横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ

  • 即日融資
  • WEB完結
  • おまとめローン
  • 無利息期間
審査時間 最短即日 融資時間 最短即日
限度額 1,000万円 実質年率 1.9%~14.6%
最短即日融資 横浜銀行への来店不要!最短即日融資
低金利 金利も業界最低水準の1.9%~14.6%と低金利
専業主婦可 専業主婦の方でもお申し込み可能!

横浜銀行カードローンの審査、即日融資、在籍確認について

横浜銀行カードローンは地方銀行最大手の横浜銀行が提供しているカードローンです。金利が安く最高で1000万円まで借りられるのが特徴のカードローンは、東京都や神奈川県に住んでいる人に特におすすめします。

ここでは横浜銀行カードローンが具体的にどんなカードローンなのかを解説します。借りやすさ、申込について、借入するときの方法、横浜銀行カードローンならではの特徴などです。

申込前に横浜銀行カードローンについて知っておけば、最適な申込方法や借入の仕方で利用できるようになります。横浜銀行カードローンを活用して、今抱えているお金の悩みを解決していきましょう。

横浜銀行カードローンの審査は難しい?横浜銀行カードローンの借りやすさを解説

横浜銀行カードローンに申込する場合、その借りやすさはどの程度なのでしょうか?

申込前に事前に借りやすさについて知っていれば、自分が横浜銀行カードローンで借りられるかどうかの判断をしてから申し込みすることができます。

そのためまずは横浜銀行カードローンの難易度について検証していきます。

横浜銀行カードローンはプロミスで金融事故を起こしていると借りられない可能性大

横浜銀行カードローンは信用情報を重視します。そのため過去に金融事故を起こしていてその記録が個人信用情報機関に残っていると、審査の難易度は極めて高くなってしまいます。

ただし個人信用情報機関の事故情報は一定期間が経過すると削除されます。そのため既に削除済みの記録については問われないのです。

問題はプロミスで起こしてしまった金融事故の情報です。

横浜銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社で、プロミスを経営している会社です。そのため、社内にプロミスで起きた事故情報が記録されています。しかも社内の記録なので1度事故情報が記録されるとずっと残り続けてしまうのです。

横浜銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の審査に合格しなければ借入できません。そのためプロミスで金融事故を起こしたことがある場合、横浜銀行カードローンでの借入は極めて難しくなります。

横浜銀行カードローンで借りるためには安定収入が重要

横浜銀行カードローンで借りるためには安定収入が重視されます。安定収入があれば毎月の返済を確実にしてもらえる可能性が高いからです。

安定収入といっても正社員で働いていないといけないというわけではありません。パートやアルバイト・契約社員などの非正規雇用でも安定収入です。

また安定収入を得ている人の配偶者、つまり専業主婦(夫)も借入できる可能性があります。

職種や雇用形態がより安定している方が属性が高いと判断されますので、より好条件で借入できる可能性が高まります。

しかしだからといって属性の低い状態の人が借入できないというわけではありません。

重要なのは安定した収入が継続的にあることがきちんと証明できることです。

横浜銀行カードローンの審査の口コミから難易度を検証

横浜銀行カードローンの審査についての口コミでは、

  • 消費者金融からの借り換え目的で借入できた
  • バイトでも即日融資を受けられた
  • 他のカードローンの審査に不合格だったけれど借りられた

という内容が見られました。

難易度が極めて高くなかなか借りられないというわけではないようですが、安定収入がきちんとあることが重視されているようです。

その安定収入もバイトで借入できたという口コミがあることから、決して正社員でなくても良いということが分かります。

横浜銀行カードローンは返済能力があることを示すための安定収入があれば借りられる可能性が高いと言えます。

横浜銀行カードローンは信用情報と属性がしっかりしていれば大丈夫

横浜銀行カードローンの難易度は低い!とは決して言えません。とはいっても難易度が高すぎて簡単には借りられない、というほどでもありません。

アルバイトでもパートでも構わないので、安定した収入が継続してあることが確認できれば借りることはそう難しくないでしょう。

また審査を担当しているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営しているプロミスで金融事故を起こしていないということもポイントになってきます。

もちろん他の消費者金融や銀行カードローン・クレジットカード会社などで事故を起こしている場合にも審査に影響しますので、個人信用情報機関の記録を情報照会しておくと良いでしょう。

横浜銀行カードローンは平日なら最短即日で借りられる

横浜銀行カードローンは最短で申込当日中の借入ができますが、そのためにはポイントがいります。ここでは即日融資のためのポイントを解説します。

また土日の申込についても解説しますので、これから申込するという場合に参考にしてください。

横浜銀行カードローンで即日融資を受けるには?即日融資を受けるためのポイント

横浜銀行カードローンの即日融資は誰でもできるというわけではありません。

申込した当日に借入までできるようにするためには5つのポイントがあります。

  • 横浜銀行の口座を持っていること
  • Web完結で手続きすること
  • 申込内容などに誤りが無いこと
  • 午前中に申し込むこと
  • 在籍確認が取れること

それぞれのポイントについて順番に解説します。

横浜銀行の口座を持っていること

横浜銀行カードローンでは即日融資のために横浜銀行の口座が必要というようには書いてありません。

しかし横浜銀行の口座が無い場合、契約の手続きは郵便かFAXで行うことになります。これでは時間がかかってしまいますので、申込した当日に借入するというのは実質不可能です。

スピーディーな手続きができるWeb完結を利用するためには横浜銀行の口座を持っていることが必須となります。

Web完結で手続きすること

先にも触れましたが、即日融資で借入するためにはWeb完結で契約まで全ての手続きを終わらせる必要があります。

Web完結で契約をするには、審査結果と同時に通知される専用サイトにアクセスします。指示通りに手続きすれば完了です。

申込内容などに誤りが無いこと

また申込内容に誤りがあると、その確認のための連絡で余計な手間と時間がかかってしまい、即日融資ができなくなってしまいます。

単純にミスして間違えてしまった場合でも「虚偽の内容をわざと記入したのでは?」といらぬ疑いをかけられることもないとは言えません。

そのため申込内容はきちんと確認して誤りを訂正してから送信するようにしましょう。

午前中に申し込むこと

申込する時間帯もとても重要です。

午後になってから申込すると、審査を行っている時間帯に間に合わず当日中の借入ができないかもしれません。

横浜銀行カードローンで審査を行っている時間帯は明記されていませんが、午前中のできれば早い時間帯に申込しておけば安心でしょう。

在籍確認が取れること

横浜銀行カードローンの審査では在籍確認がされます。そのため申込した日に在籍確認が取れない場合、即日融資ができなくなってしまいます。

即日融資を希望する場合には、在籍確認が必ずできる日を選んで申し込むことも大切です。

横浜銀行の口座がある場合に即日融資を受けるための手順

次に即日融資を受けるための手順を紹介します。

  1. インターネットで申込
  2. 審査結果の連絡
  3. Web完結で契約手続き
  4. 借入

横浜銀行の口座を持っていればWeb完結で手続きすることで申込当日中の借入が可能です。

横浜銀行の口座が無くてもカードローンの利用は可能!ただし当日中の借入は難しい

では横浜銀行の口座を持っていない場合はどうなのでしょうか?

横浜銀行の口座を持っていなくても横浜銀行カードローン自体の利用はできます。契約完了後に送られてくるローンカードを利用すれば、ATMでの借入ができるからです。

しかし横浜銀行の口座を持っていない人が即日融資を受けることは実質できません。Webでの契約ができないので当日中に手続きを終わらせることができないからです。

横浜銀行カードローンの審査は平日のみ、土日の申込は翌営業日以降の借入になる

横浜銀行カードローンは土日の即日融資はできません。なぜなら土日には審査の業務が行われていないからです。

そのため土日に申込した分の審査結果は翌営業日の通知になります。

その後契約が完了してから借入できるようになりますので、土日に申し込みした場合には翌営業日以降の借入が最短ということになります。

申込当日中に借入したい場合には平日の午前中に申し込むのがベストです。

横浜銀行で取引の実績があれば借入までスピーディーにできる

横浜銀行カードローンは横浜銀行の口座があれば申込みした当日中の借入もできます。ただし土日の申し込みの場合には審査の業務自体が行われていないので即日融資はできません。

また横浜銀行の口座を持っているだけでなく横浜銀行のローン商品などで取引したことがあり、順調な返済をしている実績がある場合には、審査結果はよりスピーディーに出る可能性があります。

横浜銀行カードローンは横浜銀行で取引の実績がある場合に、特に便利で素早く利用できるカードローンと言えるのです。

横浜銀行カードローンは専業主婦でもOKただし居住地域の制限に注意

横浜銀行カードローンでは具体的にどのような人なら借りられるのでしょうか?

申込時に満たしておく必要がある最低基準と具体的に借りられる人について解説します。また地方銀行ならではの地域制限についても触れていますので確認しておきましょう。

横浜銀行カードローンの申込に必須の最低基準とは

横浜銀行カードローンに申し込める人の最低基準は、

  • 年齢が20歳以上69歳以下
  • 安定収入のある方とその配偶者
  • 指定の地域に住んでいるかお勤めの方

となっています。

決して難しい基準ではありませんが、注意したいのは地域制限についてです。

地方銀行ならではの地域制限に注意

横浜銀行カードローンは全国どこに住んでいる人でも申込できるわけではありません。横浜銀行が営業している地域に住んでいるか働いている人でなければ利用できないのです。

横浜銀行カードローンに申込できるのは以下の地域に居住しているか勤務している人です。

  • 神奈川県全域
  • 東京都全域
  • 群馬県の前橋市・高崎市・桐生市

そのため条件的に横浜銀行カードローンを利用したいと思っても、指定の地域以外にお住まいだったりお勤めだったりする場合には申込ができません。

地方銀行ならではの地域制限があるので、申込の際には注意してください。

横浜銀行カードローンは専業主婦や年金受給者の申込も可能!商品概要に明言されています

横浜銀行カードローンは専業主婦や年金受給者の申込ができるということが商品概要に記載されています。

また口コミでも「専業主婦だけれど借りられた」という内容が見られましたので、実際に申込して借入できている人がいるということが分かります。

横浜銀行カードローンは学生の借入はできません

専業主婦や年金受給者は申込できる横浜銀行カードローンですが、学生の借入はできませんので注意してください。

「学生の方は不可」というのも商品概要に記載されています。

アルバイトなどで安定した収入がある場合でも学生だと借入できません。

居住地域がポイント!満たしていれば専業主婦も年金受給者も借りられる可能性あり

横浜銀行カードローンの申込時の基準でポイントになるのは、住んでいるもしくは働いている地域です。

横浜銀行は地方銀行なので営業している地域が限られています。そのためカードローンへ申し込める人の居住・勤務地域を限定しているのです。

横浜銀行カードローンは年齢と安定収入・居住もしくは勤務地域を満たしていれば、専業主婦でも年金受給者でも借入できます。

横浜銀行カードローンはATMとインターネットで借入できる

横浜銀行カードローンの借入はATMかインターネットでできます。

ATMとインターネットそれぞれの利用の仕方や利用時の注意点などを解説します。

専用のローンカードが届けば横浜銀行カードローンの借入はATMでできる

横浜銀行カードローンの借入をATMでする場合、専用のローンカードが必要です。ローンカードは契約完了後1週間程度で郵送されます。

ローンカードで行うATMでの借入について解説します。

借入ができるATMの種類と設置場所の探し方

横浜銀行カードローンの借入ができるATMの種類と設置場所の探し方を紹介します。

ATM 設置場所検索
横浜銀行 横浜銀行のATM設置場所検索はこちら
セブン銀行 セブン銀行のATM設置場所検索はこちら
ローソンATM ローソンATMの設置場所検索はこちら
コンビニATMイーネット イーネットのATM設置場所検索はこちら
イオン銀行 イオン銀行のATM設置場所検索はこちら

表に記載のイオン銀行以外のATMでは借入・返済ともに利用可能です。また借入のみであれば横浜銀行の提携金融機関でも利用できます。

横浜銀行ATMは神奈川県や東京都では駅への設置台数も多く、特に小田急線沿線には各駅に必ず設置されています。

どのATMも便利な場所にあるので簡単に探すことができますが、表の右側にある設置場所検索を利用すると詳細に調べることが可能です。

ATMの手数料は?横浜銀行カードローンを手数料無料で利用するなら横浜銀行ATMが便利

横浜銀行カードローンの借入をATMでする場合、横浜銀行ATMは手数料無料で利用することができます。

コンビニATMや提携金融機関のATMを利用して借入する場合には、それぞれ定められた手数料が必要ですので注意してください。

よりお得に横浜銀行カードローンを利用したいのであれば、横浜銀行ATMの利用がおすすめです。

横浜銀行カードローンの借入は<はまぎん>マイダイレクトを契約中ならインターネットでも可能

横浜銀行には<はまぎん>マイダイレクトというネットバンキングがあります。このネットバンキングを契約している場合、横浜銀行カードローンの借入をインターネットで行うことも可能です。

<はまぎん>マイダイレクトを利用する場合、横浜銀行の口座が必須になります。

インターネットから手軽に借入の手続きをしたいという場合には、<はまぎん>マイダイレクトの利用をおすすめします。

神奈川県で居住・勤務中なら使えるATM多数!横浜銀行の口座があればインターネットの利用も便利

横浜銀行カードローンの借入はATMですることができます。神奈川県・東京都内であれば手数料無料の横浜銀行ATMの設置も多いですから、便利に利用することが可能です。

横浜銀行に口座を持っているのであれば、<はまぎん>マイダイレクトを利用してインターネットで借入の手続きをすることもできます。

横浜銀行カードローンはATMとインターネットのうち便利な方法を選んで借入できます。

横浜銀行カードローンの特徴は?

横浜銀行カードローンに申し込む前には特徴をきちんと知っておくようにしましょう。

特徴が分かっていれば自分の使い方に合ったカードローンかどうかの判断ができますし、特徴を活かして有効活用することもできます。

横浜銀行カードローンについて知ってから申し込んで、存分に使いこなせるようになりましょう。

低金利で限度額は1000万円!指定の地域に住んでいるならまずは検討してみましょう

横浜銀行カードローンの最高限度額は1000万円です。1000万円の限度額が設けられているカードローンはそう多くありません。地方銀行のカードローンで比較するとトップクラスでしょう。

最高限度額が1000万円となると利用の幅が広がります。

単純に借入するだけでなく、他社のローンをまとめてより低金利な横浜銀行カードローンに借り換えするという使い方も可能です。

神奈川県・東京都・群馬県の一部といった限定された地域でしか利用できませんが、指定された地域に居住・勤務しているのであれば検討してみる価値のあるカードローンと言えます。

専業主婦や年金受給者でも申込できると明言されている

専業主婦や年金受給者でも申込できると明言されているのは横浜銀行カードローンの特徴です。

銀行カードローンの中には専業主婦や年金受給者が申込可能なものもありますし、できないものもあります。

そしてどちらにも共通しているのが、申込の可否が分かりやすく明記されていないということです。

横浜銀行カードローンの場合には公式サイトの商品概要に全て記載されています。そのため申込の可否が分かりやすく、申込する際に自分が最低基準を満たしているかどうかを判断しやすいというメリットがあります。

返済は2000円~だから無理なく完済できる

横浜銀行カードローンは返済が月々2000円からできます。

毎月の約定返済額は借入残高ごとに異なりますが、10万円以下の借入残高であれば返済額は2000円です。

2000円であれば生活に無理が出ない範囲で返済しながら完済を目指していけます。

余裕ができたときには約定返済額以上の金額を繰り上げ返済することもできますので、自分のペースで確実に返済ができます。

横浜銀行に口座がなくても利用できるから、これから利用したい人にもおすすめ

横浜銀行カードローンは横浜銀行に口座がなくても利用することができます。そのためこれまで横浜銀行を利用したことがない人でもカードローンだけ契約することが可能です。

横浜銀行の口座を持っていると<はまぎん>マイダイレクトを利用してインターネットで借入をするなど便利に利用できますので、カードローンをきっかけに口座開設をするのもおすすめです。

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいるならおすすめのカードローン

横浜銀行カードローンの特徴をまとめます。

  • 低金利で最高限度額が1000万円なので利用の幅が広い
  • 専業主婦・年金受給者の申込ができると明言されている
  • 約定返済額は2000円~だから無理なく返済できる
  • 口座がなくてもカードローンの利用が可能

これらの特徴から考えて、横浜銀行カードローンは利用を検討する価値があると言えます。

ただし利用できる地域に制限が設けられていますので、東京都や神奈川県に住んでいる場合にはおすすめしたいカードローンです。

横浜銀行カードローンは指定の地域に住んでいる人なら使い勝手抜群!専業主婦にもおすすめのカードローンです

横浜銀行カードローンは地域の指定こそありますが、使い勝手が良く金利も低いので指定地域に居住・勤務しているのであれば、まず最初に検討するのがおすすめです。

審査の難易度は決して低いとは言えませんが、過去に金融事故を起こしておらず安定した収入があれば借入の可能性はあります。

専業主婦や年金受給者でも申込できると明言されていますので、専業主婦でカードローンの利用を考えている場合にも安心して申し込める数少ない商品です。

横浜銀行カードローンは地域に根ざした横浜銀行の提供するカードローンです。東京都・神奈川県・群馬県の一部に住んでいるか働いている人でカードローンの利用を考えている場合には、ぜひ横浜銀行カードローンを検討してみましょう。

詳細情報DETAILED INFORMATION

基本情報
商号 株式会社横浜銀行
本社所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目1番1号
受付時間 9:00~15:00※平日のみ
登録番号 関東財務局長(登金)第36号
申込み条件
入会資格 ①ご契約時満20歳以上69歳以下の方
②安定した収入のある方、およびその配偶者 (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
③次の地域に居住またはお勤めの方 ・神奈川県内全地域 ・東京都内全地域 ・群馬県内の以下の市  前橋市、高崎市、桐生市
④保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
⑤横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
申込方法 ①ご契約時満20歳以上69歳以下の方
②安定した収入のある方、およびその配偶者 (パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
③次の地域に居住またはお勤めの方 ・神奈川県内全地域 ・東京都内全地域 ・群馬県内の以下の市  前橋市、高崎市、桐生市
④保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
⑤横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
年齢条件 満20歳以上69歳以下
保証人 不要
対応地域 ・神奈川県内全地域 ・東京都内全地域 ・群馬県内の以下の市  前橋市、高崎市、桐生市
必要書類 ①本人確認書類 運転免許証、健康保険証、パスポート、在留カード、特別永住者は特別永住者証明書のいずれかの写し。
②収入証明書類(限度額300万円までは不要) 源泉徴収票、納税証明書、確定申告書、住民税決定通知書のいずれかの写し
融資・返済
借入方法 Web・電話・来店
振込手数料 一部有料
提携ATM 自社ATM、提携金融機関ATMコンビニエンスストアに設置のATM
ATM手数料 一部有料
返済方式 当座貸越
返済期日 毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)
返済方法 口座自動引落、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等から返済可能

関連カードローンRELEVANT CARD LOAN

即日融資可能なカードローン

アイフルキャプチャ

アイフル

融資時間 最短即日
実質年率 4.5%~18%
SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

融資時間 最短即日
実質年率 3.0%~18.0%
楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

融資時間 契約後最短即日
実質年率 1.9%~14.5%