福島銀行カードローン「フリーライフ」

スピード審査、アルバイト・主婦の方でもOK!福島銀行カードローン「フリーライフ」

  • 即日融資
  • WEB完結
  • おまとめローン
  • 無利息期間
審査時間 融資時間
限度額 500万円 実質年率 年4.8 ~14.6%

福島銀行カードローン「フリーライフ」

更新日:2018年10月16日 公開日:2017年12月6日659 view

この記事では、福島県福島市に本社を置く地方銀行である福島銀行のカードローンについて詳しく解説していきます。福島銀行のカードローンには「フリーライフ」「グラン・フリー」「イーべ」「ニューイーべ」「学問の助(教育カードローン)」など、多くのカードローンが提供されていますが、この記事ではアルバイトやパートも利用しやすく申し込み手続きが簡単な、福島銀行カードローン「フリーライフ」を中心に解説していきます。また、フリーライフの金利は4.8%〜14.6%で限度額は500万円まであるので、他社の銀行カードローンと比べても同等レベルのスペックと言えるでしょう。

ちなみに福島銀行にはなぜこんなにもカードローンの種類があるのか疑問に思うかもしれませんが、「様々な会社(消費者金融など)が、福島銀行のそれぞれのカードローンの保証会社を務めている」ためです。保証会社はカードローンの審査も兼任しているので、保証会社が異なれば審査基準やサービス内容が必然的に変わるんですよね。また、福島銀行内のカードローンは、それぞれ別の保証会社での審査が行われているので、例えば「グラン・フリーに落ちてしまったけど、その後で申し込んだフリーライフには審査に通過した」ということもよくあるんです。

福島銀行カードローン「フリーライフ」の審査基準について

福島銀行カードローン「フリーライフ」の審査基準について

まずは福島銀行カードローン「フリーライフ」に申し込める人から確認していきましょう。福島銀行のカードローンのフリーライフや、その他の福島銀行カードローンのほとんどは、福島銀行の営業地域内「福島県、栃木県、茨城県、宮城県、埼玉県」に住んでいる人やお勤めの人に限られます。この地域外の人は福島銀行カードローンを利用できないので、残念なのですが他社銀行のカードローンを検討してみましょう。

20歳〜68歳未満の人がフリーライフへ申し込める!

また、フリーライフへの申し込み対象年齢は20歳〜68歳未満となっています。メガバンクなどの銀行カードローンでは、65歳未満までとなる場合が多いのですが、フリーライフは65歳以上の年齢にも対応しているので、比較的年配の方でも安心してお金を借りられるでしょう。

アルバイトやパートの人でもフリーライフの審査通過が見込める

福島銀行カードローンのフリーライフの公式サイトでも記載されているように、アルバイトやパートの人でも比較的簡単に審査に通過できると言えそうです。また、審査基準が緩やかなのは、フリーライフの保証会社が大きく影響しています。

フリーライフの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社

フリーライフの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。初めて聞く名前の会社という人も多いと思いますが、このSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは、SMBCグループの完全子会社で「プロミス」を運営する消費者金融なんです。

つまり、福島銀行のフリーライフでは、プロミスの消費者金融系の審査を受けることになるので、アルバイトやパートの人でも比較的審査に通過させやすい傾向があると言えるんですよね。

フリーライフへの申し込みは福島銀行の口座が不要

また、フリーライフへの申し込みには「福島銀行の口座が不要」なんです。銀行カードローンは、利用先の銀行口座が必要となる場合が多く、手続きに時間がかかる場合があるんですよね。その点フリーライフであれば、口座不要でスピーディーな申し込みができるので簡単にカードローンを利用できるんですよね。

福島銀行カードローン「フリーライフ」での即日キャッシングは?

福島銀行カードローン「フリーライフ」での即日キャッシングは?

福島銀行のフリーライフでは、残念ながら即日キャッシングが期待できません。カードローン審査は最短即日で回答をもらえるのですが、カードローン契約には「福島銀行の窓口での契約手続き」や「郵送で契約手続き」する必要があり、キャッシングには後日郵送されるローンカードが必要になるためです。

福島銀行の窓口手続きでも即日キャッシングは難しい

できるだけ早くお金を借りたい人には福島銀行の窓口で契約手続きする方法もおすすめなのですが、キャッシングには後日郵送されるローンカードが必要になるんですよね。また、ローンカードが自宅に届くのは1週間程度かかってしまう場合が多いんです。どうしても福島銀行で即日キャッシングしたい人は、カードローン申し込み前に福島銀行のカードローン窓口で一度相談してみてくださいね。

前もってフリーライフとの契約を済ませておくのもおすすめ

また、前もってフリーライフへ申し込み〜契約しておき、先にローンカードを発行しておく方法もおすすめなんです。ローンカードさえあれば、いつでも好きなタイミングでお金を借りられるようになるので、便利にフリーライフのカードローンを利用できるようになります。

福島銀行カードローン「フリーライフ」はこんな人におすすめ!

福島銀行カードローン「フリーライフ」はこんな人におすすめ!

福島銀行カードローンのフリーライフをおすすめしたい人を解説していきます。これから紹介する項目に当てはまる人は、フリーライフへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 福島銀行の営業地域内に生活拠点がある人
  • アルバイトやパートの人で福島銀行カードローンを利用したい人
  • 福島銀行の口座をすでに持っている人
  • フリーライフの低金利カードローンを利用したい人

福島銀行の営業地域内に生活拠点がある人

福島銀行のフリーライフへの申し込みは、福島銀行の本店支店の営業地域内に住まいがある人か勤務先がある人に限定されています。営業地域は福島県、栃木県、茨城県、宮城県、埼玉県となるので、この対象地域内の人は、優良なカードローンサービスを提供してくれる福島銀行のフリーライフへ申し込めるんですよね。

アルバイトやパートの人で福島銀行カードローンを利用したい人

福島銀行のフリーライフでは、アルバイトやパートの人も利用できます。また、フリーライフでは消費者金融系の審査となるので、安定した収入があれば、アルバイトやパートのステータスであっても問題ありません。もちろん正社員の方であれば、よりスムーズに審査通過を目指せるでしょう。

アルバイトやパートのステータスでも、優良な銀行カードローンを利用できる可能性が高いので、福島銀行フリーライフの利用をぜひ検討してみてくださいね。

福島銀行の口座をすでに持っている人

福島銀行のフリーライフの申し込みには、福島銀行の口座が不要なんです。ただし、フリーライフ申し込みと同時に口座開設する必要(※返済は福島銀行口座)があるので、すでに福島銀行の口座を持っている人は、スピーディーな手続きを行える可能性があります。

フリーライフの低金利カードローンを利用したい人

福島銀行のカードローン フリーライフは、低金利でお金を借りられる優秀なカードローンとなっています。金利は限度額によって5段階に分けられています。下記の表を参考にしてみてください。

借入れ限度額 金利
〜100万円 14.6%
100万円〜200万円以下 13%
200万円〜300万円以下 11%
300万円〜400万円以下 9%
400万円〜500万円以下 4.80%

このように、限度額によって金利が下がっていくんです。つまり、フリーライフでは大きなお金を借りるほど金利を下げられるので、お得にキャッシングが利用できるんです。

福島銀行カードローン「グラン・フリー」「イーべ」「ニューイーべ」「学問の助」をおすすめしたい人は?

福島銀行カードローン「グラン・フリー」「イーべ」「ニューイーべ」「学問の助」をおすすめしたい人は?

また、福島銀行フリーライフ以外のカードローンの特徴やスペックも簡単に確認していきましょう。

「グラン・フリー」の特徴やスペック

まず、グランフリーという名称の福島銀行のカードローンを紹介していきます。

カードローン名称 グラン・フリー
金利 3.8%〜13.8%
限度額 1000万円
保証会社 オリックス・クレジット株式会社
特徴 カードローン契約時には窓口での手続きが必須

グラン・フリーでは最大1000万円までという高額な限度額が特徴なんです。大きなお金を借りたい人にはおすすめの福島銀行のカードローンと言えます。また、金利もフリーライフよりも低く設定されているのですが、保証会社がオリックス銀行の子会社の審査となるため、フリーライフよりも審査基準が若干難しい傾向にあると言えるでしょう。また、グラン・フリー契約時には必ず福島銀行への来店の必要があるので注意しておきましょう。

「イーべ」の特徴やスペック

つづいて、福島銀行の「イーべ」カードローンを確認していきましょう。

カードローン名称 イーべ
金利 6.5%、9%、14.6%
限度額 300万円
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
特徴 カードローン契約時には窓口での手続きが必須

イーべの保証会社は「オリコカード」などを発行する株式会社オリエントコーポレーションが務めています。信販会社となるので、フリーライフの「SMBCコンシューマーファイナンス(消費者金融)」による審査よりも若干審査基準が高いと考えられます。イーベの限度額は300万円となっていて他の福島銀行のカードローンよりも低いのですが、金利は3段階に分かれていて審査結果によってAコース「6.5%」、Bコース「9%」、Cコース「14.6%」の中から決定されます。

また、専業主婦、アルバイト、パートの人も利用できますが、上限額が30万円程度となる点には注意しておいてくださいね。この「イーべ」も先ほどの「グラン・フリー」と同様に、カードローン契約時には福島銀行の窓口での手続きが必須となります。

「ニューイーべ」の特徴やスペック

「イーべ」のハイスペック版とも言える福島銀行の「ニューイーべ」をみていきましょう。

カードローン名称 ニューイーべ
金利 3.8%〜13.8%
限度額 1000万円
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
特徴 福島銀行の口座がある人はカードローンをWEBだけで完結させられる

「ニューイーべ」では、金利3.8%〜13.8%、上限額1000万円となっているのでスペックは非常に優秀であると言えますよね。また、保証会社も先ほどと同じくオリコカードの「株式会社オリエントコーポレーション」が務めています。審査難易度は、「イーべ」と同じくらいであると考えておきましょう。

また、「ニューイーべ」では申込時に福島銀行の口座を持っている人だけがウェブだけでキャッシングまでを完了させられる、ウェブ完結の申込方法が用意されています。しかし、福島銀行の口座がない人は福島銀行の口座開設に窓口での手続きが必須となるので注意しておいてくださいね。

「ニューイーべ」での審査は信販会社が行うので、この記事で解説している「フリーライフ」よりも少し審査基準が高い傾向にありますが、福島銀行の口座を既に持っている人はウェブ完結を成功させられる可能性もあるので、「ニューイーべ」への申し込みを検討してみても良いかもしれませんね。

「学問の助」の特徴やスペック

さいごに、目的別のカードローンである「学問の助」を解説していきます。

カードローン名称 学問の助
金利 4.50%
限度額 500万円
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
特徴 親が子どもの教育費のみに利用できる

「学問の助」は、教育ローンでありながらカードローンでもあるんですよね。また、借りたお金の利用が限定される目的別ローンであるので金利も4.5%と、とても低く設定されているんです。利用対象となるのは、幼稚園〜大学生の保護者となり、子どもの教育費用としてキャッシングを利用できるんです(※教育費以外には利用できない)。カードローンと同じように限度額以内であれば何度でもキャッシングできるので、手軽に利用できる教育ローンをお探しの人にはおすすめできるでしょう。

福島銀行カードローン「フリーライフ」でのキャッシング方法

福島銀行カードローン「フリーライフ」でのキャッシング方法

福島銀行フリーライフでのキャッシングは、ローンカードを利用してATMからの借り入れる方法となります。フリーライフのカードローン契約が完了すれば、1週間前後で自宅にローンカードが送られてきます。

フリーライフのローンカードは全国のATMでキャッシングできる

フリーライフのローンカードは、福島銀行のATMの他に、ゆうちょ銀行やセブン銀行、イオン銀行のATMと提携を行なっています。提携ATMは全国展開しているので、どこにいてもキャッシングしやすく、とても便利なんです。

フリーライフの返済は福島銀行の口座から自動引き落としされる

また、返済時はフリーライフ契約時に開設した口座、もしくは指定した福島銀行の口座から毎月5日(休日の場合は翌営業日)に自動引き落としされます。毎月自分で返済手続きしなくても良いので、返済を忘れてしまう恐れもありませんよね。

お金に余裕のある時はフリーライフへ随時返済しておこう

フリーライフの自動返済は毎月一定額のお金しか引き落とされないので、自動返済だけを利用しているとなかなか元金(=借り入れ残高)が減らないこともあります。フリーライフでは、ATMからの随時返済も受け付けてもらえるので、お金に余裕のある時にはできるだけフリーライフへの返済を行なっておきましょう。

フリーライフで借りたお金をできるだけ早く完済させると、その分返済総額を抑えられるので、お得にキャッシングが利用できるんですよね。

フリーライフで返済できるATMに注意

フリーライフで返済に利用できるATMは福島銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行となっています。借り入れの時にはイオン銀行ATMも利用できるのですが、返済時にはイオン銀行ATMを利用できない点には注意しておきましょう。

福島銀行カードローン「フリーライフ」の特徴解説|メリットやデメリットについて

福島銀行カードローン「フリーライフ」の特徴解説|メリットやデメリットについて

さいごに、福島銀行のカードローン「フリーライフ」のメリットやデメリットを解説していくので、特徴をしっかりと把握していきましょう。

福島銀行カードローン「フリーライフ」のメリット

  • フリーライフはアルバイトやパートの人でも使いやすい
  • フリーライフの限度額は500万円もある
  • 福島銀行の口座が無くても申し込める
  • インターネットからフリーライフへ簡単に申し込める
  • フリーライフでは電話、郵便、FAX、窓口からでも申し込める
  • 福島銀行のフリーライフはメガバンク級の低金利スペック
  • フリーライフのローンカードは全国から利用できる

フリーライフはアルバイトやパートの人でも使いやすい

福島銀行のフリーライフは、公式サイトにも大きく記載されているように、アルバイトやパートの人でもカードローンを利用しやすいんです。つまり、安定した収入があればステータスが弱くても審査に通過できる可能性が高いので、アルバイトやパートの人もフリーライフへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

フリーライフの限度額は500万円もある

フリーライフでは最大500万円までキャッシングが可能となっています。ただし、年収やステータスによって、審査通過時に限度額が決められるので、500万円の限度額をもらえる人はかなり少ない傾向にあります。しかし、限度額50万円〜100万円程度であれば十分に狙える金額なので、限度額が少なくて困るような状況にはならないでしょう。

また、利用状況によっては増額申請も通過させやすいので、定期的にキャッシングと返済を繰り返している人は、比較的簡単に増額してもらえる可能性もあります。

福島銀行の口座が無くても申し込める

福島銀行のフリーライフは、福島銀行の口座が無くても申し込み可能なんです。つまり、利用対象地域内の人は、誰でも簡単に申し込めるんですよね。ただし、フリーライフでの返済は福島銀行の口座から自動引き落としとなるため、フリーライフ契約時に口座を同時開設する必要があります。福島銀行の口座を持っていない人は、口座開設に少し日数がかかる可能性もあるので注意しておきましょう。

インターネットからフリーライフへ簡単に申し込める

フリーライフはスマホやパソコンから簡単に申し込みが可能です。最近ではインターネットの普及が進んでいるのでで、スマホなどでのネット申し込みがカードローンの定番の申し込み方法になっています。フリーライフでもネットを介して申し込みできるので、申し込み用紙に記入する手間もなくスピーディーな申し込みができるでしょう。

フリーライフでは電話、郵便、FAX、窓口からでも申し込める

フリーライフではネットでの申し込みの他にも電話、郵便、FAX、窓口での申し込みにも対応してもらえます。たくさんの申し込み方法が用意されているので、あなたが申し込みやすい方法で手続きできるのもメリットと言える項目でしょう。

フリーライフへの申込方法 申し込み時間 準備しておく書類や申し込み手順
電話での申し込み 年中無休8:00〜20:00(但し1月1日は除く) 本人確認書類
FAXでの申し込み 年中無休24時間 仮審査申込書をFAXで送信
郵送での申し込み 随時受け付け 仮審査申込書を郵送
窓口での申し込み 福島銀行の本店や支店
(平日)9:00〜15:00

ローンプラザ
(平日)10:00〜18:00
(土曜)10:00〜17:00

本人確認書類と印鑑を用意し窓口での手続き

福島銀行のフリーライフはメガバンク級の低金利スペック

福島銀行のフリーライフの金利は4.8%〜14.6%と低金利でしたよね。メガバンクのカードローンの金利もほぼ同等なので、福島銀行カードローンはメガバンク級の有利なスペックでキャッシングできるのもメリットとなります。

フリーライフのローンカードは全国から利用できる

フリーライフへ契約した後に発行されるローンカードは、全国に設置されている提携ATMでの利用が可能です。大手コンビニのセブンイレブンのATMも利用できるので、全国どこにいてもお金を借りやすいんです。

福島銀行カードローン「フリーライフ」のデメリット

福島銀行のフリーライフでは、たくさんのメリットがありましたが、デメリットとなるポイントもあるんですよね。

  • 福島銀行の営業地域内の人が申し込み対象
  • フリーライフは即日キャッシングできない
  • フリーライフでは郵便か窓口での契約が必須

福島銀行の営業地域内の人が申し込み対象

フリーライフは福島銀行の営業地域内に住んでいる人か、勤務先がある人しか申し込みの対象となりません。フリーライフは良いスペックのカードローンですが、申し込み対象の地域が限定される部分はデメリットと言えるでしょう。

フリーライフは即日キャッシングできない

フリーライフへ申し込むと、原則即日審査してもらえるのですが、ATMを利用してキャッシングを行うのでローンカードが発行されるまではお金を借りられません。また、ローンカードが発行されるまでは、1週間〜10日程度の日数がかかるので、早くお金を借りたい人には少し不利な条件となるかもしれませんね。

フリーライフでは郵便か窓口での契約が必須

福島銀行のフリーライフではスマホなど、インターネットから簡単に申し込めるんですが、カードローン契約には「郵送」や「窓口」での契約手続きが必要となります。お住まいや勤務先のお近くに福島銀行の本店や支店がある人は窓口で手軽に契約できるのですが、遠方にしか店舗がない人には手続きが不便となってしまいますよね。また、郵送での手続きには少し日数もかかるため、フリーライフではスピーディーなキャッシングにはあまり向いていないと言えそうですね。

福島銀行カードローン「フリーライフ」は福島県周辺にお住まいの人が便利に利用できるカードローン

福島銀行カードローン「フリーライフ」は福島県周辺にお住まいの人が便利に利用できるカードローン

この記事では福島銀行のカードローン「フリーライフ」を中心としながら、「グラン・フリー」や「イーべ」「ニューイーべ」「学問の助」などのカードローンも併せて解説してきました。基本的には福島銀行の口座での手続きが必須となるカードローンが多いのですが、「フリーライフは郵送での契約」「ニューイーベでは福島銀行の口座を持つ人はウェブ完結可能」となっていて、条件によっては直接窓口へ出向かなくても良いカードローンもありましたよね。

福島銀行で最も審査に通過させやすく利用しやすい傾向があるのは、消費者金融系の審査難易度となる「フリーライフ」でしたよね。また、フリーライフの金利は4.8%〜14.6%で500万円までの利用も見込める、比較的スペックの良いカードローンなんです。どのカードローンがおすすめなのかは、あなたの雇用形態や年収などのステータス、お住まいの地域によっても異なってきます。ぜひこの記事を参考にしながら、あなたにピッタリの福島銀行カードローンを見つけてみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ