就活中でお金がない!すぐできる節約と金欠対策

更新日:2019年10月31日 533 view

就活中の学生の中には、

「就活にかかる出費が多くてお金に困っている…」
「就活中の費用を少しでも抑えたい」

など、就活のお金の工面に困っているという方も多いでしょう。

そこで本記事では、「就活にかかるお金」、「就活中に交通費を節約する方法」、「就活中の食費を抑える方法」、「就活生の金欠対策」、「アルバイトをしている就活生の借入」などについて、詳しく解説を進めていきます。

就活にかかる出費が多くてお金に苦労している学生の方は、ぜひ本記事を参考にしながら、資金不足を解消し、就活を成功させてみましょう。

就活中に必要なお金

口コミを参考にすると、就活にかかるお金は10万円〜20万円ほどかかるケースが多いようです。実際に就活にはどのようなお金が必要となるのでしょうか。

就活中に必要な出費と費用の目安

就活中に必要となる出費と、かかる費用の目安をまとめてみました。

  • スーツ(リクルートスーツ)やカバンの購入費
  • 食費
  • 交通費
  • 宿泊費

スーツ(リクルートスーツ)やカバンの購入費

就活をする学生の方にとって、スーツやカバンは必需品です。スーツやカバン、革靴、ネクタイを持っていない学生の方は、購入費用がかかります。

購入するスーツやカバンの品質などにより費用は大きく異なりますが、リクルート用であれば、スーツ(シャツ、ネクタイ含む)に3万円〜5万円、革靴に1万円〜3万円、カバンに1万円〜3万円ほどの費用がかかるでしょう。

食費

企業の説明会や面接に行く場合は、外出先で食事をするケースもあります。オフィス街の飲食店で食事をする場合は、1,000円前後の出費が必要になるでしょう。

交通費

オフィス街への移動には、電車代やバス代などの交通費がかかります。往復の運賃を考えれば、近距離の移動でも1,000円前後のお金が必要です。また、1日で複数回の説明会や面接などに行く場合には、時間に間に合わせるためにタクシーなどを利用する(1,000円〜3,000円)こともあるでしょう。

また、地方に住んでいる学生の方が東京や大阪での企業の説明会や面接に行くという場合は、新幹線代や飛行機代などの高額な交通費が別途かかります。このため、首都圏以外に住む就活生ほど、就活にかかる交通費が増加する傾向があります。

宿泊費

地方に住む学生の方は、就活のために「宿泊」が必要となる場合がほとんどでしょう。

宿泊する地域やホテルのランクにもよりますが、ビジネスホテルに宿泊すれば、1泊8,000円〜1万円ほどのお金が必要です。

就活中のお金がない時に交通費を節約する方法

就活にはさまざまなお金が必要ですが、節約する方法もあります。まず、交通費を節約する方法から解説します。

  • 徒歩や自転車、バイクで移動する
  • 一日乗車券で交通費を節約
  • 長距離の移動にはバスを利用する
  • どうしてもお金がない時にはヒッチハイクも

徒歩や自転車、バイクで移動する

説明会や面接に行く企業が住まいの近くにあるという方は、徒歩や自転車、バイクでの移動を検討しましょう。

徒歩の移動は無料、自転車の移動には駐輪場代100円〜200円ほど、バイクの移動には駐輪場代100円〜200円+ガソリン代に100円〜200円ほどの出費で抑えられます。

一日乗車券で交通費を節約

また、複数社の説明会や面接に行くため、一日で何度も地下鉄を利用するという学生の方は、一日乗車券を利用するのもオススメです。

首都圏では、東京メトロ24時間券(600円)、東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券(900円)などがあります。

また、大阪や名古屋、仙台、福岡などの大都市の公共交通機関には一日乗車券が用意されているため、1日の運賃が一日乗車券の値段を超える場合は、必ず「一日乗車券」を利用するようにしてください。

長距離の移動にはバスを利用する

地方在住の学生が首都圏などの遠方の企業の説明会や面接に行く場合、料金が高い新幹線や飛行機はできるだけ使わず、長距離バスを利用するようにしてください。

例えば、新潟〜東京まで新幹線で行く場合、「乗車券 5620円、特急券 4430円で合計10,050 円」かかりますが、長距離バスの場合は「3,000円〜4,000円」ほどの料金で新潟〜東京間の移動が可能です。

新潟〜東京間の場合、長距離バスに乗れば往復1万円以上も節約できるため、地方在住の方で少しでも就活にかかる交通費を抑えたい方は、バスなどの格安の交通機関での移動を検討してください。

どうしてもお金がない時にはヒッチハイクも

また、「お金はあまりないけれど、時間には余裕がある」という就活生は、ヒッチハイクでエントリーした企業がある都市を目指す、という方法もあります。

ただし、「確実にヒッチハイクできるわけではない」「早く着きすぎると宿泊代金などが余計にかかる」という大きなデメリットがあるため、手持ちのお金がなくなった時の最終手段として考えておくようにしてください。

就活中の食費を抑える方法

説明会や面接を受ける企業は、オフィス街にある場合が多いでしょう。オフィス街での食事代金は1,000円以上かかるケースもあるため、以下の方法で食費を節約してください。

  • ファーストフードなどのチェーン店を利用する
  • コンビニのイートインを活用する
  • お弁当を持参して公園で食べる

ファーストフードなどのチェーン店を利用する

オフィス街にも価格の安いファーストフード店は必ずあります。節約したい就活生はレストランなどを利用せず、安価なファーストフード店などを利用し、できるだけ出費を抑えるようにしましょう。

コンビニのイートインを活用する

また、イートインスペースが設置されているコンビニも多くあります。コンビニでおにぎりやカップラーメンなどを購入し、イートインスペースで食事を済ませると、ファーストフード店で食事をするよりも節約できる可能性があるでしょう。

お弁当を持参して公園で食べる

スーツ代や交通費などに多くのお金が必要なので、就活中には食費にお金をかけたくない…という方は、自宅で作ったお弁当を持参するのも良いでしょう。

訪問先企業の近くの公園などで食事を済ませれば、お弁当の食材費だけで済ませられます。

まだまだある!お金がない就活生の金欠対策

就活生の金欠対策はまだ他にもあります。

  • 宿泊料金を抑える方法
  • 有給インターンを利用する
  • 就活のお金をどうしても捻出できない場合は親の援助も検討

それぞれの金欠対策について紹介します。

宿泊料金を抑える方法

遠方から応募先の会社へ訪問するという就活生の方で、ビジネスホテルを利用するという方は、1万円前後の宿泊代金がかかります。

また、複数の会社の説明会や面接に行くという方はビジネスホテルでの連泊が必要になり、宿泊費用が高額になるケースもあるでしょう。

夜行バスを活用する

遠方から首都圏へ就活に行くという方は、「夜行バス」をうまく活用してみましょう。バスは新幹線や飛行機に比べて安価で、バスの中で1泊できるので宿泊費用も節約できます。

Airbnbを利用する

宿泊費用が高くなってしまい、困っているという方はAirbnb(エアービーアンドビー)もうまく活用しましょう。Airbnbとは、民泊とも呼ばれていて、個人間同士で部屋の貸し借りができるサービスのことを指します。

Airbnbで安い部屋を探せば、東京都内でも2,000円〜3,000円ほどの低価格で宿泊が可能です。

有給インターン

また、最近では多くの企業で「有給インターン(有給インターンシップ)」という、インターンをしながら給料がもらえる制度が導入されています。

お金に苦労しているという就活生は、有給インターンで給料をもらいながら実務の経験をして、今後の就職に役立ててみるのもオススメです。

ただし、有給インターンは1ヶ月〜3ヶ月以上という長期間になるケースが多いという点には十分に注意しておきましょう。

就活のお金をどうしても捻出できない場合は親の援助も検討

どうしても就活のお金が無い…という場合は、親に援助を求めることも検討してみましょう。

実際に親に援助を求めた学生の方の口コミを参考にすると、親に「何のために、どれだけのお金が必要か」をしっかりと説明できれば、納得して援助してくれるケースが多いようです。

最低限必要なお金を算出した上で、親に就活にかかるお金の援助を相談するようにしてください。

アルバイトをしている就活生ならカードローンを利用できる

なお、20歳以上でアルバイトの安定した収入がある学生は、「消費者金融カードローン」の利用も検討してみましょう。

消費者金融カードローンは安定収入があれば利用できる

消費者金融のカードローンは正社員という雇用形態ではなくても、安定した収入があればアルバイトやパートの方でも審査通過を目指せます。このため、アルバイトをしている就活生の方は、カードローンでの借入に成功できる可能性があります。

消費者金融カードローンには30日間無利息がある

また、ほとんどの消費者金融カードローンには30日間の無利息期間というサービスがあります。この30日間無利息期間とは、カードローン契約の翌日、または、カードローンでの借入の翌日から30日間は無利息でお金を借りられるサービスのことを指し、無利息期間内に完済すれば利息0円のお得な借入も可能です。

即日融資可能なので手持ちが無い就活生も便利に活用できる

また、消費者金融カードローンでは、最短申し込み当日の融資も可能です。このため、今すぐお金が必要…という就活中の学生も、便利にカードローンを利用できるでしょう。

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

アルバイトをしている就活生なら即日融資可能なプロミスのカードローンがオススメ!30日間無利息期間キャッシングもあるので、お得なキャッシングが可能です。

お金がない就活生は出費を抑えて資金不足を解消する!

本記事では、「就活にかかるお金」、「就活中に交通費を節約する方法」、「就活中の食費を抑える方法」、「就活生の金欠対策」、「アルバイトをしている就活生の借入」などについて、詳しく解説を進めてきました。

アルバイト学生はカードローンの利用も検討してみよう

  • 就活生はスーツ購入費用などに5万円ほどのお金が必要
  • オフィス街での食事は高額になる場合もある
  • 就活生は交通費の出費が高くなるケースも
  • 地方に住む学生は宿泊費用も必要
  • 交通費節約のためには徒歩や自転車で移動する
  • 長距離移動の場合は長距離バスを利用する
  • 交通費のお金が無い場合はヒッチハイクも検討
  • 食費を節約したい場合はファーストフード店を利用する
  • コンビニのイートインコーナーで食事するのも金欠対策にオススメ
  • お弁当を持参して公園で食事をすると食材費だけでOK
  • 宿泊費用を抑えたいなら夜行バスで宿泊も兼ねる
  • Airbnbを利用すれば1泊2,000円〜3,000円ほどで宿泊できる可能性もある
  • 有給インターンシップを利用する
  • 就活費用を捻出できない場合は親の援助も検討する
  • 消費者金融カードローンは安定収入があれば就活生も利用できる
  • 金欠の就活生は消費者金融カードローンの30日間無利息キャッシングをうまく使う

一般的に、就活の費用は10万円〜20万円ほどかかるケースが多いです。また、就活が長期化したり、地方在住の方が首都圏での就職を検討しているという方は、さらにお金が必要になる場合もあります。

就活で必要となるお金には、スーツやネクタイ、カバンなどの服装にかかるお金、説明会や面接会場までの交通費、就活中の食事代、宿泊費などがあります。

交通費なら「徒歩や自転車」、遠距離なら「高速バス」、食費なら「コンビニ」か「お弁当」、宿泊費なら「Airbnb」などを利用したりすることで、就活の費用の大きな節約につながります。

ただし、どうしても就活に必要なお金がないという方で、アルバイトをしている学生の方は、消費者金融が提供するカードローンを使える可能性があるため、ぜひ一度申し込みを検討してみましょう。

お金に苦労している就活生は、ぜひ本記事を参考にしながらお金の問題を解決し、「就活」を成功させてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

就活で金の工面に困っている方にオススメの安心カードローンはこちら

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

最短当日の借入可能
店舗への来店は不要で最短当日融資可能
主婦・フリーター可
主婦の方やフリーターでも借り入れ可能
選べる無利息期間
初めての方でも安心の選べる無利息