お金がない不安を解消するには?解消する方法と考え方

更新日:2019年10月31日 459 view

「お金が無くて食費が足りない」
「出費が重なって来月の家賃を支払えない」
「子どもの養育費にどのくらいお金が必要なのかわからない」
「老後の生活費が足りないかもしれない」

など、誰でも『お金に関する不安』を感じたことがあるはずです。

また、手元にお金が無いときは「お金が無くて不安」という気持ちが大きくなり、何をしていても落ち着かないという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、「お金がなくて不安になる原因」や「お金がない不安を解消するための方法や考え方」、「公的機関や民間カードローンからの借入手段」などについて、詳しく解説していきます。

お金がなくて不安に感じている方は非常に多い

「お金がなくて不安…」に感じている方は非常に多いのですが、このような方は、「何のためのお金」に対して不安に感じているのでしょうか。

何のための「お金」が足りないと不安に感じているのか

みちのく銀行が調査、発表している「生活とお金に関するアンケート 2019年2月1日付」を確認してみましょう。

経済的に不安と感じること|生活とお金に関するアンケート
不安の対象 全体の割合
老後の生活費 36.9%
病気や介護に備える資金 24.6%
子供の学費 19.6%
住宅ローンの支払い 8.0%
その他のローンの支払い 6.6%
家賃の支払い 2.1%
その他 2.2%

出典元:みちのく銀行公式サイト

お金に不安な理由を確認してみると、老後の生活費と病気や介護、子供の学費など、今必要なお金よりも「これから必要となるお金」に対して不安を感じている方が多いようです。

お金の不安のストレスを強く感じ過ぎると…

また、お金がない不安は大きなストレスになりやすい傾向があり、ストレスを強く感じ過ぎてしまうと、鬱病などの心の病を発症してしまう場合もあるでしょう。

お金がないことをあまりにも大きなストレスに感じてしまった場合、最悪の場合では「お金の不安により自殺を考えてしまう…」というようなケースもあるため、お金に関する不安は早めに解消する必要があります。

お金がない不安を解消する方法

お金がない不安を解消するためのいくつかの方法をまとめてみました。

  • 転職をして収入を増やす
  • 副業や兼業をする
  • 家賃や水道光熱費などの固定費を減らす
  • 無駄な出費を抑える
  • ローンを早めに完済させる
  • 今後のために貯金をする

それぞれの不安を解消する方法について、具体的に紹介します。

転職をして収入を増やす

収入が少なく生活費のお金に困っている…という方は、転職をして収入を上げるようにしてみましょう。

例えば高待遇の勤務先への転職が成功して、年収が50万円アップしたという場合であれば、毎月平均4万円ほど給与が上がります。

現在の給与に不満があるという方は、転職サイトなどを活用し、給与面で好条件の職場を探してみるのもオススメです。

副業や兼業をする

給与に不満があるけれど、すぐに転職できない…という方は、副業などで収入を増やすという方法もあります。

働き方改革での「副業・兼業」
厚生労働省では、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日 働き方改革実現会議決定) を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図っています。

出典元:副業・兼業|厚生労働省公式サイト

働き方改革によって国から「副業や兼業」が促進されているため、副業や兼業を認めている会社も増えてきています。

勤務先で副業が認められている場合は、勤務先の休日に「日雇いアルバイト」などをしてみたり、「クラウドソーシング」などを利用し空き時間にできそうな仕事を探してみましょう。

副業の内容にもよりますが、毎月数万円〜のお金を稼げる可能性があるでしょう。

家賃や水道光熱費などの固定費を減らす

お金が無くて困っている…という方は、収入を増やすことだけを考えるのではなく、出費を抑えることも考えましょう。

毎月、家賃や水道光熱費などの固定費を支払っている方は、固定費の見直しにより、支払額を圧縮できるでしょう。

具体的には、家賃の安い物件に引っ越す、電源をこまめに消して電気代を抑える、シャワーの時間を短縮して水道代やガス代を節約するなど、内容により金額は異なりますが、毎月数千円〜数万円ほどのお金を節約できる可能性があります。

無駄な出費を抑える

また、毎月外食費が多い、交際費が多い、ギャンブルにお金を使っている、というような方は出費の見直しを行い、できるだけ無駄な出費を抑えるようにしましょう。

ローンを早めに完済させる

現在住宅ローンなどの高額なローンを利用している方は、繰り上げ返済により早めに完済させるようにしましょう。

繰り上げ返済をすれば、ローン完済までの期間の利息を圧縮できるため、借入金額や金利により、数十万円〜返済総額を抑えられるケースもあります。

今後のために貯金をする

また、老後のお金が足りないかもしれないから不安…という方は、毎月コツコツと貯金しましょう。

例えば毎月3万円を30年間貯金した場合、

3万円 × 12ヶ月 × 30日 = 1,080万円

となり、老後の生活費に利用できるでしょう。

また、損失を出してしまう可能性もありますが、そのまま貯金するのではなくiDeCo(個人型確定拠出年金)や、つみたてNISA(少額投資非課税制度)などの投資により、老後資金の積み立てを行うのもオススメです。

お金を持っていない時の不安を解消する考え方

お金を持っていない不安を解消するためには、「お金に対しての考え方」を変えてみるのも大切です。

  • 他人の収入と比較しない
  • 公的機関や民間ローンでの借入は悪いことではない

他人の収入と比較しない

お金がなくて不安、と思っている方の中には、(同世代などの)他人の収入との比較により、「不安」になっている方も多いはずです。

ライフプランにより今後必要になるお金は人それぞれなので、他人の収入と比較する必要はありません

例えば年収1,000万円ある方が年収2,000万円の方と収入を比較してしまうと、相対的な印象から(一般的には高収入のはずが)「お金がない」と感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

お金に対する不安を取り除くためには、「他人が◯◯円稼いでいるから」など、他人の収入との比較をしないようにしましょう。

公的機関や民間ローンでの借入は悪いことではない

日本では国民が最低限の生活を保つための保証制度があります。どうしてもお金に困っている方は、このような公的機関などからの借入も積極的に活用するようにしましょう。

また、一時的にお金が必要という方の中には、カードローンなどの民間のローンを利用している方も多いです。

国や自治体などの公的機関からの借入や、民間のカードローンの利用を「印象があまり良くないから」という理由で借入を躊躇しているかもしれません。しかし、公的機関や民間からの借入は、日本の法律の上で正しく行われている制度・取引です。

公的機関や民間ローンからの借入は、「資金不足を乗り越えるための有効な手段のひとつ」として考えるようにしてください。

どうしてもお金がない時には公的機関や民間のカードローンからの借入も検討

今お金が必要だけど、どうしてもお金を調達できない…という方は、国や自治体からの借入や、民間のカードローン業者からの借入がオススメです。

お金が無い方が利用しやすい公的機関の借入

お金がなくて困っている方が、利用しやすい公的機関の借入についてまとめました。

  • 生活福祉資金貸付制度を利用する
  • ひとり親であれば母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用できる
  • 求職活動している方は求職者支援資金融資制度を使える

それぞれの項目について紹介していきます。

生活福祉資金貸付制度を利用する

生活福祉資金貸付制度とは?
「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

出典元:生活福祉資金について|全国社会福祉協議会

生活福祉資金貸付制度とは、主に低所得の方や高齢者、障害者の方が利用できる制度です。また、生活福祉資金貸付制度は大きく4つに分類されています。

生活福祉資金貸付制度の分類と内容
生活福祉資金貸付の種類 内容 限度額 金利
総合支援資金 生活再建までの資金や、賃貸契約を結ぶための資金等の貸付 条件により異なり最大60万円以内 保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年率1.5%
福祉資金 生業を営むために必要な経費の貸付 最大580万円まで 保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年率1.5%
教育支援資金 低所得世帯の子どもが高等学校、大学、高等専門学校に就学するのに必要なお金等の貸付 高校3.5万円、高専・短大6万円、大学6.5万円まで(※条件により上記1.5倍の金額まで) 無利子
不動産担保型生活資金 低所得の高齢者に対して不動産を担保とする生活費の貸付 土地評価額の70%まで、月30万円以内 年率3.0%または長期プライムレートのいずれか低い金利

上の生活福祉資金貸付制度を利用するためには条件を満たす必要があるため、「今必要なお金が無い…」という方は、いずれかの貸付制度を利用できるかどうか、お近くの役所の窓口で確認してみましょう。

ひとり親であれば母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用できる

また、母子家庭や父子家庭など、ひとり親の家庭であれば「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」を利用できる可能性があります。

この母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、20歳未満の児童を扶養している配偶者のいない方が利用できる制度で、資金使途により「事業開始資金、事業継続資金、修学資金、就職支度資金、医療介護資金転宅資金、就学支度資金」などがあり、限度額や利息は連帯保証人ありの場合は無利子、保証人なしの場合は年率1.0%で借り入れ可能です。

求職活動している方は求職者支援資金融資制度を使える

現在、求職活動している方は、「求職者支援資金融資制度」を利用できる可能性があります。

求職者支援資金融資制度の申し込み条件
雇用保険を受給できない方のうち、職業訓練受講中に支払われる給付金のみでは生活費が不足する方で、ハローワークにより「求職者支援資金融資要件確認書求職者」の発行を受け、かつ「職業訓練受講給付金」の支給決定を受けた方。

出典元:中国ろうきん公式サイト

求職者支援資金融資制を利用するには、上の条件を満たしておく必要があります。職業訓練を受けていて生活費が足りない…という方は、お近くの自治体の窓口で「求職者支援資金融資制度」を利用できるかどうか、一度相談してみましょう。

即日でお金が必要ならカードローンがオススメ

国や自治体などからの公的資金の借入は低金利で使いやすいのですが、申し込み〜融資まで1ヶ月以上かかる場合がほとんどです。このため、「今すぐお金が必要」という方は、民間のカードローンの利用も検討してみましょう。

即日融資したい方にオススメの「アコム」のカードローン!

大手消費者金融の「アコム」は土日や祝日もカードローン審査を行っていて、19時ごろまでの申し込みで即日中の融資の可能性があるため、急いでお金を借りたい方にオススメのカードローンです。

また、アコムのカードローンは初回利用時に限り、30日間無利息キャッシングが可能なため、「1ヶ月未満の短期間だけお金を借りたい…」という方であれば、国や自治体からの借入よりも『お得』にお金を借りられる可能性があります。

アコム

審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日
限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%

消費者金融業界売り上げナンバーワンの「アコム」! はじめて利用する方は30日間の無利息期間でお得な借入が可能です。

お金がなくて不安な場合は早めに資金不足を解消させる

本記事では、「お金がなくて不安になる原因」や「お金がない不安を解消するための方法や考え方」、「公的機関や民間カードローンからの借入手段」などについて、詳しく解説を進めてきました。

一時的にお金を借りたいなら民間のカードローンを利用する

  • お金がなくて不安に思う方は多い
  • お金がないと大きなストレスになりやすい
  • お金がない不安を解消するためには転職や副業で収入を増やす
  • 水道光熱費などの固定費を節約する
  • ローンがある人は早めに完済して返済総額を減らす
  • 毎月コツコツ貯金して今後必要となるお金に備える
  • お金の不安を取り除くには他人の収入と比較しないことも大切
  • 公的機関や民間のカードローンの利用は悪いことではない
  • 公的機関や民間からの借入は資金不足を乗り越えるための有効な手段として捉える
  • お金がない方は生活福祉資金貸付制度による貸付を利用する
  • 手軽に即日融資したいなら消費者金融のカードローンが便利

お金がない不安は大きなストレスになりやすい傾向があるため、早めに解消しておくようにしましょう。転職・副業・兼業により収入を増やしたり、出費を抑えたりすることで余裕金が増え、お金に対する不安を解消できる可能性が高いでしょう。

また、手持ちのお金がなくなり、生活費に関するお金が足りなくなりそうで不安という方は、国や自治体が提供している低金利の貸付を利用するのもオススメです。

なお、公的機関からの借入には申し込み〜融資まで1ヶ月ほどかかる場合が多いため、急いでお金を借りたい方は消費者金融が提供している即日融資可能な「カードローン」の利用も検討してみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

手元にお金が無くて不安…という状況の人にオススメの人気カードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる

アコムキャプチャ

アコム

最短30分審査
審査は驚きの最短30分で完了!
土日・祝日も審査
平日忙しい方でも安心の土日祝日審査OK
30日間無利息
初めての方でも安心の初回30日間無利息

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

最短当日の借入可能
店舗への来店は不要で最短当日融資可能
主婦・フリーター可
主婦の方やフリーターでも借り入れ可能
選べる無利息期間
初めての方でも安心の選べる無利息