西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」

更新日:2018年6月8日 公開日:2018年1月4日287 view

福岡県福岡市博多区に本店を置く地方銀行、西日本シティ銀行のカードローンについて解説を進めていきます。西日本シティ銀行では、「NCB キャッシュエース」、女性専用カードローン「キレイのトビラ」、「VCLASS」など、利用者に応じた様々なカードローンを提供していますが、この記事では一般的に利用しやすい「NCB キャッシュエース」について紹介していきます。

この「NCB キャッシュエース」は金利13%〜14.95%、限度額10万円〜300万円となっていて、銀行カードローンの中でも平均的なスペックと言えるでしょう。

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の審査基準について

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の審査基準について

まず、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」への申し込み対象となる人から確認していきましょう。

西日本シティ銀行の本店や支店付近の人が申し込める

この「NCB キャッシュエース」は、西日本シティ銀行の本店や支店付近に住まいや勤務先がある人が申し込めます。西日本シティ銀行では、本店がある福岡県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、佐賀県、長崎県、山口県、岡山県、広島県などに支店があるため、これらの地域が営業エリアとなっています。

ただし、東京都と大阪府にも西日本シティ銀行の支店があるのですが、「NCB キャッシュエース」への申し込み対象外となる点には注意しておいてくださいね。

西日本シティ銀行の口座がなくても「NCB キャッシュエース」へ申し込める

「NCB キャッシュエース」へは西日本シティ銀行の口座不要で申し込みOKとなっています。ただし、西日本シティ銀行の口座の有無により、手続き方法が異なるので注意しておきましょう。

西日本シティ銀行の口座 手続き方法
持っている 来店不要、WEB完結で申し込める。
持っていない カードローン利用前に口座開設が必要となる。来店や郵送での手続きが必須。

このように、西日本シティ銀行の口座がなくても申し込めるのですが、すでに口座を持っている人の方が手続きがスムーズとなります。

満20歳以上満69歳以下の人が「NCB キャッシュエース」へ申し込みOK!

また、「NCB キャッシュエース」への申し込み対象年齢は、満20歳以上満69歳以下となっています。他社銀行のカードローンと比較しても、高齢の世代の人までが申し込み対象となるため、他社カードローンへ申し込めなかったシニアの人でも「NCB キャッシュエース」なら申し込める可能性があります。

年金受給者も「NCB キャッシュエース」を利用できる

また、年金=安定した収入としてみてもらえるため、69歳以下の年金受給者の人も申し込み対象となるんですよね。定年退職後に年金で生活している人も「NCB キャッシュエース」なら利用しやすいので、ぜひ申し込みを検討してみてくださいね。

パートやアルバイトの人も「NCB キャッシュエース」なら使える!

また、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」の公式サイトにも明記されているように、パートやアルバイトというステータスの人でもカードローンを利用できるんですよね。

「NCB キャッシュエース」は2社の保証会社!

また、「NCB キャッシュエース」の保証会社は2社あり、アコム株式会社またはワイジェイカード株式会社となっています。カードローンの保証会社は、利用者の返済保証の他にカードローン審査も行うため、「NCB キャッシュエース」ではこれら2社の審査を通ることになるんですよね。

「NCB キャッシュエース」の保証会社について
保証会社名 特徴
アコム株式会社 大手の消費者金融。審査基準は比較的緩やか。
ワイジェイカード株式会社 ヤフーの連結子会社で、クレジットカードの「Yahoo! JAPANカード」や「ソフトバンクカード」を発行する金融業を営む会社。審査基準はやや緩やか。

それぞれの保証会社は、上記の表のような特徴があります。また、「NCB キャッシュエース」のカードローン審査は、これら2社どちらかの審査に通過させればOKなんです。複数の保証会社があるカードローンは審査通過率が高い傾向にあるため、パートやアルバイトというステータスの人も「NCB キャッシュエース」の審査に通過させやすいんですよね。

専業主婦も「NCB キャッシュエース」を利用しやすい!

また、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦の人も「NCB キャッシュエース」を使えるので、カードローンを探している主婦の人は、ぜひ申し込みを検討してみてくださいね。

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」での最短キャッシング

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」での最短キャッシング

西日本シティ銀行の「NCB キャッシュエース」を最短で利用する方法を確認していきましょう。

「NCB キャッシュエース」の最短キャッシング方法

  • ①西日本シティ銀行の口座を持っている
  • ②インターネットから「NCB キャッシュエース」へ申し込む
  • ③審査通過後、WEB完結で「NCB キャッシュエース」との契約を行う
  • ④自宅に「NCB キャッシュエース」のローンカードが届く

①西日本シティ銀行の口座を持っている

先ほどの項目でも解説したように、「NCB キャッシュエース」は西日本シティ銀行の口座不要で申し込みOKですが、すでに口座を持っている人が最短でキャッシング可能となっています。メインバンクとして西日本シティ銀行を利用している人は、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

②インターネットから「NCB キャッシュエース」へ申し込む

西日本シティ銀行の「NCB キャッシュエース」は、インターネットから申し込みを行いましょう。普段から利用してるスマホやパソコンから簡単に申し込み手続き可能で、文字入力に慣れている人であれば、5分〜10分程度で申し込みが完了するでしょう。

手軽にカードローンへ申し込めるのも「NCB キャッシュエース」の魅力となるポイントですよね。

③審査通過後、WEB完結で「NCB キャッシュエース」との契約を行う

申し込み後、西日本シティ銀行で審査が行われます。「NCB キャッシュエース」で実際に審査を行うのは、アコム株式会社またはワイジェイカード株式会社となっていて、どちらかの審査に通過すればOKなんです。

また、無事に審査に通過した後は、インターネット上で「NCB キャッシュエース」との契約を行います。本人を確認できる資料(原則、運転免許証、写真付住民基本台帳カード、または個人番号カード)と、限度額が50万円を超える場合は収入を確認できる資料の提出も必須となるので、前もって用意しておいてくださいね。

④自宅に「NCB キャッシュエース」のローンカードが届く

カードローン「NCB キャッシュエース」との契約手続きに不備がなければ、契約完了となります。「NCB キャッシュエース」との契約後、およそ1週間程度で自宅にローンカードが届くので、このカードを利用して西日本シティ銀行のATMや、提携ATMでキャッシングを行います。

「NCB キャッシュエース」でのキャッシングは申し込みからおよそ10日前後

このように、西日本シティ銀行のカードローン「NCB キャッシュエース」では、審査日数に2〜3営業日、ローンカード発行までにおよそ1週間前後かかることを考えると、申し込み〜キャッシングまで10日前後かかると言えるでしょう。

このため、今すぐお金を借りたい!という人は、いつでもローンカードを使えるように「NCB キャッシュエース」と前もって契約しておくか、即日キャッシング可能な他社のカードローンなどを検討してみてくださいね。

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」をおすすめしたい人!

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」をおすすめしたい人!

西日本シティ銀行カードローンの「NCB キャッシュエース」をおすすめしたい人を解説していきます。これから紹介する項目に当てはまる人は、「NCB キャッシュエース」をお得に利用できる可能性があるでしょう。

  • 西日本シティ銀行の本店や支店付近の人
  • パートやアルバイトでキャッシングしたい人
  • 69歳以下の年金受給者でお金を借りたい人

西日本シティ銀行の本店や支店付近の人

「NCB キャッシュエース」は、西日本シティ銀行の本店や支店付近に住まいや勤務先がある人が利用できます。また、西日本シティ銀行の本店や支店は、福岡県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、佐賀県、長崎県、山口県、岡山県、広島県にあるため、これらの地域内の人は申し込みを検討してみてくださいね。

ただし、これらの都道府県の全ての地域が対象とならず、一部地域のみが申し込み対象となる場合があるため、申し込み前には窓口で確認しておくことをおすすめします。

パートやアルバイトでキャッシングしたい人

パートやアルバイトでお金を借りたい人も「NCB キャッシュエース」がおすすめです。「NCB キャッシュエース」公式サイトにも記載されているように、パートやアルバイトというステータスの人も、十分に審査通過を目指せるんですよね。

また、「NCB キャッシュエース」は銀行カードローンならではのハイスペックとなっているので、少しでもお得にキャッシングしたい人は、「NCB キャッシュエース」への申し込みを検討してみてくださいね。

69歳以下の年金受給者でお金を借りたい人

「NCB キャッシュエース」の申し込み対象年齢は69歳以下となっています。さらに、年金受給者の人も「NCB キャッシュエース」への申し込み対象となるため、定年退職後で年金で生活しているシニアの人も、カードローンを利用できる可能性があるんですよね。

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」でお金を借りる方法

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」でお金を借りる方法

西日本シティ銀行カードローンの「NCB キャッシュエース」との契約完了後、お金を借りる方法を確認していきましょう。

  • 「NCB キャッシュエース」のローンカードでキャッシング
  • 「NCB キャッシュエース」の自動立替機能でキャッシング

「NCB キャッシュエース」のローンカードでキャッシング

西日本シティ銀行の「NCB キャッシュエース」との契約が完了すれば、およそ1週間で自宅にローンカードが届きます。このローンカードがあれば、西日本シティ銀行のATMや、提携ATMからいつでもキャッシングできるようになります。

「NCB キャッシュエース」の自動立替機能でキャッシング

また、西日本シティ銀行の「NCB キャッシュエース」は、自動立替機能というサービスを提供しています。この自動立替機能とは、西日本シティ銀行の口座から公共料金やクレジットカードの自動返済を行う場合、不足分を自動的に立て替えて融資してくれるサービスなんです。

自動立替機能で返済忘れの心配なし

例えば、西日本シティ銀行の口座に5万円しかなく10万円のクレジットカード支払いがある場合、自動的に不足分の5万円を融資してもらえるんですよね。うっかり口座にお金を入れ忘れている時でも、自動的に融資してくれるので、滞納や未納の恐れはないんです。西日本シティ銀行「NCB キャッシュエース」の自動立替機能はとても便利なサービスなので、ぜひうまく活用してみてくださいね。

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」のメリットとデメリット

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」のメリットとデメリット

さいごに、西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」のメリットとデメリットを確認していきましょう。

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」のメリット

  • パートやアルバイトの人も「NCB キャッシュエース」へ申し込める
  • 専業主婦や年金受給者も「NCB キャッシュエース」を使える!
  • 69歳以下の高齢のシニアの人も「NCB キャッシュエース」へ申し込みOK
  • 西日本シティ銀行の口座がある人は来店不要で契約可能
  • 「NCB キャッシュエース」の自動立替機能で払い忘れの心配ナシ!
  • 西日本シティ銀行へは毎月5,000円の返済でOK

パートやアルバイトの人も「NCB キャッシュエース」へ申し込める

西日本シティ銀行の「NCB キャッシュエース」へは、パートやアルバイトというステータスの人も申し込み可能となっています。銀行カードローンでありながら、ステータスの弱い人も審査通過を目指せるのは「NCB キャッシュエース」の大きなメリットと言えるでしょう。

また、「NCB キャッシュエース」の保証会社は2社あり、どちらか1社の審査に通過すればカードローンを利用できるため、比較的審査基準は緩やかなんですよね。

専業主婦や年金受給者も「NCB キャッシュエース」を使える!

配偶者に安定した収入があれば、専業主婦の人も申し込みOKなんです。さらに年金=安定した収入としてみてもらえるため、年金受給者も「NCB キャッシュエース」の申し込み可能なんですよね。様々なステータスの人が「NCB キャッシュエース」を利用できる可能性があるため、これらのステータスの人も申し込みを検討してみてくださいね。

69歳以下の高齢のシニアの人も「NCB キャッシュエース」へ申し込みOK

「NCB キャッシュエース」への申し込み対象年齢は、満20歳以上満69歳以下となっています。他社銀行カードローンと比較しても、高齢のシニアの人まで申し込みOKなので、他社銀行カードローンの年齢制限に引っかかった人も、「NCB キャッシュエース」なら申し込める可能性があるでしょう。

西日本シティ銀行の口座がある人は来店不要で契約可能

「NCB キャッシュエース」は口座不要で申し込み可能ですが、返済時に西日本シティ銀行の口座が必須となるため、すでに口座を持っている人が最もスピーディーに利用できます。また、口座がある人は来店不要のWEB完結でカードローン契約可能なので、普段お仕事で時間が取りにくい人も、簡単にカードローン契約可能なんです。

「NCB キャッシュエース」の自動立替機能で払い忘れの心配ナシ!

西日本シティ銀行の「NCB キャッシュエース」は、自動立替機能が用意されています。この自動立替機能を利用すれば、口座から光熱費やクレジットカード支払いの引き落としの際に、お金が不足していても自動的に融資してもらえるんでしたよね。この自動立替機能があると滞納や未納などの恐れがないため、クレヒス(=信用情報)に傷がつく心配もないでしょう。

西日本シティ銀行へは毎月5,000円の返済でOK

「NCB キャッシュエース」でお金を借りた後、毎月10日(銀行の休日の場合、翌営業日)に西日本シティ銀行の口座から自動引き落としによる返済を行います。また、毎月最低5,000円からの返済でOKなんですよね。少額の返済となるので、家計の負担にもならないでしょう。

ただし、借り入れ残高によって毎月の返済額が異なる点には注意しておいてくださいね。

借入れ残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円超 50万円以下 1万円
50万円超 150万円以下 2万円
150万円超 200万円以下 3万円
200万円超 300万円以下 4万円

西日本シティ銀行カードローン「NCB キャッシュエース」のデメリット

西日本シティ銀行のカードローン「NCB キャッシュエース」には多くのメリットがありましたが、デメリットとなる項目もあるので確認しておきましょう。

西日本シティ銀行の営業エリアの人しか申し込めない

「NCB キャッシュエース」では、西日本シティ銀行の営業エリアに住まいや勤務先がある人しか申し込めないんでしたよね。西日本シティ銀行の営業エリア外の人は、残念ですが他社銀行のカードローンを検討するようにしてみましょう。

このサイトでも様々な優秀なスペックのカードローンをたくさん紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

西日本シティ銀行のカードローン「NCB キャッシュエース」は自動立替機能が使いやすい

西日本シティ銀行のカードローン「NCB キャッシュエース」は自動立替機能が使いやすい

この記事では、西日本シティ銀行の「NCB キャッシュエース」について詳しく解説してきました。「NCB キャッシュエース」は金利13%〜14.95%、限度額10万円〜300万円というスペックとなっていて、満20歳以上満69歳以下という人が申し込みOKのカードローンでしたよね。

「NCB キャッシュエース」は銀行カードローンでありながら、消費者金融のアコムの審査も通るため、比較的審査基準は緩やかな傾向にあるんです。また、「NCB キャッシュエース」の特徴的なサービスである自動立替機能を利用すれば、クレジットカードや光熱費の返済に遅れることもないんですよね。

「NCB キャッシュエース」は使いやすい銀行カードローンとなっているので、ぜひこの記事を参考にしながら申し込みを検討してみてはいかがでしょうか

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ