ブライダルローンでお金の問題を解決!お得な目的別ローンで結婚準備を進めよう

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年8月28日483 view

「これから結婚を控えているけど、結婚式を挙げるお金がない」と言う人は、主に銀行から提供されているブライダルローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

実は結婚式を挙げた人の中でも、結婚資金が不足して困っていた人も多いんです。実際に多くの人がブライダルローンやカードローンで高額なお金を借りて<、晴れて結婚式を挙げたり、結婚後の新生活用の家財道具購入費用に充てたりするケースもよくあるんですよね。これから結婚を控えている人は、ぜひしっかりとチェックしていきましょう。

結婚を控えている人はブライダルローンを検討してみよう

結婚を控えている人はブライダルローンを検討してみよう

結婚式には200万円〜300万円という大きなお金が必要になります。ご祝儀で半額〜3分の2程度は返ってくるとは言え、貰うご祝儀の金額は分からないので、あまりアテにできないお金ですよね。また、これから結婚する人は若い人も多いので、たくさん貯金している人も少ないのではないでしょうか。

そこで、これから結婚式を控えている人はブライダルローンの利用がおすすめです。手持ちの資金がなくても、ブライダルローンで200万円〜300万円の借り入れを行えば、スムーズに結婚式を挙げられるでしょう。

すぐに結婚式を挙げたい人はブライダルローンがおすすめ

もしあなたに貯金がなく、これから結婚資金を貯めていくのであれば、下記のような年月がかかるでしょう。例として300万円を貯める場合を確認してみましょう。

結婚資金300万円 ÷ 毎月15万円 = 20ヶ月(1.67年)

このように、300万円貯める場合は毎月15万円という大金を貯金しても1年半以上もかかってしまうんですよね。また、一人暮らしをしている人は家賃など毎月の出費が多いので、3万円〜5万円というお金しか貯金できない人もいるのではないでしょうか。

結婚資金300万円 ÷ 毎月3万円 = 100ヶ月(8.3年)

毎月3万円しか貯金できない人は、目標資金を貯金するのになんと8年以上もかかってしまうんです。例えば25歳に結婚を考えている人の場合は33歳まで結婚資金の300万円が貯まらないんですよね。

ブライダルローンを利用するとすぐに結婚式を挙げられる

結婚資金のための貯金を頑張るのも良いですが、じっくり貯金していると実際に結婚式を挙げるにはかなりの年月が必要となります。ですから、「結婚資金はあまりないけどすぐに結婚式を挙げたい!」という人にはブライダルローンの利用をおすすめします。

ブライダルローンの金利は5%〜7%が多い

提供している金融機関によって異なりますが、ブライダルローンの金利は5%〜7%という低金利で提供されている場合が多いんです。また、例えば300万円を金利5%で3年間、6年間借りる場合であれば下記の表のような返済イメージになります。

300万円を金利5%、3年、6年で返済する場合の返済シミュレーション
借入額 300万円 300万円
金利 5% 5%
返済回数 3年(36回) 6年(72回)
返済総額 323万6857円 347万8665円
毎月の返済額 8万9913円 4万8315円

このように、3年の場合は毎月およそ9万円の返済となっています。毎月の返済額が多い…という人でさらに返済額を抑えたいのであれば、返済回数を増やせば月々の返済額を低く設定できますよね。ただし、伸ばした期間分だけ余計に金利がかかり利息総額が高くなるので注意してくださいね。

ブライダルローンは結婚に関するお金に利用できる

また、ブライダルローンで借りたお金は結婚式の費用の他に、新居への引越し費用や必要な家財道具一式の購入費用など、結婚に関する費用であれば利用できるんです。つまり、結婚式の費用はあるけれど、新婚生活を始めるにあたり必要となるお金が無い人もうまくブライダルローンを活用できるんですよね。

ブライダルローンとは目的別ローンのサービスの一種

そもそもブライダルローンとは、銀行などの金融機関が提供している目的別ローンと呼ばれているサービスの一種です。この目的別ローンとは、借りたお金の利用目的が明確な人が利用できるローンのことで、「マイカーローン」「教育ローン」「リフォームローン」など、様々な金融機関からそれぞれのサービスが提供されています。この目的別ローンの特徴はとしては、低金利であることと比較的高額なお金を借りられることが挙げられます。

目的がはっきりしているから低金利で融資を受けられる

利用目的がはっきりとしている人は、無駄な浪費のためにお金を借りるのでは無いので、貸し倒れされるリスクが小さいのです。ですから、利用者を優遇したサービス内容となっていることが、この目的別ローンの大きな特徴と言えるんです。

もちろん、利用目的が異なっている場合は目的別ローンが利用できないため、借りたお金の使用使途が決められていないカードローンやフリーローンを利用することになります。カードローンについては次の項目で解説していきます。

ブライダルローンよりスピーディー|カードローンも高額な融資を受けられる

ブライダルローンよりスピーディー|カードローンも高額な融資を受けられる

もしこれから夫婦生活を始められる人で「結婚資金や新居の費用はあるけど、次の給料日までの生活資金が足りない」というような人は、ブライダルローンを利用できません。先ほど解説したように、ブライダルローンとは結婚に関連するお金にしか利用できないため、生活資金としての利用が認められていないためです。

カードローンは生活資金として利用できる

銀行や消費者金融が提供してくれるカードローンであれば、「食費や光熱費」などの費用や、「電話料金やインターネット回線費」などの通信費としても利用できるんです。

カードローンはスピーディーな借り入れが期待できる

また、カードローンは申し込んだその日のうちにキャッシングできる可能性があるので、お金が足りないときにはスピーディーにキャッシングできるんです。

ブライダルローンでは申し込みからお金を借りられるまで1週間以上かかる場合がほとんどなので、すぐにお金が必要な人はカードローンがおすすめかもしれませんね。

カードローンでも高額な融資を受けられる

ブライダルローンの方が大きなお金を借りられて、カードローンでは小さな金額しか借りられないと勘違いしている人もいるかもしれません。でも実はブライダルローンでは利用限度額が300万円前後の場合が多いんですが、カードローンでは1000万円を超える限度額が設定されている場合もあるんです。

銀行カードローンの方が大きな金額を借りられる可能性がある

カードローンは銀行や消費者金融が提供していますが、銀行カードローンの方が利用限度額が高額に設定している傾向にあります。ですから、数百万円単位でお金を借りたい場合は、迷わず銀行カードローンを検討してみましょう。また高額な金額を借りたい時に銀行カードローンをおすすめする別の大きな理由があります。

消費者金融では総量規制の影響がある

消費者金融も500万円〜800万円程度の利用限度額があるのですが、総量規制の対象となるので年収の3分の1以上の借り入れが行えないんです。総量規制とは貸金業者(=消費者金融など)に適用されている法律のことを指します。つまり、銀行は銀行法の下で運営されているため、総量規制の対象外となるので、大きなお金を借りられる可能性があります。

ブライダルローンとカードローンを比較してみよう

ブライダルローンとブライダルローン以上の金額のローンを組めるカードローンの特徴となる項目を比較してみました。

ブライダルローンとカードローンの比較
ローン名称 ブライダルローン カードローン
提供している金融業者 主に銀行 主に銀行や消費者金融
限度額 300万円前後 利用先によって300万円〜1000万円と幅広い
金利 5.0%〜7.0%程度(上限値) 13%〜18%(上限値)
即日融資 不可 可能性がある
審査基準 比較的高い 比較的簡単
一度の審査で借りられる回数 一度きり 審査に通過すれば何度もお金を借りられる
借りたお金の使い道 結婚関連のお金のみ 何にでも利用できる(事業性資金に利用できない場合がある)

このように、ブライダルローンとカードローンには項目ごとにサービス内容ご異なっているんです。次の項目ではどのようなタイミングでブライダルローンやカードローンを利用すれば良いのか、利用シーンをまとめていきます。

ブライダルローンやカードローンはこんな人におすすめ

ブライダルローンやカードローンはこんな人におすすめ

これから結婚を控えている人でお金を借りたい人は、ブライダルローンを利用するかカードローンを利用するかで悩んでいるかもしれません。そこで、どんな利用シーンでそれぞれのローンがうまく活用できるのかを確認していきましょう。

ブライダルローンの利用がおすすめなのはこんな人

まず、ブライダルローンの利用が適している人を確認していきましょう。それぞれ具体的な利用シーンを挙げていくので、あなたの状況に合うかどうか確認していきましょう。

  • 少しでも低金利で結婚資金を借りたい人
  • 借りたお金を計画的に利用しようとしている人

少しでも低金利で結婚資金を借りたい人

解説してきたように、結婚資金としてブライダルローンをするメリットは「低金利で返済総額を抑えられる」ためです。確かに銀行カードローンで数百万円単位の大きなお金を借りる時には金利が10%前後となる場合もありますが、ブライダルローンの金利7%前後と比べると高いと言えますよね。これからの結婚生活の負担にならないように、返済総額を抑えたい人にはブライダルローンがおすすめです。

借りたお金を計画的に利用しようとしている人

ブライダルローンは一度きりの借り入れとなります。ですから、前もってブライダルローンで借りた結婚資金の使い道をしっかりと計画立てておく必要があります。もしブライダルローンで借りたお金が足りなくなっても、追加での借り入れは行えません。計画性のある借り入れに自信のある人は、ブライダルローンがおすすめと言えるでしょう。

ブライダルローンの審査に通過しない時は?

ブライダルローンの審査に通過しない時は?

「ブライダルローンでお金を借りたいけど、審査になかなか通過しない」という人は、これから解説する項目を確認してみましょう。

  • 年収などのステータスが弱い人
  • 過去の信用情報に大きな傷がある人

年収などのステータスが弱い人

そもそも年収が低い人は、ブライダルローンに通過しにくい傾向になります。正社員でしっかりと安定収入を得ている人であれば、ブライダルローンの審査通過も簡単なのですが、アルバイトやパートの人で不安定な収入である場合は、ブライダルローンの審査通過が難しいと言えます。その点、消費者金融のカードローンであれば、高額なお金は借りられませんがアルバイトやパートの人でも十分に審査通過を目指せます。

ステータスを上げてからブライダルローンに申し込みましょう

ご自身の年収や雇用形態などのステータスに不安な人は、転職してしっかりと安定収入を得られるようにしてみましょう。すぐに転職するのが難しい人は、比較的審査通過が簡単なカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

過去の信用情報に大きな傷がある人

信用情報とは、一般的にクレヒスやクレジットヒストリーと呼ばれている、過去のカードローン、クレジットカードなどの返済履歴が残されている情報となります。過去に返済トラブルを起こしてしまって、2〜3ヶ月の滞納や未納などの履歴が残っている人は信用情報に傷が残るため、ブライダルローンの審査に不利となってしまうんです。

信用情報は3つの信用機関で共有されている

信用情報は「銀行系の履歴」「クレジットカード系の履歴」「消費者金融カードローン系の履歴」とそれぞれ3つの信用機関で履歴が残されています。またそれぞれの信用情報機関では履歴が共有されているのでどこかで返済トラブルを起こしてしまった時には、どの金融業者のローン審査でも不利となってしまうので注意してくださいね。履歴は最低2年間は残されるので、過去の返済時にトラブルを起こしてしまった覚えがある人は、2年以上経ってからブライダルローンに申し込むほうが無難と言えます。

信用情報はカードローンでも重要な項目となる

また、信用情報はブライダルローンだけではなく、カードローン申し込み時にも重要な審査項目となります。いくら年収などのステータスが高い人でも信用情報に傷がある人は簡単にカードローン審査にも落とされてしまうので、現在カードローンやクレジットカードの支払いなどがある人は、クレヒスに傷が残らないように期日に間に合うようにしっかりと支払いを続けておいてくださいね。

ブライダルローンをうまく活用して結婚資金不足を乗り切ろう

ブライダルローンをうまく活用して結婚資金不足を乗り切ろう

この記事ではブライダルローンについて詳しく解説を進めてきました。これから結婚を控えていているけど資金が足りないという人は、この記事で解説してきたブライダルローンやカードローンをうまく活用して、これからの結婚や新婚生活に役立ててみてくださいね。また、金利の高いカードローンでも結婚後すぐに返済見込みのある人は利用を検討してみても良いでしょう。短期間で返済すれば無利息になるカードローンのサービスもありましたよね。

このサイトでもお得なサービスが利用できる様々なカードローンを解説しているので、あなたが利用してみたいと思うサービスを是非見つけてみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビット【審査時間・即日融資・在籍確認】

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ