• HOME
  • お金にまつわるTips
  • 生命保険の契約者貸付とは?保険会社からお金を借りる仕組みとデメリット

生命保険の契約者貸付とは?保険会社からお金を借りる仕組みとデメリット

更新日:2020年6月12日 192 view

生命保険に加入している方は、「生命保険の契約者貸付」を利用して保険会社から低金利でお金を借りられる可能性があります。

本記事では「生命保険の契約者貸付の仕組みやサービスの概要」、「生命保険の契約者貸付のメリットとデメリット」、「短期間の借入に契約者貸付よりもオススメなカードローン」などについて、詳しく解説を進めていきます。

手持ちのお金に困っている方は、ぜひ本記事を参考にしながら、資金調達に成功させてみましょう。

生命保険の契約者貸付の仕組みとサービスの概要

生命保険の契約者貸付は、「生命保険」の「契約者」を対象とした貸付制度となっています。

解約返戻金がある保険に加入している契約者が利用できる

ただし、生命保険の全ての加入者が契約者貸付の対象となるのではなく、加入している保険に「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」が設定されている方が対象です。

解約返戻金とは
生命保険や積立保険などの契約が満期になったとき、また、契約を解除したときに戻ってくる金。それぞれ満期返戻金、解約返戻金ともいう。

出典元:返戻金|コトバンク

解約返戻金は保険解約時の払い戻しのことを指し、主に生命保険、終身保険、養老保険などに適用されています。

契約者貸付は解約返戻金を担保にお金を借りられる制度

生命保険の契約者貸付とは、「解約返戻金」を「担保」にお金を借りられる制度のことで、多くの保険会社が契約者貸付のサービスを提供(※)しています。

※楽天生命保険などの一部の保険会社では、契約者貸付のサービスがない場合もあるので注意してください。

契約者貸付は解約返戻金の8割ほどが限度額の目安

また、契約者貸付を提供している保険会社により異なりますが、解約返戻金の8割ほどが借入の限度額に設定されているケースが多いです。

例えば解約返戻金が200万円の場合、8割の金額である160万円が借入限度額の目安となります。

生命保険の契約者以外は利用できない

また、「契約者貸付」という名称の通り、生命保険の契約者しか利用できません。

夫が家族全員の生命保険の契約者である場合、配偶者や子どもが生命保険の被保険者であっても、契約者の夫以外は契約者貸付を使えないので注意してください。

契約者貸付の金利はどのくらい?

また、解約返戻金の金利は、加入している生命保険等の保険会社や、加入した時期により異なりますが、年率2.5%〜8.0%前後となっています。

金利は保険会社により大きく異なるため、契約者貸付の利用を検討している方は、加入している保険会社へ事前に金利を確認しておきましょう。

契約者貸付の申し込み方法

生命保険の契約者貸付には、「インターネット」、「窓口」、「電話」など、様々な申し込み方法が用意されています。

手軽に契約者貸付を利用したいという方は、対面や電話での手続きが不要な「インターネット」からの申し込みがオススメです。

契約者貸付への申し込みから融資されるまでの期間

口コミなどを参考にすると、生命保険の契約者貸付は、申し込みから最短即日〜3営業日ほどで借入できる場合が多いようです。

生命保険の契約者貸付の返済期間や返済方法

契約者貸付でお金を借りた後、どのくらいの期間で、どのように返済すれば良いのでしょうか。

保険契約が有効な期間であればいつでも返済OK

生命保険の契約者貸付の返済期間ですが、ほとんどの保険会社では、「保険契約が有効な期間」であれば、いつでも返済が可能となっています。

また、返済方法は保険会社により異なりますが、

保険会社に一部または全額返済の連絡を行い、利息を含めた返済額の確認

銀行振り込みによる返済

の手続きとなるケースが多いです。

生命保険の契約中であれば、いつでも返済が可能ですが、長期間借入していると、その分利息が高くなるので注意が必要です。

なお、100万円を金利5.0%で1年間後に一括返済する場合は、「100万円×5%=5万円」が保険会社に支払う利息となります。

生命保険の契約者貸付のメリット

生命保険の契約者貸付のメリットについて紹介します。

  • 審査不要でお金を借りられる
  • 生命保険等を解約せずに借入できる
  • 返済期間や返済額を自由に設定できる
  • 低金利で借入できる

審査不要でお金を借りられる

生命保険の契約者貸付は、「解約返戻金」を担保にお金を借りられる制度です。貸付を行う保険会社は未返済による赤字になるリスクがないため、利用者は「審査不要」で借入できるという大きなメリットがあります。

生命保険等を解約せずに借入できる

また、契約者貸付を利用するには、生命保険等の解約は不要です。

生命保険に加入したまま、必要なお金(※限度額は解約返戻金のおよそ8割)を借りられるのも、メリットと言えるポイントです。

返済期間や返済額を自由に設定できる

また、契約者貸付は、返済期間や一回の返済額等の決まりはありません。

借入期間中は利息が発生しますが、保険の加入期間に全額完済すればOKなので、お金に余裕のあるタイミングで返済が可能です。

低金利で借入できる

生命保険の契約者貸付の金利は、年率2.5%〜8.0%ほどとなっています。カードローンなどの金利(上限金利17.8%〜18.0%)に比べて低金利なため、手軽に借入しやすいというメリットもあります。

生命保険の契約者貸付にはデメリットもある

続いて、生命保険の契約者貸付のデメリットとなるポイントを解説します。

  • 利息は複利となるので借金が膨らむ恐れも
  • 発生する利息により解約返戻金の額を超えた場合、解約される恐れがある
  • 保険が利用される時は借入が保険金から相殺される
  • 生命保険の契約直後は少額しか借入できない

利息は複利となるので借金が膨らむ恐れも

カードローンなどの金利は単利ですが、生命保険の契約者貸付の利息は、「複利」となる場合が多い点に注意しておきましょう。

複利とは、借入の利息に対しても、利息が発生する方式のことを指します。

例えば、複利の契約者貸付で100万円を金利5.0%で2年間借りた場合、1年後は105万円となりますが、2年目は105万円に金利がかかり、110万2,500円(複利分は+2,500円)となります。

このように複利の契約者貸付は、借金が増えやすいという点に気をつけなければなりません。

発生する利息により解約返戻金の額を超えた場合、解約される恐れがある

また、生命保険の契約者貸付は、利息等により借入金が解約返戻金の金額を超えてしまうと、強制的に生命保険を解約される恐れもあります。

生命保険の契約者貸付でお金を借りる前には、返済計画をしっかり立てておきましょう。

保険が利用される時は借入が保険金から相殺される

生命保険の契約者貸付を利用している方が亡くなり、保険金が支払われることになった場合、支払われる保険金から借金の金額が相殺される点に注意しておきましょう。

例えば、保険金が1,000万円支払われる予定だったけれど、契約者貸付で200万円を借りていた…という場合は、残金の800万円しか支払いが行われません。

生命保険の契約直後は少額しか借入できない

契約者貸付の限度額は、解約返戻金の8割ほどが目安です。このため、生命保険に加入直後は解約返戻金が少額なため、僅かなお金しか借入できない点に注意してください。

短期間の借入なら契約者貸付よりカードローンのほうが低金利

生命保険の契約者貸付では、2.5%〜8.0%前後の金利が発生しますが、大手消費者金融のカードローンを利用すれば、契約者貸付よりもお得にお金を借りられる可能性があります。

消費者金融カードローンには30日間の無利息期間がある

大手消費者金融であるアコム、アイフル、プロミス、レイクALSAのカードローンには、「30日間の無利息期間」のサービスが用意されています。

この30日間の無利息期間は、カードローン契約日の翌日、またはカードローンでの借入の翌日から「30日間無利息」でお金を借りられるサービスのことを指します。

無利息期間中に全額返済すれば、実質利息0円!

大手消費者金融カードローンの無利息期間中に全額を返済すれば、実質金利0%、利息0円でお得な借入も可能です。短期間だけ借入したいという方は、消費者金融のカードローンを便利に活用できるでしょう。

消費者金融カードローンは即日融資が期待できる

また、消費者金融カードローンであれば、申し込み当日の即日キャッシングも期待できます。手持ちのお金が足りなくなり、借入を急いでいる方は、消費者金融カードローンの利用も検討してみましょう。

レイクALSA

審査時間 画面に審査結果を表示 融資時間 契約後最短即日※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で最短当日中にお振込みが可能です。  一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
限度額 500万円 実質年率 4.5%~18.0%

レイクALSAのカードローンは最大180日間の無利息期間あり!即日融資も可能なので、借入を急ぐ方にオススメです。

契約者貸付は生命保険加入者が便利にお金を借りられる制度

本記事では、「生命保険の契約者貸付の仕組みやサービスの概要」、「生命保険の契約者貸付のメリットとデメリット」、「短期間の借入に契約者貸付よりもオススメなカードローン」などについて、詳しく解説を進めてきました。

短期間の借入なら、生命保険の契約者貸付よりもカードローンの方がお得にキャッシングできる

  • 契約者貸付とは、生命保険の「解約返戻金」を担保にする借入制度
  • 多くの保険会社が契約者貸付のサービスを提供している
  • 保険会社により異なるが、解約返戻金の8割ほどが借入限度額の目安となる
  • 契約者貸付は被保険者であっても「保険の契約者本人」しか利用できないので注意
  • 契約者貸付の金利は年率2.5%〜8.0%前後の場合が多い
  • 生命保険の契約者貸付は申し込みから融資まで最短即日〜3営業日ほどかかるケースが多い
  • 契約者貸付でお金を借りた後は「保険契約が有効」であればいつでも返済OK
  • 生命保険の契約者貸付での返済は、事前に連絡した上で返済する
  • 契約者貸付は審査不要でお金を借りられる
  • 生命保険等を解約せずに借入できるのは大きなメリット
  • 契約者貸付は複利となるので返済額が膨らみやすい
  • 保険が利用される時は支払われる保険金から借金が相殺される
  • 短期間だけの借入なら消費者金融カードローンの30日間無利息キャッシングがオススメ

生命保険の契約者貸付とは、保険の解約時に支払われる「解約返戻金」を担保にお金を借りられる制度のことを指します。

また、契約者貸付を提供している保険会社により異なりますが、借入限度額は解約返戻金の8割前後、金利は2.5%〜8.0%ほどのスペックとなっています。

契約者貸付は解約返戻金を担保とするため、借入時には「審査不要」でお金を借りられるという特徴もあります。

ただし、契約者貸付は複利で利息が発生するため、返済を後伸ばしにすると、その分借金が大きく膨らむ可能性がある点に十分に注意しておきましょう。

30日以内に完済予定なら消費者金融カードローンが断然オススメ

なお、借入を30日以内に完済する予定のある方は、「30日間の無利息期間」がある消費者金融カードローンの利用がオススメです。

無利息期間中に消費者金融カードローンを一括返済すれば、実質利息0円で借入でき、生命保険の契約者貸付よりもお得なキャッシングが可能なためです。

手持ちの資金が不足して困っている方は、ぜひ本記事を参考にしながら、生命保険の契約者貸付や消費者金融カードローンで借入に成功させてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

スピーディーにお金を借りたいなら、こちらのカードローンがオススメ!

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

最短当日の借入可能
店舗への来店は不要で最短当日融資可能
主婦・フリーター可
主婦の方やフリーターでも借り入れ可能
選べる無利息期間
初めての方でも安心の選べる無利息