プロミスのカードローンと再契約するための条件と手順

更新日:2020年7月20日 175 view

過去にプロミスのカードローンを利用していた方の中には、「もう一度プロミスのカードローンを利用したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、「プロミスのカードローンと再契約できるのか」、「プロミスのカードローンと再契約するための条件や手続きの流れ」、「プロミスとの再契約よりオススメしたい他社カードローン」などについて、詳しく解説を進めていきます。

プロミスのカードローンと再契約できる?

過去にプロミスのカードローンを利用していた方でも、「プロミスと再契約可能」です。

プロミスを解約しているのかを確認する

ただし、「過去にプロミスを利用していたけれど、プロミスと解約していない」という方は、プロミスのカードローンと再契約せずに、そのまま継続利用・キャッシングできる可能性があります。

プロミスを再度利用する方法
再度ご利用をご希望のお客さまは、お手数ですがプロミスコールへご連絡ください。

プロミスコール
0120-24-0365

また、プロミスインターネット会員サービスにログインできる場合は、スムーズなお手続きが可能です。

出典元:プロミス公式サイト

過去にプロミスを利用していた方は、上記の「プロミスコール」への連絡、または、「プロミスインターネット会員サービス」へログインして、プロミスと契約中になっているかどうかを確認してみましょう。

プロミスとの再契約は「審査」が必要

なお、プロミスを解約した方でもプロミスと再契約が可能ですが、プロミスへ新規で申し込む時と同じように「プロミスへの申し込み〜審査〜再契約」の手続きが必要になるので注意しておきましょう。

プロミスのカードローンと再契約するための条件

続いて、プロミスのカードローンと再契約するための条件について紹介します。プロミス再契約時の審査に通過させるためには、以下の条件を満たしておく必要があるでしょう。

  • 再申し込み時の年齢が69歳以下である
  • 安定した収入がある
  • 信用情報に傷がない
  • 過去にプロミスで滞納などを起こしていない
  • 勤務先へ在籍確認ができる

それぞれの項目について紹介します。

再申し込み時の年齢が69歳以下である

プロミスのカードローンは20歳以上69歳以下の方が利用できます。このため、プロミスのカードローンを再契約する時に70歳以上になっていれば、プロミスと再契約できないので注意してください。

安定した収入がある

また、プロミスのカードローンと再契約する場合は、「安定した収入」が必要です。

過去にプロミスのカードローンを利用していた時には安定収入があったけれど、転職などにより「収入が不安定になった」というような方は、プロミスの再契約時の審査が不利になる可能性があるでしょう。

信用情報に傷がない

プロミスとの再契約時には、CICやJICC、全国銀行協会が管理する「信用情報」の内容もチェックされます。

信用情報とは過去のクレジットカードやカードローンなどの利用履歴の事を指します。クレジットカードやカードローンで支払いに遅れた場合、信用情報に「滞納」の履歴が残ります。

信用情報に滞納履歴がある方は、プロミス再契約時の審査で「しっかり返済してくれる人か分からない」と判断されてしまうため、審査が不利になる点には十分に注意しておきましょう。

過去にプロミスで滞納などを起こしていない

また、過去に利用していたプロミスのカードローンで滞納などがなく、スムーズに完済したという方は「優良顧客」として判断され、再契約時の審査が有利になる可能性があるでしょう。

ただし、過去にプロミスのカードローン利用中に滞納などを起こしている方は、再契約時の審査が不利になり、審査に落とされる可能性がある点に気をつけておきましょう。

勤務先へ在籍確認ができる

プロミスの再契約時には、勤務先へ電話での「在籍確認」が行われます。

在籍確認とは、カードローン審査の一環で「申込者が本当に申請のあった勤務先で働いているのか=安定収入があるのかを確認する」ことを指します。在籍確認ができなければ、プロミスのカードローンと再契約できません。

なお、電話による在籍確認は「在籍確認をするスタッフの個人名」で電話があるため、在籍確認によって勤務先にプロミスの利用がバレる可能性は非常に低いでしょう。

プロミスと再契約する時の手続きの流れ

次に、プロミスのカードローンと再契約する時の手続きの流れについて、簡単に紹介します。

  • プロミスコールまたは会員ページで契約中かを確認する
  • プロミスへ申し込む
  • プロミスの審査
  • プロミスのカードローンと再契約〜キャッシング

プロミスコールまたは会員ページで契約中かを確認する

プロミスと再契約する前に、カードローンが契約中ではないかを確認しましょう。契約中かどうかは、プロミスコール、または、会員ページで確認できます。

なお、アカウントとパスワードに誤りがないのにプロミスの会員ページへログインできない場合、解約済みであると考えられるでしょう。

プロミスへ申し込む

プロミスのカードローンと解約していることが分かれば、プロミスへの申し込みを進めてください。

プロミスへは、スマホやパソコンからインターネット経由での申し込みが簡単でオススメです。

なお、プロミスのカードローンへ再申し込みする時には、運転免許証などの「本人確認書類」や、50万円超の借入をする場合は源泉徴収票などの「収入証明書」の提出が必要となる点に注意してください。

プロミスの審査

プロミスのカードローンへ申し込んだ後、審査が行われます。安定した収入があり、過去のプロミスのカードローンや、他社カードローン、クレジットカードで滞納などをしていない方は、プロミスの審査通過を目指しやすいでしょう。

プロミスのカードローンと再契約〜キャッシング

プロミスの審査に通過した後、プロミスのカードローンと再契約を行います。プロミスと再契約後には、ATMキャッシングや銀行振り込みにより、借り入れが可能です。

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

プロミスのカードローンは最短即日融資が可能! 過去にプロミスを利用していた方でも再契約できます。

プロミスのカードローンと再契約する時の注意点

プロミスのカードローンと再契約する時に注意しておきたいポイントについて、紹介します。

  • プロミスとの再契約時には30日間の無利息期間を利用できない
  • 再契約時は過去の利用履歴も確認するため、審査に時間がかかるケースもある

プロミスとの再契約時には30日間の無利息期間を利用できない

プロミスと初めて契約する方は、「30日間の無利息期間」を利用できますが、過去にプロミスのカードローンを利用していた方(=再契約する方)は、無利息期間を利用できないので注意してください。

無利息期間を利用したい方は、アコムやアイフル、レイクALSAのカードローンへの申し込みを検討してみましょう。

再契約時は過去の利用履歴も確認するため、審査に時間がかかるケースもある

過去にプロミスを利用していた方は、「過去のプロミスの利用履歴」も審査の対象となると考えられます。

過去のプロミスの利用履歴の確認審査により、新規でプロミスのカードローンへ申し込む方よりも、審査に時間・日数がかかる場合があるので注意してください。

プロミスと再契約するよりも他社カードローンのほうが利用しやすいケースも

最後に、プロミスのカードローンと再契約を検討している方の中で、「30日間の無利息期間を利用したい」、「スピーディーな審査手続きによる即日融資を利用したい」という方へ向けて、オススメしたいカードローンを紹介します。

アコムのカードローンにも30日間の無利息期間がある

大手消費者金融アコムのカードローンでも、初めて利用する方に対して「30日間の無利息期間」のサービスを提供しています。

プロミスと再契約時には無利息期間を利用できないため、無利息期間を利用したいという方は、アコムのカードローンへの申し込みがオススメです。

アコムは最短即日融資を期待できる!

また、アコムのカードローンは最短申し込み当日の即日融資を期待できます。

プロミスとの再契約時の審査では、過去のカードローンの利用履歴を参照され、審査に日数がかかるケースもあります。

できるだけ急いでお金を借りたい方は、プロミスのカードローンと再契約するのではなく、アコムのカードローンへ新規で申し込む方がスムーズに審査通過〜キャッシングできる可能性があるでしょう。

アコム

審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日
限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%

アコムのカードローンは最短即日融資が可能! 初めてアコムを利用する方は、30日間の無利息期間を利用できる。また、アコムは三菱UFJ銀行系(三菱UFJフィナンシャル・グループ)のカードローンなので、安心しながら借り入れできるでしょう。

プロミスと再契約可能だが無利息期間を使えない点に注意

本記事では、「プロミスのカードローンと再契約できるのか」、「プロミスのカードローンと再契約するための条件や手続きの流れ」、「プロミスとの再契約よりオススメしたい他社カードローン」などについて、詳しく解説を進めてきました。

プロミスと再契約するより他社カードローンの利用がオススメ!

  • プロミスのカードローンと再契約は可能
  • プロミスと解約していない方は、そのままカードローンを継続利用できる可能性がある
  • プロミスのカードローンと契約中かどうかは「プロミスコール」や「会員ページ」から確認する
  • プロミスのカードローンとの再契約時には再び審査が必要
  • プロミスのカードローンは69歳以下の方しか利用できない
  • プロミスのカードローンと再契約するには安定した収入が必要
  • 過去にプロミスのカードローンで滞納などしている場合は審査通過が難しい
  • プロミスの再契約時には勤務先への在籍確認も行われる
  • プロミスとの再契約前には必ず「プロミスと解約しているかどうか」を確認する
  • プロミスのカードローンとの再契約時には30日間の無利息期間を利用できない
  • プロミスと再契約する時は「過去の利用履歴を参照」されるため、審査に時間がかかる可能性がある
  • プロミスと再契約するより他社カードローンのほうが便利に利用できる場合もある

過去にプロミスのカードローンを利用していた方でも、プロミスと再契約できる可能性があります。ただし、プロミスのカードローンと再契約する際には、プロミスへの申し込み〜審査が必要になる点に注意してください。

なお、プロミスのカードローンと再契約するためには、「安定収入の有無」や「信用情報の内容」、「勤務先への在籍確認」などの審査に通過しなければなりません。

また、プロミスのカードローンを再契約する場合は、30日間の無利息期間を利用できません。このため、プロミスのカードローンを再度利用するよりも、30日間無利息期間を提供している他社カードローンを利用する方がお得にキャッシングできる可能性があります。

プロミスのカードローンの再契約を検討している方は、本記事を参考にしながらプロミスのカードローン、または、アコムなどの30日間無利息期間がある他社カードローンなどへの申し込みを進めてみましょう。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

プロミスとの再契約を検討している方はこちらのカードローンもオススメ!

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

最短即日融資
来店不要で即日融資も可能!
10秒簡易審査
10秒で融資可能かチェック
Web完結申込
電話連絡、郵送物なしのWeb完結申込み

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

専業主婦でも50万円
専業主婦でも50万円まで融資可能!
業界最低水準の低金利
金利も業界最低水準の1.9%~14.5%と低金利
乗り換えOK
おまとめローンもお乗り換え可能!

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックキャプチャ

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック

最短翌営業日
テレビ電話窓口利用で最短翌営業日に融資可能
主婦も融資可能
主婦の方でも融資可能
土日祝OK
土日祝日でも審査可能

プロミスキャプチャ

プロミス

最短即日融資
Webなら最短1時間でご融資可能!
来店不要
WEB契約なら店舗来店不要
銀行・コンビニで利用OK
200行以上の銀行ATMが利用可能

アイフルキャプチャ

アイフル

初めての方なら利息0
アイフルを初めてご利用の方限定で最大30日間利息0円
審査も30分で完了
最短即日審査、即日融資が可能
自宅で受け取る
配達時間えらべーるで誰も知られずカードを受け取れる