お金がない人が今すぐできる節約術

更新日:2020年2月12日 198 view

サラリーマンやフリーターで毎月安定した給料を貰っている方の中には、

「毎月の出費が多くて、手元にお金が残らず貯金ができない…」

など、お金を貯められずに困っているという方もいるでしょう。

本記事では、「お金を貯められない人の特徴」や、「お金がない人ができる節約術」、「節約してもお金が残らない時にすべきオススメの方法」などについて、詳しく解説していきます。

手元にお金が残らず苦労している方は、本記事を参考にしながら節約を心がけてみましょう。

お金がない人・貯められない人の特徴

お金がない…貯金できない…、という方に共通する2つの特徴があります。

  • 支出と収入のバランスを考えていない
  • 何気なくお金を使っている

それぞれの項目について解説します。

支出と収入のバランスを考えていない

お金を貯められない…という方の中には「支出と収入のバランス」を考えていない方が非常に多いです。

お金を貯めるためには、家賃や光熱費、食費や雑費、交際費など、毎月最低どのくらいの支出が必要なのかをしっかりと把握しておく必要があります。

当然ですが、収入よりも支出が多ければ、お金が貯まるどころか、毎月家計が赤字となってしまいます。

毎月最低どのくらいのお金が必要?

例えば、一人暮らしをしている20代の男性サラリーマンの支出例について考えてみましょう。

20代男性サラリーマンが毎月使うお金(一例)
家賃 6万円
水道光熱費 1万5,000円
通信費(電話・インターネット) 1万3,000円
食費 5万円
雑費(日用品や洋服等) 5万円
交際費 3万円
合計 21万8,000円

上のような支出の場合、単純に計算しても21万8,000円以上の収入がないと、貯金のための余裕金が生まれないことが分かります。

また、この方の場合は「食費」や「雑費」、「交際費」の支出が多い傾向があると判断できるため、これらの出費を抑えることで貯金できるお金を作れると考えられます。

自分の毎月の支出を把握・分析する

ご自身の支出が分からないという方は、上の表のように、毎月必要最低限の支出をキチンと把握し、どの部分の支出が多いのかを分析してみましょう。

何気なくお金を使っている

また、お金を貯められない方の中には、普段から何気なくお金を使っている、という方も多いのではないでしょうか。

毎日カフェでコーヒーを飲む習慣がある方は…

例えば、「仕事がある日は必ずカフェでコーヒーを飲む」という習慣がある人について、チェックしてみましょう。

コーヒー代400円 × 20日 = 月間のコーヒー代 8,000円
8,000円 × 12ヶ月 = 年間のコーヒー代 9万6,000円

となり、仕事がある日のコーヒー代だけで、月に8,000円、年間では10万円ほどのお金を使っているという計算になります。このような方の場合は、缶コーヒーやインスタントコーヒーに切り替えることで、年間数万円を節約できるでしょう。

「お金がない」、「お金を貯められない」という方が節約するには、毎日の習慣として使っているお金を把握し、生活費を見直すことからはじめてみましょう。

お金がない人ができる節約術

続いて、お金がない人ができる節約術について、紹介します。

  • 携帯電話料金を見直す
  • ポイントカードを活用する
  • 電気や水道、ガスの節約を心がける
  • なるべくコンビニを利用しない
  • 外食をしない
  • ローンの借り換えを検討する
  • 生命保険料を見直す
  • 車が不要なら売却する
  • 購入前に本当に必要なものか考える

それぞれの節約術について、詳しく解説します。

携帯電話料金を見直す

大手携帯キャリアのドコモ、ソフトバンク、auとスマホ(携帯電話)、タブレットの契約をしているという方は、格安SIMへの乗り換えを検討してみましょう。

大手携帯キャリアとスマホの契約をしている方は、毎月7,000円〜1万円ほど支払っているという方が多いのではないでしょうか。

格安SIMの通信費は毎月2,000円〜3,000円ほどなので、大手携帯キャリアを利用するより毎月5,000円ほどのお金を節約できるでしょう。

ポイントカードを活用する

楽天市場を中心に使える「楽天スーパーポイント」や、クレジットカードのポイントプログラム、ドラッグストアのポイントなどをうまく活用すれば、大きな節約につながる可能性があります。

楽天スーパーポイントであれば、1.0%以上(※キャンペーンなどにより最大16倍=16%)のポイント還元を受けられますし、クレジットカードでも0.5%以上のポイント還元を受けられる場合が多いです。

ポイント還元率が高いサービスを利用する

毎月5万円の支払いで1.0%のポイント還元を受ける場合、毎月500円の還元となり、年間で6,000円の節約になります。

また、ポイント還元率が高いサービスやクレジットカードを利用すれば、年間数万円の節約ができる可能性も十分あり得るでしょう。

電気や水道、ガスの節約を心がける

電気や水道、ガスの利用料の節約を心がけると、月間1,000円〜2,000円ほど節約できる可能性があります。

毎日温水シャワーを10分以上浴びるという方は、シャワーの時間を5分程度に短縮することで、水道代とガス代の節約になります。また、電気製品や照明の電源をこまめにオンオフすることで、電気代を節約できます。

なるべくコンビニを利用しない

毎日何度もコンビニを利用しているという方は、コンビニの利用を控えるようにしましょう。コンビニは非常に便利なので、飲み物や食べ物などを買ってしまいがちですが、販売価格がほぼ定価なので、お得な買い物ができません。

コンビニよりも安く購入できるスーパーやドラッグストアを優先して利用し、節約を心がけましょう。

外食をしない

仕事が忙しくてほとんど外食している…という方は、できるだけ自宅でご飯を作るようにしましょう。

スーパーへの買い出しや料理する時間が必要となりますが、自炊すれば食費を大きく圧縮できます。

ローンの借り換えを検討する

現在、住宅ローンなどを利用している方で、利息が高く毎月の返済が苦しいという方は、ローンの借り換えを検討してみましょう。

例えば金利が1.0%でも下がれば、3,000万円の借入の場合は単純計算で1年間で30万円(3,000万円×1%)もの利息を減らせる可能性があります。

生命保険料を見直す

生命保険料の見直しもオススメです。生命保険にはさまざまな特約(オプション)があり、多くの特約に加入しているという方もいるでしょう。

加入している保険の特約などを見直してみて、不要な特約を解約すれば、毎月2,000〜3,000円のお金を節約できるケースもあるでしょう。

車が不要なら売却する

都市部に住んでいて、車を所有している方の中には、普段あまり車を利用していないという方も多いのではないでしょうか。

車を所有すると、ガソリン代、駐車場代、年一度の自動車税や、車検代など、非常にたくさんのお金が必要です。普段の生活で車を必要としない方は、車を手放すことで年間数十万円の節約も可能でしょう。

たまに車を利用するという方は「レンタカー」を利用したり、「カーシェアリング(=個人間でクルマをシェアするサービス)」などを利用すれば、車の所有にかかるお金を大きく減らせます。

購入前に本当に必要なものか考える

また、出費が多い方は、商品の購入前やサービスの利用前に「本当に必要なものか」をしっかりと考えた上で、お金を使うようにしましょう。

少しでも「不要かもしれない」と思うようなモノ、サービスには、極力お金を使わないようにすることも大切です。

節約しても手元にお金が残らない方へオススメの方法

節約してもどうしても手元にお金が残らない…という方は、以下の方法でお金を残すようにしましょう。

給与が入ったらすぐに貯金をする

確実にお金を残すためには、給与が入った直後に毎月決めた金額を貯金するという方法がオススメです。半強制的に貯金してしまえば、手元に残るお金だけでやりくりすることになるため、無駄な出費を圧縮できる可能性があります。

定期預金や積み立て投資も

また、定期預金で毎月一定額を貯金したり、ideco(イデコ)やNISA(ニーサ)などの非課税の積み立て投資をしてみるのも良いでしょう。

節約してもお金が足りない時はカードローンを使う

節約して生活しているけれど、一時的に生活費が足りない…という方は、銀行や消費者金融が提供しているカードローンの利用を検討してみましょう。

消費者金融カードローンはアルバイトの方でも利用しやすい

消費者金融カードローンでは安定した収入があれば、「アルバイトやパート」の方でも審査に通過させやすいです。

このため、収入に関するステータスに自信がない方でもカードローンでお金を借りられる可能性があります。

消費者金融カードローンの30日間無利息を活用する

また、ほとんどの消費者金融カードローン(※SMBCモビット以外)では、30日間の無利息期間.が設けられています。この30日間無利息とは、カードローン契約の翌日、またはキャッシングの翌日から30日間は無利息となるサービスです。

消費者金融カードローンの30日間無利息を利用し、30日間以内に完済すれば、利息0円でカードローンを利用できるため、「一時的な借入」には消費者金融カードローンが便利でオススメです。

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

プロミスのカードローンにも30日間無利息期間あり! プロミスは消費者金融カードローンの中で上限金利が最も低く、お得にキャッシングできます。

節約すれば毎月数万円の余裕金が出る場合もある

本記事では、「お金を貯められない人の特徴」や、「お金がない人ができる節約術」、「節約してもお金が残らない時にすべきオススメの方法」などについて、詳しく解説を進めてきました。

どうしてもお金が足りない場合はカードローンで一時的にお金を借りる

  • お金に余裕がない方は「支出と収入のバランス」を把握していない
  • 毎月どのくらいのお金が必要なのかを知っておく
  • 何気ない習慣から使っているお金を見直す
  • 大手携帯キャリアから格安SIMへの乗り換えで毎月5,000円以上の節約も可能
  • ポイントカードをうまく活用して生活費を節約する
  • 水道光熱費の節約で年間2〜3万円の節約も期待できる
  • コンビニよりも低価格で商品を購入できるスーパーやドラッグストアを利用する
  • 外食せずに自炊して節約する
  • 住宅ローンなどのローンの借換えを検討する
  • 保険料の見直しで毎月の出費を抑える
  • 車の所有をやめてレンタカーやカーシェアリングなどを利用する
  • 給与が入ったらすぐ貯金するのもオススメ
  • 節約してもお金が足りない時はカードローンを有効活用する

お金がない、貯金できないという方は、「支出と収入のバランスを考えていない」、「何気なくお金を使っている」という方が多いです。このため、節約を考えるより前に、自分にどのくらいの支出があるのかを、しっかりと把握するようにしましょう。

また、さまざまな節約をしたけれど、どうしてもお金が足りないという場合は、消費者金融カードローンなどをうまく活用し、一時的なお金を借りるのも良いでしょう。

ぜひ本記事を参考にしながら上手に節約し、資金不足を乗り越えてください。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

手元にお金が無くて困っている方にオススメのカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

最短当日の借入可能
店舗への来店は不要で最短当日融資可能
主婦・フリーター可
主婦の方やフリーターでも借り入れ可能
選べる無利息期間
初めての方でも安心の選べる無利息