保証人なしでお金を借りられるおすすめのカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

お金を借りるのに保証人は必要?必要なケースと保証人不要で借りる方法

更新日:2019年8月21日 公開日:2019年8月21日229 view

今まで金融機関からお金を借りたことがない方は、「お金を借りる時には保証人が必要なのかどうか」が気になっている方も多いと思います。

そこで本記事では、「金融機関からお金を借りる時には保証人が必要なのか」、「保証人不要でお金を借りる方法」、「お金を借りる時の保証人についてのよくある質問」などについて、詳しく解説していきます。

お金を借りる時の保証人とは?

まず、お金を借りる時の「保証人」について、簡単に解説していきます。

お金を借りる時には「保証」が必要なケースがある

金融機関からお金を借りる時には、借入金の「保証(保証人)」が必要となるケースがあります。借入時に必要な「保証(保証人)」とは、貸付金が返済されなくなった時の(金融機関側の)赤字のリスクを防ぐためのもので、「返済の代わりとなるモノや代わりに返済する人」を指します。

保証人とは担保の一種

保証人は、「担保の一種」であるとも言えます。

担保とは?
将来生じるかもしれない不利益にそなえ、あらかじめ補填の準備をすること、またはすでに生じた不利益についての補填をすること。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典|コトバンク

上の説明にもあるように、担保とは「あらかじめ補填の準備」をすることを指します。また、土地や家の不動産担保、株式や手形などの有価証券担保などが代表的な「担保」です。

また、保証人も「貸し倒れ時に補填をする人」という点から、担保の一種であると考えられます。

保証人と連帯保証人の違い

なお、保証人には、「保証人」と「連帯保証人」の2つの種類があります。保証人も連帯保証人も、債務者が返済できなかった時に債権者への返済義務があることは共通していますが、責任の度合いが異なっています。

保証人よりも「連帯保証人」のほうが責任が重く、保証に関して以下の点が異なります。

  • 催告の抗弁権
  • 検索の抗弁権
  • 分別の利益

簡単に解説します。

催告の抗弁権

催告の抗弁権とは、債権者である金融業者が債務者より前に保証人に請求をした場合、返済を断れる権利のことを言います。保証人は「催告の抗弁権」がありますが、連帯保証人にはこの権利がありません。

このため、債権者が連帯保証人に請求した場合、連帯保証人は請求に応じる義務があります。

検索の抗弁権

検索の抗弁権とは、債務者が返済できる資金があるにも関わらず、債権者へ返済を拒否した場合、債務者に返済してもらうよう主張できる権利のことを指します。

連帯保証人にはこの検索の抗弁権がありませんので、債務者に支払能力があっても、債権者から支払いを求められた場合、支払う義務が発生します。

分別の利益

分別の利益とは、複数の保証人がいる場合、返済負担を按分できる権利のことを言います。例えば300万円の借金に3人の保証人がいる場合、1人100万円ずつの返済負担となりますが、連帯保証人には「按分する」という権利がないため、1人で300万円を返済する義務が発生します。

借入時に保証人が必要となるケース

続いて、お金を借りる時に保証人が必要となるケースについて紹介します。

  • 未成年者がお金を借りる時
  • 住宅ローンやマイカーローンなどの高額ローン商品の利用時

未成年者がお金を借りる時

20歳未満の未成年の方は、民法第5条に定められている通り、金融機関からお金を借りる等の「法律行為」ができません。

民法第5条とは?
未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。

出典:民法第5条|WIKIBOOKS

ただし、未成年者単独では借入ができませんが、法定代理人(保証人=親等)の同意があれば、未成年者でも金融機関からお金を借りられる場合があります

なお、未成年者は収入が少ない方も多いため、保証人を立てても金融機関からお金を借りるのが難しい傾向があるので注意してください。

※未成年者で学生の方は、親の同意を得られれば、中小の消費者金融が提供する「学生ローン」の審査通過を目指しやすいです。

住宅ローンやマイカーローンなどの高額ローン商品の利用時

数千万円単位の住宅ローンや、数百万円単位のマイカーローンなどの、高額なローン商品利用時には、ほとんどの場合で保証人が必要となります。

利用者に数百万円〜数千万円という高額な貸付を行って貸し倒れされてしまうと、大きな赤字を出してしまうため、金融機関側は赤字のリスクを軽減させるために、代わりに返済してもらえる「保証人」を求めるケースが多いためです。

銀行・消費者金融カードローンに保証人が不要な理由

未成年者の借入や、高額なローンを利用する時には「保証人」が必要でしたが、銀行や消費者金融のカードローンなら、保証人不要・担保不要で契約が可能です。

なぜカードローンは保証人が不要なのでしょうか。

  • 利用者にスピーディーな貸付を行えるため
  • 金利が高く、貸し倒れによる赤字のリスクが小さいため
  • 保証会社が保証業務を担当しているため

利用者にスピーディーな貸付を行えるため

カードローンは保証人が不要のため、申し込み〜融資まで非常にスピーディーで、(消費者金融カードローンであれば)最短申し込み当日の融資を期待できます。

保証人が必要になれば、その分手続きに時間がかかり、融資まで日数がかかってしまいます。カードローンを提供する銀行や消費者金融では、「利用者の利便性」を考慮し、保証人不要でスピーディーな手続きを行っていると考えられます。

金利が高く、貸し倒れによる赤字のリスクが小さいため

銀行のカードローンは上限金利13.5%〜16.5%ほど、消費者金融カードローンでは上限金利17.8%〜18.0%ほどとなっています。

金利2%〜3%ほどの住宅ローン金利や、金利3%〜5%ほどのマイカーローンなどと比べて、カードローンの金利は13.5%〜18.0%と高く設定されているため、借金を踏み倒されても「赤字が出にくい(=高い利子で補填できる)」という特徴があります。

高い金利=赤字のリスクが小さいことから、銀行や消費者金融ではカードローンを「保証人不要」で提供していると考えられます。

保証会社が保証業務を担当しているため

また、銀行が提供するカードローンなどでは、別の「保証会社」が保証業務を担当していることもあります。保証会社は、カードローン会社から保証料を受け取る代わりとして、利用者が返済できなくなった時の返済保証を行います。

保証人不要でお金を借りられるオススメのカードローン

ここで、保証人や担保不要で利用できるオススメのカードローンについて紹介します。

保証人不要でキャッシングしたいなら「アコム」のカードローンがオススメ!

保証人不要でキャッシングを検討しているなら、大手消費者金融「アコム」のカードローンがオススメでしょう。

アコムなら保証人・担保不要でカードローン契約でき、最短申し込み当日に即日キャッシングが期待できるためです。

アコムなら20時ごろまでの申し込みで即日融資が期待できる

アコムの審査時間は9時〜21時までとなっていて、この時間内に審査通過、カードローン契約すれば、即日中の融資を期待できます。

また、土日や祝日でも審査を行っているため、お金に困った時には、いつでも保証人不要で手軽に申し込みを進められるでしょう。

ただし、15時以降、土日や祝日に即日融資を希望する方は、アコムの自動契約機へ行き、直接ローンカードを発行する必要がある点に注意してください。

アコムには30日間の無利息キャッシングがある

また、消費者金融アコムでは、「初めてアコムと契約する方に限り30日間の無利息期間」のサービスが用意されています。

アコムの30日間無利息期間とは、「カードローン契約の翌日から30日間は無利息」となるサービスのことで、この期間内に完済すれば、利息0円でお得なキャッシングが可能です。

アコムの上限金利は18.0%と高めの設定ですが、30日間の無利息期間を利用することで、非常に便利にお金を借りられる可能性があります。

アコム

審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日
限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%

お金を借りる時の保証人に関するよくある質問

さいごに、お金を借りる時の保証人に関するよくある質問について、紹介していきます。

カードローン以外にも保証人不要でお金を借りられるローンはある?

本記事で解説したカードローンは保証人不要のローンでしたが、カードローン以外にも保証人不要のローンはあるのでしょうか。

カードローン以外に保証人不要で使えるローン

保証人不要で利用できるローンは、カードローン以外にも、「フリーローン」や「目的別ローン」、「事業者向けのビジネスローン」などがあります。

フリーローンは「借入が一度きり」のローン商品です。また、目的別ローンとは、ブライダルローンなどの「特定の目的に利用する」ローンのことです。

消費者金融、貸金業者が提供している事業者向けのビジネスローンも保証人不要で契約できる場合が多いです。

専業主婦もカードローン利用時に保証人は不要?

収入がない専業主婦の方は、一部の銀行カードローンを利用できる可能性がありますが、専業主婦の方も「保証人」が不要なのでしょうか。

銀行カードローンなら専業主婦も「保証人」不要でキャッシング可能

収入がない専業主婦の方も、配偶者に安定した収入があれば一部の銀行カードローンで10万円〜30万円程度のお金を借りられる場合があります。

また、通常のカードローンと同じように「保証人不要」で契約可能なので、配偶者の同意書不要で家族バレする可能性も低いでしょう。

カードローンなら保証人・担保不要で手軽にお金を借りられる!

本記事では、「金融機関からお金を借りる時には保証人が必要なのか」、「保証人不要でお金を借りる方法」、「お金を借りる時の保証人についてのよくある質問」などについて、詳しく解説をすすめてきました。

保証人が不要なローンは金利に「保証金」が含まれていると考えられる

  • 保証人とは、債務者が返済できなくなった場合に返済保証する人のこと
  • 保証人は担保の一種
  • 連帯保証人には催告の抗弁、検索の抗弁、分別の利益の権利がない
  • 未成年者がお金を借りる時には保証人が必要
  • 住宅ローンやマイカーローンなどの高額融資にも保証人が必要
  • 銀行や消費者金融カードローンは保証人が不要
  • カードローンに保証人が不要なのは「スピード融資」の利便性を確保するため
  • 保証人不要で貸付できるのは貸し倒れ時の赤字になるリスクを回避しやすいため
  • そもそも保証会社が保証業務を担当しているため
  • アコムのカードローンは保証人や担保不要でキャッシングが可能
  • カードローン以外でも保証人不要で利用できるローンはある
  • 専業主婦も銀行カードローンなら「保証人なし」でキャッシングをが期待できる

保証人とは、債務者が借入金を返済できなくなった時の返済保証をする人のことを指します。また、保証人には「保証人」と「連帯保証人」があり、連帯保証人の方が責任の度合いが大きいのが特徴です。

未成年者がお金を借りる時や、住宅ローンやマイカーローンなどの高額融資の場合には保証人が必要ですが、銀行や消費者金融が提供するカードローンであれば、保証人や担保不要で手軽にお金を借りられるのが特徴です。

保証人不要でキャッシングしたい方は、ぜひ本記事を参考にしながら、カードローンへの申し込みを検討するようにしてください。

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

保証人なしでお金を借りられるおすすめのカードローン

プロミスキャプチャ

プロミス

プロミスの評判は?審査基準・申込方法・借入れ・金利について解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

SMBCモビットの評判は?即日審査や返済金利、電話連絡なしのWEB完結を解説

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

アコムキャプチャ

アコム

アコムの気になる審査・借入について解説

レイクALSAキャプチャ

レイクALSA

レイクALSAの審査・借入・メリットは?