なお金が一切発生しないため、「一人暮らしの万が一の出費に備えやすい(=事前契約しやすい)」のもカードローンのメリットと言えるポイントです。

消費者金融カードローンなら30日間の無利息期間が利用できる

アコムやアイフル、プロミス、レイクALSAの大手消費者金融カードローンであれば、「30日間の無利息期間」のサービスを利用できます。

この30日間無利息期間とは、カードローン契約の翌日から30日間は利息0円でお金を借りられるサービスのことです。

消費者金融カードローンの無利息期間を利用し期間内に完済すれば、借りたお金だけの返済でOKとなるため、一時的に一人暮らしのお金が足りない方が有利にキャッシングできるでしょう。

一人暮らしの方にオススメのカードローン!

最後に、一人暮らしの方にオススメしたいカードローンを紹介します。

「プロミス」は初回利用の翌日から無利息になる

一人暮らしの方にオススメしたいのは「プロミス」のカードローンです。

他社カードローンの30日間無利息期間は、カードローン契約日の翌日からスタートするのですが、プロミスの30日間無利息期間は「初回利用時の翌日」からスタートします。

万が一の資金調達として前もってカードローン契約する方は、プロミスと契約しておけば、(初回キャッシング時には)いつでも30日間無利息期間を利用できます。

いつかキャッシングする可能性があるからとりあえずカードローン契約したい…という方は、迷わずプロミスを選びましょう。

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

プロミスのカードローンは最短即日融資可能で30日間の無利息期間あり! 初回利用の翌日から30日間無利息なので、一人暮らし後の急な資金不足のために事前に契約しておくのもオススメです。

カードローン契約や利用だけでは信用情報がマイナスにならない

また、カードローンを利用するだけで信用情報がマイナスになったり、ブラックになったりするのでは、と不安な方もいるかもしれませんが、カードローン契約やカードローンの利用により信用情報にマイナス履歴が残ることはありませんので安心してください。

※カードローンへの返済を滞納すると信用情報にマイナス履歴が残る点に注意しましょう。

一人暮らしのお金が不安な方はできるだけ節約しておく

本記事では、「一人暮らしをはじめる費用はどのくらいかかるのか」、「お金がない方が一人暮らしの資金を抑える方法」、「一人暮らし後の生活費を抑える方法」や「一時的に一人暮らし用の資金を借りる方法」などについて詳しく解説を進めてきました。

一人暮らしのお金が足りない方はカードローンとの事前契約も

  • 一人暮らし物件の初期費用には家賃の4〜6倍ほどのお金が必要
  • 一人暮らしするには家具・家電の購入も必要
  • 引っ越し料金の目安はおよそ5万円ほど
  • 一人暮らしを始めるには50万円超のお金がかかるケースが多い
  • 敷金や礼金が安い物件を選べば10万円〜20万円ほどを節約できる可能性も
  • 数ヶ月の家賃が無料のフリーレントの物件を探すのもオススメ
  • 家具や家電は今使っているものを持っていく
  • 引っ越し料金が安い業者を探したり、引っ越しシェアリングを活用して出費を抑える
  • 外食が多い人は自炊へ切り替えることで生活費を大きく減らせる
  • 水道ガス光熱費の利用を控えれば年間数万円の節約に
  • 大手携帯キャリアの人は格安SIMへ乗り換えて出費を減らす
  • 一人暮らしの急な出費にはカードローンで準備しよう
  • プロミスのカードローンは利用後から30日間無利息で使いやすい

住まいの初期契約は、家賃の4倍〜6倍ほどのお金がかかる場合が多いです。また、一人暮らしをスタートさせるために家具や家電の購入費用も必要となるので注意してください。

一人暮らしのお金を節約するには、「敷金礼金が少ない物件」を選んだり、「引っ越し料金が安い業者」を選んだりすることで、出費を大きく抑えられる可能性があります。

ただし、手持ちのお金だけでは不安…というような方は、本記事で説明してきた消費者金融カードローンと事前に契約しておき、万が一の出費に備えておくことも大切です。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

一時的に一人暮らし用の資金を借りたい!そんな方にオススメのカードローン2選

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの審査・借入・メリットは?