大東銀行「PremiumD(プレミアムD) カードローン」

ご契約から30日間利息0円!大東銀行「PremiumD(プレミアムD) カードローン」

  • 即日融資
  • WEB完結
  • おまとめローン
  • 無利息期間
審査時間 融資時間
限度額 1,000万円 実質年率 2.9%~14.5%

大東銀行「PremiumD(プレミアムD) カードローン」

更新日:2018年10月16日 公開日:2017年11月14日540 view

この記事では、福島県郡山市に本店を置く大東銀行の「PremiumD(プレミアムD)カードローン」を解説していきます。大東銀行のPremiumD(プレミアムD)カードローンは金利2.9%〜14.5%で限度額が1000万円と高額なキャッシングまで可能な、地方銀行のカードローンとなっています。スペック的には大手メガバンクや優良地方銀行のカードローンと同レベルの非常に優秀なカードローンとなっているので、利用対象となる人はぜひ利用を検討してみましょう。

また、大東銀行では「PremiumD Plus(プレミアムDプラス)カードローン」というカードローンも提供しています。このPremiumD Plus(プレミアムDプラス)は金利4.5%〜14%、限度額500万円となっているのですが、申し込みには大東銀行の口座が必要となります。そこで、この記事では誰でもかんたんに申し込みやすいPremiumD(プレミアムD)を中心に解説しながら、PremiumD Plus(プレミアムDプラス)との比較なども併せて解説していきます。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」の審査基準

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」の審査基準

まずは大東銀行PremiumD(プレミアムD)のカードローンに申し込める人から解説していきます。PremiumD(プレミアムD)の申し込みには条件があるんです。

PremiumD(プレミアムD)カードローンは大東銀行の営業地域内の人が申し込める

PremiumD(プレミアムD)は、大東銀行の営業地域内「福島県、栃木県、埼玉県、東京都」に住む人、もしくは勤務する人が申し込み対象となります。これらの地域外に住む人は、残念ながらPremiumD(プレミアムD)へ申し込めないので、別のカードローンを探してみてくださいね。このサイトでも様々なカードローンを解説しているので、ぜひ参考にしてみましょう。

20歳〜69歳までの人がPremiumD(プレミアムD)カードローンに申し込める

また、PremiumD(プレミアムD)の申し込み対象年齢は20歳〜69歳までとなっています。比較的高齢の人まで利用できるので、幅広い年代から支持されている人気のカードローンなんですよね。

PremiumD(プレミアムD)カードローンはアルバイトやパートの人も使える

PremiumD(プレミアムD)の公式サイトの商品概要にも記載されているように、アルバイトやパートの人でも「安定した収入」があれば、審査通過を目指せるんです。少しステータスが低いとお悩みの人でも比較的カードローン審査に通過させやすいので、利用を検討してみても良いかもしれませんね。

専業主婦や年金受給者もPremiumD(プレミアムD)カードローンを利用できる

さらに専業主婦や年金受給者もPremiumD(プレミアムD)の利用対象となっています。PremiumD(プレミアムD)では様々なステータスの人がキャッシングを利用できる可能性があるんですよね。公式サイトにも利用対象となる人がしっかりと明記されているので、アルバイト、パート、専業主婦、年金受給者へも積極的に貸し付けを行なっていて審査通過させやすい傾向があると言えます。

PremiumD(プレミアムD)カードローンの保証会社は3社!

PremiumD(プレミアムD)カードローンの保証会社は、株式会社大東クレジットサービス、オリックス・クレジット株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の3社なんです。また、保証会社はカードローン審査も行うので、PremiumD(プレミアムD)ではこれら3社の審査を受けることになります。

保証会社が多いとカードローン審査通過に有利!

保証会社が3社もあるので「3社の審査全てに通過しないとカードローンが利用できないのでは?」「審査通過がかなり難しいのでは?」と考える人も多いと思いますが、実は3社のうちの1社の審査に通過すればPremiumD(プレミアムD)を利用できるんですよね。つまり、様々な角度から審査してもらえるのでカードローン審査通過を目指すにはとても有利なんです。これら3社の特徴を下記の表にまとめてみました。

PremiumD(プレミアムD)の3つの保証会社
保証会社名 特徴
株式会社大東クレジットサービス 大東銀行の連結子会社でクレジットカード業務や信用保証業務を行う
オリックス・クレジット株式会社 オリックス株式会社の子会社で、「オリックスVIPカードローン」などを提供する消費者金融
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 SMBCグループの子会社で「プロミス」を運営する消費者金融

このように、PremiumD(プレミアムD)では銀行系の審査から消費者金融系の審査があるので、あなたに合ったステータスの審査に通過できる可能性が高いんですよ。

口座不要でPremiumD(プレミアムD)カードローンへ申し込める!

銀行カードローンとしては珍しく、大東銀行の口座が不要でPremiumD(プレミアムD)へ申し込めるんです。申し込みには銀行口座が不要なので、スピーディーにカードローンへ申し込み〜キャッシングが期待できるでしょう。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」では即日キャッシングを利用できる?

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」では即日キャッシングを利用できる?

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)での融資スピードについて確認していきましょう。

PremiumD(プレミアムD)カードローンの審査、契約には2営業日程度かかる

口コミなどを参考にすると、PremiumD(プレミアムD)は即日審査の可能性がかなり低く、審査や契約手続きが完了するまでに2営業日程度かかる場合が多いんです。つまり、PremiumD(プレミアムD)での即日キャッシングはかなり難しいと考えておきましょう。

先にPremiumD(プレミアムD)カードローンと契約しておく方法もおすすめ

PremiumD(プレミアムD)では即日キャッシングが難しいのですが、時間に余裕がある時に前もってカードローン契約を済ませておく方法もおすすめです。カードローン契約後にはローンカードが発行されて、大東銀行のATMやコンビニATMからいつでもお金を借りられるようになります。また、カードローン申し込み時には同時に「大東銀行のインターネットバンキング」へ口座を開設してもらえるので、振り込みキャッシングも可能となるんですよね。

時間に余裕がある人はPremiumD(プレミアムD)カードローンと契約しておこう

今すぐお金が必要、という場合ではなくても時間に余裕がある時にPremiumD(プレミアムD)と契約しておくことで、いつでもキャッシングできるようになるので、先に契約する方法もおすすめです。もちろん、PremiumD(プレミアムD)に契約しても契約料やローンカード発行手数料など、実際にキャッシングするまでは余計な費用は一切かかりません

急な資金不足に対応するために、先にPremiumD(プレミアムD)カードローンと契約しておくことを検討してみてはいかがでしょうか。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」をおすすめしたい人

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」をおすすめしたい人

大東銀行が提供するPremiumD(プレミアムD)をおすすめしたい人を解説していきます。下記の項目に当てはまるタイプの人は、ぜひ利用を検討してみましょう。

  • 大東銀行の営業地域内にお住まいや勤務先がある人
  • アルバイトやパート、専業主婦や年金受給者の人もPremiumD(プレミアムD)カードローンがおすすめ
  • 少しでも低金利のカードローンを探している人
  • ウェブだけでスピーディーに手続きできるカードローンを探している人
  • 30日間の無利息キャッシングをお探しの人はPremiumD(プレミアムD)カードローンがおすすめ

大東銀行の営業地域内にお住まいや勤務先がある人

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)は大東銀行の営業地域内に住んでいる人や勤務先がある人しか申し込み対象になりません。大東銀行の営業地域とは「福島県、栃木県、埼玉県、東京都」となるので、これらの地域内の人は、優秀なスペックのPremiumD(プレミアムD)をおすすめできます。

アルバイトやパート、専業主婦や年金受給者の人もPremiumD(プレミアムD)カードローンがおすすめ

PremiumD(プレミアムD)では、安定した収入があればアルバイトやパートの人でも簡単に審査通過を目指せるんです。また、専業主婦や70歳未満の年金受給者もカードローンへの申し込み対象となります。PremiumD(プレミアムD)の公式サイトでもしっかりと明記されているので、これらのステータスの人でも審査に通過させやすい傾向があると考えられますよね。

少しでも低金利のカードローンを探している人

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)は金利2.9%〜14.5%でお金を借りられます。下限の2.9%でお金を借りるには500万円以上の限度額をもらえるステータスの高い人しか利用できませんが、カーローンなどの低金利の目的別ローンと同等レベルのとても有利な金利となっています。また、上限の14.5%の金利でも、消費者金融の18%と比べて3.5%もの差があるので、できるだけ利息を抑えてお金を借りたい人にPremiumD(プレミアムD)はとてもおすすめです。

ウェブだけでスピーディーに手続きできるカードローンを探している人

PremiumD(プレミアムD)はウェブだけで申し込み〜キャッシングまでを完了させられるウェブ完結にも対応しています。つまり、お手持ちのスマホ(やパソコン)からPremiumD(プレミアムD)へとても簡単に申し込みできるんですよね。

PremiumD(プレミアムD)カードローンは本人確認書類の提出も簡単!

PremiumD(プレミアムD)では、本人確認書類の提出も簡単で、本人確認書類の撮影データをアップロードするだけなんです。ただし、PremiumD(プレミアムD)の本人確認書類として認められているのは「運転免許証とパスポート」のみとなるので、注意しておきましょう。

30日間の無利息キャッシングをお探しの人はPremiumD(プレミアムD) カードローンがおすすめ

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)は銀行カードローンとしては珍しく、カードローンでの申し込み時(=口座開設)から30日間は無利息でキャッシングできるんです。消費者金融カードローンではよくある「30日間無利息キャッシング」ですが、低金利でありながら無利息キャッシングも利用できるPremiumD(プレミアムD)はとても優秀なサービス内容となっているんですよね。

ちなみにこの無利息期間を利用して30日間以内に全額返済すれば、借りたお金だけを返せば良いので余計な出費がかからないんですよ。また、1年間お金を借りたい場合でも、そのうちの約1ヶ月(30日間)は利息0円の期間となるので、少しでも返済総額を抑えたい人には大東銀行のPremiumD(プレミアムD)をおすすめできます。

大東銀行「PremiumD Plus(プレミアムD プラス)カードローン」をおすすめしたい人

大東銀行「PremiumD Plus(プレミアムD プラス)カードローン」をおすすめしたい人

また、大東銀行のPremiumD Plus(プレミアムD プラス)の利用がおすすめな人も併せて確認していきましょう。PremiumD Plus(プレミアムD プラス)はPremiumD(プレミアムD)にない優秀なサービスもあるんですよね。

  • PremiumD Plus(プレミアムD プラス)は大東銀行の口座を持っている人におすすめ
  • PremiumD Plus(プレミアムD プラス)ならおまとめローンとしても利用できる!
  • 自動引き落としで返済したいならPremiumD Plus(プレミアムD プラス)がおすすめ

PremiumD Plus(プレミアムD プラス)は大東銀行の口座を持っている人におすすめ

PremiumD Plus(プレミアムD プラス)への申し込みには大東銀行の口座が必要となりますが、PremiumD(プレミアムD)よりも金利を下げてお金を借りられる可能性があるんです。金利の上限はPremiumD(プレミアムD)が14.5%、PremiumD Plus(プレミアムD プラス)が14%となっているんです。上限の金利で0.5%以上金利を下げられる可能性があります。

PremiumD Plus(プレミアムD プラス)ならおまとめローンとしても利用できる!

PremiumD Plus(プレミアムD プラス)の公式サイトでも明記されているように「おまとめローン」としての利用も推奨しています。おまとめローンとは、複数のカードローンを利用している人が、1社のカードローンにまとめることを指します。おまとめローンのメリットとしては、

①毎月の返済額を減らせられる
②金利を下げて利息を抑えられる
③カードローンの管理が簡単になる

などの項目が挙げられます。もし現在、複数のカードローンからお金を借りている人はPremiumD Plus(プレミアムD プラス)を「おまとめローン」として利用することで、返済総額を抑えて返済負担を軽減できる可能性もあります。

自動引き落としで返済したいならPremiumD Plus(プレミアムD プラス)がおすすめ

PremiumD Plus(プレミアムD プラス)での返済方法は、大東銀行の口座から毎月5日(休日の場合は翌営業日)に自動引き落としされます。PremiumD Plus(プレミアムD)ではATMへの振込み返済となるのですが、PremiumD Plus(プレミアムD プラス)なら自動で返済できるんですよね。毎月銀行やATMから返済すると「うっかり返済を忘れていた…」場合など、カードローンの延滞履歴として信用情報に傷が残ってしまうんです。「カードローンの返済を忘れそう」とうっかりミスをしてしまいそうな人は、自動返済できるPremiumD Plus(プレミアムD プラス)がおすすめかもしれませんね。

PremiumD Plus(プレミアムD プラス)ならではのメリットもある

このように、大東銀行のPremiumD(プレミアムD プラス)には、PremiumD(プレミアムD)にはないメリットもあるので、「なんだかPremiumD(プレミアムD)のサービスはしっくりこない…」と思う人は、PremiumD Plus(プレミアムD プラス)を検討してみても良いかもしれませんね。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」でキャッシングを利用するには?

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」でキャッシングを利用するには?

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)契約後にお金を借りる方法を確認していきましょう。

  • 大東銀行ATMや提携ATMからお金を借りる
  • 大東銀行のインターネットバンキングから振り込みキャッシングを使う

大東銀行ATMや提携ATMからお金を借りる

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)での最も一般的なキャッシング方法は、PremiumD(プレミアムD)契約後に自宅に送られてくるローンカードを利用してキャッシングをする方法です。このローンカードがあれば、大東銀行ATMや提携ATM(セブン銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行)でお金を借りられるんですよね。

提携ATMは全国どこにでもあるので、外出先で急に手持ち資金が無くなった時でも安心してお金を借りられるので、とても便利に利用できるでしょう。

大東銀行のインターネットバンキングから振り込みキャッシングを使う

また、PremiumD(プレミアムD)を申し込む時に大東銀行のインターネットバンキングへも申し込んでおけば、振り込みによるキャッシングも可能となります。公共料金やクレジットカードの引き落とし前に「銀行口座にお金がない…」場合など、すぐに振り込みによるキャッシングが利用できるので、うまく活用してみてくださいね。

また、PremiumD(プレミアムD)での振り込みキャッシングは、カードローン契約後から利用できます。つまり、お手元にローンカードが無くても振り込みキャッシングが利用できるので、1日でも早くキャッシングをしたい人は必ずローンカードが届く前に振り込みキャッシングを利用しましょう。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」の特徴|メリットとデメリットを徹底解説!

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」の特徴|メリットとデメリットを徹底解説!

さいごに、大東銀行のPremiumD(プレミアムD)カードローンのメリットやデメリットを解説していきます。PremiumD(プレミアムD)には多くのメリットと、いくつかのデメリットとなる項目があるんですよね。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」のメリット

まずPremiumD(プレミアムD)のメリットから解説していきます。

  • アルバイトやパートの人もPremiumD(プレミアムD)ならお金を借りられる
  • 専業主婦や年金受給者もPremiumD(プレミアムD)の審査に通過させやすい
  • PremiumD(プレミアムD)は金利が低くてお得にお金を借りられる
  • 振り込みキャッシングもPremiumD(プレミアムD)なら可能
  • PremiumD(プレミアムD)は全国にある提携ATMでお金を借りられる
  • 大東銀行の口座が不要でPremiumD(プレミアムD)に申し込める
  • PremiumD(プレミアムD)はスマホだけで簡単に申し込みOK
  • PremiumD(プレミアムD)は30日間無利息期間を利用できる

アルバイトやパートの人もPremiumD(プレミアムD)ならお金を借りられる

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)は、審査基準が比較的緩やかなので、安定した収入があるアルバイトやパートの人でもキャッシングが期待できるんです。一般的には審査基準が高いと言われている銀行カードローンですが、PremiumD(プレミアムD)ではアルバイトやパートの人でも利用しやすいんです。

専業主婦や年金受給者もPremiumD(プレミアムD)の審査に通過させやすい

また、PremiumD(プレミアムD)の公式サイトでも明記されているように専業主婦や年金受給者の人でもカードローンを利用できるんですよね。ただし、専業主婦の人は配偶者からの収入、年金受給者は年金からの収入となるので、勤務して収入を得ている人よりもカードローンの利用限度額を下げられる可能性が高い点には注意しておきましょう。

ちなみに専業主婦や年金受給者はPremiumD(プレミアムD)では30万円程度の限度額となる場合が多いんです。

PremiumD(プレミアムD)は金利が低くてお得にお金を借りられる

PremiumD(プレミアムD)の金利は2.9%〜14.5%ととても低金利でしたよね。また、審査結果によってはかなり有利な金利にしてもらえる可能性があるので、少しでも低金利でお金を借りたい人には大きなメリットとなるでしょう。

振り込みキャッシングもPremiumD(プレミアムD)なら可能

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)へ申し込む時にインターネットバンキングへも申し込んでおけば、振り込みキャッシングを利用できるようになります。振り込みキャッシングは口座にお金が入っていない時など、とても有利に利用できます。

PremiumD(プレミアムD)は全国にある提携ATMでお金を借りられる

PremiumD(プレミアムD)のローンカードがあれば、全国にある提携ATMを利用してお金を借りられます。提携しているのは、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATM、セブン銀行ATMなどがあるので、全国どこの地域にいてもお金を借りやすいので、とても便利に活用できますよね。

大東銀行の口座が不要でPremiumD(プレミアムD)に申し込める

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)では、大東銀行の口座が無くても申し込めます。地方銀行のカードローンは、低金利で優良なカードローンを提供しているものも多くあるのですが、申し込み時に利用先の銀行口座が必須となる場合が多いんですよね。その点、PremiumD(プレミアムD)では口座不要でスムーズに申し込めるので、スピーディーな手続きが期待できるんです。

PremiumD(プレミアムD)はスマホだけで簡単に申し込みOK

もちろんPremiumD(プレミアムD)は他社のカードローンと同じように、スマホやパソコンだけで申し込み〜キャッシングを完結させられます。本人確認書類の提出も画像アップロードで提出できるのですが、先ほどの項目でも解説したように、運転免許証とパスポートしか認められていないので、注意しておきましょう。

PremiumD(プレミアムD)は30日間無利息期間を利用できる

PremiumD(プレミアムD)は、多くの消費者金融カードローンが提供している優良サービスの「30日間無利息期間」を利用できるんですよね。つまり、銀行カードローンの低金利キャッシングを利用しながら、消費者金融のようなお得なサービスが利用できるんです。この30日間無利息期間は大東銀行の口座開設から30日間と限定されているんですが、うまく活用することで数千円程度〜のお金を節約できる可能性があります。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」デメリット

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)のデメリットとなる項目を確認していきましょう。

  • 大東銀行の営業地域内の人しか申し込めない
  • PremiumD(プレミアムD)は即日キャッシングできない

大東銀行の営業地域内の人しか申し込めない

大東銀行のPremiumD(プレミアムD)の大きなデメリットとなるのは、大東銀行の営業地域内にお住まいがある人や勤務先がある人しか申し込めない点です。大東銀行の営業地域は福島県、栃木県、埼玉県、東京都となるので、対象外の地域の人は残念ですが別のカードローンを探してみましょう。

PremiumD(プレミアムD)は即日キャッシングできない

PremiumD(プレミアムD)は即日キャッシングの可能性かかなり低い点もデメリットの項目と言えるかもしれませんね。PremiumD(プレミアムD)のカードローンの審査には2営業日以上かかる場合が多く、申し込んだ当日にお金を借りたい人には不便に感じてしまうかもしれません。

しかし、どうしても大東銀行のPremiumD(プレミアムD)ですぐにお金を借りたい人は、前もってカードローン契約しておくことで、お金が必要になった時にすぐにキャッシングできるようになるんですよね。このように、PremiumD(プレミアムD)などのカードローンでお金を借りるときには、前もって計画を立てておくことで、よりスピーディーにお得にキャッシングを利用できる可能性が高まるでしょう。

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」は低金利で簡単に申し込める優秀なカードローン

大東銀行「PremiumD(プレミアムD)カードローン」は低金利で簡単に申し込める優秀なカードローン

この記事では大東銀行が提供する「PremiumD(プレミアムD)カードローン」について詳しく解説を進めてきました。PremiumD(プレミアムD)では、金利2.9%〜14.5%で最大1000万円までお金を借りられる、大変優れたカードローンとなっていましたよね。申し込み対象となるのは「福島県、栃木県、埼玉県、東京都」に住んでいる人か勤務先がある人に限られますが、30日間の無利息期間を利用できたり、スマホだけで簡単にキャッシングまで行える、顧客が利用しやすいサービスもたくさん提供しています。

PremiumD Plus(プレミアムD プラス)ならさらに低金利!

また、申し込み条件に「大東銀行の口座が必要」で「カードローン契約には来店が必須」と条件付きにはなるのですが、大東銀行のPremiumD Plus(プレミアムD プラス)なら、さらに低金利でお金を借りられる可能性もあるんです。大東銀行では、このように2種類のタイプのカードローンが用意されているので、ぜひあなたに合うカードローンを選んでうまく活用してみてくださいね。また、このサイトでもメガバンクのカードローンや地方銀行のカードローン、消費者金融のカードローンなど様々なカードローンを紹介しているので、あなたにピッタリのカードローンを見つけてお得にキャッシングを利用してみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ