少額融資なら即日融資できる消費者金融のカードローンがおすすめ!

更新日:2018年10月16日 公開日:2017年5月15日651 view

「今月少しお金が足りないな…」と困っている人は、即日融資してもらえる消費者金融のカードローンがおすすめです。消費者金融のカードローンは即日融資に対応してくれる場合も多く、少しの資金不足の時に利用すると、融資までとてもスピーディーで便利に利用できます。

また、はじめてカードローンの利用を考えている人は、「どうやってカードローンに申し込めばいいの?」「高い利息を請求されないかな?」と不安な要素も多いかもしれません。この記事では、カードローンをはじめて利用する人に向けて、即日で少額融資するための方法やヒントを解説していきます。

即日で少額融資するためには?カードローンが手軽に使えておすすめ

カードローンが手軽に使えておすすめ

「少しのお金を今すぐに借りたい!」という人は、カードローンをうまく利用すると資金不足のピンチを簡単に乗り越えられますよ。また、カードローンでは最小の借り入れ限度額が10万円となっています。この10万円という少額の借り入れであれば、誰でも簡単に審査に通過できるので、うまく少額のカードローンを活用してみてくださいね。

即日で少額融資できるカードローンは、消費者金融や銀行から提供されているのですが、サービス内容や特徴が少し異なります。具体的な違いや、利用の際のメリットを詳しく解説していくので確認してみましょう。

即日で少額融資できる消費者金融カードローンの特徴

まず、消費者金融のカードローンを解説していきます。消費者金融は、あまりイメージが良くないと思う人も多いかもしれませんが、現在ではほとんどの大手消費者金融が銀行のグループ会社となっているので、安心して利用できますよ。どの消費者金融がどの銀行系グループになっているのか表にまとめてみました。

アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス SMBCグループ
SMBCモビット 三井住友銀行グループ

このように、大手メガバンクの系列になっている場合がほとんどなので、利用時に大きな安心感がありますよね。

貸金業法の改正後から消費者金融の金利や利用条件が変わった

また、消費者金融は過去には独自で経営を行う金融業者でした。その時の消費者金融では金利上限が29.2%と高く、返済ができなくなった利用者の多重債務が増えてしまい、その結果、自己破産者が急増してしまいました。消費者金融の利用が原因の自己破産者の増加は、大きな社会問題となり、国が貸金業法の見直しと法律の改正を行なったのです。

貸金業法の改正後には、上限の金利が下げられて、現在の消費者金融の金利上限は18%となり、利用者にとってかなり有利に利用できるようになりました。

消費者金融がなぜ銀行のグループ会社になったの?

現在、ほとんどの消費者金融が銀行の傘下になっているのには、実は大きな理由があるんです。先ほど説明した、過去の消費者金融での自己破産者の増加による貸し付け金の未回収や、貸金業法の改正により、消費者金融の経営が悪化して倒産寸前の状態にまで追い込まれました。

その時に、消費者金融は銀行からの資金援助のため、また、銀行は消費者金融の貸金業のノウハウ獲得のため、双方にとって大きなメリットになるので、消費者金融は銀行と手を組み銀行のグループ会社となったわけです。このような理由から、消費者金融は銀行のグループ会社となって生まれ変わり、過去よりもクリーンな営業を行なっています。

消費者金融のカードローンのメリット

消費者金融のカードローンを利用するメリットを下記にまとめてみました。

  • 即日融資の可能性が高い
  • 審査基準が緩やか
  • 初回利用時30日間無利息期間がある

即日融資の可能性が高い

ほとんどの消費者金融では、即日融資に対応してくれるカードローンが多いんです。銀行でも即日融資可能なカードローンが提供されているんですが、ほとんどの場合に「申し込み先の銀行口座」が必要となります。

消費者金融のカードローンでは、特定の銀行の口座が不要なので、誰でも即日融資できる可能性があるんですよ。また、銀行のカードローンと比べても、審査スピードが速いため、申し込み〜融資まで最短では2時間程度で完了できるんです。

審査基準が緩やか

消費者金融では、安定した収入があれば審査通過が見込めます。フリーターやパートの人でも簡単に即日融資できるカードローンも多く、幅広い層から消費者金融は使いやすいと評判が良いんですよ。

また、銀行カードローンでの最低限必要な年収は250万円程度と言われています。しかし、消費者金融のカードローンでは150万円程度の年収でも審査通過する場合が多く、審査通過率も銀行より20%〜30%ほど高くなっています。

ステータスに自信がない人は、審査に通過させやすい消費者金融のカードローンでの即日融資を検討してみましょう。

初回利用時30日間無利息期間がある

ほとんどの消費者金融では、初回利用時に限り30日間の無利息期間が設けられています。この期間の間に返済すれば、借りたお金だけの返済で済むので、余計なお金(=利息)を支払う必要がありません。

10万円程度の借り入れであれば、次の給料日に完済できる人もいると思うので、うまく消費者金融のカードローンを活用すれば、本当にお得にお金を借りられますよ。

即日で少額融資できる銀行カードローンの特徴

銀行カードローン

では、即日融資できる銀行カードローンの特徴を確認していきましょう。銀行カードローンは大手のメガバンクや大手地方銀行から提供されているカードローンとなります。

銀行のカードローンのメリット

銀行という大きな信頼感があり、利用時には安心感がありますよね。この利用時の安心感も大きなメリットなのですが、他にもいくつかメリットがあるので解説していきます。

  • 低金利
  • 専業主婦でもカードローンを利用できる

低金利

銀行カードローン利用の大きなメリットとして、低金利であることが挙げられます。一般的には10万円の希望額の時には、消費者金融の金利は18%に固定されているのですが、銀行カードローンでは金利13%〜15%で設定されているものが多いんです。

しかし、10万円程度の借り入れの場合は、毎月1万円返済しても1年未満で完済できる金額なので、銀行と消費者金融の利息にはそこまで大きな違いはないと言えます。ただし、100万円などの大きなお金の借り入れを行なう時には、通常3年〜5年払いで返済していきます。

大きな金額を長期で借りる時には、銀行と消費者金融では大きな利息の差額が出るので、大きな金額の借り入れを行なう時には銀行カードローンの方がおすすめですよ。

専業主婦でもカードローンを利用できる

実は消費者金融のカードローンは、貸金業法の影響から、収入の無い専業主婦は借り入れができないのです。この理由は、冒頭でもお伝えした「貸金業者(=消費者金融)は利用者の年収3分の1超の貸し付けを行えない」と定められている総量規制の影響を受けるためです。

ですから、専業主婦の人でカードローンを利用したい人は、必ず銀行カードローンを利用しなければなりません。もちろん安定した収入がある仕事をしているパート主婦の方であれば、消費者金融のカードローンで即日10万円借りることも簡単なので、どちらか使いやすいと思う金融業者のカードローンを選びましょう。

即日で少額融資するには消費者金融か銀行、どちらがおすすめ?

どちらがおすすめ

実際に10万円を即日融資する場合、消費者金融か銀行、どちらのカードローンがおすすめなのでしょうか?

編集部でおすすめだと言えるのは、「消費者金融のカードローン」です。先ほどの消費者金融カードローンのメリットで解説したように、「審査基準が緩やかなこと」「初回利用時30日間無利息の期間があること」「即日融資の実績が多いこと」が挙げられます。

消費者金融ではWEB完結というサービスもある

また、消費者金融のSMBCモビットでは「WEB完結」というサービスもあります。このサービスは、インターネットだけで融資まで行なってもらえるSMBCモビット独自の優れたサービスなんです。

また、申し込みには少し条件があるのですが、本当にインターネットだけで融資まで完了するので、電話がかかってくることもありません。しかも、利用明細の発行もないのでご自宅にカードローンの明細が届くこともなく、家族にもバレにくいんです。

このような、利用者目線の嬉しいサービスが多いのも消費者金融カードローンの大きな特徴と言えます。

少額の借り入れを短期間で完済すれば、利息は大きくならない

少しのお金の借り入れの場合、例えば金利18%で10万円借り入れたとしても、年間でも最大18,000円の利息しかつきません。月で割ると1,500円程度なので、全然大きな金額ではないですよね。

また、消費者金融カードローンの無利息期間内に完済すれば、利息は全くかかりません。このような理由から、即日で少しのお金を借りたい時には消費者金融のカードローンをおすすめします。

少額融資を成功させるカードローンの申し込み〜融資までの流れ

申し込み〜融資までの流れ

はじめてカードローンを利用する人は、利用時の手順が分からないと思います。そこで、実際に少額のカードローンを利用する時の利用の流れを解説していくので、しっかりと確認していきましょう。

カードローンで即日融資を行う方法

  1. インターネットから申し込む
  2. 仮審査
  3. 本人確認書類の提出
  4. 本審査
  5. 本契約
  6. カードローンで即日お金を借りる

01.インターネットから申し込む

カードローンの申込方法ですが、インターネットが普及しだしてからは、ネットでの申し込みが一般的となりました。過去にはわざわざ受付窓口へ行き、必要書類にペンで記入して申し込みを行っていましたが、インターネットからの申し込めるようになったので、とてもスピーディーに申し込めるんです。

まず申し込み先のカードローンが決まれば、公式サイトへアクセスします。そのカードローンの公式サイトには必ず「カードローン申し込みページ」が用意されているので、そのページからスマホやパソコンから必要項目への入力を進めていきます。カードローン審査を進めていくと、「本人確認書類の写真やスキャンデータ」の送信が必要になるので、カメラを利用できるスマホから申し込むと便利ですよ。

また、申し込みでの必要な項目は、「氏名」「住所」「電話番号」「年齢」「年収」「勤務先」「勤続年数」「雇用形態」など、本人情報を入力していきます。よく知っているご自身の情報なので、スマホに慣れている人は5分とかからずにカードローンに申し込めますよ。

02.仮審査

カードローンの申し込みが完了すれば、仮審査がはじまります。この仮審査とは、ほとんどのカードローンで採用されているコンピュータースコアリングという方式となります。コンピュータースコアリングとは、その名称の通り、コンピューターでスコアリング(=採点)される審査方法です。スコアリングの方法は、その金融業者のカードローンを利用した多くの人のステータスと、申し込んだ人のステータスとを比べて採点させています。

分かりやすく言うと、申込者が年収300万円の場合、過去にカードローンを利用した年収300万円前後の人のデータを探し出して統計を計算し、「年収300万円の人にお金を貸しても完済してくれるのか」を判断させているわけです。

統計学に基づいた審査結果が出るので結果の信頼性も高く、コンピューターを利用するので審査結果までの時間がとても早いのが特徴です。申し込み後、早ければ最短30分程度で審査結果の連絡がありますよ。

03.本人確認書類の提出

仮審査に無事通過すれば、本人確認書類の提出が必要になります。この本人確認書類とは運転免許証や健康保険証、パスポートなど、ご自身を証明できる書類を指します。また、先ほどもお伝えしたように、カメラ撮影のデータを送信すれば良いので、スマホカメラで撮影するのが最も簡単でおすすめの方法です。

カメラで本人確認書類を撮影するときには、下記のポイントに注意しておきましょう。

  • フラッシュを使用しない
  • 手ブレを起こさない
  • 必要な情報を写真枠内にキチンと収める

フラッシュを使用して撮影すると書類の表面が反射し、うまく撮影できないことがあるので、フラッシュの使用はやめておきましょう。また、手ブレを起こしてしまうと、不鮮明な写真となるので必要な情報を確認できませんよね。さらに、カメラ撮影を行っても「氏名が途中で切れている」「住所欄が一部欠けている」など、カメラの枠内に収まっていなければ、「正しい本人確認書類」として受け取ってもらえず、書類の再撮影、再提出が必要になります。

再提出になってしまうと審査に時間がかかってしまい、最悪即日融資できなくなる可能性もあるので、必ずキチンと撮影したデータを送信するようにしてくださいね。

04.本審査

本人確認書類を提出すれば、本審査となります。この本審査とは「本人確認書類」が本当に正しい書類か、申し込んだ人は本人なのか、だけを判断する審査内容となっています。ですから、仮審査に通過した時点で、ほぼ間違いなくこの本審査には通過できるので安心してくださいね。

また、通常では在籍確認もこのタイミングで行われます。在籍確認は、カードローン会社から申込者の勤務先へ直接電話で「本人がその勤務先に在籍しているのか」を確認されます。ただし、この在籍確認の電話はカードローン会社名を名乗らず、コールセンタースタッフの名前で在籍確認が行われるので、勤務先にバレることもほぼないでしょう。どうしても在籍確認の電話をやめて欲しい人は、申し込み前に直接カードローン会社へ問合せしてみることをおすすめします。

05.本契約

本審査に通過すれば、カードローンの契約を行います。この契約もインターネット上で簡単に行えるのでスムーズに完了できるでしょう。

06.カードローンで即日お金を借りる

カードローン契約が終われば、すぐにお金を借りられるようになります。ただし、即日融資は下記の2種類の方法があります。

  • 銀行振込で即日入金してもらう方法
  • 自動契約機でローンカードを発行し、即日お金を借りる方法

まず、「銀行振込」で即日入金してもらう方法から解説していきます。この銀行振込での融資はタイムリミットがあり、平日の14時30分前後までには全ての手続きを完了させなければいけません。これは銀行の営業時間が平日の15時までという理由からです。ですから、銀行振込での即日融資を希望する場合は、午後に申し込んでしまうとタイムリミットまでにカードローンの契約が完了しないこともあるので、平日の午前中には確実にカードローンを申し込むようにしましょう。

申込先のカードローンの自動契約機がお近くにある場合は、直接自動契約機でローンカードを発行しましょう。このローンカードがあれば、提携ATMから24時間お金を借りられるので便利に利用できますよ。また、自動契約機は平日、土日、祝日でも夜遅くまで営業しているので、お仕事帰りや土日などの休日に立ち寄ってカードが発行できるんです。

即日融資を利用する時に必ず気をつけたい3つのポイント

必ず気をつけたい3つのポイント

即日融資を利用するときには、下記の3つのポイントに気をつけておきましょう。

  • クレジットヒストリー
  • 他社からの借入れ件数
  • お金を借りる前には必ず返済計画を立てておく

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは信用情報と呼ばれている、過去のカードローンやクレジットカードなどの金融商品の利用履歴のことを指します。このクレジットヒストリーには、主に過去の返済履歴が残されていて、返済時にトラブルなどがあると「マイナス評価の履歴」が残されます。このマイナス評価のついたクレジットヒストリーの場合は、カードローン審査に不利な状況となってしまうので、必ず返済時にトラブルを起こさないようにしっかりと返済を行いましょう。

また、過去に「自己破産」などの大きな事故がある人は要注意です。自己破産をしてしまうと、5年〜10年間はクレジットヒストリーに悪い履歴が残り、一切の金融商品(=カードローンやクレジットカード)の審査に通らないと考えておきましょう。自己破産手続きを行うと今までの借金がなくなるのでお得だと思っている人もいるかもしれませんが、大きな間違いですよ。自己破産を行うと本当にお金が必要になった時に、どのカードローンの審査にも通らなくなるので、今後の事も考えて安易な自己破産などをしないようにしてくださいね。

他社からの借入れ件数

すでに他社からカードローンを利用している人も注意が必要です。一般的に他社からの借入件数が3〜4件以上あれば、その後のカードローン審査に通過させることが難しいと言われています。複数のカードローンを利用している人は、借入れ件数に十分注意しておいてくださいね。

お金を借りる前には必ず返済計画を立てておく

最も大切なことは、カードローンを利用して借入れを行う前に、返済計画をしっかりと立てておくことです。もちろん安定した収入がある人にしかカードローンの審査に通過できないのですが、毎月いくらの返済が必要になるのかをしっかりと把握し、毎月きちんと返済を行いましょう。一度でも延滞してしまうと、クレジットヒストリーに悪い履歴が残ってしまい、今後の金融商品の審査で苦労してしまう可能性が高まりますよ。

簡単に即日融資できるおすすめのカードローン

即日融資できるおすすめのカードローン

ではさいごに、簡単に即日融資が見込めるおすすめのカードローンを紹介していきます。

アイフル

大手消費者金融のアイフルでは、即日融資も簡単ですよ。また、公式サイトでは「一秒診断」という無料の診断ツールがあり、4項目を記入するだけでお金を借りられる見込みはあるのか、をすぐに診断してもらえるんです。申し込み前には一度チェックしてみましょう。

アイフル

審査時間 最短30分 融資時間 最短即日
限度額 500万円 実質年率 4.5%~18%

アイフルでは安定収入があればフリーターの人でも即日融資可能

また、アイフルでは審査基準も緩やかなので、安定した収入さえあれば多少ステータスの弱い人でも十分に即日融資が可能ですよ。もちろん初回利用時30日間無利息期間も設けられているので、うまく活用してお得にカードローンを利用してみてくださいね。

金融業者名 アイフル
審査時間 最短即日
融資までの時間 最短即日
利用限度額 500万円
年率 4.5%~18.0%
無利息期間 初回30日間

SMBCモビット

SMBCモビットでは「WEB完結」というサービスが有名です。このサービスはインターネットだけで融資まで完結できるサービスで、審査途中にある本人確認や職場への電話連絡もありません。家族や勤務先に最もバレにくいカードローンとして、幅広い層の人から人気があってとても評判が良いんです。

SMBCモビット

審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日
限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%

WEB完結で即日融資するには指定銀行の口座が必要

この便利なWEB完結で即日融資するのであれば「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」、もしくは「ゆうちょ銀行」の口座が必要となります。ただし、銀行口座がないとWEB完結は利用できませんが、通常の即日融資のカードローンには申し込めるので、SMBCモビットのカードローンもぜひ検討してみてくださいね。

金融業者名 SMBCモビット
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 800万円
年率 3.0%~18.0%
無利息期間 なし

プロミス

さいごにおすすめしたいのが、大手消費者金融のプロミスのカードローンです。最短ではなんと1時間で融資まで行ってくれる、とってもスピーディーなカードローンが提供されているんです。

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

プロミスでは電話を利用しながら簡単に申し込みができる

プロミスのカードローンを申し込むときには「フル入力」か「カンタン入力」か、どちらかを選べます。フル入力で申し込みを行う場合は、通常のカードローンの申し込みと同様に、インターネットから申し込みを行っていきます。

カンタン入力での申込方法は、インターネットから必要最低限の項目を入力すると、折り返しプロミスから電話がかかってきて、口頭による申し込みが行えるんです。インターネットに弱い人であれば、このカンタン申し込みを利用するととてもスムーズに申し込みが完了できるでしょう。

金融業者名 プロミス
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
利用限度額 500万円
年率 4.5%~17.8%
無利息期間 初回30日間

少額の即日融資なら消費者金融のカードローンが断然おすすめ

消費者金融のカードローンが断然おすすめ

この記事では、少額の即日融資する方法や、注意しておくべきポイントについて詳しく解説してきました。また、限度額が少額であれば、審査基準も緩やかなので、年収150万円前後の人でも十分に審査通過を見込めますよ。また、絶対に即日融資したいのであればこの記事で解説してきたように、午前中に申し込むか、直接自動契約機でローンカードを発行してみましょう。

少額をカードローンで借りるのは本当に簡単なんです。ぜひこの記事を参考にしながら、ぜひお得に利用できるような消費者金融のカードローンを見つけてみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ