ファクタリングで即日資金調達〜当日中に事業資金を手に入れる方法

更新日:2020年7月9日 208 view

ファクタリングを利用して資金調達を検討している方の中には、「即日で資金調達したい」という方もいるでしょう。

そこで本記事では、「即日の資金調達が可能なオススメのファクタリング会社」、「どのようなファクタリング会社が即日資金調達できるのか」、「ファクタリングで即日資金調達するために押さえるべきポイント」、「ファクタリング以外で即日の資金調達が可能な金融サービス」などについて、詳しく解説を進めていきます。

即日の資金調達が期待できるオススメのファクタリング会社

はじめに、即日の資金調達を期待できるオススメのファクタリング会社から紹介します。

「急いでファクタリングで資金調達したいけれど、どのファクタリング会社が良いのか分からない…」という方は、本項目で紹介するファクタリング会社の利用を検討してみましょう。

クラウドファクタリングのOLTAは最短即日資金調達も期待できる!

インターネットだけで申し込み〜資金調達が可能なクラウドファクタリングというサービスを提供しているOLTA(オルタ)は、資金調達まで非常にスピーディーなため、資金調達を急ぐ方にオススメです。

OLTAは24時間以内の審査〜当日中に入金可能

OLTAのクラウドファクタリングでは、申し込み〜24時間以内に審査結果の回答があり、審査通過後の即日入金が可能です。

OLTAの審査がスピーディーに完了すれば、申し込み即日中に売掛債権を現金化できる可能性があります。

OLTAの利用手数料は2.0%〜9.0%

また、OLTAのクラウドファクタリングは、AIによる自動審査を行なっていて、審査にかかる人的コストを最小限に抑えています。自動審査を取り入れているOLTAは、他社よりも低い手数料でファクタリングの提供が可能なため、ファクタリング手数料も2.0%〜9.0%と非常に低く設定されています。

クラウドファクタリングOLTA

審査時間 24時間以内 融資時間 即日入金
限度額 上限なし 実質年率 -

急いで資金調達したい事業者にオススメのOLTAのクラウドファクタリング!最短即日中に売掛債権を売却〜資金調達できる可能性があります。

即日資金調達できるファクタリング会社の選び方

ファクタリングで即日資金調達するための注意点を確認していきます。

前項で紹介したクラウドファクタリングのOLTAでは即日の資金調達が期待できましたが、その他のファクタリング会社の場合、どのようなファクタリングサービスであれば、即日またはスピーディーな資金調達が可能なのでしょうか。

  • 公式サイトに即日資金調達可能と明記されているファクタリング会社を選ぶ
  • 2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社を利用する
  • 債権譲渡登記が行われないファクタリング会社を使う

公式サイトに即日資金調達可能と明記されているファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社が「即日」で売掛債権の買取手続きを行なっていない場合、そもそも即日中に資金調達はできません。

ファクタリング会社の公式サイトに「即日可能」と記載があるかチェックする

このため、ファクタリング会社の公式サイトなどを確認し、「申し込み即日中の資金調達が可能」というような記載があるかをチェックした上で申し込みを進めましょう。

2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社を利用する

ファクタリングには、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあり、それぞれ申し込み〜資金調達(売掛債権の売却・入金)までのスピードが異なります。

3社間ファクタリングは入金まで日数が必要な場合が多い

3社間ファクタリングとは、「利用者〜ファクタリング会社〜売掛先の会社(取引先)」の3社間で行われるファクタリングの取引です。

3社間ファクタリングの場合は、ファクタリング利用時に売掛先に「売掛債権の譲渡を通知し、債権譲渡の承諾を得る」必要があり、手続きに日数がかかるケースが多いので注意してください。

また、取引先に売掛債権の譲渡通知が行われると、「事業が資金不足で非常に困っているのでは?」と疑われてしまい、今後の取引に悪い影響が出ることも考えられる点に気をつけておきましょう。

2社間ファクタリングは入金までの手続きがスピーディー

2社間ファクタリングとは、「利用者〜ファクタリング会社」の2社間で行われるファクタリングです。2社間ファクタリングの場合は、取引先へ売掛債権の譲渡通知が行われないため、手続きがスピーディーな傾向があります。

即日中に資金調達が可能なファクタリングは、原則「2社間ファクタリング」であるため、資金調達を急ぐ事業者は、必ず2社間ファクタリングを利用するようにしてください。

債権譲渡登記が行われないファクタリング会社を使う

また、「債権譲渡登記がない」ファクタリングは、申し込み〜売掛金の入金までスピーディーな傾向があります。

債権譲渡登記とは?
債権譲渡登記制度は、法人がする金銭債権の譲渡などについて、簡便に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。

出典:債権譲渡登記|法務省

債権譲渡登記とは、「債権を譲り受けた後、その債権の所有を公的に証明するための手続き」のことを指します。

ファクタリング会社へ債権を譲渡した後、債権譲渡登記することで、ファクタリング会社は「売掛債権の所有を主張できる」ようになります。この債権譲渡登記が行われる場合、通常は司法書士などに手続きを依頼するため、日数が必要となるケースが多いです。

なお、ファクタリング会社により債権譲渡登記が行われないファクタリングもあるため、ファクタリングによる資金調達を急ぐ方は、手続きがスピーディーに完了する「債権譲渡登記がない」サービスを選ぶようにしてください。

ファクタリングで即日の資金調達に成功させるためのポイント

続いて、ファクタリングで即日の資金調達に成功させるためのポイントについて解説します。

申し込み当日中に資金調達が期待できるファクタリング会社が見つかったとしても、以下のポイントを押さえておかなければ、即日中に審査に通らなかったり、売掛債権の入金までに日数がかかることも考えられます。

  • 信用度の高い売掛債権を利用する
  • できるだけ高額な売掛債権をファクタリングする
  • 必要書類を事前準備しておく

信用度の高い売掛債権を利用する

ファクタリングの審査をスピーディーに通過させるために、「信用度の高い売掛債権」を利用するようにしましょう。

ファクタリングの審査では、利用者の事業の経営状態よりも、「売掛債権の回収に確実性はあるのか」が重視される傾向があるためです。

できるだけ大手企業の売掛債権を売却する

一般的に、小規模事業を行う企業よりも、大手企業や上場企業の方が倒産の可能性が低く、「売掛金未回収のリスクが小さい」ため、ファクタリングの審査が有利になる傾向があります。

このため、できれば大手企業や上場企業、国や行政などの信用度の高い売掛債権を利用する方が審査がスムーズに完了するでしょう。

できるだけ高額な売掛債権をファクタリングする

ファクタリングの審査を有利に進めるためには、できるだけ高額な売掛債権を利用してください。ファクタリング会社は高額な売掛債権を扱う方が利益を出しやすく、高額な売掛債権ほどファクタリング審査が優遇されるためです。

ファクタリングは、「信用度が高い売掛先」の「できるだけ高額な売掛債権」を利用すると、スムーズな審査通過を期待できるでしょう。

必要書類を事前準備しておく

ファクタリングを利用するためには、ファクタリング会社へ提出する書類が必要です。

ファクタリングで必要となる書類はファクタリング会社により異なりますが、以下のようなものとなっています。

ファクタリングに必要な書類(例)

  • 本人確認書類
  • 取引先との基本契約書
  • 売掛債権を証明できる書類(請求書、納品書など)
  • 事業で利用している銀行口座の入出金の明細
  • 印鑑証明書
  • 2〜3期分の決算書 など

ファクタリングには上のような書類が必要となり、書類が足りなければ、ファクタリングの審査や契約ができません。

ファクタリングで売掛債権の売却〜入金を急ぐ事業者の方は、事前にファクタリング会社へ「必要書類」を確認しておき、前もって準備するようにしてください。

ファクタリングで即日資金調達出来なかった場合に活用できるビジネスローン

最後に、ファクタリングでスピーディーに資金調達出来なかった…、売掛債権の信用度が低く、ファクタリングの審査に落ちてしまった…という方は、貸金業者が提供するビジネスローンもオススメです。

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは最短即日融資も可能

アイフルビジネスファイナンス株式会社が提供しているビジネスローン「アイフルビジネスファイナンス」は、申し込み当日中の融資が期待できます。

また、アイフルビジネスファイナンスは銀行融資よりも審査難易度が緩やかな傾向があり、「赤字決算」でも事業の経営が安定する・黒字化する見込みがあれば、アイフルビジネスファイナンスの審査に通過できる可能性もあります。

ただし、アイフルビジネスファイナンスの金利はやや高い傾向があるため、「一時的な運転資金を調達したい事業者」にオススメと言えるでしょう。

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)

審査時間 最短即日審査 融資時間 最短即日
限度額 1,000万円 実質年率 3.1%~18.0%

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは最短即日融資が期待! 法人だけでなく、個人事業主の方も借入が可能です。

 

ファクタリング審査に通過させて即日中の資金調達に成功させよう

本記事では、「ファクタリングで即日の資金調達は可能なのか」、「即日の資金調達が可能なオススメのファクタリング会社」、「ファクタリングで即日資金調達するために押さえるべきポイント」、「ファクタリング以外で即日の資金調達が可能な金融サービス」などについて、詳しく解説を進めてきました。

資金調達を急ぐ方はOLTAのファクタリングがオススメ

  • ファクタリングで即日資金調達したい方は「OLTA(オルタ)」のクラウドファクタリングがオススメ
  • OLTAのファクタリングは2.0%〜9.0%の低い手数料が設定されている
  • 即日資金調達するなら手続きが早いファクタリング会社を利用する
  • 2社間ファクタリングは3社間ファクタリングより手続きがスピーディー
  • 即日の資金調達を希望するなら債権譲渡登記が行われないファクタリングを利用する
  • スムーズにファクタリング審査に通過させるには「信用度の高い売掛債権」を売却する
  • 高額な売掛債権の方がファクタリングの審査が有利になりやすい
  • 即日の資金調達のためにファクタリングに必要な書類を事前に準備しておく
  • ファクタリングで即日資金調達できなかった場合はビジネスローンなどの利用も検討する

ファクタリング会社の中には、申し込み当日中に売掛債権の売却〜入金が可能なサービスもあるため、スピーディーに資金調達したい事業者にオススメです。また、即日の資金調達に成功させるためには、「即日資金調達が可能なファクタリング会社を利用する」、「2社間ファクタリングへ申し込む」、「債権譲渡登記がないサービスを利用する」ようにしてください。

なお、クラウドファクタリングのOLTAは、24時間以内に審査結果〜審査通過後の即日入金が期待できるため、ファクタリングで資金調達を急ぐ方は申し込みを検討してみましょう。

なお、売掛債権がない事業者、ファクタリングで即日の資金調達ができなかったという事業者は、アイフルビジネスファイナンスが提供している「即日融資可能」なビジネスローンへの申し込みも検討してみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

事業資金を即日融資したい!という法人や個人事業主にオススメのビジネスローンはこちら

ビートレーディングキャプチャ

ビートレーディング

最短即日で資金調達
申し込みから入金まで12時間!
買取金額無制限
10万円~7億円までの買取実績あり
審査通過率98%
月間400件の契約・資金調達が成立

anew(アニュー)キャプチャ

anew(アニュー)

業界最低水準の低金利
手数料2-9%で1,000万円規模の売掛金に対応!
最短即日で資金調達
24時間以内に資金調達できる可能性あり
ネットで完結
インターネットで手続きするだけで入金可能

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)キャプチャ

アイフルビジネスファイナンス(旧ビジネクスト)

最短即日融資
申し込み当日に事業資金を借入できる!
つなぎ融資に最適
個人事業主も融資を受けられる
Webから申込
ネットから申し込み〜融資まで完了