クラウドファクタリングOLTA

クラウドファクタリングOLTAは審査最短24時間、即日で資金調達できる請求書買取サービス

  • 即日融資
  • WEB完結
  • おまとめローン
  • 無利息期間
審査時間 24時間以内 融資時間 即日入金
限度額 上限なし 実質年率 -
最短即日入金 24時間以内の審査で即日入金を期待できる!
クラウドで完結 インターネットだけでファクタリングOK!
手数料が低い 2%〜9%で他社ファクタリングよりも手数料が低い

クラウドファクタリングOLTA

クラウドファクタリングのOLTA(オルタ)は、クラウド上で資金調達が完結できるファクタリングサービスで、資金繰りに困っている事業者が安全に、安心しながら即日での資金調達を期待できます。

本記事では、資金調達を検討している事業者に向けて、クラウドファクタリングのOLTAの「審査」や「利用条件・利用対象者」、「即日融資」、「申込方法」、「利用時のメリットとデメリット」、「OLTAをオススメしたい方」などについて、詳しく解説を進めていきます。

運転資金などが足りなくなりそう…という事業者は、本記事を参考にしながら、OLTAでの資金調達に成功させてみましょう。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

まず、クラウドファクタリングのOLTAのサービス内容について、簡単に説明します。

OLTAとはインターネットで完結できるファクタリングサービス

一般的なファクタリングサービスの場合、ファクタリング会社の窓口で対面での手続きが必要となるケースが多いです。

OLTAのクラウドファクタリングは、インターネット上だけで申し込み〜資金調達(銀行口座への入金)が完了でき、また、AI活用による審査が行われているため、「はやい」「かんたん」「リーズナブル」にファクタリングを利用できるという特徴があります。

OLTAが扱う「ファクタリング」サービスとは?

OLTAが扱う「ファクタリング」サービスの仕組みについて、簡単に解説します。

ファクタリングとは「売掛債権(請求書)の買取サービス」

ファクタリングとは、売掛債権(請求書の金額)が入金されるまでの期間(支払いサイト)に、売掛債権をファクタリング会社へ売却・譲渡し、売掛金の入金前に資金を調達する方法です。

ファクタリングを利用すれば、売掛金が入金されるまでのタイミングで早期の資金調達が可能になるため、事業の運転資金などが不足している事業者が資金不足を解消できます。

OLTAは2社間ファクタリングだけを取り扱う

また、ファクタリングには、売掛先に債権譲渡の通知がない「2社間ファクタリング」と、売掛先に通知がある「3社間ファクタリング」の2種類があります。

OLTAのファクタリングは2社間ファクタリングなので、売掛先(取引先)に債権譲渡の通知がありません。このため、OLTAのファクタリングを利用しても、取引先にファクタリングの利用がバレることなく、安心しながら資金調達が可能です。

売掛先(取引先)にファクタリングの利用を知られることはありますか?

いいえ。2社間ファクタリング契約ですので、取引先にファクタリングを知られることはありませんのでご安心ください。

出典:よくあるご質問|OLTA公式サイト

他社ファクタリング会社の3社間取引では売掛先に資金不足がバレる

なお、他社ファクタリング会社が提供する3社間ファクタリングを利用する場合は、売掛先の会社へ「債権譲渡を通知」した上で、ファクタリングが行われます。

3社間ファクタリングの利用=運転資金が不足していると売掛先に見られてしまうため、(他社が提供している3社間ファクタリングを利用した後は)今後の取引に影響が出る可能性がある点には注意が必要でしょう。

OLTAは急成長のファクタリング会社で事業者からの評価も高い!

また、OLTAは創業前から三菱UFJフィナンシャル・グループのMUFGデジタルアクセラレータ(スタートアップ支援)の対象として採択されていて、近年、急成長しているファクタリング会社でもあります。

創業から2年間で累計100億円の申し込みを突破したという発表もあったことから、OLTAのクラウドファクタリングは、非常に多くの事業者から注目・人気の「請求書買取サービス」であると言えるでしょう。

出典:申込金額累計100億円を突破「クラウドファクタリング」のOLTAが25億円の資金調達を実施|PR TIMES

OLTAのクラウドファクタリングのスペック

続いて、OLTAが提供しているクラウドファクタリングのスペックについて、確認していきます。

OLTAのクラウドファクタリングは審査スピード、手数料の低さに優れている

買取金額下限 設定なし
買取金額上限 設定なし
手数料 2%〜9%
審査時間 24時間以内(一営業日以内)
入金までの時間 即日(または一営業日)
面談 不要
手数料 2%〜9%

OLTAのクラウドファクタリングでは、買取額に上限や下限が設けられていません。

また、OLTAの審査は24時間以内(一営業日以内)で審査通過後の即日入金に対応、手数料も2%〜9%と低く設定されているため、ファクタリングサービスの中でも優秀なスペックであると言えるでしょう。

OLTAクラウドファクタリングの利用条件・対象者

OLTAの利用条件や利用対象者について紹介します。

OLTAを利用できる条件とは?

  • 法人の経営者や個人事業主
  • 売掛債権や請求書があり、入金待ちの状態である

上の2つの条件に当てはまる方が、OLTAのファクタリングを利用できる可能性があります。

法人の経営者や個人事業主

OLTAのファクタリングは、法人の経営者の他、個人事業主の方でも利用できます。

事業の規模にかかわらず、「事業者」であれば申し込み〜資金調達できる可能性があるのは、OLTAの大きな特徴と言えるでしょう。

売掛債権や請求書があり、入金待ちの状態である

また、OLTAを利用するためには、ファクタリングのための「売掛債権または請求書」が必要です。

商品やサービスを取引先に提供した後、取引先からの「入金待ちの状態である事業者・個人事業主」の方しか、OLTAのファクタリングを利用できないので注意してください。

創業直後の事業者はOLTAを利用できない

なお、OLTAの利用には決算書類(※個人事業主の場合は確定申告書)が必要なため、創業間もない事業者はOLTAを利用できない可能性が高い点に気をつけておきましょう。

クラウドファクタリングOLTAの審査

続いて、OLTAの審査について確認していきます。そもそもOLTAの審査難易度は高いのか低いのか、また、どのようなケースでOLTAの審査が有利になるのか、などについて紹介します。

OLTAの審査難易度と審査が有利になるポイント

  • 個人事業主でも利用できるため審査難易度はやや緩やか?
  • インターネットだけの手続きなので面談が不要
  • 売掛先が上場企業の場合は審査が優遇されるケースあり
  • 過去にOLTAを利用したことがある事業者は審査が有利

個人事業主でも利用できるため審査難易度はやや緩やか?

本記事ですでに解説したように、OLTAは会社の経営者(法人)だけではなく、個人事業主の方でも利用できる可能性があります。

個人事業主のファクタリングは金額が少額となる(=ファクタリング会社の利益が少ない)傾向があるため、法人しか利用できないファクタリング会社も多いのですが、OLTAは個人事業主でも請求書があれば資金調達できます。

他社のファクタリングに比べて、法人〜個人事業主までの利用者の幅が広く利用しやすいという面において、審査難易度はやや緩やかな傾向があると言えるかもしれません。

インターネットだけの手続きなので面談が不要

また、一般的なファクタリング会社の手続きとは異なり、OLTAはインターネット上だけで手続きを完了できます。このため、ファクタリング会社の窓口へ訪問し、担当者との面談も必要ありません。

他社のファクタリング会社では、面談時に申込者が正しく資金調達しようとしているのか、などの受け答えも審査対象となりますが、OLTAは面談が不要なため、他社のファクタリングに比べて手軽に審査を受けられます。

売掛先が上場企業の場合は審査が優遇されるケースあり

売却しようとしている売掛債権の売掛先が上場企業の場合、OLTAの審査が有利になります。

売掛先が上場企業である場合、倒産する可能性が低く、OLTAは売掛債権未回収のリスクが低くなるためです。

また、OLTAの公式サイト上には「請求書のかんたん査定」という無料で利用できる簡易査定サービスが用意されているのですが、「売掛先が上場企業である」と選択するだけで、審査通過率が10%高まることが分かります。

※「請求書のかんたん査定」は簡易査定なので、審査通過率が高くても実際の審査に落ちる可能性もある点に注意してください。

過去にOLTAを利用したことがある事業者は審査が有利

過去にOLTAを利用したことがある、同じ会社の売掛債権や請求書をOLTAへ売却したことがある、という事業者の場合、OLTAの審査が有利になるでしょう。

これは、OLTAのファクタリングを利用したことがある方=売掛債権や請求金額の回収が問題なかった顧客として見られ、良い利用実績が積み上げられているためです。

また、OLTAを何度も繰り返し利用しているというリピーターの事業者の場合は、優良顧客として手数料を下げてもらえる可能性も考えられるでしょう。

OLTAのファクタリングの審査が不利になるケースは?

反対に、OLTAのファクタリングの審査が不利になるケースについて紹介します。

売掛先の会社が経営不振である場合はOLTAの審査に落ちる

なお、売掛先の会社が経営不振に陥り倒産寸前である、というようなケースでは、OLTAの審査に落とされる可能性が高いでしょう。

少しでもOLTAのファクタリングの審査通過率を高めるには、経営が安定している会社の売掛債権・請求書を売却するようにしてください。

OLTAクラウドファクタリングでの即日資金調達

OLTAのクラウドファクタリングは、AI活用による審査が行われているため、ファクタリング審査〜入金までが非常にスピーディーです。

この項目では、OLTAのクラウドファクタリングでの最短の資金調達について解説します。

OLTAのクラウドファクタリングは24時間以内に審査結果の回答がある

OLTAのクラウドファクタリングは、申し込みから24時間以内で審査結果の回答があります。

ただし、審査結果が出るのはOLTAへ「必要書類」を提出してから24時間(一営業日)以内となっているため、資金調達を急ぐ方は事前に必要書類を準備しておきましょう。

※OLTAへ提出が必要な書類は、後の項目で詳しく解説しています。

OLTAの審査は平日に行われる点に注意

OLTAは平日のみの審査(土日祝は休み)のため、例えば金曜日にOLTAへ申し込んだ場合、(審査に時間がかかる場合は)月曜日に審査結果の回答がある点に注意してください。

OLTAは最短即日入金

また、OLTAのクラウドファクタリングの審査に通過すれば、最短で即日入金してもらえます。他社ファクタリング会社に比べ、入金までのスピードが非常に早いというメリットがあります。

※OLTAのファクタリングの審査通過の時間帯により、翌営業日の入金となるケースもあります。

OLTAクラウドファクタリングへの申込方法

続いて、OLTAへの申し込み方法について、詳しく解説していきます。

OLTAのクラウドファクタリングの入金までの3ステップ

OLTAのクラウドファクタリングの手続きは非常に簡単で、以下の3ステップで申し込み〜入金までを完了できます。

  1. OLTAのクラウドファクタリングへ申し込む
  2. OLTAの審査
  3. 指定銀行口座へ入金

OLTAのクラウドファクタリングへの申し込み手順

OLTAのクラウドファクタリングへは、インターネットからの受付のみとなっています。OLTA利用には、無料の会員登録が必要なので、まずはスマホやパソコンから会員登録の手続きを行いましょう。

その後、OLTAへ必要書類をアップロードします。また、法人と個人事業主とでは、提出書類が異なるので注意してください。

法人がOLTAクラウドファクタリング利用に必要な書類

  • 本人確認書類(免許証の表面と裏面、またはパスポートの顔写真ページと住所ページ)
  • 請求書
  • 保有する全ての法人口座の直近7ヶ月分の入出金明細
  • 昨年度の決算書
  • 昨年度の勘定科目内訳明細書

出典:OLTAクラウドファクタリング公式サイト

個人事業主がOLTAクラウドファクタリングを利用する時に必要な書類

  • 本人確認書類(免許証の表面と裏面、またはパスポートの顔写真ページと住所ページ)
  • 請求書
  • 屋号名義、(屋号の届け出がない場合)事業で使用している個人名義口座の直近7ヶ月分の入出金明細
  • 昨年度の確定申告書B(控え)と青色申告決算書(または収支内訳書)

出典:OLTAクラウドファクタリング公式サイト

OLTA利用時には、これらの書類が必要となるため、事前に準備しておきましょう。なお、紙の書類の提出は、スキャンまたは写真によりデータ化した画像をインターネットからアップロードします。

OLTAの審査〜指定銀行口座へ入金がある

OLTAへの申し込みが完了すれば、24時間(一営業日)以内に審査結果の回答があり、審査に通過すれば即日中(または翌営業日)に指定銀行口座へ入金が行われます。

なお、申込内容、審査状況によってはOLTAから電話で質問される場合もある点に注意しておきましょう。

OLTAのクラウドファクタリングのメリット・デメリット

ここで、OLTAのクラウドファクタリングのメリットとデメリットについて解説します。

OLTAクラウドファクタリングのメリットは?

  • 申し込み〜入金までのスピードが早い
  • 申し込みから入金まで全てクラウド上で完結できる
  • ファクタリング手数料が低い
  • 債権譲渡登記が不要

申し込み〜入金までのスピードが早い

本記事ですでに解説済みですが、OLTAのクラウドファクタリングは、申し込み〜入金までのスピードが非常に早いです。

他社のファクタリングサービスであれば、申し込みから入金まで早くても2〜3営業日ほどかかるのですが、OLTAのクラウドファクタリングは、審査手続きがスムーズにいけば、即日中の審査通過、資金調達を期待できるでしょう。

申し込みから入金まで全てクラウド上で完結できる

また、申し込みから入金までの手続きを、すべてクラウド上(インターネット上)で完了できるのは、OLTA利用時の大きなメリットです。

他社のファクタリングサービスの場合、「申し込みはインターネットで完了できるけれど、手続きは窓口に行く必要がある」というようなケースもあるのですが、OLTAのクラウドファクタリングは自宅や会社にいながら、手軽な「資金調達」が可能です。

ファクタリング手数料が低い

他社の2社間ファクタリングの場合は手数料20%ほどなのですが、OLTAのクラウドファクタリングは手数料2%〜9%で、ファクタリング業界最低水準の手数料となっています。

また、この手数料に諸経費など、すべての費用が含まれているため、手数料の利率以上にお金がかかることはありません。

なお、OLTAのファクタリングの手数料が他社に比べて安いのは、「OLTAはAIを活用した自動審査を行なっていて、審査にかかるコストを抑えている」ためだと考えられます。

OLTAのクラウドファクタリングは、手数料が安いことも大きなメリットと言えるポイントです。

債権譲渡登記が不要

また、OLTAのクラウドファクタリングは、債権譲渡登記が不要です。

債権譲渡登記を行うと、ファクタリング会社(OLTA)側は売掛金未回収のリスクを減らせるのですが、利用者は手続きが煩雑になったり、売掛先の会社へ債権譲渡の事実がバレてしまったりする可能性があります。

OLTAは、「ファクタリングの手続きを簡潔に済ませたい」、「債権譲渡の事実がバレたくない」などの利用者のニーズに合わせて、債権譲渡登記を行わないファクタリングサービスを提供していることも大きな特徴と言えます。

OLTAクラウドファクタリングにはデメリットもある?

OLTAのファクタリングには、たくさんのメリットがありましたが、デメリットとなるポイントも確認しておきましょう。

人物を見てファクタリング審査をしてもらえない

OLTAのファクタリングは、対面での取引き・面談がなく、すべてインターネット上だけで完結するため、「申込者の人柄」などは審査対象外となる点に注意してください。

他社のファクタリングサービスへの申し込み時の面談では、売掛先の経営状態が良好ではなくても「申込者の人柄や事業に対する熱意」などにより、ファクタリングを認めてもらえるケースもあります。

しかし、OLTAでは非対面での取引となるため、申込者の売上や売掛金の金額、売掛先企業の売上高などのデータしか審査の対象とならない点には注意が必要です。

OLTAはこんな事業者にオススメ!

続いて、OLTAのクラウドファクタリングをオススメしたい事業者について、以下にまとめました。

  • つなぎ資金がない…急いで資金調達したい事業者や個人事業主の方
  • 売掛先にファクタリングがバレたくない方
  • クラウド会計ソフト、オンラインバンキングを利用している方

つなぎ資金がない…急いで資金調達したい事業者や個人事業主の方

OLTAのクラウドファクタリングは、申し込み〜入金までが非常にスピーディーです。

OLTAは売掛債権や請求書があれば、1〜2日以内での現金化を期待できるため、つなぎ資金が足りず、資金調達を急いでいる事業者・個人事業主にオススメです。

売掛先にファクタリングがバレたくない方

OLTAは2社間ファクタリングで売掛先に債権譲渡の通知はありません。また、債権譲渡登記も行われないため、売掛先にバレずに売掛債権、請求書を売却したい事業者がOLTAを便利に利用できるでしょう。

クラウド会計ソフト、オンラインバンキングを利用している方

クラウド会計ソフト(=freeeやMFクラウド会計)やオンラインバンキングを使っている方も、OLTAのファクタリングサービスの利用をオススメします。

OLTAの公式サイトの「請求書のかんたん査定」では、クラウド会計ソフトやオンラインバンキング利用の項目にチェックを入れると、審査通過率が高まる=審査が有利になるためです。

OLTAの公式サイト上では、クラウド会計ソフトやオンラインバンキング利用により審査通過率が高まる理由は説明されていませんが、「クラウド会計ソフトやオンラインバンキングとの連携により、申込者の事業や売掛金のお金の動きを詳細にチェックできるため=売掛金未回収のリスクを下げられる可能性があるため」だと考えられます。

OLTAのクラウドファクタリングに関するよくある質問

最後に、OLTAのクラウドファクタリングのよくある質問について詳しく解説します。

  • Q. 売掛先から入金がない場合はどうすればいい?
  • Q. 銀行融資に落とされたけどOLTAの審査は不利になる?
  • Q. 複数債権のファクタリングは可能?

Q. 売掛先から入金がない場合はどうすればいい?

売掛先から入金されず、OLTAへの支払いができない場合、どうすれば良いのでしょうか。

A. 売掛金の入金がない場合はOLTAへ電話連絡する

売掛金が入金されない、入金が遅れるという場合は、すぐに以下のOLTAのお問い合わせ窓口へ連絡、相談してください。

OLTA お問合せ窓口
電話:050-3205-1008

※電話番号のかけ間違いにご注意ください。

Q. 銀行融資に落とされたけどOLTAの審査は不利になる?

銀行融資に落とされた場合、OLTAのクラウドファクタリングの審査が不利になるようなケースはあるのでしょうか?

A. 銀行融資の審査に落ちてもOLTAの審査通過の見込みあり

OLTAのクラウドファクタリングは「融資」ではありません。このため、銀行融資の審査に落ちてしまっても、OLTAのクラウドファクタリングの審査通過の見込みがあるので安心してください。

Q. 複数債権のファクタリングは可能?

運転資金が足りず、同時に複数の売掛債権をファクタリングしたい事業者の方もいるでしょう。

A. 同時に5債権までファクタリングできる

OLTAでは、一度の申し込みで同時に5債権のファクタリングが可能です。債権の売却を一度にまとめられるため、複数債権の売却でも申し込み手続きが煩雑になりません。

OLTAは即日入金・低い手数料が魅力のクラウドファクタリング!

本記事では、クラウドファクタリングのOLTA(オルタ)の「審査」や「利用条件・利用対象者」、「即日融資」、「申込方法」、「利用時のメリットとデメリット」、「OLTAをオススメしたい方」などについて、詳しく解説を進めてきました。

OLTAは資金調達を急ぐ事業者にオススメのファクタリングサービス

  • OLTAのクラウドファクタリングとはオンラインでファクタリングが完結できるサービス
  • OLTAは2社間ファクタリングに特化している
  • OLTAのファクタリングは売掛先に債権譲渡の通知がない
  • OLTAは創業から2年でファクタリング申し込み累計100億円を突破
  • OLTAは買取上限なし、手数料2%〜9%の優れたスペック
  • 法人や個人事業主がOLTAのクラウドファクタリングを利用できる
  • 売掛債権、請求書がある事業主がOLTAを利用できる
  • 法人は決算書の提出が必要なため、創業直後の事業者は利用できないので注意
  • OLTAの審査は面談不要なので手軽に申し込みが可能
  • 売掛先が上場企業の場合はOLTAの審査通過率が高まる
  • 過去にOLTAを利用したことがある事業者は審査に通過させやすい
  • OLTAは24時間以内に審査結果の回答があり、審査通過後は即日入金可能
  • OLTAへはインターネットから申し込む
  • OLTAは申し込み〜入金までのスピードが非常に早い
  • 債権譲渡登記がないので手続きが簡潔、売掛先にファクタリングがバレない
  • つなぎ資金が足りない事業者がOLTAを便利に利用できる
  • クラウド会計ソフト、オンラインバンキングを利用している方は審査が有利になる

OLTAのクラウドファクタリングは、買取上限(や下限)金額の設定がなく、手数料2%〜9%で売掛債権や請求書を買い取ってもらえるファクタリングサービスです。また、インターネット(クラウド)上だけでファクタリングの手続きが完了するため、資金調達までが非常にスピーディーで、最短24時間以内の審査、即日入金が期待できます。

OLTAのクラウドファクタリングのサービスは、「はやい」「かんたん」「リーズナブル」という点で、他社ファクタリングサービスよりも優れていると言えるでしょう。

売掛金入金までのつなぎ資金が足りない…という事業者の方は、本記事を参考にしながらOLTAのクラウドファクタリングへ申し込み〜審査通過、つなぎ資金の調達に成功させてみましょう。

詳細情報DETAILED INFORMATION

基本情報
商号 OLTA株式会社
本社所在地 東京都港区南青山一丁目15番41号 QCcube南青山115ビル 3階
受付時間 【営業時間】平日10時~18時
登録番号
申込み条件
入会資格
申込方法
年齢条件
保証人 不要
対応地域 全国
必要書類 <法人>
本人確認書類(免許証の表面と裏面、またはパスポートの顔写真ページと住所ページ)
請求書
保有する全ての法人口座の直近7ヶ月分の入出金明細
昨年度の決算書
昨年度の勘定科目内訳明細書

<個人事業主>
本人確認書類(免許証の表面と裏面、またはパスポートの顔写真ページと住所ページ)
請求書
屋号名義、(屋号の届け出がない場合)事業で使用している個人名義口座の直近7ヶ月分の入出金明細
昨年度の確定申告書B(控え)と青色申告決算書(または収支内訳書)
融資・返済
借入方法
振込手数料
提携ATM
ATM手数料
返済方式
返済期日
返済方法

関連カードローンRELEVANT CARD LOAN

即日融資可能なカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

融資時間 最短1時間
実質年率 4.5%~17.8%
SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

融資時間 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
実質年率 3.0%~18.0%
アイフルキャプチャ

アイフル

融資時間 最短即日
実質年率 4.5%~18%